プロフィール
松野 泰也さんの画像
松野 泰也
プロフィール
ファン
カテゴリ
検索
最新記事
写真ギャラリー
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山
にほんブログ村> にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
登山ランキング

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年04月09日

準備すべき登山道具 その1 靴・靴下 #登山でアンチエイジング

登山を始める人から、「どんな恰好していけば良いの?」「何を持っていけば良いの?」と聞かれることが多い。そこで、登山に必要なものを説明していきます。

富士山登頂へむけて その1 年間計画 にて説明したように、まずは近場の低山を登ってみてみることを勧めています。その際には、「手持ちの運動し易い服と靴でお越しください。」と伝えるようにしています。そして登山に興味を持ち、その後も続けれるようであれば、徐々に揃えていくのが良いでしょう。

IMG_20161225_145351.jpg登山を始めて間もない頃。手持ちの、ゴルフシャツに帽子、短パン、靴下に、肩掛けカバンで、沖縄の名護岳を登頂していました。少し恥ずかしいですが、最初はこんな感じで、徐々にアイテムを揃えて行くのが良いかと。

 道具は購入もしくはレンタルとなりますが、靴と靴下は、最初に購入すべきアイテムです。長い場合1日に8時間ほど、山道を歩くこともありますので、何よりも自分の足に合った靴を厳選せねばなりません。時間をかけて選びましょう。登山ショップはどこも丁寧に対応してくれます。

 靴にも、低山ハイク用、夏山日帰り用、冬山縦走用などいろいろな種類があります。冬山や長期縦走用などは、大きく、固く、重くなる傾向があります。富士山や、夏山・山小屋2泊3日程度の縦走が目標でしたら、トレッキングシューズで十分かと思います。

IMG_20190604_062534.jpg2年前に購入したトレッキングシューズ。日頃の手入れ以外には、特に補修することもなく、50回ほどの山行に耐えてくれてます。

IMG_20190604_062544.jpg
 あと、忘れてならないのが靴下です。山での歩行では、靴と足の間のクッションが大きな役目を果たします。素材により、耐久性、吸汗性、速乾性などの機能や価格もかなり異なりますので、自分にあったものを1足もつと良いでしょう。




2021年02月28日

地産地消グルメ 小田原 #登山でアンチエイジング

 西丹沢登山後に余裕があれば立ち寄りたい小田原。そこでのグルメ情報です。
 鉄板焼きの「響」です。
 TV番組にて、タカアンドトシらが照会したことで、最近、混んでしまっています。予約もできるので是非お試しください。

 https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14023364/

20210220_114712.jpg 小田原駅から徒歩5分はかかりません。
 おしゃれ横丁内にあります。

IMG_20210220_113524.jpg ランチであっても、シェフが目の前で、見事な手さばきで焼いてくれます。

IMG_20210220_114821.jpg ご飯のお替り自由、食後の飲み物もついて、一人1650円(税込)でした。なお、ランチでのサービス価格です。

2021年02月27日

地産地消グルメ 小田原 #登山でアンチエイジング

 西丹沢登山後に余裕があれば訪れたい小田原でのグルメを紹介します。
 国道一号線沿いにある「柳屋ベーカリー」、あんぱんの専門店のようです。
 10種類近くのアンパンがあり絶品です。200円/個ですが、薄皮と餡が絶妙なコラボしています

 https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14004324/

20210207_105358.jpeg 個人的な一番のお勧めは「つぶし」。

20210220_165740.jpg 「こし」もオーソドックスながらお勧めです。

IMG_20210220_105136.jpg 休日には、入り口に行列ができること多いです。
 予約もできるようです。


2021年02月24日

積雪期のトレーニング 西平畑公園 #登山でアンチエイジング

 2月は積雪に見舞われる時期であり、花粉症にも悩ませる時期です。
 そんな時にお勧めなのが西平畑公園でのハイキングです。
 小田急線の新松田駅から徒歩で25分程度。最明寺史跡公園まで続く松田山みどりの風自然遊歩道コースの入り口です。
 
20210220_165913.jpg 1月下旬から、菜の花と河津桜のコラボが楽しめます。

IMG_20210220_092324.jpg 駿河湾の眺めも楽しめます。

IMG_20210220_091607.jpg 富士山の眺めも楽しめます。

20210220_170442.jpeg こんなインスタ映えスポットもあります。是非お試しください。

2020年11月03日

地産地消グルメ 西武秩父 #登山でアンチエイジング

 雲取山の登山道は複数ありますが、鴨沢から登り登頂し、雲取山荘にて泊り、翌朝、三峰神社へと下山するルートを選択する場合にお勧めの「珍達そば」。西武秩父駅から徒歩5分ほどのところにあります。

