ファン
検索
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ヨリちゃんさんの画像
ヨリちゃん
プロフィール

2021年04月03日

 特集!! 賞味期限切れの小池さん・・・東京オリンピックからケチが着き始め?


 

特集!! 賞味期限切れの小池さん・・・東京オリンピックからケチが着き始め?


 激オコ小池都政 “辛口”カンニング竹山に「猛抗議文」の仰天

 日刊ゲンダイ 公開日 2021/04/01 12:20 更新日   2021/04/02 12:06


          4-3-5.jpg

 4-3-5「言論封殺」と受け止められかね無い(小池百合子都知事)(C)日刊ゲンダイ

 流石は「女帝」が君臨する“伏魔殿”だ。東京都がタレントのカンニング竹山(50)に対し、番組内での発言の訂正を求める抗議文を送付して居た。31日、日刊ゲンダイの調べで分かった。行政機関による個人への抗議は言論封殺と取られかねず、今後、波紋を広げる可能性がある。
 都が問題視するのは、先月28日の生放送「アッコにおまかせ!」(TBS系)での竹山の発言。都の変異株検査数が少ない現状を批判した上で、小池都知事が出演したユーチューブの広報動画についてこう指摘した。

 「制作に4.7億円掛かってるんですよ。全部じゃ無いけど、その内の一本に4.7億円の税金が使われている」

 その数分後、竹山は事実誤認に気付き「4.7億円は、動画制作費では無く、広告費全体の経費でした」と訂正「すみません」と謝罪して居た。竹山が言う「4.7億円」とは昨年、緊急事態宣言が解除された5月から9月迄に、都が計上した広告費の総額
 動画制作費だけで無く、テレビCMの費用・WEB広告出稿費等も含まれる。感染拡大防止を呼び掛ける為制作した動画には、小池氏自身がユーチューバーのフワちゃんと対談するものもあった。昨夏、上田令子都議の調べで発覚し「コンな広告に億単位の都税を継ぎ込んで好いのか」と云った批判が噴出していた。

 一定期間の広告費に計4.7億円を費やしたのは事実だが、都は竹山発言に即反応。放送の翌日(29日)、TBSと竹山の所属事務所「サンミュージック」に発言の訂正を求める抗議文を送ったのだ。


           4-3-6.jpg

   4-3-6舌鋒鋭く小池都政を批判(タレントのカンニング竹山氏)(C)日刊ゲンダイ

 訂正したのに、更なる訂正を要求

 都に問い合わせると「動画の制作に懸かった費用は計1,800万円。4.7億円懸かった事実は無い。訂正を求める為抗議文を送付した」(政策企画局)と回答。しかし、竹山は番組内で発言を訂正している。そう問い質すと「4.7億円と云う数字が独り歩きし、都庁に抗議電話が殺到し迷惑して居る。正しい情報発信をして貰う為にも抗議が必要と判断した」(同)と云う。

 TBSは書面で〈出演者の発言に誤りがあると放送中に番組担当者が気付き、番組の後半で訂正致しました〉と答えたが、抗議文が届いた事実に付いては回答し無かった。サンミュージックからは「お答え出来ません」(広報担当者)とだけ連絡があった。

 竹山と云えば、テレビやネットで都政への不満を爆発。舌鋒鋭く「小池さんは何も遣って無い!」と批判する「辛口コメント」が売りだ。それだけに、都民ファーストの会の都議からSNSを通じて名指しで批判された事もある。小池都政に疎まれる存在とは云え、タレント一人を掴まえて「発言を訂正しろ」と抗議するとは、大人気無い、


前代未聞の異常な感覚だ。

 「行政機関が一個人の発言を咎める等、在っては為らない事。自由な言論を制限する由々しき事態です。特に、都を厳しく批判する竹山氏の発言を制する行為は『余計なことを言うな』と圧力を掛けて居る様に映る。
 現場職員の苦労も一定程度は理解出来ます。しかし、曲がり為りにも首都を預かる行政機関なら、批判をキチンと受け止め真摯に説明を尽くすべきでしょう」(法大名誉教授の須藤春夫氏=メディア論)


