2022年06月17日

チャイムが鳴ったので…

この話題はこれまで何度か紹介したことがあるのだが、今日は別の視点から話をしてみたい。

私の学校では、朝の職員打ち合わせの始まりにチャイムが鳴る。それが鳴り終わると、教頭の「おはようございます」の挨拶の後、打ち合わせが始まるのである。

しかし教頭は、チャイムが鳴っている間に、教員同士が会話をすることを許さない。時折、「もうチャイムが鳴っていますので、お静かにお願いします」、と促すのである。

私が思うに、そもそもチャイムが鳴っている時に話をしているというのは、教員たちがギリギリに職員室に入ってきて、いろいろな共有事項を話してしまうからだなのだ。それならば、もっと早く出勤すればいい。そもそも打ち合わせ時間直前に職員室にやってくるから、いろいろな話をしたくなるのだと思う。

「勤務時間の30分前には出勤して…」などというのは、もう過去の話なのだろうか。
概して朝の早い教員ならば、そうした習慣はベテランになっても続いているようには思うが、どうも私の学校では、「早い人は早いが、いつもギリギリの人は同じ人」であるように思える。

念のために断っておくが、朝がギリギリというのは、前日の勤務時間が遅くまで続いているという、私の学校独特の特徴もある。私はどんなに遅くても21時半には退散するが、先生方の中には、日付が変わってもなお、職員室で仕事をしている人もいる。もちろん、早朝、5時過ぎに来て仕事をしている方もいる。私の学校には「〇時間勤務」という発想がそもそもないのだ。

早く仕事が終われば、さっと帰宅したっていい。仕事が残っているなら、自分で時間を確保して終えれば良い。日中だって、休みたければ、途中で中抜けしたっていい…というスタンスなのだ。

そうした観点からすると、朝のギリギリも、多少は多めに見なくてはいけないだろうとは思う。また、私のように、部活後、夕食後に再び職員室に立ち寄るのが週三回という「怠け者」が主張することではないのかも知れない。

それでも、長年染みついた「感覚」は拭えない。

私はやはり、「ギリギリに出勤してしまう方」とは少し距離を置きたいと思う。
世の成功者たちは、皆、朝の時間を活用している。

私がどれだけ朝の時間を活用しているかについては、人様にお話でききる状態ではないが、それでも、今も昔も、「早起きは三文の徳」は変わらないと思うのだが…。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11467795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