広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年09月07日

劇練習

文化祭中は、各クラスの劇練習をすべて見た。
私は撮影係でもあるし、練習時の舞台も撮っておこうと思ったのである。

今の舞台練習は、マスクを外せない。
だから、撮影しても、表情までなかなか撮れないのだが、本来は、本番を迎えたはずの劇。
彼等の熱意と思いを写真を撮りながら感じる。

中でも一番熱が入っているのが、クラスをまとめている担任だ。
生徒の監督はいるが、ここまでくると、担任が全掌握する。

「暗転後、音楽先、すぐ照明つけて! 役者は間を空けない!」

彼等が一番気を遣うのがテンポだ。
生徒が作る脚本は、暗転が多く、そこでテンポが崩れる。

演劇部経験者の私は、「暗転は5秒をめどに…」、と伝えてあるが、舞台上では必死に動いているようだが、なかなか難しいようである。

審査には、準備からはけまでの時間制限もあり、当然劇中の時短はとても重要になる。
ほんの数十分の劇だが、こうした細かな所まで練習しておかないと、入賞は難しい。

中1のクラスでは声の響きをチェックしていた。
客席に観客が入ると、また変わってしまうのだが、今の段階で、聞き取れなかったり、聞こえなかったりしたら、致命傷だ。

断トツの安定感があるのが中3。元気もあるしテンポも良い。
中2は、やや苦戦している。

学年が上がるにつれ、自分たちで劇を作るようになる。
中1は手取足取りだが、中2辺りでは自分たちでやらせてみる。

担任としてはそのあたりの手加減が難しいのだ。

中2の学年主任が言う。
「今年の中2の劇、ヤバいでしょ。少し手を入れないと…。」

焦っているのは担任ばかりではなかった。

そんな言葉を知らんぷりして、私はひたすらシャッターを切る。




ファン
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。