広告

posted by fanblog
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ場・ゴルフコースへ
にほんブログ村
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
リンク集
カウンター
プロフィール

TM
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

posted by fanblog
2012年08月28日
千成1−3
後回しになっていた、「千成」でのラウンドの様子を再開します。

3日前、2012年8月25日に、アクセスカウンターを設置しました。
また、記事に対する感想がございましたら、コメントをお願いします。
励みになります。
アダルト系のいかがわしいコメントは、どんどん削除しますので、ちゃんとしたコメントも一緒に削除してしまったら、ゴメンナサイ。

では、インスタートの2ホール目、11番孤高の松のホールからです。



11番 346Y パー4
正面の孤高の1本松は、4年ぶりとはいえ、さすがに記憶にあるホール。
4年前は、栃木県のアマチュアゴルファーの大会で活躍されているXさんと、
他のゴルフ場にお勤めで、お忍び視察に来たYさん(以前このブログでバンカーショットを教わった方として紹介したことがある)という、バリバリの上級者と一緒だった。

・・・2人ともすごかった。
ボギーをたたいて悔しさをかみ殺す2人と、ボギーで上がればホッと笑顔を隠す自分との差に圧倒されたものだ。

その2人をオーバードライブして、松の木の右をストレートボールで超えていった。
Xさんが、一番飛んでいるボールが自分のものだと思い、近づいていくのを「それ、私のです」となんだか申し訳ない気分で言ったのを覚えている。


さて、今日のティーショットは、松の木の右からドローがかかり、フェアウェー左に。
このコースを良く知っている今日の同伴者のBさんが、
「ん、どうかな。ちょっとまずいかな。」
「えっ、あれでまずければ、松の木の右側しかフェアウェーがないことになるじゃないか。」
内心そう思いながら、セカンド地点に行った。


確かに歓迎すべき状況ではない。
前のマウンドが邪魔して、ピンは見えない。
前上がり、左足上がりの状況で、フェアウェーなのにセカンドは難しい。

しかし、4年前に比べて、ドライバーの飛距離が落ちているのを実感させらた。
今日は、110Yぐらいの打ち上げでピッチングのフルショットだが、4年前は、60Yぐらいで、ウェッジのハーフショットだったと思う。
そこからバンカーに落とし、1打目のリードを生かせなかったので、記憶にある。

ピンが見えないほうが上手くいくのか、2−2のパー。

12番 135Yぐらい パー3

8番でナイスショット。
1−2のパー。

ここも4年前を覚えている。
120Yぐらいで、上級者2名はピッチングで打ってバーディーチャンス。
私は、前の池が怖くて、9番で大きめに打った。
私だって、ピッチングのナイスショットなら、ちょうどピン手前に付く距離である。
でも、当たりそこねを怖がって、保険をかけて9番にした。

上級者2人は、自分のアイアンの距離に絶対の自信を持っているのだと、痛感させられたホール。

Posted by TM at 20:59 | 千成1 | この記事のURL
この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。