2021年07月29日

信じられないのさ

ホントにそうだ。
漢方薬を金曜日から飲み始めたが、脚の痺れだけでなく最近腕にも出ていた痺れが緩和された。
確か2年前に初めて「心龍」を飲んだ時もそう思ったのだろう。

その仕組みがよく解らない。
薬に含まれる有効成分がどのように働くのかが。そんなことを言えば薬は全てそうか。風邪を引いた時に風邪薬を飲むと回復することにいちいち疑問を持ったことはない。治すのが薬と思っているからだ。
でも自分の症状の場合、“薬で治らない”と思っているから信じられないのだろうか。また、自力で色んな物理的療法をやってきて僅かな回復に喜んでいた状態で、何か服用することで一気に良くなるという状態が信じられないのだろう。

漢方薬は多くの成分で構成されている。
足の痺れを改善する漢方薬だけでも何種類かある。最初に症状の回復が見られたのは「心龍」だが、これは疎経活血湯に何かをプラスして坐骨神経痛への効果を高めていると書いてあった。
今飲んでいるのは牛車腎気丸だ。疎経活血湯は体力が中くらいの人に対し、牛車腎気丸は体力の低い人と書いてある。

漢方薬もドラッグストアで買うとけっこう高いので、医者で処方できないかとK整形のセンセイに言った。その時は疎経活血湯の処方を要望した。そしたら“似たような漢方薬しかない”とのことだった。
それが牛車腎気丸。“似たような”という表現だ。
K整形は院内処方。小さな整形外科なのだ、そんなに薬の種類を増やせない。
お年寄りの患者が多いから体力の低い人向けを選択しているのだろう、“似たような”中から。

それが引っかかっていた。
自分は筋トレで筋肉がついている。健常な人よりもだ。牛車腎気丸は自分向けではないと。
自分は「体力の弱い人」でないと思っていた。でも今回、思い直した。
そもそも体力って何なのだろう。
体力の定義を初めて知った、「体力とは、ストレスに耐えて、生を維持していくからだの防衛能力と、積極的に仕事をしていくからだの行動力をいう」
これで考えるとからだの防衛能力が障害により低下している自分は体力の低い人なのだ。

漢方薬を飲んでどのように改善されたかというイメージ。
首のところに蛇口がある。蛇口からは色んな管に分かれて足先まで水が流れる。その蛇口が少ししか開いていない状態。そのために水が流れる管もあれば少ししか流れずに乾いた状態もある。
漢方薬を飲むと、その蛇口が少し開いた感覚。管に水が流れるイメージ。それで痺れて乾いていた各所が少し潤う感覚か。
それは水ではなく血なのかもしれない。

牛車腎気丸は今日までの分でもうなくなる。次にK整形に行くのはリリカとザイロリックが切れる8月の第1週だ。
家には疎経活血湯がまだある。明日からはそれを飲もう。果たして違いを感じられるだろうか。
posted by shigenon at 08:22| Comment(4) | TrackBack(0) | リハビリ

2021年07月26日

漢方薬再び

4連休という魅力ある日々を実感なく過ごした。
Qへは3日続けて行った。ジムは金・土と行った。オリンピックが始まっているのだ、日曜日は自分が運動するよりテレビの観戦を選んだ。

身体の調子は良いのか悪いのか。“動かす”ということだけでいうと、日常生活に支障は全くない。しかしアクティブな状態ではない。右脚やお尻は押せば痛いまま。右脚は痛い箇所が日替わりだ。
この痛みはその筋を痛めて痛いわけではなく、神経の作用によるものなのだろう。だから押しても気持ちの良い痛みなのだ。それをいくら押したところで痛みが消えないのは何度も経験済みだ。

金曜日に寝転んで痛みを感じる箇所をチェックしていた。お尻からモモ裏、ふくらはぎと裏側だ。土曜日の鍼で打ってもらう箇所として言おうかと考えていた。
ふと残っている漢方薬を思い出した。
牛車腎気丸だ。これを飲むのをいつ止めたのだろう。ちょうど1か月分近く残している。

薬をずっと飲み続けることは何かイヤと思ってしまう。
その割には痛風の薬は25年飲み続けている。これは飲まないと尿酸値が上がるということを経験しているからだ。
リリカはどうだろう。この薬自体が効いているのかどうか。ただ、飲まないと不安なだけだ。
一方、漢方薬はずっと飲み続けるものなのかどうか。効果を感じたら止めていいと書いてあったと思う。

