2021年04月02日

津久見市のマグロステーキ!漁師めしのヒューガ丼も「浜茶屋」−大分県

津久見産の本まぐろが特に旨い。手頃な値段で新鮮な魚介類を食べることができる津久見市の名店は、海鮮料理が美味しいお店として評判の人気店。「浜茶屋」は、まぐろ尽くしの圧巻メニュー。特に、まぐろステーキが超人気です!
津久見市「浜茶屋」

海鮮料理店「浜茶屋」.jpg
出典−https://phrase-oita.com/

大分県津久見市にある「浜茶屋」。店の中には生簀(いけす)があり、海鮮料理を食べられる雰囲気が漂うお店です。

明治時代から突きん棒漁を始め、その後はまぐろの遠洋漁業基地である保戸島が近くにあり、津久見市内でもいろんなマグロ料理を食べることができるのです。

まぐろ漁.png

平日でも観光客が多く行列が出来ることがありますが、休日のランチ時間帯(昼食)の混雑ぶりは特に凄く1〜2時間待ちの覚悟が必要です。

客席は、テーブル席、子上がりの座敷席など、合計100席。

駐車場は、40台。

電車での来店は、最寄り駅のJR日豊本線「津久見駅」から徒歩34分(約2.8km)。
「浜茶屋」メニュー

「浜茶屋」メニュー.jpg「浜茶屋」メニュー2.jpg
「浜茶屋」メニュー3.jpg「浜茶屋」メニュー4.jpg
出典−http://oitatabearuki.blog98.fc2.com/

「浜茶屋」のメニューは、津久見産の本まぐろ「ヨコヅーナ」を使ったまぐろ尽くしのメニューです。定番メニューで名物料理なのが「まぐろステーキ」(1280円+税)。お客さんの9割が注文するほどの名物メニュー。

7種類ある丼ものでは、「まぐろヒューガ丼」(900円)「まぐろヒューガ丼」(900円)が人気です。超地元民向けなのか親子丼やカツ丼も(笑)。

刺身は、「まぐろ大トロ刺身」「まぐろ中トロ刺身」「まぐろ3種盛り」「まぐろ刺身」など8種類。定食(御膳含め)は5種類。天ぷら、おつまみ、ドリンクも充実してます。

期間限定のフェア。「ヨコヅーナ丼」(税込み2160円)、要予約の「ヨコヅーナ御膳」(税込み3240円)もあります。

持ち帰りメニュー(テイクアウト)は、「かつ丼」(972円)「ひゅうが丼」(972円)「日替り弁当」(540円)など。

津久見市の飲食店の味を家庭で味わえ、津久見市内の飲食店を応援できる企画「持ち帰りキャンペーン「TO GO OK! OITA つくみ!」の一環。お買い上げ金額によりタクシー代金が出て(ほぼ無料に…)超お得です。詳しくは、津久見市観光協会「HP」で確認できます。
「まぐろステーキ」(1280円+税)

まぐろステーキ.jpgまぐろステーキ2.jpg
出典−https://ameblo.jp/ka11225566/

浜茶屋の名物グルメ!定番の超人気メニューは、5種類のソースが選べます…

「まぐろステーキ」(1280円+税)。定食だと1580円+税。こちらは、醤油味のパターンでニンニクが利いた食欲MAXの味付け。モヤシもたっぷりでサラダ、ご飯、味噌汁付きです。

まぐろに乗っている薬味的ソースは、醤油のみ・醤油とカボス・醤油とチーズ・醤油とトマト・トマトとチーズの5種類から選べます。

まぐろのステーキ.jpg
出典−http://longlivenama.blog8.fc2.com/

まぐろ嫌いでも食べられちゃうと評判!

熱々な鮪油が飛び跳ねる音と白煙に包まれながら運ばれてきます。醤油の濃い目でモヤシもまぐろも白いご飯に合う!熱々で油が飛び跳ねますが、紙ナプキンを用意してくれますので安心です。

マグロってそんなに好きではないという人でも、まぐろステーキは食べられちゃうという程のクオリティーです。

運ばれた時点では、ほぼレアで時間を置けばミディアムレア、ミディアムの状態に…。刺身で提供される状態のまぐろ。様々な味を楽しめる上にボリュームも凄い。さらに美味しいのだから悶絶必死です。
「まぐろヒューガ丼」(900円+税)

