ファン
検索
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ヨリちゃんさんの画像
ヨリちゃん
プロフィール

2021年03月28日

続報!! スエズ座礁船 離礁めど立たず 復旧作業続く 運河当局



 続報!!  スエズ座礁船 離礁めど立たず 復旧作業続く運河当局


   3-28-4.png 3/27(土) 19:18配信


    3-28-2.jpg 3-28-2

 エジプトのスエズ運河で座礁し立ち往生している大型コンテナ船「エバーギブン」 26日 米マクサー・テクノロジーズの衛星画像(AFP時事)


 【カイロ時事】エジプトのスエズ運河で大型コンテナ船が座礁した事故で、当局や海難救助チームによる復旧作業は27日も続いた。

    3-28-3.jpg 3-28-5

 船を所有する正栄汽船(愛媛県今治市)は「日本時間27日夜の離礁」を目指す考えを示したが、スエズ運河庁はこの日の記者会見で、離礁や運航再開の時期の目途は立って居ないと明らかにした。

 船を動かす上で大きな阻害要因と為っている大量の砂や泥の除去が急ピッチで進められている。運河遮断に伴って待機を強いられる船舶の数は増え続けており、運河庁の推計では320隻超に膨らんだ。砂嵐の影響とされた事故原因について、運河庁は「技術的・人的ミスの可能性もある」と指摘し、今後調査を進める方針を示した。  

 コンテナ船は、船首が岸に接触し、土砂にメリ込んで動け無く為った。毎時2000立方メートルの砂を運搬出来る特別の作業船が投入され、運河庁によると27日までに1万7000立方メートルの砂を既に取り除き、作業は約90%完了したと云う。

                  以上















 

サッカー日韓戦で「完敗」韓国、収まらぬ不満と怒り



 サッカー日韓戦で「完敗」韓国 収まらぬ不満と怒り


  3/27(土) 18:01配信


   3-28-1.jpg 3-28-1

     代表デビュー戦で初ゴールを決めたDF山根視来(写真 西村尚己/アフロスポーツ)


 3月25日 横浜の日産スタジアムで開かれた日韓親善サッカーの試合で、韓国代表は日本代表に0-3で完敗した。この試合を巡って、大韓サッカー協会が謝罪文を発表するなど、韓国内では大きな波紋を呼んでいる。試合の翌日の26日、韓国メディアは日韓親善試合試を「歴史的拙戦」「横浜大惨事」と呼び、厳しく非難した。

 韓日戦の重さ知ら無い」と監督の責任追及の声  

 『東亜日報』「サッカーが90分で好かった・・・韓日戦 0-3“横浜大惨事”」と云う記事で、25日の戦評を以下の様に書き下ろした。
 
 <10年前の札幌惨事よりも惨憺たる横浜屈辱だった。パウロ・ベント監督率いるサッカー韓国代表チームが、プライドの懸かったサッカー韓日戦で拙戦の末、完敗を喫した。技術、精神力、闘志など、全ての面で無気力に押し出された>  

 『中央日報』「有効シュート1本・・・孫興民(ソン・フンミン)が思い浮かんだ横浜惨事」と云う記事で、韓国代表チームの拙戦を批判し、エース・孫興民の不在が大きく感じられると評価した。  

 <通算80回目の韓日戦でベント号(パウロ・ベント監督率いる韓国代表チーム)は、ベント監督が強調して居たビルドアップサッカーも不在のうえ、後半39分に為って要約初めて有効シュートを記録すると云う拙戦をみせ、札幌惨事(0-3敗)に続き、10年振りに再び「3ゴール差の0敗」と云う屈辱を受けた>  

 『スポーツ朝鮮』「試合結果は予見された惨事」と指摘し、特にパウロ・ベント監督の選手選抜の問題点を指摘した。  

 <今回の選手リストで最も残念な点は「彼らが韓国を代表する、最高のコンディションを持っている選手だったか」と云う点だった。ベント監督は以前にも「リーグで良い姿を見せる選手では無く、自分の人材プール内で選手を選抜している」と指摘されて来た。
 そのプールを増やさ無かった為、結局(体調が悪くて)上手く走れ無い選手が選ばれたり、同じチームから大量に選抜(現代蔚山チームだけで8人が選抜された)が行われたりする事に為ってしまった>
 