飲んだ翌日の土曜日。少し右腰か下の感覚がいいのだ。
全体的に痺れが緩和されたような感覚。こんな1日で効くのか?そう思いながらジムに行って鍼へ。
鍼で脚の裏側が痛いと言おうとしたが痛くない。ただ右足首が気になるので、そこに集中的に。
センセイに漢方薬を飲んだと話す。「心龍ですか?」と言われて忘れていたことを思い出した。

そうだ、「心龍」というピップの漢方薬を飲んですごくラクになったのだ。それが2019年の春。
その薬が無くなってK整形で牛車腎気丸を処方してもらったのだ。それも何となく効果を感じられなくて再び心龍を買ったりした。それは去年の春なのだ。
あとで自分のブログを読み返さないといけない。忘れるから記録しているのだ。

今はしばらく牛車腎気丸を飲み続けてみよう。
でも不思議だ。漢方薬が一体どのように働いて効果が出ているのか。何千年という歴史の中で効果があるからこうやって引き継がれているのだが。
posted by shigenon at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ

2021年07月19日

早朝ウォーキング

木・金・土と閉めている居酒屋Qの晩酌で呑ませてもらった。
いささか食べ過ぎか。しかしジムで体重を計ると71キロを越えてはいない。ジムが閉まっていた頃と比べると1キロは減ったか。しかし、去年の今頃は67キロを切っていたのだ。

金曜日に梅雨明け、それからは酷暑が続いている。
だんだん夏が辛くなってきた。これまでは比較的暑いのは平気な方だったのだが。これも年齢か。
土曜日ジムから鍼。少し筋トレに飽きがきている。なんか今ひとつチカラが入らない。同じメニューに飽きがきているのだろう。それだけではなく、際だった身体の変化が起きていないからかも。

これまで微妙な身体の変化については感じ取っていた。
それが良く感じたり・悪く感じたりの繰り返しだからだろう。前に書いたことを思い出したが、1歩下がっても2歩進むといった感覚があった。
今の状態も、どちらかというとベストに近くない。まあ梅雨が明けて低気圧の影響は少し無くなったとは感じているが。

今朝は5時からウォーキングをした。
昨日は何もやる気がせずに1日家の中にいた。またジムもサボった。ただ今週は会社には行かないので、明日の夕方にジムへは行こうと思っているが。
その罪悪感を埋めることと、もう昼には暑くて歩けないから早朝に。とりあえず3日間は継続してみようかと。5時半になると太陽のチカラは強くなる。4時半くらいがいいか。

歩きはしっかりしている。踵着地、小指から親指に抜けるように蹴り出す。
手は後ろに引く。これがけっこうキツイ。
今日はスマホを持って歩かなかったが、いつものコースだから5000歩くらいか。

在宅勤務はまだ続く。今月中に仕上げないといけないタスクがある。
これが家でやれるかいささか不安だ。すぐにサボる癖がついてしまっている。ちょっとパソコンに向かって集中したと思ったら、ソファーに移動してタバコを吸ってしまう。
でもこの状態が続くのだ。慣れるしかない。
posted by shigenon at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ

2021年07月16日

カラダのギア

もう梅雨明けがいつ発表されてもいいだろう。
昨日は在宅だが、こう暑くなったらウォーキングには出られない。かといって通常勤務しているくらいの歩数は歩きたい。そうなれば早朝ウォーキングか。
だが朝でも23度くらいだ。とりあえずの緊急事態宣言解除の22日までの“歩きチェック”をどうするか考えないといけない。

昨日の昼に居酒屋Qのマスターから電話。
今晩Oさんたちが来るから来ない?とのお誘い。店は緊急事態宣言下で閉めている。だが、その上の団地に住んでいるマスターとママは店をやっていなくても夕方から店で呑んでいる。そこにお邪魔出来るるのは常連さんだけだ。

8月にBBQに行くことが決まっている。
これも居酒屋Qの昔からのお客さんが那須の方に別荘を持っている。何度かカウンターでご一緒したことのある人だ。みんなが楽しめるように買ったと言っていた。
熱海に旅行した際に、次はその別荘でBBQに行けたらいいねと言っていた。
旅行から帰った次の週くらいにその客さんが来た。そしてBBQの話をすると快諾してくれた。
1泊はその別荘、もう1泊は近くの温泉ホテルに宿泊する計画だ。