  小池氏も竹山の批判に耳を傾け、襟を正すべきだ。 





  小池都政の 竹山“激オコ抗議文” に芸能界から続々と声上がる


 日刊ゲンダイ 公開日 2021/04/03 06:00 更新日 2021/04/03 06:00



           4-3-7.jpg

        4-3-7 自身に批判的なスタンスを取る相手には執拗に“攻撃”


 「一体何処の独裁国家なのか」「(米前大統領の)トランプと同じ」

 4月1日の日刊ゲンダイが<激オコ小池都政 “辛口”カンニング竹山に「猛抗議文」の仰天>と題して報じた記事に対し、芸能界から東京都や小池百合子知事の対応を疑問視する声が上がって居る。

 日刊ゲンダイは、先月28日放送のTBS系バラエティー番組「アッコにおまかせ!」で、お笑い芸人でタレントのカンニング竹山(50)が、小池都知事が出演したユーチューブ広報動画について「制作に4.7億円懸かっている」等と発言した後、事実誤認に気付き訂正して「すみません」と謝罪したにも関わらず、都がTBSと竹山の所属事務所「サンミュージック」へ発言の訂正を求める抗議文を送って居た事を報じた。

 この問題に付いて、タレントのぜんじろう(53)は2日のツイッターで<行政が芸人の個人の発言へ抗議って・・・一体何処の独裁国家ナンでしょう。自分の宣伝にはバラエティーを利用するけど、批判的なタレントは抗議する。これの方がヨッポド、吉本が加藤(浩次)くんとの一件で使った『粛清』って言葉がピッタリですよね(笑)>と投稿。

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(49)も、1日深夜放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」で「竹山さんみたいにね、言われる時あるじゃん、クレームが。東京都から」と問題に触れ「(竹山は)訂正迄しました。謝ったんだよ。なのに、ソッから東京都から訂正とお詫びをしろと。滔々来ましたよ。日本の民主主義に上からの圧力が」
 「トランプっポイよね。そんな事がワザワザ、一個人・一タレントに対して來るんだって云う。チョット怖い世の中に為って来ましたよ」
等とコメントして居た。

 批判記事を掲載した自治体専門紙も狙い撃ち?

 竹山は番組内で失言を認め訂正・謝罪して居るのだ。ぜんじろうや小木が言う通り、これが罷り通れば世相を風刺する芸風のお笑い芸人は何も言え無く為ってしまうだろう。小池知事が自身に批判的なスタンスを取る相手に対して執拗に“攻撃”するのは、何も芸人に限ら無い。
 昨年末には、小池都政の問題点を検証する記事を掲載して居た自治体専門紙「都政新報」を発行する都政新報社への広告出稿を取り止める様、都の外郭団体(政策連携団体)に要請して居た事が発覚。
 都の担当者は日刊ゲンダイの取材に対し「無駄な出費を控える為。都政新報社だけを狙い撃ちして居る訳では無い」等と説明して居たが、今回の竹山への抗議文騒動を見る限り額面通りには受け取れ無い。

 元中央卸売市場次長で、小池都政の内幕を描いた「築地と豊洲」(都政新報社)の著者である澤章氏はこう言う。

 「私も本を出版した事で都の環境公社理事長をクビに為り、版元の都政新報社も兵糧攻めに為りました。そして、今度は竹山氏と云う訳で、小池知事は兎に角、自分を批判する相手に対して過度に反応する。常軌を逸して居ると思わざるを得ません」

 「お前はクビだ」You're fired!・・・小池知事が都民から「NO」を突き付けられる日も近いのではないか。

                特集 おわり

















有吉弘行&夏目三久が電撃結婚 特集!!