「まぐろヒューガ丼」(900円).jpg「まぐろヒューガ丼」(900円)2.jpg
出典−https://ameblo.jp/oitameshi/

まぐろ漁師の漁師めし!これは絶対的に旨い率100%。だし汁付きでお茶漬け風にも…

「まぐろヒューガ丼」(900円+税)。過酷な漁の合間に手早く栄養が取れるようにと考案された漁師料理。初めての人は、まずは「ひゅうが丼」を必ず味わうべし…。

まぐろの赤身の漬け丼的な感じですね。まぐろの赤みの切身をゴマ、醤油、砂糖などの調味料で漬け、薬味(葱)と生姜や卵黄が入ったゴマだれを和え1品。熱々のご飯に超合う激うま丼です。ゴマの風味も最高。

ラストは出汁をかけて食べるのが定番でひつまぶし的な味わい方も。醤油ベースの甘辛いゴマだれと新鮮なマグロの赤身を味わえます!!
「まぐろユッケ丼」(900円+税)

まぐろユッケ丼.jpg
出典−https://kawashimablog.com/

世にも珍しい鮪のユッケ丼!?まぐろのなめろう的感じで味わう…

「まぐろユッケ丼」(900円+税)。熱々ご飯に生マグロ。コチュジャンとごま油が効いたマグロのなめろう的感じかな。

出汁汁をかけてお茶漬け風にして食べてもOK!ご飯のボリュームが凄いのでお腹一杯になります。「まぐろヒューガ丼」と同様に、出汁をかけて食べるひつまぶし的な味わい方も楽しめます。


とにかく人気のまぐろステーキ。それに追随する人気のヒューガ丼。ぶっちゃけ両方味わいたいのが本音。お腹をすかせて2つ注文するのがベストかなっ。
浜茶屋の店舗情報
郵便番号 :〒076-0018
住所   :大分県津久見市大字千怒6029−1
電話番号 :0972-82-8302
営業時間 :11:00〜14:30 17:00〜20:00 ※火〜水曜日は昼のみ
定休日  :月曜日 ※祝祭日の場合は翌日
客席   :100席
駐車場  :40台
最寄り駅 :JR日豊本線「津久見駅」(徒歩34分)
HP   :なし


最終更新日 2021年4月2日(記事の修正、追加)
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10318231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<スポンサーリンク>

時間帯で探す
※お店の予約はネット予約が断然お得です!
ネット予約の詳細⇒http://fanblogs.jp/souguru/archive/673/0
<スポンサーリンク>

おすすめの希少めし
  1. 1. ピンク色のカレーライスが衝撃的!鳥取市の希少めし「大榎庵」−鳥取県
  2. 2. キジ(雉)のフルコース!菊池市の完全予約店「きじの松田屋」−熊本県
  3. 3. 希少な猛者えび!鳥取市の海鮮丼専門店「お食事処 いか太郎」−鳥取県
  4. 4. 有明海名物のムツゴロウ!激ウマ海鮮「むつごろう亭 丸善」−佐賀県
  5. 5. [超希少]ヤギの生刺身!那覇市の名店「山羊料理 さかえ」−沖縄県
<スポンサーリンク>

お取り寄せで人気の記事
  1. 1. 味噌カレー牛乳ラーメン?お取り寄せも人気「味の札幌 大西」−青森県
  2. 2. 鍋持参の帯広カレー?「カレーショップ インデアン まちなか店」−北海道
  3. 3. 石垣牛100%のハンバーグステーキ「コーナーズグリル」−沖縄県
  4. 4. 佐野ラーメン店の絶品しそ餃子!持ち帰りも人気「麺家 ゐをり」−栃木県
  5. 5. 土佐はちきん地鶏が旨い!明石市「炭火焼 鶏じろう2号店」−兵庫県
<スポンサーリンク>

記事ランキング(2021年4月)
  1. 1. 衝撃の日本一安いランチ200円!蟹江町の食堂「みかくどう」−愛知県
  2. 2. 伝説的吉村家の修行を終えた津村氏!直系1号店「杉田家」−神奈川県
  3. 3. 京都大学生に人気の超デカ大盛り!激安食事処「中華料理鷭」−京都府
  4. 4. 朝食バイキング食べ放題や海鮮丼が人気!「沼津魚市場食堂」−静岡県
  5. 5. 横浜家系ラーメン『吉村家』超直系!次男が経営「厚木家」−神奈川県
2021年」「2020年」「2019年」「2018年
<スポンサーリンク>

(C)2018−2020 UMABURO
RSS 2.0 RDF Site Summary 「UMABURO」サイトマップ(グーグル送信用)