昨日歩いたのは居酒屋Qからの道のりだけ。
行くときはチャリだが、途中で合流したEと一緒に帰るので、チャリはEが押してくれている。
信号が変わりそうになったので少し駆けてみる。十分に力が入って駆けることができる。
脳と神経と筋肉。脳がスイッチ、神経が配線、筋肉がタイヤというイメージかな。
スイッチを入れても力が弱いことがある。配線による電流の強弱だけでない。配線とタイヤの間にギアがあるような気がする。そのギアがうまくかみ合うことが必要だなぁ。
posted by shigenon at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ

2021年07月14日

梅雨明け期待

在宅勤務なんてそれほど集中できるものではない。
月曜日、いつもの在宅勤務のルーチンで昼にウォーキングに出かけた。もう昼にウォーキングになんて出る季節ではないのだ。たどり着いた公園のベンチで長く休む。戻ってきたら汗が止まらない。
買い置きしている水は常温のままだ。そうなれば、と、ビールを開けてしまった。

ビールを飲みながら仕事。というほどやる気満々ではない。結局はダラダラとメールのやり取りくらいで、途中は30分ほど昼寝までした。
もう外に買い物に出る気すらない。家の中は冷凍やレトルトやカップ麺がいっぱいある。それを処理することにした。

ウォーキングをして思った。前回ウォーキングを続けてやっていたのは6月の1週目くらいまで。その頃は力が漲った歩き方が出来ていたと思う。それから2週間ほどは天気が悪くてやっていない。
そして緊急事態宣言解除による通勤。なんか力の入れ方自体を忘れたような歩きだったか。
やはり風景やシチュエーションが変わると、身体が変化するのだろう。脳が見る風景だ。

右上腿が2週間ほど痛みを感じていたのだが、少し和らいだ。何かそこの筋肉に負担がかかったわけでない、突然痛くなる。痛いと言っても、押せば気持ちがいい痛み。神経痛だ。いつも右脚は場所を変えて痛みが出る。
同じ神経痛でも肩に来る痛みは、触らずともジンジンとする痛み。
毎朝起きればこの肩の疼痛を感じていたが、規則正しい生活だと朝のルーチンで痛みを忘れる。順番にこなさないといけないことがあるので、そんなことにかまってられないのだ。

何かのせいにして思うことがいい。今年は長雨だった。突然の雷雨も多い。
この気象による影響と思おう。
さあ、梅雨明けはもうすぐ。そう思えば脳が喜び、神経に作用してくれるだろう。
posted by shigenon at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ

2021年07月12日

ケガなのか病気なのか

しばらく書いてなかった、反省。
やはり雨が続くと痺れが強いか。去年は確か気圧の影響を受けなくなったと誇らしげに書いた記憶があるのだが。気の張り方も関係あるのだろう。

金曜日はワクチン接種だった。
予約した段階では自分の歳は対象ではなかったが、基礎疾患があるしと予約した。
区から来た案内では、基礎疾患については心臓病や腎臓病などに加え、「神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態」とある。
自分は神経疾患に該当するだろうと判断した。

会場で受け付け。受診票の基礎疾患には「ケイズイ損傷」と書いていた。
受付の人の手が止まる。それを見て後ろから責任者の札を付けた人がやってくる。基礎疾患の一覧が記された紙を見ながら。
「ケイズイ損傷ってケガですか?・病気ですか?」

それはこちらが聞きたい。起因はケガなのだ。症状は病気なのだ。
答える「ケガだし、病気です」これ以上行っても仕方ないのだ。相手は医者でもなんでもない、何の知識も持ち合わせていないのだ。
接種自体を否定する気はないのだろう、ただ項目に無いのだ頸随損傷は。
言う「もう50歳以上の接種も受け付けているから、問題はないのですけど・・・」「基礎疾患で接種されますか?50歳以上で接種されますか?」
これ以上話しているとイラッとする。その区分は受ける人には関係ない。
ただ言った「基礎疾患で」

受付後に医者の診断がある。
医者に聞かれる「頸随損傷はどんな症状が残っていますか?」さすが医者だ、当たり前だが。
症状を言って、注射を打つ腕について聞く。たいていは利き腕の反対に打つ。左腕は元々麻痺側なのだ。こっちに打って腕が動かなくなるということがあれば怖い。
「私は脳神経の専門ですけど、たぶん今動いているんだったら問題ないですよ」「たぶんですけど」
そうなのだ、ワクチンの副作用はまだ何があるか解らないのだ。

「たぶん」を信じて左腕に打つ。
15分の経過観察を終えて終了。帰りにタクシー券が出ると書いてあったが、それは65歳以上だった。
時間もあるし、歩いたらちょうど居酒屋Qの開店時間なので歩いた。3500歩くらいか。
その日はアルコールの吸い込みが良かったような。ワクチン効果か。

