広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年05月13日

小説

連載中小説「いただきまーす!」 NEW!
<あらすじ>
首都圏の獣医大学を出た東京出身の田中一平。ふとしたきっかけで親元を離れ、とある田舎の自治体、里崎県の公務員獣医師の道を選択する。
里崎県の郷浜食肉衛生検査所に勤務することになった一平が、個性的な面々に振り回されながら仕事や一人暮らし、はたまた恋にも励んじゃう、獣医さんのお仕事エンターテイメント小説!

・小説「衛生獣医、木崎勇介(食肉衛生検査所編)」

食肉衛生検査所という職場を少しでも感じてもらいたい。
実体験をもとに拓一人が書いた小説(フィクション)です。

<あらすじ>
木崎勇介、44才。里崎県の獣医師。
平成16年、勇介はと畜検査員として勤務する里崎県郷浜食肉衛生検査所で、職場の仲間達と検査技術の組織的な管理や次世代への引継ぎに取り組むが、団塊世代の大量退職を契機に始まった組織のうねりに、自らも押し流されていく。
不信、再会、別れ。すれ違う多くの獣医師達と共に食肉衛生検査所に勤務する勇介の日々を描く。
posted by 拓一人 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
拓一人さんの画像
拓一人
拓一人(たく かずと、ペンネーム) 某県で20数年公衆衛生獣医師として勤務し、退職しました。 食肉衛生検査所、家畜保健衛生所、保健所、県庁での勤務経験があります。 獣医師としての進路に迷っている方、これから公務員獣医師になろうと考えている方や、今現在公衆衛生獣医師として勤務している方々に、何かの形でお役に立てればいいかなと思ってます。 今は家族と共に、地元の豊かな自然の姿と旬の食材を楽しむ日々を送っています。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。