 『MKスポーツ』「韓日戦の重さを知ら無いベント監督が傷だけを与えた」と云う記事で、監督の責任論に言及した。  

 <ベント監督は10日間、3度も“韓日戦の特殊性を好く判って居る”と強調したが“じゃんけんでも負けてはいけ無い”と云う日本を相手に実験的な選手起用で前半2失点の末、0-3完敗を招いた>

 韓国代表のラフプレーに韓国中が激怒  

 他にも試合中に、韓国のイ・ドンジュン選手(FW)がボールと関連の無い場面で冨安健洋選手(DF)の顔面をエルボーで強打した事件もメディアや韓国のネット民からの非難の的と為った。
 
 「戦術とマナーともに負けた。有効シュートよりもダーティープレーが多かった」(TV朝鮮)  
 「韓日戦、マナーも負けた。日本選手の顔面強打をめぐる議論」(ニュース1)  
 「腹いせ?イ・ドンジュン、キム・テファン・・・韓日戦最悪の醜態」(デイリーアン)  
 「韓日戦の非マナー議論、イ・ドンジュンに向けられた非難」(スポーツ京郷)
 

 イ・ドンジュン選手のインスタグラムにも韓国サッカーファンから非難の書き込みが相次いだ。  

 「同じ韓国人として恥ずかしく思う。謝りなさい」  
 「サッカーが出来ないなら責めてマナーでも守って呉れ」  
 「サッカーは負けたけど、戦いには勝てて好かったですね」  
 「試合に負けるのは仕方ないが、ドンジュン選手の行動には失望した」


 “被害者”の富安選手は、試合翌日、自身のインスタグラムでこの騒動にこう言及している。  

 「相手選手からの肘打ちの件ですが試合中には起こり得ることで、彼が故意的に遣った事では無いと信じています。もう既に謝罪のメッセージも受け取っていますし、大きな問題に為ら無い事を願っています!」

 このコメントに、韓国のサッカーファンからも称賛や謝罪の声が寄せられた。

 サッカー協会会長が謝罪文を出さざるを得ない事態に  

 試合直後、韓国代表チームのユニホームに太極旗(韓国の国旗)と共に日の丸がプリントされて居る事に対する不満もネット上に溢れて居た。大韓サッカー協会の関係者は「これ迄の親善試合の際にも、代表チームのユニホームには両国国旗と試合情報などが刻まれて来た」と釈明したが、青瓦台(大統領府)の掲示板には「代表チームのユニホームに日の丸なんて有り得ますか」と云う見出しの請願が寄せられた。  

 「韓国の選手たちの胸に太極旗と日の丸が並んでいる画面を見て驚愕した。経済戦争、放射能問題の他にも、新型コロナによる世界的なパンデミックの状況で、国家代表チームが日本遠征へ行って試合をすること自体も信じられ無い状況だった」  
 「国家間の代表マッチを記念すると云う意味だと聞いたが、これは違うと思う。韓国代表チームのユニホームに日の丸がプリントされることが二度とあっては為ら無い」


 この様に、国中から非難の声が絶え無い事から、大韓サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長は「国民の皆様に捧げる文」と云う謝罪文を出し、国民の前で頭を下げた。

 「昨日行われた韓日戦の敗北に失望したサッカーファン・サッカー関係者、そして国民の皆様にサッカー協会の会長として大変申し訳なく思っております。協会はW杯予選を控えて、代表チームの戦力を固める事が出来る唯一の機会だと判断し、韓日戦と云う負担感にも関わらず今回の試合を推進しました。厳しい状況の中、最善を尽くして無事に試合を行いましたが、足り無い競技力により大変ご心配をお掛け致しまして、深くお詫び申し上げます」

