広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年06月09日

疎遠

「丹澤先生は、高校の担任とか、高校生の授業担当とか、やらないんですか?」
中3の授業中、ある生徒にそんな風に尋ねられた。

私が、「高校になると、だんだん疎遠になってしまうんだよ…」、と言ったことに対しての反応である。

私はそうした声に、
「高校の担任や授業を持つと、卒業するとき淋しくて淋しくて、耐えられなくなるんだ…。だから、やらないんだよ。」
と、こたえる。

もちろん、どの学年を担当するかは、自分の希望というより、校長が決めることなのだろうが、このことは私の本心でもある。

「私が一番耐えることが苦しいのが、『愛別離苦』なんだ。君たちは、『五蘊盛苦』だろうけど…。」

中3の数学の授業とは思えないほど、高度な仏教用語が飛び交う。

「丹澤先生、僕たちと別れるの悲しいですか?」
「そりゃ、悲しいよ。淋しいよ。泣いちゃうよ…。だから、卒業したら、少しずつ関係が薄くなって、高校卒業するときには、ものすごく細くなって、消えるように高校を卒業してくれたら嬉しい。私も、そうやって消えるから…。」

中学卒業後、自然に疎遠になることもあるが、急激に関係が薄れることもある。
彼等からすると、「俺ら、もう高校生だから…」、という自負のようなものがあるのだろう。「中学の時のように、丹澤先生とは関わらないぞ…」、という意図も見え隠れする。

たいていの場合、急激に私と疎遠になるのは、何か合った場合である。
私に顔向けできない何か、今は、先生と話をしたくないという思い…。
そんな気持ちが交錯して、私には近寄らなくなる。

本当は助けて欲しいはずなのだろうが、こちらから干渉すると、逃げてしまうから、私は、少し落ちた彼等の幸福を祈るばかりである。

自ら成長しようとしている彼等を、遠くから見守ることも、一つの愛の形なのだろう。

「淋しくなるね…。」
「まだ中学卒業まで、しばらくありますよ。先生、そんなに寂しがらないでください。」

また一つ、生徒の愛を感じた…。




ファン
検索
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。