広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年06月05日

県大会

県大会の審判に行った。
中学野球では、監督は自動的に審判登録され、大会時の審判にあたる。
地区大会はもちろん、年に数回、県大会にも派遣される。

本来昨日だったのだが、雨のために一日順延になったので、授業の手当をしての出張になった。

昨今、ピッチャーの投球制限が加わった。
一日100球、大会全体で350球。
たいていの場合、大会は三日間続き、その間、最低4試合は行う。

そうなると人数およびピッチャー要員が少ないチームは俄然不利になる。
合わせて、エース級のピッチャーに、球数を増やそうという、嫌らしい作戦も現れる。

投球数は、控え審判が数え、70球を超えたとき、イニングの間に監督に通告される。
100球を超えても、現在の打者には投げられるが、それ以降は、自動的にピッチャー交代になる。

ピッチャー以外の守備につくことはできる。

私自身、久しぶりの県大会の審判だったが、なかなかよそのチームを審判として見るのはおもしろい。

選手たちの声かけも、すぐ目の前で行われるし、ベンチの指示や攻撃もよく分かる。

コロナ禍で圧倒的に強いチームは少なくなった。
あまり練習できていないのだろうし、そもそも部員時代も減っている。

選手の負担減のため、7回終了するとすぐにタイブレークに入るようになった。
そんなときに、エース交代というのも困るので、試合展開にもよるが、監督の采配はますます難しくなった。

私が審判をした試合は、タイブレークに持ち込まれ、それでも試合時間が2時間を超えた。

ほっと一息つく間もなく、次の試合は控え審判。
電光掲示板の操作になった。

なかなか気が抜けない一日だった。

たまたま2試合で終わったので、その後急いで帰校し部活を行う。

気がつけば、朝も昼も食べていないことに気がついた。
一体何をやっているのだろう…。
ファン
検索
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。