2021年09月06日

職場の人付き合い

世にはさまざまな職場があるが、その中ではどのくらいの人間関係を構築しているのだろう…。

私たちの教員の世界では、職場は学校である。
学校の先生たちの職場における人間関係とは、どのくらいの深さなのだろうか。

自分の経験では、最初に勤めた私立学校では、仲の良い友人が何人もいた。
先輩先生もおり、いろいろな所に連れ出されたりもしたが、かわいがってもらった。
毎日のように一杯引っかけて帰った同僚もいたし、自動車通勤になってからも、しばしば飲みに行ったことを思い出す。

だが、どうしても超えられない一線があった。それは信仰の問題だ。
彼等とは同じ信仰を持っているわけではなく、どこか距離感があったのだ。

二度目の職場では、途中採用ということもあり、もっと関係は薄くなった。
仕事の上でも、あまり話し合う機会の少ない学校で、多くのことは、上意下達で決められた。職員会議も、校長が一方的にしゃべって終わるスタイルだった。
その職場で務めた期間が短かったこともあり、今やつきあいのある人はいない。

今の職場が、学校としては三番目。
同じく信仰を持つ人の集まりではあるのだが、何とも希薄な人間関係であるようにも思う。

仕事上、同じ学年であれば、話す機会も多いが、学年が変われば、下手をすると何ヶ月も会話をしていない、なんてこともある。
プライベートでどこかに出掛ける機会も、飲みに行く機会もない。

自分が壁を作っているのかも知れないが、何となく上辺だけの、軽薄な人間関係のようにも思えてしまうのだ。

お互い尊敬はしている。
いろいろな意見も尊重する。
困ったときは助け合う。
一緒にお祈りをしたりもする。

だが、疎遠感は否めない。

コロナ禍でさらに、その関係が薄くなっているようだ。

何となく友達がいないような気持ちなり、少し淋しい…。




ファン
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