広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年11月28日

肩のほぐし方

こんばんは。freedomです。

さて、いよいよ肩をほぐす方法を教えます。
昨日は右肩を使いすぎると右肩が下がって、左肩が上がってしまうまでは伝えましたね。
ここをほぐすのは基本ペアでするのが理想ですが、1人でもできなくもないです。
極論から言いますね。

右肩が下がってしまったなら、上がった左肩を真上からグッと押し込めばいいんです。


どういうことかというと、肩は天秤と同じと言いましたよね?
なら左肩をグッと押すと、首の骨(頚椎)を中心点にして右肩も自然と上がってくるのです。

いきなりグッと押すと痛いので、両手で肩の上部、特に首の根っこと肩の間を揉みほぐすと良いです。速いスピードでほぐすのではなく、少しゆっくり目に指を立てずにやってみましょう。指には指紋がありますよね?その指紋が中心になるようにほぐしてみてください。
肩に指をグッと入れて持ち上げるようにフルパワーではなく、全力の6割ぐらいの力加減でやってみてください。
痛気持ちいいぐらいがちょうど筋肉も緩みやすくほぐれやすい力加減です。
5分ほどしていると、ほぐしたところが赤くなってきます。それは血流が良くなってきた証拠です。
しかし、力加減や押さえる場所が肩の首よりではなく腕より過ぎると単に痛いだけになりますので、お気をつけください。
押さえる場所が首よりなら力はある程度強くしても痛みはそんなに感じませんが、腕よりになるにつれて痛みは強くなってきます。

痛すぎるのに無理にしたら悪化しますので、各人自己責任でお願いします。

5分ほどほぐしてから、上がった肩に指なり肘を使ってグッと押してみましょう。
力加減には十分気をつけください。
相手の痛みが痛気持ちいい力加減で押してあげてください。
2分ほどグッと押していると離して肩の左右のバランスを見てみてください。
右に下がった肩が少し上がってきていませんか?
上がっていれば、成功です。

下がった肩が上がらなかった方も首よりの筋肉をほぐして、上がった肩を押す動作を何回か繰り返していれば自然と上がってくるはずです。

本当は動画で紹介できればと思うのですが、まだ動画で紹介するほど準備が整っていませんのが残念です。
動画を撮れば、すぐにアップします。

次回は肩周り、主に肩甲骨周りについて教えていきます。
posted by sk at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2015年11月27日

肩こりについて

こんばんは。freedomです。

昨日は肩こりにはマッサージが良いと言いました。
「あ〜なんだ。やっぱり肩こりにはマッサージがいいんだ」
と思った方もいらっしゃるでしょう。
確かにマッサージすることで、血流が改善され、効果が期待されるでしょう。
しかし問題は「どこをどのようにするか」ですよね
ただ単に痛いところを揉みほぐすだけではダメなんです
どうしてなのかわかりますか?

人間の肩ってのは首を中心に天秤のような形でバランスを保っています。
後ろから他の人の肩を見ればわかりますよね?

人間の身体だけでなく、地球上に存在するもの全てに言えるのですが、この世界は全てバランスで出来ています。
宇宙で言うと地球の位置と太陽や月・火星など太陽系と言われる宇宙も太陽を中心としてグルグルと回っています。もし太陽がなかったら、アインシュタインの相対性理論によれば月も地球もバラバラの方向に飛んでいってしまいます。ですが現実は太陽と月の微妙なバランスのおかげで地球には生物が住める環境が整っています。

ざっくりですが肩で言うと、首の骨(頚椎といいます)を中心に左右の肩が筋肉によってぶら下がっている状態です。
健康な肩っていうのは左右のバランスが取れていて、左右どちらかに傾いているなんてないんです。
ですが、パソコンでキーボードの打ちすぎであったり、マウス操作をやり過ぎると肩甲骨に着いている筋肉が疲れちゃって肩が下に落ちちゃうんです。すると反対の方は吊り上がって右肩と左肩を線で結んだら斜めになっちゃいますよね?
イメージできます?
例えば、右肩を使いすぎて右肩が下がってしまったとしましょう。すると頚椎を中心に天秤状になっているので左肩があがりますよね?その左右の肩を線で結べば右下に向かっていく斜めの線になりますよね?イメージできました?

さて、この状態からどう筋肉をほぐす・マッサージするかです。

ここからは難しいので、今日は理論・仕組みがわかればそれで十分と思います。
続きはまた明日ですね。
posted by sk at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2015年11月26日

肩こりとは?

