検索
プロフィール
あかぎ山はるなさんの画像
あかぎ山はるな
FC2では「ぶろぐ。」というブログをやってました。事情により2014年10月よりこちらでブログをする事にしました。これからは主にお小遣い関連、ビジネス関連、お役立ち情報などを更新していくつもりです。
プロフィール


最新記事
アウトドア&フィッシング ナチュラム
カテゴリアーカイブ
リンク集
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年11月30日

宮崎あおい

qRTtms49w6QXUYkYoaCS529Lo87cmkIpP4RQKC-rQh8.jpg

宮崎あおい 関連商品
posted with カエレバ

宮ア あおい(みやざき あおい、1985年11月30日 - )は、日本の女優。本名は、岡田 あおい(おかだ あおい、旧姓:宮ア)。

東京都杉並区出身。ヒラタインターナショナル所属。実兄は元俳優の宮ア将。夫はV6の岡田准一。

4歳の時、母親の「思い出に残るように」という理由で[2]子役デビュー。CM(サントリー「緑水」、旭化成など)や雑誌を中心に活動した。ドラマや映画にも出演していたが、名前の付かないような脇役が多かった。

役名をもらい、本格的に女優業を始めたのは1997年 - 1999年頃から。映画デビューは大林宣彦監督作品『あの、夏の日 / とんでろ、じいちゃん』(1999年)で、その後、ピチレモンのモデル(ピチモ)として毎月レギュラーで登場して人気を得た。2001年、映画初主演の『害虫』で、第23回ナント三大陸映画祭コンペティション部門主演女優賞を受賞(映画公開は2002年)。2002年には、『EUREKA』で第16回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞した。またこの年は、BS-iの『ケータイ刑事 銭形愛』で連続テレビドラマに初主演した。2003年、初舞台で主演をつとめたミュージカル『星の王子さま』(演出:白井晃)で、第41回ゴールデン・アロー賞演劇新人賞を受賞。同年、アニメ『魔法遣いに大切なこと』で声優初挑戦。その後も、アニメの映画やドラマ、ドキュメンタリーのナレーションなど、声に関わる仕事もしている。

2005年、中島美嘉とダブル主演を務めた『NANA-ナナ-』が、2005年度実写邦画観客動員数第2位、興行収入40億円の大ヒットとなりブレイクのきっかけとなった。2006年、NHKの連続テレビ小説『純情きらり』ではヒロイン・有森桜子役を演じ、同作で第44回ゴールデン・アロー賞放送賞(ドラマ部門)を受賞した。

2008年、NHK大河ドラマ『篤姫』で、主人公の篤姫を演じる。放送開始時の年齢22歳1か月は、大河ドラマの主役としては当時歴代最年少(それまでは『義経』の滝沢秀明の23歳9か月が最年少であった)であった。

2012年、フジテレビ(関西テレビ制作)『ゴーイング マイ ホーム』で10年ぶりに民放の連続ドラマに出演。

2015年秋から2016年春まで、『純情きらり』以来の2度目の出演となるNHK連続テレビ小説『あさが来た』で、主演の波瑠とのダブルヒロインとなる姉・はつ役を演じる。

宮崎あおい - Wikipedia

2019年11月29日

フリーランス向け「お金と保険」のサービス【FREENANCE(フリーナンス)】

発注先の企業の支払いサイクルは? ちゃんと支払ってもらえる? そもそも、自分になにかあったらちゃんと売り上げは立つの? など、 フリーランスのお金の心配事を減らすサービス【FREENANCE】





フリーナンスとは、日本で初めてのフリーランス向け収納代行サービスと即日払いサービスです。
2018年10月にローンチしましたが、多数のメディアから「2018年話題になったサービス」として取り上げられ、
ツイッターやブログなどでも大変好評をいただいています!
posted by あかぎ山はるな at 16:39 | TrackBack(0) | A8

小林麻美

0541820e40653201e13f59f0f58c1d10.jpg

小林麻美 関連商品
posted with カエレバ

小林 麻美(こばやし あさみ、1953年11月29日 - )は、日本のモデル・元歌手・元女優。本名、田邉 稔子(たなべ としこ)。旧姓、小林。
東京都大田区大森出身。普連土学園中学校・高等学校卒業。夫は田辺エージェンシー社長の田邊昭知。

高校一年の時、少女雑誌のモデルにスカウトされ、2、3回その仕事をこなした後、1970年、ライオン歯磨のコマーシャルガールに選ばれる。しかしこの時、テレビコマーシャルの撮影でスキーを行った時に複雑骨折してしまい、長期休業。小林をあてにしてのれん分けまでしたその事務所は、1ヶ月で消滅してしまう。

1972年、18歳の時、東芝レコードから「初恋のメロディー」で歌手デビュー。同期に麻丘めぐみ、五十嵐じゅんら。「初恋のメロディー」はオリコン18位を記録したが、当時のアイドルに多く求められた、明るく無邪気に笑顔を見せる天真爛漫さとは対極にあるような、殆ど笑顔を見せずにうつむき加減、猫背で気だるそうに歌う小林の姿は異質にも映り、暗い印象を持たれた。1976年までに年に1枚程度のシングルをリリースするが売り上げは伸びず、アイドル歌手としては不向きとみた事務所の方針で歌手活動は自然消滅となる。

小林の名が浸透したのは1970年代後半、資生堂、パルコなどのCMに起用されてから。特に1977年のパルコCM「淫靡と退廃」で、細い体や暗さが受け入れられた。

その後に所属した主な芸能事務所は、田辺エージェンシー。

1984年に8年ぶりに歌手として、海外のカバー曲「雨音はショパンの調べ」をリリースし、大ヒット曲となった。だが当時、歌番組で歌ったことは一度も無かった。但し小林本人はラジオ番組で「私自身は全く断ってないのよ。テレビで歌いたかったのに」と主張したことがある。