翌日の土曜日、少し左肩が痛い。筋肉痛のような痛み。
気にせず筋トレ。そして鍼。そのままE、居酒屋Qの息子・タカヒロと3人で焼き鳥に行く。
最後は居酒屋Qに行って焼酎1杯。
左肩の痛みはピークか。この痛さで筋肉の少ない人は腕が上がらなくなったとか言うのだろう。

日曜日も筋トレ。
帰ってすぐ雷と大雨。緊急事態宣言の再発令の最後の日だ。居酒屋Qに行こうと思っていたが諦めて残り物で呑んでいた。17時を過ぎると雨は収まったので、居酒屋Qに向かったが。
Qではカウンター横の83歳のお母さんと楽しく話をした。自分の母親と同い年だ。杖をついて飲みに来ている。しかも、スマホを使いこなしていたのには驚いた。

店が終わってママの家に誘われた。店が入っている団地だ。
店が終わるとマスターとママは料理を作って帰って、家で呑む。それにお邪魔させてもらった。
その日は食べて行ったのでエイヒレしか食べていない。トンカツや鰹の刺身、グラタンをいただく。
緊急事態宣言の再発令で店も休業になる。なんとか店を応援したいので、常連さんでどうしようかと考えた。
店を閉めているときは17時頃からマスターとママは閉めた店で呑んでいる。それにお邪魔してご相伴にあずかり、いくばくかのお金を払おうかと。

それは営業になるのだろうか。
マスターとママはお金はいらないという。飲み物食べ物を持ってくるだけでいいという。
どうしたものか。ただ行った日の分だけは後でもいいから謝礼として払うかだ。

今日からまた在宅勤務だ。
ただ、今回は今月中にまとめてしまわないといけない企画があるので、自宅と会社が半々になるか。
今日だけは少しのんびりと家で仕事をしよう。
posted by shigenon at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ

2021年07月07日

生活リズム

月曜日はまっすぐ帰って、解凍している明太子でパスタを作ろうと。
いきなりパスタを食べれば酒のアテがない。ピーナッツを買って帰ろうとスーパーへ。
入り口でEとばったり会った。
そこで立ち話をして別れた。

店内でピーナッツを3袋取ってレジに並ぼうとしたら混んでいる。そしたらEが戻ってきて、「混んどるよ、並ぶん?」と。「飲み行こうか」と。北九州弁だ。
誘われて断る理由はない。ピーナッツを戻して店を出た。近くの庄屋へ。

17時半前に入ったのでちょうど19時の酒提供終了で店を出た。ジョッキ2杯と二人で焼酎1本と最後にハイボール1杯。
帰ってシャワーを浴びて焼酎1杯。これくらいの量がいいのだろう。22時前にはベッド。

こんなタイムスケジュールで日常が送れるのも16時半までの勤務だからだ。通常の18時になったら1時間半ズレる。もちろん前はそうだったのだが、夜の時間のゆとりに慣れてしまった。
真っすぐ家に帰ったとしてもダラダラ過ごす時間だけなのだが、そのダラダラ時間が身体の休息になっている。生活のリズムになった。

月曜・火曜とそんなに調子は良くないか。
なんというか全体的に力が入り辛い。梅雨の低気圧なのだろうか。タバコロードを歩いていても梅雨前とは違う感覚だ。
ただ深刻に思っていないのは、仕事が終わって家に向かう時は足取りが軽やかで力が満ちている。
脳が喜んだ判断で身体の動きが変わる。梅雨も終われば良くなるだろう。
posted by shigenon at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ

2021年07月05日

筋肉の中の痛み

先月行った熱海に甚大な被害があった。心からお見舞い申し上げます。

週末の雨による“気象病”の影響は久しぶりに大きかった。
力が入り辛いのだ。席を立ってトイレに行くのも面倒くさかった。
それが金曜日に業務を終え、居酒屋Qのエビフライに向かって歩き出すと一変した。サクサクと歩けるのだ。自分でも笑ってしまうほどに。「脳が喜んでいる」
脳が及ぼす影響は間違いなくある。

金曜日は居酒屋Qで一緒に旅行に行ったOさんたちも来て楽しく呑んだ。
土曜日も居酒屋Q。この二日間で食べ過ぎだ。かといって体重はそれほど増えてはいない。71キロ弱を維持している。
土・日はジム。日曜日のサボり癖はここでストップできた。