3.jpg 葱とバラ肉、細麺の醤油系ラーメン。登山で冷えた体に染み入ります。


 
1.jpg 市役所の目の前にあり、平日の正午前には行列ができていました。

2.jpg 売り切れ次第閉店のようで、早めに言っておいた方が良いですね。

2020年10月06日

地産地消グルメ 八ヶ岳(美濃戸口) #登山でアンチエイジング

 八ヶ岳を西側からアクセスする場合の玄関口の一が美濃戸口です。

 そこでのレストラン(宿泊施設)J&Nを紹介します。

002.JPG 場所はバス停の目の前で、駐車場も併設されています。宿泊施設、日帰り入浴施設が完備されていて、ここで食事を摂ると入浴料が半額になるようです。

008.JPG 室内も綺麗ですが、天気が良かったので、ウッドデッキのテラスにて昼食を頂きました。
 注文したのはグリーンカレー(季節物)。大盛にしましたが普通盛で十分な量でした。

006.JPG こちらはサービスのサラダ。

005.JPG パンも売っています。3等分してもらい、店内で食べました。

1.JPG 入り口の看板。入浴代は、食事もすると半額になるそうです。

2.JPG お風呂入り口。とても綺麗です。

3.JPG お風呂の中の様子。

4.JPG シャンプー、ボディソープ、洗顔剤も用意されていました。ありがたや。

010.jpg 店の外では、人懐っこいシベリアンハスキーが飼われていました。

2020年09月09日

8月 旭岳(大雪山連峰) 日帰り

 
0.JPG 北海道で最も高い山、大雪山連峰の主峰で、百名山である旭岳。

 比較的アクセスが良く、旭川空港に近いこともあり、多くの登山客で賑わっています。出張の最終日を利用して、この夏登頂しました!活火山のダイナミックな眺めを楽しめます。

1.JPG 空港からバスで約1時間で、旭岳ロープウェイの駅まで来れます。登山起点の姿見駅まで約10分、雄大な眺めを楽しめます。

2.JPG 姿見駅の展望台からの旭岳。トイレや水の補給はこの先はできないので、こちらで済ませてから出発です。

3.JPG 30分ほど歩くと、姿見の池にたどり着きます。ここまでは、一般の観光客も多く来ています。

 池に映る旭岳、撮影スポットですね。

4.JPG 姿見池から約2時間、ザレ・ガレ場が続きます。

5.JPG 火口と反対側には、おそらく十勝岳連峰だと思われる山々が見えます。この広大で雄大な眺めは北海道特有ですね。

6.JPG 金庫岩と呼ばれる直方体の岩が突出しています。
 下からも良く見える大きさです。

8.JPG 登頂時は、ガスがかかり始めてました。

7.JPG 下の方には、裏旭が広がり、その先に黒岳、層雲峡があります。いつかは縦走したい憧れのルートです。


2020年09月03日

8月 槍ケ岳(北アルプス) 2泊3日(上高地往復)

8.JPG 北アルプス、そして百名山を代表する槍ヶ岳。登山する者ならいつかは登ってみたいと思う名山です。

 8月に登る機会を得ました。感激の山行でした。
 

1.JPG 槍ヶ岳へのルートは複数あります。
 今回は、上高地から横尾、殺生ヒュッテを経て登頂し、上高地へ降りるルートを選択しました。
 難所が少ないこと、水場が豊富にあることから、初心者に優しいルートに位置づけられます。

 写真は、上高地の河童橋。バスターミナルから徒歩5分ほどです。この周辺にはレストランが複数あるので、そこで昼食を済ませました。

2.JPG 当日は、徳澤園にて宿泊しました。氷壁の宿として知られます。豪華な夕食とお風呂が付いていて、山小屋というよりかは旅館ですね。翌日の登山に備えて、身体を休めました。

 上高地から登る場合、この徳澤園か、横尾もしくは槍沢ロッジに前泊することになります。お風呂がついているようで好評です。

3.JPG このルートは、基本的に梓川(の支流)に沿った山道を歩きます。川のせせらぎが癒してくれます。
 また、水場が豊富にあるので、大量の水をリュックに入れて持ち歩かなくても大丈夫なところが助かります。

4.JPG 徳澤園から2時間ほど、槍沢ロッジで休憩します。
 木の間から槍ヶ岳が見える双眼鏡のサービスがありました。ここから槍ヶ岳まで5.9 kmの道のりです。

4-2.JPG 右上の樹の隙間に小さく見えるのが槍ヶ岳。頂上から手を振ってくれる人が見えました。なお、頂上から下を見ても、槍沢ロッジは樹に隠れて見えません。

6.JPG 頑張って歩くと、ようやく槍ヶ岳が見えてきました。
 疲れが吹っ飛ぶ絶景です。あの頂きに向かって頑張って歩きます。

7.JPG 途中、殺生ヒュッテ(その日の宿泊地)にて昼食休憩を取りました。ここに重い荷物を置いて、ヘルメットを被って頂上アタックに出かけます。

9.JPG 槍ヶ岳山荘付近から眺める頂上。あと200 mほどですが、ここからが難所の連続です。

10.JPG 鎖場や梯子の連続。手袋必携ですね。

11.JPG 難所を乗り越えて頂上に立った感激は、生涯忘れることはないでしょう!

