広告

posted by fanblog

2018年03月13日

棒の折山(棒の嶺)山散歩

今回は初めての埼玉秩父の山に登ってみた
行先は東京都との境にある棒の折山(棒の嶺)

まずは埼玉県飯能市にある名栗湖、有馬ダムを
目指し、朝6時半に出発

到着予定は9時であったが、途中道を間違える
ハプニングで30分遅れの9時半歩き出し

有馬ダム
DSC_1178_HORIZON.JPG

ここからダム堰堤を渡り反対側の白谷沢登山口へ
徒歩5分程度で到着、いよいよ登山開始

このルートは片道約4.1km、標高差約730m程度を
ほぼ直登する、従って登ってみると結構傾斜も
きつい
前半はほぼ沢登りの状況で切り立った大岩の間や
岩登りなど楽しませてくれる

こんな感じ
DSC_1185_HORIZON.JPGDSC_1194.JPG


沢登り区間の間には藤懸の滝、天狗の滝、白孔雀の滝
があるが、残念ながら今回画像が取れていない

間もなく岩茸石、ゴンジリ峠を経て棒の嶺頂上へ
頂上は969m、広く平らな頂上には東屋、テーブル
などが配置され、登山者を癒してくれる
登頂時間は2時間50分ほどであった。

DSC_1199.JPG

山頂にはソメイヨシノ4〜5本、周りには山桜もあり
花時期には大いに楽しめそうである

下りは岩茸石まで戻り、周回ルートである
滝ノ平尾根ルートへ
このルートも結構傾斜がきつく、木の根っ子が
多く、歩きにくいこともあり疲れが増す

このルートの入り口にある岩茸石がこれ
DSC_1201_HORIZON.JPG

登山道は左脇を通り、この裏側に続いている
木の根っこに注意しながら、傾斜のきつい道を
河又バス停目指してひたすら降りていく
下りの時間はおおよそ2時間!
歩行歩数は約22000歩超であった

有馬ダムの近くにあるさわらびの湯隣の駐車場に
車を止めていたが、ここには入らずに入間市内の
「アクアリゾート 入間の湯」に移動

さわらびの湯が800円に対して、ここは430円であるが
広く、いろいろな湯種が楽しめる温泉施設で正解だった


なかなか楽しめた1日だったが、一つ残念だったのは
高速道路上での飛び石でフロントガラスに傷がついて
しまったことである。


posted by takaro at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7428385

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
takaroさんの画像
takaro
クルマ好き、旅好き、猫好きのおっさんです。 会社卒業してあれやこれやと手を出しながら、貧乏暇なしやってます。 Tochigiから旅に関するためになりそうな情報を発信していきます。
プロフィール
最新記事
アメリカ
記事一覧
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
リンク集
RSS取得
QRコード
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。