2021年03月01日

鎮火に向かった足利市の山火事(両崖山)足利城跡

2月21日から8日間も続いていた足利市の山火事も、ようやく鎮火に向かい、本日3月1日には市長から『鎮圧』が宣言されました。避難勧告もすべて解除となったとのこと。本当に良かったですね。

火災のあった両崖山(りょうがいざん)は、足利城と呼ばれる城が築かれた山でもあり、当ブログでは別名の両崖山城として過去にご紹介したことがあります。
→『記事へ進む

普段は訪問者が少ないこの記事に、突然アクセスが集中していることに気付いたものの、最初は『あの山がどこかで話題になってるのかな』くらいに受けとめていました。しかしニュースで火事になっていることを知り、茫然としました。

私の城巡りは基本的に独りですが、両崖山は旧友たちと苦労して登った山。それなりの思い入れがあります。その後もなかなか鎮火しないので、ずっと気にしていました。

<両崖山>りょうがいざん
Ryogaizan-Iwayama.JPG
岩山です

Ryogaizan-Trail.JPG
尾根道も岩だらけ

Ryogaizan-Ashikaga.JPG
尾根道以外は木々が生い茂っています

Ryogaizan-Rest- area.JPG
頂上手前の休憩所

Ryogaizan-Ishidan.JPG
山頂の神社へ向かう石段

sirononagori198ashikagajo (23).JPG
山頂

火は広範囲に広がり、およそ106ヘクタールが焼け、山頂の神社は全焼してしまったそうです。残念です。しかし消防隊員や自衛隊の皆さんの活躍のお陰で、民家の被害はほぼ無かったそうです。災難に見舞われた中にあって、その結果は何よりですね。

私は城跡として訪問しましたが、足利城跡にはもともと石垣やら城の建物はありません。山の斜面に、堀切や曲輪といった痕跡が確認できるだけです。それらは火事で失われるようなものではなく、今後も残り続けます。前回の私の訪問は、尾根道をただ登って降りただけで、それらの遺構をちゃんと確認できていません。山は当面立ち入り禁止となりますが、いつかまた登ってみたいですね。

sirononagori198ashikagajo (5).JPG
見どころの多い足利市。この山もまた行きますからね

2021年3月1日

■画像撮影:両崖山
[栃木県足利市本城]


お城巡りランキング
posted by Isuke at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 城跡[関東]
この記事へのコメント
GORIさん
まずは街に被害がなくて良かったです。人の暮らしは勿論ですが、麓には日本100名城にも指定される足利氏宅跡(鑁阿寺)や足利学校などもあります。本当に良かったです。
Posted by Isuke at 2021年03月06日 11:22
ISUKEさんこんにちは。

足利の火事、心配されていることだろうと思ってました。
鎮火して本当によかったです。

GORI
Posted by GORI at 2021年03月05日 14:58
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10569147
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 高天神城のなごり
  2. 2. 東京国際フォーラムの太田道灌像
  3. 3. 岡崎城のなごり
  4. 4. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  5. 5. 太田道灌が植えた槇の木(荻窪八幡神社)
  6. 6. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  7. 7. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  8. 8. 浜松城の野面積み
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 北条氏勝と山中城
  11. 11. 柘榴坂の仇討 現場巡り
  12. 12. 岩槻城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]