2017年03月13日

九戸城と小説「天を衝く」

九戸城跡くのへじょう
9nohori5.JPG
[岩手県二戸市福岡城ノ内]
九戸政実の居城です。統治者により福岡城と改名されましたが、ずっと九戸城と呼ばれ続けています。高橋克彦さんの長編小説「天を衝く」読み、衝動にかられてこの地を訪れました。当ブログの九戸城訪問記は↓こちらです。
北の猛将・九戸政実を訪ねて

今回は私を九戸城へ導いてくれた小説のご紹介です。

天を衝く
奥州を軽んじる天下人に対し、九戸政実(くのへまさざね)は反旗を翻しました。武士として当然のこと。それをするために戦いました。理不尽なる者とは断固として戦う。武士としての務め、人としての意地を貫き通しました。この小説は、東北の戦国武将であった政実が、さまざまな苦難や葛藤を乗り越えながら、後世に語り継がれる英雄になる姿を描いた長編小説です。

天を衝く(1) (講談社文庫) [ 高橋 克彦 ]



つわものどもが夢の跡
9ninohehori (2).jpg
「荒城の月」のモデルとなった城については諸説ありますが、私にとっては九戸城が最有力候補です。
posted by Isuke at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | お勧め本
この記事へのコメント
岩井さま
「天を衝く」は高橋克彦さんの名作です。多くのことを教えてもらい、勇気づけられました。またひとり、共感するであろう人がいるかと思うと嬉しくなります。コメントありがとうございました。
管理人:Isuke2020
Posted by Isuke2020 at 2018年01月27日 13:10
昨日のBSプレミアムで九戸政実の乱のことを知りました(英雄たちの選択)。この小説は長編なんですね。でも読んでみるつもりです。そして私もこのことを後世に語り継ぐ人でありたいと思います。
Posted by 岩井亮太 at 2018年01月26日 15:14
ありがとうございます。私も誰かのブログを参考に城巡りするので、大変嬉しいです。
管理人:Isuke2020
Posted by Isuke2020 at 2017年05月18日 21:19
突然のコメント失礼します
先日、5月5日の九戸城址拝見しました!
天を衝くを読んですでに、10年以上が経過し物語を忘れていましたが
やはり政実が関東に居ればと思うと残念な思いです
初めて拝見したブログでしたが、勉強になります
これからも、頑張ってください!
Posted by 寺尾 修一 at 2017年05月07日 17:33
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6091800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 難航不落 金山城のなごり
  2. 2. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  3. 3. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 東京国際フォーラムの太田道灌像
  6. 6. 高天神城のなごり
  7. 7. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  8. 8. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  9. 9. 太田道灌が植えた槇の木(荻窪八幡神社)
  10. 10. 岡崎城のなごり
  11. 11. 岩槻城のなごり
  12. 12. 浜松城の野面積み
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]