広告

posted by fanblog

2017年04月01日

石裂山ハイキング

昨日は鹿沼の石裂山(おざくさん)に登ってみた。
この山は標高879mほどで栃木100名山です。

登山口はが賀蘇山神社とのことで、ナビの目的地に
ここを入力していざ出発、しかしいきなりトラブルが・・

目的地の賀蘇山神社に到着してみると何かおかしい
神社の人に聞いてみると、まったく同じ名前の神社が
山の反対側にも存在していたのです。

こちら側から石裂山山頂120分という標識があり
登頂可能かと聞くと、以前にあったルートが過去の
大雪等の倒木や崩落などで登山道が荒れたままで
歩ける状態ではないことを教えてもらった。

ということで約29kmの道を戻り、山の反対側の
登山口に移動、ここで約30分超の時間ロスでした。

この山の過酷な状況は事前にネット情報など調べ
理解はしていましたが、歩き始めると、各所に
「ハイキングコースとして紹介されているも、
 登山レベルなので初心者や装備の不十分な入山は
 危険、自己責任で要注意」の文字が目に付く

また滑落事故も過去5件発生しているようで、
そのうちの3件は死亡事故だったとの情報も書かれて
いた。

改めて気を引き締めて登ろうと仲間と確認した次第

この山の登山情報はたくさんネット上でもアップされて
いるので、細かいことはここでは省略

歩き始めて約20分、分岐点を過ぎて間もなく
千本かつらという銘木に出会う
DSCF4556.JPG


登山道の随所に目がくらむような谷底のイメージがあり
見上げれば岩が迫ってくるといった感じが強い
随所に鎖場や長い梯子が続く
これだけ長い梯子の登山道は他ではなかなか見られない
らしい

途中にはえぐられた岩の奥に奥の宮が祀られている。
ここに行くには20mはあると思える梯子を上り下り
しなければならない。
DSCF4566.JPGDSCF4565.JPG

写真下手ですね

鎖場や梯子がたくさん
DSCF4575.JPGDSCF4577.JPG


DSCF4561.JPG


目的の石裂山が目の前に、その急峻さに驚く
DSCF4579.JPG
何とか登ってみました。

山頂には行者名の護摩札が祀られていた。
DSCF4585.JPG

気温4度の山頂で昼食をとり、隣の月山に登り返して
下山となった。
月山は標高890mほどで石裂山よりも高いのだが
栃木100名山には登録されていないらしい

確かに低山ながら、危険と隣り合わせの気の抜けない
山行であったが、登り終えたら疲労感も吹っ飛んで
すっきりした感じがつよかった。

その後はいつものように近場の温泉にということで
鹿沼温泉 華ゆらり にドボン!!

十分楽しめた一日でした!!
posted by takaro at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6116196

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
takaroさんの画像
takaro
クルマ好き、旅好き、猫好きのおっさんです。 会社卒業してあれやこれやと手を出しながら、貧乏暇なしやってます。 Tochigiから旅に関するためになりそうな情報を発信していきます。
プロフィール
最新記事
アメリカ
記事一覧
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
リンク集
RSS取得
QRコード
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。