 有吉弘行&夏目三久が電撃結婚


  特集!! その1) 有吉弘行&夏目三久が電撃結婚

 2016年8月のスポーツ紙 “幻のスクープ報道” 実る


 日刊現代 4/3(土) 6:30配信


       4-3-1.jpg 4-3-1

    要約結ばれた2人(「マツコ&有吉の怒り新党」制作発表)(C)日刊ゲンダイ


 タレント有吉弘行(46)とフリーアナ夏目三久(36)の結婚が2日に明らかに為った。同日、2人は連名の直筆ファクスで4月1日に結婚したことを所属事務所を通じて発表した。2011年4月から放送された「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で共演したことで2人は距離を縮めて行ったと云う。
 それにしても不思議なのは、5年前に“フェイク扱い”された日刊スポーツのスクープだ。同紙は16年8月24日に「年内結婚へ」の見出しと共に、有吉と夏目の真剣交際と夏目の妊娠を報じた。

 処が、双方の事務所が空かさず「事実無根」と完全否定。ネット上等では「別の子を妊娠か」等と憶測が広がり、同年9月1日に夏目がスポーツニッポンの1面トップで「記事に書かれて居る様な事実はありません」と交際や妊娠を否定する事態と為った。 一方の有吉もラジオ番組で「熱愛とか妊娠とか結婚って云うのは、本当に全く無い事なんで」と否定。

 その後、事実関係がハッキリし無いママ時が過ぎて行ったが、或る日突然幕を迎える。日刊スポーツが同年11月24日付の1面に「夏目三久さんに関する報道のお詫びと訂正」と題した記事を掲載し、その中で「再度取材内容を検証した結果、一連の記事には事実と異なる処がありました。特に妊娠と云う女性に取って重大な事柄に付いては、ご本人に確認して居らず事実に反していました(中略)ここに訂正し、謹んで深くおわび申し上げます」“全面降伏”したのだ。

 「只、その後も有吉と夏目の関係は続いて居る・・・と見る芸能関係者は少なくありませんでした」  

 こう語るのは芸能評論家の佐々木博之氏だ。事実、今回2人は目出度くゴールインした。しかも日刊スポーツは両者の結婚発表直前の今月2日付の紙面で「有吉結婚か」といち早く報じている。
 5年前に謝罪はしたものの、決定的な“何か”を掴んで居たと見るのが自然だろう。

 「日刊スポーツは今回の結婚発表にサゾ悔しい思いをして居ると思います。僅差ですがネット配信ではライバルのスポニチに出し抜かれてしまいましたね」(佐々木博之氏)  

 日刊スポーツには、幻のスクープを糧に新たな特ダネを期待したい。




  特集!! その2) 夏目三久 将来は政治家? ビジネスマンが夏目三久アナ支持のワケ

  日刊現代 公開日 2016/10/09 07:00 更新日 2016/10/17 04:37


          4-3-2.jpg

         4-3-2 有吉との一件を完全スルー(C) 特集!!

 タレント有吉弘行(42)との交際妊娠騒動で、世間の耳目を集めたフリーアナの夏目三久(32)が意外な処でクローズアップ。「政治家として活躍しそうな女性キャスター・コメンテーター」を20〜30代の会社員200人(男女各100人)に聞いたアンケートで堂々の3位にランクインして居るのである。
 アンケートを行った「30オトコの本音に向き合うビジネスマン向けサイト『R25』」によると、夏目は1位有働由美子・2位菊川怜に続く得票数と為り、4位櫻井よしこ・5位大江麻理子・10位小谷真生子らを大きく上回った。

 夏目と回答したサラリーマンらは、その理由として「確りして居るから」(29歳・男性)「苦労も知ってそうで一般の意見にも耳を傾けそうで知識もありそうだから」(39歳・男性)「自分の意志がある強い女性だから」(31歳・女性)等とコメントして居ると云う。或るワイドショーの芸能デスクは「変われば変わるものですね」と、こう言う。