12.JPG 目下には槍ヶ岳山荘。大きいですね!

13.JPG そして穂高連峰です。
 少しガスってました。いつかはあちらも登頂したいとおもいつつ。気を付けて下山です。

2020年08月20日

8月 富士山(吉田ルート) 夜間登山 #登山でアンチエイジグ

 今回は、富士山吉田ルートを、夜間登山する場合について解説します。

007.JPG

 夜間登山とは、夜に五合目を出発し、明け方に登頂し、頂上でご来光を拝む旅程の登山です。俗に、「弾丸登山」と呼ばれ、推奨されていません。されど、富士山の山小屋ではゆっくりくつろぐことが出来ないのであれば、体調管理をしっかりとし、途中の休憩を十分とるのであれば、弾丸登山もありかと思います。その後、もう一度実施しましたが、同行者も含めいまだ高山病に罹っておりません。

001.JPG 夜間登山の場合、新宿発午後3時前後のバスで富士スバルライン五合目に向かいます。当日の朝は長寝して、体力温存しておきます。
 概ね夕方6時に到着となりますが、五合目のレストランにて食事します。

 50歳過ぎての炭水化物のコンビネーションはタブーですが、登山前だからと言い訳して。。。

005.JPG バスの力を借りて五合目までやってきましたが、ここで既に標高2300メートルあります。

 高所順応を兼ねていますので、はやる気持ちを抑えながらゆっくりと準備する必要があります。最低2時間はここで過ごすようにします。

004.JPG 午後8時頃出発しました。
 出発前の記念写真です。皆さん、長袖シャツ1枚に、短パンにタイツの恰好ですね。ヘッドライトが必須です。


005-001.JPG その後、山小屋毎に休憩を取りながらゆっくりと登山しました。夜なので、写真がほとんど残ってません。
 7時間ほどかけて登り、午前3時頃登頂しました。

 頂上は、深夜なので日差しが無く、気温が低いのと風が強いので体感気温は氷点下でした。寒い中、風が当たらない場所を確保して、日の出を待ちました。ご来光が待ち遠しくなります。

012.JPG 御来光です。運がなければ見れないです。富士山周辺が晴れであっても、局所的にガスが発生し拝めない場合もあります。
 幸運を喜び、皆さん一斉に写真を撮っていました。

015.JPG 登頂を祝して記念撮影です。
 仲間の一人が気を利かして横断幕を準備してくれました。嬉しかった。

018.JPG 下り道は、あまり楽しいとは言えず、これまた写真がほとんどありません。ひたすら砂利道を下っていきます。
 スバルライン5合目に到着して、皆で乾杯です。
 ここから新宿まで直行バスにのり、ひたすら爆睡しました。




2020年08月13日

8月 表銀座(北アルプス) 2泊3日(一の沢登山口〜常念岳) #登山でアンチエイジング

北アルプスの通称「表銀座」で知られる燕岳〜大天井岳〜槍ヶ岳の縦走路

この度は、常念岳から大天井岳に入り、燕岳へと逆走する縦走をしました。晴天にも恵まれ、槍ヶ岳の展望を満喫できた最高の縦走でした。

040.JPG 常念岳の山頂付近からの穂高連峰の眺め。
 中央にそびえたつ槍ヶ岳。はやり秀峰は目立ちますね。


003.JPG JR穂高駅のちかくのビジネスホテルに前泊し、当日の朝5時タクシーに迎えに来てもらいました。目指すは、常念岳へのアクセスの一つ、一の沢登山口です。そこから数キロにわたって沢沿いに登山道があるので、水の心配が不要なこと、景色が綺麗なゆえに人気があるようです。ちなみに、ホテルから約30分、5100円でした。
 一の沢登山口は、自家用車およびタクシー利用の登山客でごった返していました。

005.JPGこんな沢と並行して登山道があり、途中、涼をとりながら進んで行けます。

010.JPG 途中、高山植物のニッコウキスゲが咲き、目を楽しませてくれます。

013.JPG 登山口から約4時間ほどで、常念小屋のある「常念乗越」に着きました。にわかに穂高連峰の眺めが開け、感激の瞬間です。

026.JPG 常念乗越から、常念岳は1時間の登りになります。
 常念小屋にリュックを預けて、身軽になって登頂しました。

028.JPG 山頂の様子。この写真を撮るために、多くの登山客が行列を作っていました。それだけの良い眺めです。

043.JPG 常念岳山頂から下山途中で、雷鳥の親子に出会いました。可愛いですね。


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。