広告

posted by fanblog

2018年06月22日

幼児教育は年少になったらZ会も選択肢に入ります

年少になったら、Z会の通信教育を始められるって知ってましたか?


我が家の場合

私の長女が年少のとき、まだZ会には年少むけのコースがありませんでした。


P_20180622_203805_vHDR_Auto.jpg

(当時の教材。本棚にしまってあり、まだたまに見返しているようです。8月号からあったので、年度途中から始めたようです。)


我が家では年中はじめの頃までこどもちゃれんじに取り組んでいました。


当時、オプション教材も1種類追加していたのですが、それも含めて娘があっという間にやりきってしまうのです。


本誌で1日。オプション教材で1日。2日でやりきってしまうのを見て、


「この子はそろそろこどもちゃれんじは卒業だな」と思いました。


じゃあ、公文式か、それともこぐま会か。しちだもあるなと。


色々とネットを検索しているとZ会で幼児を対象とした通信教育が始まったことを知りました。


Z会。。。


その昔、高校生のころ受講していました。


当時は「旬報」という冊子が毎月1冊、通信添削が月2通届きました。


添削課題は難しくて全く手つかずなこともしょっちゅう、たまる一方。。。この状況を表す言葉もあったのですが、思い出せない。


でも「旬報」←(確か、その月の学習内容がまとまっている冊子で、受講していない科目も旬報で勉強できました。)の数学だけはまじめに取り組み、模試だか校内テストだかの成績がグッと上がりました!


物理基礎問題集?とかの大学受験参考書でもお世話になりました。「前田の物理」とか「親切な物理」とか「体系物理」などあった中で私は物理もZ会です。化学は河合塾。英語は駿台。


思い出(余談)

浪人時は駿台です。物理の谷藤祐の講習受けた時、隣は学校の制服を着た女子でした。その現役女子高生が板書も何も取らずに、腕組んで授業を聞いていて、解説が終わると予習してきたノートにシュッと丸をつける。


自分では全く手のつかない問題ばかりだったので、とても驚きついノートをジーっとのぞいてしまったら、筆箱で隠され軽くにらまれたのもいい思い出です。


次の講習でも偶然(マジで。当時駿台は指定席です!!)隣の席になりましたが、声くらいかければよかったな。。。


教材内容

そんなZ会にはいい思い出があったので、早速お試し教材を取り寄せました。


年中の場合、子どもが取り組む教材は大きく3種類ありました。


体験学習の元になる「ぺあぜっと」


自習用ワーク教材「かんがえるちからワーク」


そして


絵を描いて提出する「提出課題」


これらに加えて、保護者むけの情報誌「ぺあぜっとi」


以上4種類が毎月届けられます。


使ってみて(感想)

「ぺあぜっと」は、身近な物を使って様々な体験ができるような内容になっています。


いくつか載っていましたが、我が家ではその中からひとつふたつ選ばせ週末に取り組んでいました。


「かんがえるちからワーク」は毎日の夕飯前にダイニングテーブルでちょいちょいとやっていました。


そして、意外と思われるかもしれませんが、絵を描く提出課題が案外楽しかったです。


まさか年中に添削課題が出るとは思っていなく、とても驚いたのですが、毎月1枚、テーマに沿った内容の絵を描きます。


これが、結果的にいろいろな話をすることにつながり、父娘での会話を楽しみながら取り組むことができ、さすがZ会だな、と感心したことを覚えています。


また、副教材として、「ひらがなだいすきワーク」がついてきます。(当時)


これは、『かんがえるちからワーク』4〜10月号と並行して進められる、ひらがなの学習に特化したワーク。
10月までの小冊子7冊で、ひらがなの清音と濁音・半濁音をすべて取り上げます。


という、ひらがなに興味を持ち始めた年代にぴったりです。


子どもはエンピツでは書く力が弱くてうまく書けない

しかも、ホワイトボードマーカーで消せるひらがな練習ボード付きで、くりかえしひらがなの書きとり練習ができます。(当時)


このホワイトボードとマーカーで練習できるところがとても大事です。


正直、実際にやらせてみるまでこの良さがわかりませんでした。


というのも、年中児は書く力が弱いです。


そこで、スルスルとかけるマーカーとホワイトボードのセットがいいんです!


子どもも面白がってたくさん書いていましたよ。


最新情報は下記リンク先よりご確認ください。








この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/7808976
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




子育て情報を調べるにはこちらから


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

検索
カテゴリーアーカイブ
最新記事
(07/01)2020年6月 全国統一小学生テスト 受験報告
(06/15)2020年6月 全国統一小学生テスト 事前情報
(06/12)結局、乳幼児期にやっておけばよかったと思うことbest3「指もみ、お絵かき、絵本」
(11/06)全国統一小学生テスト対策(2019年11月全国統一小学生テストを受けて)
(10/04)算数の自宅学習にとても役立つ無料で使えるプリントを提供してくれるサイトをご紹介
(09/02)ストライダーは軽くて持ち運びに便利だし丈夫だから早く買って長く遊んだ方がお得だけど、室内で保管しましょう。
(08/30)幼児のひらがな学習は物の名前が言えるようになった時がチャンス
(08/24)夜間休日に高熱が出た場合「こどもの救急」サイトチェックか#8000に電話
(08/23)オムツ関連で絶対に買うべきグッズは【おしりふきのふた】と【防水シーツ(おねしょシーツ)】
(08/22)年長でもひとりでできる、自学自習のはじめに最適な100玉そろばん
(08/18)【男性に向けて】母乳は訓練して出るようになるが、それでも出ないこともある【意外と知らない】
(08/17)年少むけ通信教育を6社資料請求して、今回取り組むのはポピーに決めました!
(08/16)忘れえぬ人々
(08/15)オムツ漏れはサイズアップのサイン
(08/14)立ち会い出産、妻の頭側に立っていたのでちっとも怖くなかったですよ。
(08/05)学力の3要素とか、主体的な学びとか。どれだけ評価方法が変わっても小学校の先取り学習は重要(英語編)
(08/05)夏の子どもの皮膚トラブル。かぶれ、あせも、虫刺され。生後1ヶ月から使用可能なのはムヒベビー。ムヒベビーの出番は虫刺されではなくむしろかぶれ、あせも。
(08/03)学力の3要素とか、主体的な学びとか。どれだけ評価方法が変わっても小学校の先取り学習は重要(国語編)
(08/02)学力の3要素とか、主体的な学びとか。どれだけ評価方法が変わっても小学校の先取り学習は重要(算数編その2)
(08/01)学力の3要素とか、主体的な学びとか。どれだけ評価方法が変わっても小学校の先取り学習は重要(算数編)
プロフィール
ティットンさんの画像
ティットン
プロフィール
写真ギャラリー
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。