2022年02月13日

よろしく

「あっ、丹澤先生!」
公用車の鍵を事務室に取りに行った時、校長から呼び止められた。

「来年度は中2ですから…。あと野球部もよろしく。」

これが私への来年度の配属の内示である。
簡単だ。

でも、さっぱりしていていい。
おそらく以前と大幅に変更になる場合は、長く面談をしているのだろうが、私の場合はこれでおわり。

ありがたい。

細々ながら、私を使ってくれるのは本当にありがたい。

公立中学なら60歳で定年。
私に当てはめるとあと三年くらい。
この歳で担任をしている先生はいないだろうし、野球部の顧問だって厳しい。

もう何年も前に、私と同年代の先生に、「丹澤先生はまだ担任をやってるの? 野球部も引退しないの?」と言われたことがある。

その時は、引退などとんでもないし、考えたこともないと、黙って笑って聞いていたが、今は、そのとき声を掛けてきた先生の気持ちが少し分かる。

私自身、歳を取り、体力的にも精神的にも、教員を続けることに自信がなくなりつつあるのだ。

そんな中でも、「よろしく」は、「来年度も頼みます」ということであり、「首がつながった」ということなのだろう。

思うに、簡単でさっぱりと聞こえた「よろしく」は、とてつもなく重く、深い意味を持っている言葉だったことが分かる。

「よろしく。」

これを励みに、もう一踏ん張りせねばなるまい…。




ファン
検索
<< 2022年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