広告

posted by fanblog

2015年12月21日

手足が冷えやすいこの時期、冷え性について

こんばんは。freedomです。
寒い時期になりましたね。
今日はちょっと話を変えて、冷え性について話したいと思います。

多くの女性にとっての悩みですよね?
手先が冷える、足先が冷える、お腹が冷えるなどなど
これは血行が悪くなることで起こる障害です。
なら血行を良くすればいいんです。
この理論は知っている方も多いと思います。

生姜湯を飲んだり、湯たんぽを作ったり、寝るときには靴下やネックウォーマーを巻いたりと工夫されている方もいらっしゃると思います。
そんなに工夫しているにも関わらず、改善されない。

なぜでしょう?
それは根本が改善されていないからです。

では根本とはなんなのだろうか?
答えは・・・

肩甲骨がほとんど、動いていない


です。
現代では、スマートフォンの普及や女性の仕事と言ったらデスクワークが主流になっていますよね??
女性はただでさえ男性に比べ筋肉量が少なく、体温も低い状態です。

肩甲骨というのは単に肩こりや肩関節周囲炎(四十肩/五十肩)を予防するために動かすのではなく、じつは冷え性にも効果があるんです。
人間の血液は心臓から送られますよね?その心臓に近い肩甲骨がスマートフォンやデスクワークなどで動かさない状態がずっと続いていればどうなると思いますか?

わかりやすく例えを出しましょう。
血管はゴムと同じと以前説明したと思います。そのゴムが動かされずにずっと放置していたらどうなりますか?
次第に亀裂が入り、硬くなって切れませんか?
それと同じで、肩甲骨もずっと動かされずにいたら硬くなっちゃうんです。
そして、肩甲骨は心臓に近い位置にあるので、血流・血行にも大いに関係するんです。
つまり、
肩甲骨の動きが硬くなると冷え性になりやすい
につながります。




勿論、食べ物も関係します。
現代では夏野菜を冬にも収穫できるようになり、トマトやサラダを1年中食べれるようになりました。
そこに落とし穴があるんです。

基本的に夏野菜は体温を下げる効果があります。
代表なのが
トマト
です。

トマトそのものが体温を下げるのではなく、その食べ方です。パスタソースなどに入れて火を通すなら、体温はそんなには下がらないでしょう。しかし、皆さんはどのようにして食べますか?

居酒屋に行ったときは?
家で食べるときは?
彼氏とデート先で食べるときは?
そう、ですよね

生でトマトを食べると体温は下がりやすいのです。

何も一切トマトを食べるなとは言いません。ただ、食べ方にももうちょっと工夫したほうがいいんじゃないでしょうかと提案しているだけです。この提案を聞くか聞かないかはあなたの自由です。

ですので、大半の女性の冷え性になっている原因のまとめをすると

肩甲骨を動かさないこと
生のトマトを食べること


とまとめることができます。

さて、次回は肩甲骨を動かして、血行が良くなる方法を教えたいと思います。
今日もお疲れ様でした。
posted by sk at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/4545696

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。