広告

posted by fanblog

2012年02月21日

ジャングル走破記(8)

朝6時廻った頃目が覚めて、朝食のテーブルについた。
どこにでもあるホテルの朝食風景であるが、やっぱりちょっとお粗末かな!!といった印象、薄切りのチーズに、ハム、パンが2−3種類並んで傍らにポットのコーヒーとミルク、ひどく甘そうなケーキがこれまた2−3種類、よく朝からこんな物が食べられるなと思いながらも、昨日一日ほとんど食事らしい食事をしていなかった我々にとっては、やはりご馳走だったのでしょう!!

とりあえず腹に食物を押し込んで、さあいざ出発と車にいけば、相変わらずタイヤの一つの空気が異常に減っている。
近くのガソリンスタンドでガソリンを入れながら、タイヤにも空気を押し込む、そして走り出したが先が心配だからとタイヤの修理屋をさがした。
看板はあるが店が閉まっている。良く考えたら今日は日曜日だったのである。
でもあきらめずにもうちょっとと探していると、とある一件の修理屋で小学生くらいの子供が家の前にいた。聴くとここの修理屋の子供で、今はお父さんがいないとの事、残念がっていると其の子供が、突然”僕が直してあげる”という、まあ半信半疑であったが”門前の小僧経を読む”とも言うしという事でやらせてみた。
彼曰く”ムシ”が悪いという、部品はあるというので交換してもらい、空気を入れて今度こそいざ出発と意気揚々とボアビスタの朝の町中を快調にアクセルを踏みこんだ。
朝のまちはやはり活気がある。夜中と比べれば当たり前の話ではあるが、其れでも全体に広々としている分閑散とした町という感は否めなかったが!!

やがてボアビスタの町外れにかかり朝の空気の中に、再び大草原が広がり其の中に一直線に伸びた美しい道路が延々と続くのである。
これからヴェネズエラの入り口の町サンタエレナまで約3時間のドライブである。
posted by takaro at 23:56| Comment(0) | 小さな旅
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

プロフィール
takaroさんの画像
takaro
クルマ好き、旅好き、猫好きのおっさんです。 会社卒業してあれやこれやと手を出しながら、貧乏暇なしやってます。 Tochigiから旅に関するためになりそうな情報を発信していきます。
プロフィール
最新記事
アメリカ
記事一覧
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
リンク集
RSS取得
QRコード
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。