広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年06月15日

細く薄い関係

最近、Tはサッカーの練習中転倒して手をついた際、骨にヒビが入ってしまい固定していた。

その姿が、あまりに痛々しいので、思わず声を掛けたのだ。

私に声をかけられたTは、以前と変わりなく、会話をしてくれた。

肉体的にも精神的にも疲労が蓄積し、いっぱいいっぱいになると、すべてを拒否したくなる。

ちょうどそんなときに私は彼に過干渉したのだろう。
これですっかり嫌われたようだ。

「もう関わるのはやめよう。Tの幸せだけを祈ろう。」
そう思って、祈り続けてきた、

「このままTが卒業するまで、一言も会話を交わすことなく終わるのかな…。それもありかな。」
そう思って祈り続けた。

だが、一週間で話ができた。

この先も、細く薄い関係になるのだろうが、何となく嬉しかった。

もしかしたら、あの頃の私は、孤独に耐えかねていたのかも知れない。

歳をとるとそういう思いが大きくなるようだ。

以前私は、「担任をやらないなんて、教員生活ではあり得ない」、と考えいた。「もし、担任でなくなったら、淋しくなって死んでしまいそうだ」、とすら思った。

やはり何かに依存していたのかも知れない。

人はさまざまな出会いがあり、そして別れがある。

学校現場では、それがずっと行われ続けている…。




ファン
検索
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。