公称167cmと長身で華奢と言えるほど細い身体、ゆるくウェーブのかかったワンレングスの長い髪、溌剌と話さず物静かで寡黙、陰のある表情が印象的で、そのアンニュイな雰囲気が都会的と言われて人気を得た。

1991年、所属していた事務所の社長の田邊昭知と結婚、家庭に入るため芸能活動から引退した。

2016年7月20日発売のファッション誌「Kunel」9月号(マガジンハウス)の表紙を突如飾り、同誌で新連載「伝説のおしゃれミューズ」をスタートさせる事となり、25年ぶりに芸能界へ復帰することとなった。

小林麻美 - Wikipedia

2019年11月28日

河北麻友子

kawakita_main.jpg

河北麻友子 関連商品
posted with カエレバ

河北 麻友子(かわきた まゆこ、1991年11月28日 - )は、アメリカ合衆国籍を持つ日本のファッションモデル、女優、タレント。

アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク出身。父はニューヨークで会社を経営している。高祖父は吉田松陰の教え子(松下村塾出身)でありサンフランシスコ領事を務めた河北義次郎。実家はマンハッタン区にあり、2010年5月時点で隣にビヨンセ・近所にはロバート・デ・ニーロが住んでいる。

2003年、日本で女優を目指すために単身で初訪日。第9回全日本国民的美少女コンテストで応募者約10万人の中からグランプリ賞・マルチメディア賞を受賞し芸能界入り。

堀越高等学校卒業。2008年4月、渡日し芸能活動を本格的に始める。

2005年12月11日、『世界組TV』(フジテレビ)にてドラマ初出演、2009年5月、『ひとりかくれんぼ 劇場版』にて映画初出演。

2012年2月、ファッション誌 『ViVi』の専属モデルになる。2019年4月11日、同誌の専属モデルを卒業することを発表。

女優・萬田久子と家族ぐるみの付き合いがある。また桐谷美玲とは公私共に交流があり、「みれまゆ」コンビと呼ばれファンにも親しまれている。

河北麻友子 - Wikipedia

2019年11月27日

真木ひでと

th.jpeg

真木ひでと 関連商品
posted with カエレバ

真木 ひでと(まき ひでと、1950年11月27日 - )は、日本の歌手。本名は野内 正行(のうち まさゆき)。GSバンド、「オックス」のヴォーカルを務めた後、演歌を中心とした歌手として活動。福岡県田川市出身。

1967年、漫画トリオとバックボーン(木村幸弘とバックボーン)に参加し、プロとしてのキャリアをスタート。また、木村の「ロックを歌え」という指示で、ビートルズの「のっぽのサリー」をその年の6月から唄い、やがてローリング・ストーンズの「アウト・オブ・タイム」や「テル・ミー」を唄うようになり(ペンギン堂の店長からライブ盤のストーンズのLPを勧められたことが後の野口ヒデトのステージパフォーマンスに多大な影響を与える)、少しずつ関西での野口ヒデトの名前が知られるようになった。その強烈なステージングが評判となり、バックボーンの出演時は動員力もアップした。

ジャズ喫茶「ナンバ一番」で「テル・ミー」のパフォーマンスを見た、GSバンド・オックスのリーダー福井利男より「日本でビンソンのエコーチェンバーを持ってるのはうちのバンドとスパイダースだけ!」と口説かれ、1967年12月よりバンドに参加するも当時の野口はビンソンが何なのかわかっていなかったという。1968年5月に「オックス」のヴォーカルとしてデビュー。芸名は野口英世にあやかって野口ヒデトと名乗る。「ガール・フレンド」「ダンシングセブンティーン」「スワンの涙」「僕は燃えてる」といったTOP10、TOP20ヒットを出した。「ガールフレンド」「スワンの涙」と、もう2曲は筒美京平の作曲だった。デビュー当初は赤松愛の人気が先行したが、2枚目のシングル「ダンシング・セブンティーン」を発売する頃には、人気投票では圧倒的に愛を引き離し、人気の中心は野口ヒデトに移った。GSブーム中期〜後期には、沢田研二・萩原健一・野口ヒデトの3人の対談も、雑誌等で数多く見られるようになった。

9月より全国6ヵ所での公演が始まり、初日の日比谷公会堂を始め各会場のステージで失神騒ぎを起こしたことから、マスコミは過剰なまでに彼らを「失神バンド」と書きたてた。オックスはザ・タイガース、ザ・テンプターズと並び“ GS御三家 ”と称された。

1971年5月31日にオックス解散。同年「仮面」でソロデビュー。以降は「他になにがある」「夜空の笛」等のシングルを発表し、本人自作の「笑いを忘れたピエロ」が収録されているアルバム「ひでとからあなたに」をリリースする。

1975年、YTV「全日本歌謡選手権」に引退を覚悟して挑戦、10週を勝ち抜いた。恩師山口洋子の命名により「真木ひでと」に改名し、「夢よもういちど」で演歌歌手として再デビュー。このデビュー曲がソロ歌手として初の大ヒットとなりオリコン全国チャート9位にランクイン各種優秀新人賞などを受賞した。また、9月発売にもかかわらずオリコン年間ベスト100にも入っており、同年末の第17回日本レコード大賞ノミネート候補曲の中に選ばれる。

平成に入り「子供の頃からエースで4番」の歌詞で始まる歌「元気の星」が「雨の東京」以来のヒット曲になり、今も読売ジャイアンツの2軍の試合で演奏されている。

真木ひでと - Wikipedia
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。