広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年10月01日

青春18切符の旅☆小田原駅から仙台駅へ。

青春18切符の旅。
2021年8月4日〜

神奈川県小田原駅から宮城県の仙台駅まで☆

ローカル&普通席で以前にも一度旅をしたことがあるのですが
今回は快適なグリーン車で小田原から宇都宮まで。
ゆったりとしたお席でのんびりと行くことができました。

途中下車をして、カフェをしたりラーメンを食べたり
楽しく仙台までいくことができました。


244139594_261926612483462_6912579041804993566_n.jpg
243739676_476016184121666_5178414847007909628_n.jpg
243192053_404478081401754_6236633880051949834_n.jpg
243737408_163452969287443_573898793868557083_n.jpg
243356484_185922077000730_7777318970365160845_n.jpg
243136668_2961344574117064_2783639865011247098_n.jpg


243653971_836655190331585_290638831099944779_n.jpg




243198538_146390971039366_792134495034097533_n.jpg



243188819_371435798040998_5380115537829023617_n.jpg



仙台へ到着☆
sendaistation.jpg

規模は縮小となってますが
七夕のお飾りで飾られた仙台は素敵ですね☆
sendai.jpg





243369961_548773749714418_4726984154942530122_n.jpg




243447944_340966847821339_5538871185671212582_n.jpg





奇跡の龍体文字.jpg








ヨゲンノトリとは
江戸時代にコレラの流行を予言し
現れた鳥の絵を描き絵を拝すれば
難を逃れるといった
頭の二つある不思議な鳥です。
山梨県立博物館にて書物が見つかり
館長さんらが、疫病退散になるのではと
世に発表したもの。

石川県の一ノ宮である白山比盗_社のHPより抜粋↓
幕末の白山に現れ、疫病の流行を予言したとされる双頭の鳥について、国立公文書館(東京)が所蔵する1857(安政4)年ごろの文献があることが分かりました。
山梨県立博物館が所蔵する村役人の日記「暴瀉病流行日記(ぼうしゃびょうりゅうこうにっき)」1858(安政5)年の記録には前記と同じく絵入りで紹介されている。双頭の鳥が加賀国白山に現れ「世の中の人が9割方死ぬという難が起こる」と予言し、自らの姿が厄除けになると話したとされます。

アマビエさんに続く疫病退散のマスコット?として有名になりました。

龍体文字とは
日本に漢字が入ってくる以前
約5600年ほど前に
ウマジアシカビヒコジという神様が伝えたとされる
パワーのこもった文字です。
伊勢神宮に秘されながらも、近年公にされた神代文字です。
その文字自体に奇跡的な幸運を呼ぶ力があると信じられています。


【このカテゴリーの最新記事】
posted by tabiletter at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮城県

2021年09月30日

青春18切符の旅☆仙台 おしゃれで美味しいイタリアンレストラン「ハミングバード」さん。


おしゃれで美味しいイタリアンレストラン「ハミングバード」さん。

宮城県仙台市の七夕の時期に
青春18切符を駆使したローカル旅☆

おしゃれで美味しいイタリアンレストラン「ハミングバード」さんへ
立ち寄りました☆

お店の方も明るくて親切にしていただきました。

お料理も全部美味しくて感動のランチとなりました☆
うにのクリームパスタが本当に美味しくてとてもうれしかったです。
また、仙台に来たときはぜひ立ち寄らせていただきたいです♪

しかも、ヨゲンノトリさんが教えてくれたのかな?

ハミングバードさんには
「ヨゲンノトリ」のポストカードをお礼にプレゼントさせていただきました!
uni.jpg
beer.jpg
beef.jpg
tomatosouce.jpg
pizza&honey.jpg
goldbirds.jpg
奇跡の龍体文字.jpg



ヨゲンノトリとは
江戸時代にコレラの流行を予言し
現れた鳥の絵を描き絵を拝すれば
難を逃れるといった
頭の二つある不思議な鳥です。
山梨県立博物館にて書物が見つかり
館長さんらが、疫病退散になるのではと
世に発表したもの。

石川県の一ノ宮である白山比盗_社のHPより抜粋↓
幕末の白山に現れ、疫病の流行を予言したとされる双頭の鳥について、国立公文書館(東京)が所蔵する1857(安政4)年ごろの文献があることが分かりました。
山梨県立博物館が所蔵する村役人の日記「暴瀉病流行日記(ぼうしゃびょうりゅうこうにっき)」1858(安政5)年の記録には前記と同じく絵入りで紹介されている。双頭の鳥が加賀国白山に現れ「世の中の人が9割方死ぬという難が起こる」と予言し、自らの姿が厄除けになると話したとされます。

アマビエさんに続く疫病退散のマスコット?として有名になりました。

龍体文字とは
日本に漢字が入ってくる以前
約5600年ほど前に
ウマジアシカビヒコジという神様が伝えたとされる
パワーのこもった文字です。
伊勢神宮に秘されながらも、近年公にされた神代文字です。
その文字自体に奇跡的な幸運を呼ぶ力があると信じられています。




posted by tabiletter at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮城県
ファン
検索
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。