2022年01月17日

コロナの死亡者数

オミクロン株による重篤化が少ないこともあり、昨今の報道では、死亡者数が少ないように見える。

毎日テレビでは、ご丁寧に死亡者数を報道しているが、果たしてインフルエンザの時にそんなことはしていたのだろうか。

また、厚労省は、以前から陽性死亡者をコロナ死としてカウントしているので、重症化がゼロにもかかわらず、死亡者数がカウントされてしまうというおかしなデーターになる。

つまり、別の病気で死亡しても、PCR検査で陽性になれば、コロナの死亡者としてカウントされるのである。

交通事故死でも陽性ならばコロナ死となるようである。

私は、いい加減、毎日の感染者数(正しくは陽性者数)や死亡者数を発表し続ける報道は止めて欲しい、と思う。

毎日テレビを見続けている人は、恐怖心が募り、「ワクチン接種だ〜」、と殺到するのだろう。

ワクチン接種を希望する人は、受けていい。
だが、それを強要したり、他の人に圧力を掛ける様は、もはや自由主義の国ではない。

もしかしたら、ワクチンを接種させるために、恐怖心を煽っているのかと疑ってしまう。

「ワクチンを打った」という安心感で、精神的にも安定し、免疫力が上がるということもあるだろう。

だが、感染状況を見ていると、「ほとんど効いていない」という面もある。
それを「ブレークスルー感染」と呼んだり、「接種後の免疫効果が落ちた」などと言ったりしているが、要は、流行の株が違うインフルエンザの予防接種を打ったようなものではなかろうか。

ただし、どれだけの副作用が出るかは、これからの人体実験ということになる。

何度も言っているが、いたずらに国民に恐怖心を与え、日常生活をますます遠のかせ、人と人との関わりをも薄くする姿勢は、国の存亡に関わることだ。

デンマークでは国民へのコロナ規制がなくなるのだそうだ。
「自分で判断し生活する」ことの方が、管理される全体主義より遥かに自由だ。
もちろん、そこには自己責任も生じる。

新型コロナウイルスの開発と世界中にまき散らした中国への責任追及とは別にするとして、現状のウイルスとの共存には、人類の叡智に加え、人間は本来か弱い存在ではないことを大いに自覚すべきではないだろうか。
ファン
検索
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