土曜日の鍼では背中の脊髄に沿って多く打ってもらった。背中のど真ん中はいつも気持ちいい箇所でもある。
右太ももの裏の痛みが強かった。お尻の半分下位から膝までの裏側。
痛みを感じるのは筋肉の中の方だ。自分で押すのだが、刺激が届かない。鍼で痛みの箇所を突いて欲しいイメージになる。
だが、それはうまくいったことはあまりない。表面の痛みの箇所は鍼の刺激をすぐに感じる。が、筋肉の中の方はうまくそこにヒットしない。

姿勢にもよるのだろうか。座っている時・寝ている時で筋肉は移動する。
センセイはそう言う。筋肉は動きますからねと。ただ、最近思う。
そこが感じる痛みっていったい何なのだろうかと。筋肉の張りなど、その箇所そのものに明らかな病巣があれば。その箇所に何らかの処置をすることは効果がある。
神経の痛みは“感じているだけ”なのかもしれない。

痛みは実際にそこにあるのだが、その箇所に何か負荷がかかってそうなってはいない。
となれば、そこを刺激したい気持ちはあるのだが(実際に手で押すと気持ちいい)、それはあまり意味がないのだろう。
その痛みは坐骨神経痛からきている。となれば、坐骨神経の起点となる腰あたりの神経周辺を緩めることで効果があるか。
今回の腰や背中周辺に多く打ってもらったことは、それが狙いでもある。

週初め、雨。今週もずっと天気はよくないようだ。
今週末はコロナワクチンの接種予約ができた。
posted by shigenon at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ

2021年07月02日

エビフライ待ち

やっと金曜日だ。
これまでの社会人人生の中で一番週末を楽しみにした週かもしれない。いや、特に週末に予定があるわけではない。予定のない中でこれまではそんなことをあまり思ったこともなかった。
「サラリーマンは、気軽な稼業ときたもんだ〜♬」植木等だ。

自分で言うのもどうだか。
けっこう仕事には情熱を持って取り組んでいた。最大の効果を上げるためにどう考えて、何をするか。
遅くまで働くわけではない、それは20代でやめた。ワークライフバランスというコトバが言われる前から。
何かを達成させるために諦めの悪いタイプだった。
その緊張の糸が切れ始めているのだろう。

自分が関わる仕事が色褪せて感じるようになった。その理由は詳しくは書いても面白くないので割愛するが、自分の求める仕事の進め方や結果とまわりとのギャップが大きくなってきた。
自分を正当化するつもりもないし、人に合わせる気もない。

昨日、やっているSNSに「気象病」について投稿した。
改めて気象病や自律神経の乱れについて調べ直した。気象病は気圧の影響による自律神経の乱れということばかりだ。
交感神経と副交感神経のバランス。果たして気圧の影響ってこれだけなのだろうか?

今日、肩の疼痛と腕の痛み・手の痺れが強い。東京は2日連続の雨だ。
最近感じる症状としては、腕がパンパンになった感覚。上腕から手首まで、何か液体を注射されて腫れあがったような痛みがある。
これは自律神経の乱れなのだろうか?アロマを楽しんだりして副交感神経優位にすることで解消できるのだろうか。

気圧の低下による交感神経優位の症状は、中枢神経損傷者にはその基本症状が強く出るのだろうか。
まあ気にしてもそうなっている以上、どうしようもないのだ。
雨による気圧低下を憂うヒマがあったら、他のことをすればよい。晴耕雨読。

今日は居酒屋Q。水曜日にマスターに電話して金曜日はエビフライとイカフライの盛り合わせと注文している。
それに備えてここ数日はカロリーオフの晩飯だ。
金曜日が楽しみだったのは、このエビフライかな。
posted by shigenon at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ
ファン
検索
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
痺れと痛みをどう我慢するか by まっきー (04/25)
痺れと痛みをどう我慢するか by shigenon (04/22)
痺れと痛みをどう我慢するか by まっきー (04/22)
疼痛について by shigenon (04/21)
疼痛について by まっきー (04/21)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
shigenonさんの画像
shigenon
2014年クリスマスイブのプレゼントは最悪でした。 「頸髄損傷」というケガなのか病気なのか・・その症状との戦いの記録と現在の日々をアップします。 (2018年4月追加) 不全の頸髄損傷は「健常な人」に見えます。“ふつうに見える”様に努力をしています。が、反面、「もう良くなったんだ」と思われがち。 骨折とは違い、中枢神経の損傷は完全回復はしないという現実。 「健常に見える」「もっと良くなるよう努力する」「もう治っているんでしょ」の狭間で何とか毎日を過ごしています。
プロフィール