 「日テレの局アナ時代は優等生の一方、か弱い印象でしたが、コンドーム写真流出スキャンダルでアナと云うよりタレントと云う見方をされる様に為って居た。そうした印象が今回の有吉とのスキャンダルで更に強まると観られて居た筈が、この件に付いて公に一言もコメントせずに通したり、ベッキーの様に動揺したり泣いたりする事も無い。平然と仕事をする姿が何処か政治の世界と相通じる処が在る様に世間には映ったと云う事でしょうか」

 今年8月に日刊スポーツが「夏目三久 有吉の子供妊娠 結婚は未定」と大々的に報じた際、夏目が生出演する平日朝のTBS系情報ワイド「あさチャン!」に注目が集まったが完全にスルー
 これは他局も同様で事務所の圧力を報じられたが、その如何に関わらず、夏目はその後も番組を休むこと無く笑顔で仕事を続けて居る。その内面や私生活を微塵も見せ無い処は驚異ですらある。処で、その騒動の顛末はどう為ったのか。

 「有吉の事務所が夏目の事務所に詫びを入れたと云う話ですが、真相は藪の中です」(スポーツ紙記者)

 有吉の姿だけチョットTVで見無く為っている印象だが、明暗が分かれた!?




 特集!! その3)  夏目&有吉騒動で知れ渡った“芸能界のドン”の権力と素顔

 公開日 2016/09/07 07:00 更新日 2016/10/17 04:37

    
          4-3-3.jpg

         4-3-3 田邊昭知社長(右)と有吉弘行・夏目三久

 所属タレントである夏目三久(32)と有吉弘行(42)の結婚&妊娠報道で、図らずも“表舞台”にその名を轟かせる事と為ったのが「田辺エージェンシー」社長の田邊昭知氏(77) 第一報を報じた日刊スポーツの記事(8月24日付)には“一秒たりとも触れるな”とテレビ各局に圧力を掛けるだけに留まらず、有吉との交際そのものをヒネリ潰した等など・・・真偽は兎も角、聞こえて來るのは虚飾の芸能界を牛耳るドンと呼ぶに相応しい剛腕振りの数々だ。

 しかし「一連の報道では『ドン』と云う呼称が独り歩きして傍若無人な印象を与えるが、違和感がある」とは、或るベテラン芸能記者だ。こう続ける。

 「バーニングの周防社長と並んで芸能界の最高実力者である事に変わりは無いが、ドンと呼ぶなら大番頭の川村さん(ケイダッシュ会長兼田辺エージェンシー副社長)の方がそれに近い。親分肌でタレントへの情が深い川村さんの処にはタレントや業界人が引っ切り無しに相談に來る。
 それに比べて田邊社長はクールかつ理論派のリーダーで、感情と云うより頭で物事を考えるタイプ。マア、それだけに怒ると怖い。ネガティブな記事を書こうものなら電話口から怒号が飛んで来た事も一度や二度では無い(苦笑い)」


 元々、GS全盛時の「ザ・スパイダース」のリーダー兼ドラマーだった田邊氏。堺正章・かまやつひろし・井上順ら癖のあるメンバーを時には鉄拳まじりで統率。ホリプロを経て引退から3年後の73年4月にスパイダクションを改組して田辺エージェンシーを設立。研ナオコやタモリらを発掘する等裏方としての才能を開眼させた。

 「芸能プロが何たるかを熟知して居て、昔から我々はレコードでは無く代役の効か無いタレントを売るのが商売だと言ってました。後にデキ婚して妻と為った小林麻美に関しては早くから目を掛けて居て、彼女の実母が亡く為った時、喪服は和装を用意しろと指示を出したのは田邊さん。
 黒髪ロングでアンニュイな雰囲気の小林のビジュアルが最高に映えるのは着物だと踏んだ訳です。実際、遺骨を抱える和装の小林の姿は女性誌のグラビアに大きく取り上げられて反響を呼びました。今も『あさチャン!』に出演して居る夏目の短い髪形に拘って居ると聞くと、流石だなと云う思いです」(前出のベテラン記者)


