2021年08月11日

私の中学生時代 その3

私の中学時代にもバレンタインデーはあった。
まったく女っ気のなかった私は、その日は、特別な日ではなく、毎日の連続のなかの一日だった。

その日、担任のT先生が、ある女子生徒をいじっていた。
「お前、誰かにチョコレートを渡すのか?」
「別に好きな人いるわけじゃないです。」
「チョコレートはあるんだろう?」
「あります。」
教室は大爆笑になった。

その女子生徒の隣に座っていたのが私だった。
T先生は私に、「丹澤、絶対そいつからチョコレートをもらうなよ」、と振ってきた。
要は、ただの義理チョコなんて、意味のないことだ、と言いたかったようだ。

私は、チョコレートなどもらうことはほとんどなかったので、別にどうでもよいと思っていたのだが、結局、彼女は私にチョコレートを渡した。

私は、別に断る理由もないと思って受け取った。
なんだかんだ言って、もらえるものは嬉しい。

たまたまT先生の目の届かないところだったので、もらったことは私が黙っていれば、先生に知られることもないだろう、と思ったのだ。

もしかしたら、これが私が初めてチョコをもらったバレンタインデーだったかも知れない。

恋愛感情など、まだ湧かない年齢だったから、ただの友達くらいにしか思っていなかったが、私はもらったチョコを家に帰ってから食べた。

普通の味だった。

T先生は、当時30後半か40代くらいの先生だった。
結構髪の毛がいっていて、前頭部ははげていた。

その後、一切の交流がないので、今、ご存命なのかすらも分からない。

だが、私の中学生時代に、確実に影響を与えたことは間違いない。

彼は、少なくとも中1と中3の担任だった…。




ファン
検索
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