2021年06月05日

土塁とフセギ(東松山市)高坂館跡

土塁目当てに訪れた城跡でこんな光景と出会いました。

<堀切りとフセギ>
Fusegi.JPG

左手奥に土塁が見えています。そして斜面に刻まれた堀切り。右手前になにやらお札が掲げられていますね

<札のアップ>
Fusegi-Takasaka.JPG
フセギ?でしょうか

フセギとは、疫病や悪霊などの侵入を防ぐために、村堺などに縄を張ったり、札を掲げたりする習慣のこと。『道切り』または『辻切り』などとも呼ばれます。

at-village-boundaries.JPG
ここは低地に面した台地の斜面です。右手の道路の向こう側は低湿地になっています。まさに村境と思いたくなる場所ではありますが、これはそのたぐいと受け止めて良いのでしょうかね

場所は高坂の高済寺さんの裏手になります。私は城跡(高坂館跡)として訪問したため、境内の土塁を眺めたあと、低地との高低差を味わうべく北側の斜面に回り込みました。お札をみつけたのは偶然です。

ここ東松山市には、フセギ(防ぎ)の習慣が受け継がれている場所がいくつか存在しています。ネット検索すると、市内のフセギ行事が『望月』『西本宿』『後本宿』『悪戸』といった地区こどに紹介されています(他にもあります)。ただ、調べ方が下手なせいか、高済寺さんの裏手のお札がどの地区のフセギ行事に含まれるのか分かりませんでした。あるいは、集落の出入り口に掲げる一般的なフセギとは、別な意味のものなのかもしれません。このあたり、曖昧で恐縮です。

ただ、ここを境界と定め、いわば結界の類をはっていることに変わりはありませんね。

Barrier-Border.JPG

内と外との間に隔たりを設け、侵入を防ぐ。そという意味では、土塁や堀も同じです。どちらも人の切実な思いが込められています。その両方を感じる光景でした。

■訪問:高済寺
 (高坂館跡)
[埼玉県東松山市高坂]834

■参考:
東松山市ホームページ
→東松山市の指定文化財
(その一部を追記欄で紹介)



お城巡りランキング


---------■ 追 記 ■---------
フセギは疫病や悪霊などの悪いものが、地区に入るのを防ぐための民俗行事です。高済寺さんを訪問した日、東松山市内の別な場所でフセギを見つけました。

Fusegi-Along-the -street.JPG
道路沿いの電信柱に備え付けられています。

Fusegi-at-the-park.JPG
こちらにも。これは公園入口です。

私がみつけたのは比較的簡易的なものです。行事のメインとなる所には、藁で作った立派なフセギが掲げられています。ご興味のある方は東松山市のホームページを参照下さい。勝手に画像を拝借するわけにもいきませんので、下記にページの一部を記しておきます。

後本宿のフセギ行事
http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/soshiki/shougaigakushuubu/bunkazai/menu/shitei_bunkazai/1621836175286.html

タグ:道切り
posted by Isuke at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10776048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  2. 2. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  3. 3. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  4. 4. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  5. 5. 村を開いた豪族の館を探す(柏崎氏館)
  6. 6. 岡崎城のなごり
  7. 7. 土呂陣屋跡 旗本となった武田家臣・初鹿野信昌の足跡
  8. 8. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  9. 9. 長谷堂古戦場 秋の訪問記
  10. 10. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  11. 11. 騎西城のなごり
  12. 12. 高天神城のなごり
  13. 13. 浜松城の野面積み
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]