2022年02月04日

石原慎太郎

石原慎太郎が逝った。

生涯現役を貫いて大往生した感がある。

私は国会議員、都知事時代の彼をよく注目していた。
都知事の定例会見も、毎回欠かさず見ていた。

正論きっちりと述べる様は、爽快ですらあった。

芥川賞作品は読んだことはないが、映画『俺は、君のためにこそ死ににいく』は見た。

時代に影響を与えた人物であることは間違いあるまい。
一方で、ご子息たちも各界でご活躍である。

今の日本に、保守系の言論人は貴重な存在だ。
中国にどっぷりの国会議員、マスコミの存在は、時にそうした言論を封じにかかる。

しかしその背後に中国の影が見え隠れする。
かの国では、ニュースで石原慎太郎氏の死去を極悪非道人死去の如くニュースで伝えた。
韓国も同じである。

人の死をこんな風にあげつらうものではない。

逆の見方をすれば、それほどまでに脅威であったのだろう。
今でも、「尖閣は東京都が買います」という発言は忘れられない…。

上皇陛下より一年年上で、戦時中も生き抜いた人生の達人としての風貌が、その言論の説得力をさらに増していたように思う。

晩年表舞台にその様子が伝えられることはなかったが、最期まで執筆活動をしていたという。

まだまだ言いたいことはたくさんあったに違いない。

日本にとって大切な人を失った…。
ファン
検索
<< 2022年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