 親善試合でこれ程批判噴出するのは前代未聞  

 しかし、ネット上では「サッカー協会の謝罪は的外れ」との意見が大勢を占めている。要するに「そもそもコロナ禍の中で日本遠征を強行したこと自体が間違っている」と云う主張だ。
 実際、韓国では代表チームの日本遠征試合に対する強い懸念の声が上がって居た。日本側が、2020東京五輪を控えて日韓戦を防疫措置の実験舞台にしようとして居ると云う指摘も出た。日本への遠征を取り消して欲しいと云う国民の請願があった程だ。  
 今回の試合以降、一部の韓国メディアの報道を見ていると、無理な遠征試合の強行に対する非難が再び頭をもたげて来たと云う印象だ。

 <(韓国では)何故無理に韓日戦の日程を取ったのかに対する疑問が高まり、批判が強かった。韓国選手らが東京五輪を強行しようとする日本の「宣伝道具」に為るとの懸念が出て、青瓦台の国民請願まで登場した。
 実際に東京五輪で採用されるスポーツイベントの「選手防疫手続き」が今回の試合で初披露された。コロナ・パンデミック(大流行)の中で、依然として感染者が増加傾向にある日本を敢えて訪れて試合するのかと云う指摘も相次いだ>
 

 <韓日ライバル戦の結果を超え、緊張感の高い両国の状況を考慮すれば、相次いで常識外れの決断を下したサッカー協会の行政力は、世論の叱咤を避けられそうに無い>

 (以上、スポーツ京郷「韓国サッカー、一体日本遠征で何を得ようとしたのか」)

 <日本は韓日戦の勝利で多くのものを得た。韓国を相手に勝てると云う確かな自信は勿論、新しい選手達を成功的にテストした。聖火リレー初日、コロナで萎んでいた五輪広報まで成功した。世界に安全な五輪に為ると云う宣伝道具としてコロナ防疫で最も成功した韓国を利用する事が出来た。それに対し、韓国は何を得たのか>

 OSEN「“コロナ禍にも大規模行事可能”日本代表監督、韓日戦を宣伝道具に使ったことを認定」)  

 保守紙の『中央日報』ですら、日韓戦が東京オリンピックの聖火リレーが始まった25日に行われる事を挙げ<韓日サッカー代表チーム親善試合は、日本に取って“安全なオリンピック”をPRする機会であった。韓国サッカーは脇役に回った>と主張した。

 (「『横浜惨事』韓日戦・・・東京五輪の聖火リレー開始日、韓国は脇役に」)  

 サッカーにおける日本代表と韓国代表との対決は、ゲーム内容もあることながら、両国民の感情的なブツカリ合いが在る事が珍しく無かった。
 しかし、親善を目的としている国際スポーツ交流を巡って、韓国内でこれ程多くの非難が噴出された前例は、少なくとも私の記憶には無い。文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、日韓関係がどれだけ損なわれたかを如実に示して呉れる事例だろう。

 文章 李 正宣氏



 〜管理人のつぶやき〜

 このレポートを読み、管理人は何とも情け無く侘しい気持ちと大きな失望感に襲われた。両国の協会関係者が新型コロナ防疫や海外選手の調整等に絶大な努力をし、伝統ある日韓親善サッカー試合をしよう・・・との意気込みだっただろうに、余りにも一方的試合に怒りが収まらず・・・全てに当たり散らした。これが悲しき朝鮮人の共通した行いだった。
 批判は選手達にだけでは無く、こんなコロナ禍の中で未だ修まら無い日本へ出向き親善試合をすることにも向けられ「日本のオリンピックに利用された」と怒り、日の丸使用にもケチを着ける・・・確かに勝利した我が国は気持ちが晴れ晴れしたが・・・しかし、勝負とは言えコンな後味の悪い「親善試合」なんて一体何なのだろう。
 富安選手の怪我がアレだけで済んだのが救いだった。マルで腫れ物に触る様な気持ちで競技するなんて・・・余りにも信じられ無い敗北に怒り狂い拳を振り上げる・・・それを何処で下ろしたら気が済むのだろうか。怒りで我を忘れることは往々にあるだろうが、互いに一定の敬意を払わねば為らない隣国の人達なのだし少しは良識ある人間同士として行動したいものだ。相手の振る舞いを観て我が行いを正そう・・・如何して互いの文化は尊敬出来るのにスポーツでも政治でも大人の付き合いをしよう。

                  以上