こんばんは。freedomです。
世の中の多くの方は肩こりに悩まされていませんか?
この記事を読まれているあなたも肩こりはありませんか?
毎日肩が凝って痛い、寝返りを打っただけで痛い且つ熟睡できない、肩が痛いから動かせない、肩甲骨から肩にかけて張ったような痛みがある・・・
などといった苦痛に悩まされてはいませんか?

その悩みを解決する方法を僕は知っています。そして何が原因で痛みが発生しているのかもわかります。原因は個人個人でお仕事も異なるでしょうし、生活が違うので理由も違うのですが、共通しているものがあります。
それは肩こりについての認識不足です。

基本的に肩こりというのは、血流の障害によって起こる症状です。症状ですので病気ではありません。インフルエンザに罹った時に熱が出ますよね?それと同じで症状なだけなんです。
血流というと何が関係あると思いますか?
血管、血液、血圧、運動、脈拍数ですよね?
このうち運動と脈拍数というのは一般的にわかりやすいと思います。運動をしたら心臓が血液をより多く送り出して酸素を身体全身に送ります。その中で末梢血管という物凄く細い血管が全身にあるのですが、この末梢血管に何らかの原因(主に細すぎる血管なので詰まりやすいこと)で血液が送られないことで血管・血液冷えて固くなります。そしてそれが限界を超えると痛みとして脳に信号が伝えられ、痛みを感じるのです。
それが単に肩で起こっているのです。1度肩が凝ってしまうと痛みを感じなくなるまでは基本的に結構な時間がかかります。
長い時間をかけて凝るのですから、痛みを感じなくなるまでも結構な時間を要するのは普通に考えれば当たり前なんです。ですが、その結構かかる時間を短縮して痛みを感じる時間を減らすのが揉みほぐしです。
揉みほぐしをすることで末梢血管に届くまで詰まっていた血管のつまりをある程度は解消されます。それで血流がいいので普段流れていない血管にまで血液が送られるので熱があるように暖かく感じます。
これが一般的に言う肩こりの原因です。


今日はここまでにしておきましょう。続きは明日ですね。
posted by sk at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2015年11月25日

まずは自己紹介から

はじめましてfreedomです。
読み方はフリーダムです。
まず、自己紹介します
僕は13歳の頃(中学1年)に陸上部で駅伝本番、レース中ゴール手前で腰を痛め、それから整骨院通いが始まりました。
そこからが僕の整体の道が開かれたのですが、僕は痛み・触覚に対しては敏感な方で身体のどこを・どのくらいの力加減で、どの指で・どういう姿勢で押されているのかを目で見ないで感覚としてわかるので整骨院の技術を盗むのに成功しました。
そのおかげで高校1年生の頃にはクラスメイトにマッサージをしてパンや飲み物を報酬としてもらっていました。その「技術を活かしたい・人の痛みをとってあげたい」という思いで理学療法士の専門学校に2年間通いました。
そこで学んだのは筋肉・骨の名称、関節の動く範囲、筋力測定の方法、運動するときにどこがどう動くのかなどといった専門的な知識を身につけました。

本当は3年間通わないといけませんでしたが、正直に言いますが中退しました。「なんだ中退した大したことないやつか」
と思われる方もいるでしょう。そういう方はどうぞ回れ右してください。

その理由として
僕は広汎性発達障害のアスペルガー症候群と後に診断されました。それは生まれつきの脳の障害で1つのことは誰にも負けないくらい集中できるのに、平均的には勉強できないという特徴を持っています。アニメで言うと「ドラ〇もん」でいう「の〇太」ですね。彼もアスペルガー症候群です。いつもは授業中居眠りしてますが、あやとりと射的をさせたら誰にも負けないですよね。僕はそれの整体バージョンなだけです。

26歳からスマホや光インターネット回線の販売を3年間したので通信費にも詳しくなりました。

そういう僕を信じてこの内容を読むか読まないかは自由ですが、はっきり言います。僕はこれで何人もの人の施術もあたってきましたし、ギックリ腰も施術して、1時間後には普通に歩いて帰れるようにしたこともあります。
スマホでもショップより安くすることは普通にできますし、場合によってはスマホ本体も1000円ぐらいで買えます。

その実績があるから、本当にいいものを伝えていきたいと思います。

毎日更新とまではいかないかもしれませんが、できる限り更新していきます。
では、明日からは肩こりや腰痛の根本、通信の裏側などを伝えていこうと思います。

posted by sk at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
ファン
検索
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。