 芸能界で圧倒的な発言力を有する「(財)日本音楽事業者協会」会長も歴任。先行き不透明で水商売とも云われる芸能界において「経営者感覚を持っている稀有な人物。田邊社長の最たる功績は、タモリを筆頭にタレントを司会業で売るスキームを打ち出した事でしょう。業界でも一早く中目黒の一等地に“いいともビル”とも云われる自社ビルを建てました」(ある芸能プロ関係者)

 飛び交う灰皿、お茶、ドラムスティック
 
 勿論、仕事に関してはシビア 時にはコワモテが顔を覗かせる事もある。

 「先ず兎に角時間に厳しい。話は理路整然として居ますが、一旦、スイッチが入ると昔は灰皿・お茶、そしてドラムのスティックが飛び交った。田邊さんの考えとしてはプロダクションの人間は飽く迄黒子。社長が表舞台に出て來るのは絶対に有り得ない事。
 それが今回は自身が矢面に立つハメに為ったのは忸怩たる思いがある筈です。以前はイライラすると社長室に篭って中からドラムのスティックでアチコチを叩いて居る音が聞こえて来たものです」(別の芸能関係者)


 所属タレントには、NHK大河「真田丸」主演の堺雅人迄も擁し、業界に睨みを効かせる田邊氏。SMAP解散騒動でも暗躍する等、その威光は衰え知らず。理論派で知られる一方、ギャンブル好きで知られ、特にバカラに目が無いそうだが、最近は体調面の不安もあり海外のカジノ通いは控えて居ると云う。
 それでも、一介のお笑いタレント風情がどう頑張った処で田邊氏が「黒」と云うものを「赤」に変える事は出来無い事が好く判る。




 特集!! その4) 「ギャーー!!」有吉弘行電撃婚に

  先輩・さまぁ〜ず三村、同郷・アンガ田中から祝福の声


  東スポWeb 2021/04/02 21:58


      4-3-8.jpg

       4-3-8 コピーライトマーク 東スポWeb さまぁ〜ず三村(左)とアンガールズ田中

 フリーアナウンサー・夏目三久(36)と2日、電撃結婚を発表したお笑いタレント・有吉弘行に過つての共演者達からも祝福の声が多く上がっている。お笑いコンビ「さまぁ〜ず」三村マサカズ(53)は「有吉! よかったなぁ! おめでとう!! これで先輩、相方、後輩と皆奥様はアナウンサー!だなぁ」とツイート。有吉が下積み時代に共演した「内村プロデュース」の先輩・内村光良(56)や三村の相方・大竹一樹(53)と重ね合わせた。

 有吉と広島の同郷で、共演も多い「アンガールズ」田中卓志(45)は自身のインスタグラムに「ギャーー!!有吉さん結婚してるんですけど なんも聞いてない! でも、おめでとうございます 一緒に行ったラスベガス旅行の写真でも添付しとこうっと」と平成ノブシコブシ・吉村崇とのスリーショット画像を公開した。



 特集!! その5) 有吉弘行さん、夏目三久さんが結婚

  時事通信 2021/04/02 20:35


       4-3-9.jpg

          4-3-9 コピーライトマーク 時事通信 提供 有吉弘行さん

 人気タレントの有吉弘行さん(46)がフリーアナウンサーの夏目三久さん(36)と結婚したと、有吉さんの所属事務所が2日発表した。2人は連名で「今後は二人で力を合わせて穏やかで幸せな家庭を築いて参ります」とのコメントを公表した。
 有吉さんは「お世話に為っている皆様方にもっと笑って頂ける様これまで以上に精一杯頑張って行きたいと思って居ります」夏目さんは「有吉さんと夫婦に為り、この上無い喜びと幸せを感じて居ります」と綴った。

     特集 おわり