広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年06月10日

薬剤師さんの薬歴簿に必要な『ALCOA原則』の適用について考えてみたよー

こんにちは(・ω・)ノ

昨日、調剤薬局で働く薬剤師さんたちと食事会をしました。
その話題のひとつに、薬歴簿の記載がそれぞれバラバラだって
話しがあがりました。

・何を重点に書いてるのか?
・残すべき内容は何か?
・何を伝えたいのか?何を書いてるのかさっぱり分からない

ってことを耳にしました。

薬局の考え、管理薬剤師の考え、会社の考えによっても異なるようで、
同じ調剤薬局内の薬剤師同士といえども、人によってバラバラなど
一貫性がないような薬局さんが多いようですね。


記録とは、ただ単に書き残せばいいってもんじゃありません。

そこに、『患者さんの薬剤服用に関する経過』が書き残されて
いないといけないものになります。

処方薬がどういう意図で出され、どういった効果を期待してるか、

実際服用してどういったレスポンスがあったのか、

それから今後どうしていくか、どういったことに注意、再発予防を図るか?


ってことを

一貫したストーリーが残されていないといけません。

疑義照会の記録や副作用歴の記録も同様です。

その薬歴簿が、その患者さんにとって薬物治療のストーリーとして
物語るものでないといけないのです。

これは、以前に当時の厚労省の薬剤管理官から助言を頂いた言葉です。
私は薬局薬剤師時代に、この言葉をずっと大事にしてきました。



そんなの面倒くさいからいいよ、という方は

今すぐページを閉じてください。


薬歴簿が書けない薬局さんに限って多いのが、

「特に変わりなし。内容Do、継続」

「血圧120/70 OK」 「薬効説明、副作用注意」

ひどいと、

「N.P」(ノープロブレム)のたった一句のみ

なんてのもあります。

・・・で、その薬歴簿は何のため?誰のため?

それでまさか、薬歴管理料算定してないだろうね?


厚生局の個別指導を受けた薬局さん、薬剤師さんなら
そのような記載が、どれほどおそろしいかってことは
重々承知のはずです。

☆☆

実際に、記録はSOAPで書くってやり方がほとんどだと思います。
薬局によっては、箇条書きで記載するところもあります。
記録媒体も、紙だったり、電子媒体と店や医療機関によっても様々です。

それがいけないわけではありません。

ただ、問題なのは、

記録のために必要な統一性にあります。

一貫性を持ち、ストーリーのごとく治療経過がわかるものでないといけないのです。


患者さんって
二週間おき、毎月、または数か月おきで受診するものですから、
その時点、その時点での様態が全く同じってことはまずありません。

点と点がつながり、線となっていくように、線と線が面となって
ひとつの経過を呈してくるものです。

もし、書くことも特に見つからない、体調も変わりない、
薬も同じ、説明もいらないって言うなら、管理料をベタ取りしなきゃいいんです。

☆☆☆

では、統一性をもたせるために、
後ろ指をさされないような薬歴簿作っていくには、
どういったことに配慮すればいいのか?

それは、
『ALCOA』原則
を適用してみることです。

このALCOAとは、
A・・・Attributable;帰属・責任
  →記録者が誰であるのか?第三者が書き加えてないか?
L・・・Legible;判読・理解
  →第三者など誰が見ても理解できるか?
   症状・所見は明確に簡潔に書かれているか?
   スタッフが分からない造語を使用していないか?
C・・・Contemporaneous;同時
  →情報収集し速やかに記録しているか?過去を遡って捏造していないか?
O・・・Original;原本
  →複製物、転記したものではないか?電子媒体でコピペしてないか?
   改ざんの記録がないか?改ざんができる電子媒体を使用していないか?
A・・・Accurate;正確
  →記録の詳細に誤りがないか?自分の主観や想像で作成していないか?
   事実に客観的であるか?

ALCOAは、簡単に言うと、

治験などの臨床試験において、
正確な臨床データを正確に集積する必要があるため

医療機関の原資料(医師の診療録・看護師記録・画像データ・処方箋等)が
科学的に信頼できる質を担保するためのものでないといけません。

その医師の記録・データなどの品質を保証するために、
重要視されてる5つの要素を取り入れた方策
ALCOAになります。

今、治験はグローバル試験が主流で世界の各国同時進行で、一斉スタートする
ことがあります。それが、その国々によって記録管理がバラバラでは正確な
情報を製薬会社さんは把握することができません。

そこで、FDAがこのALCOAを提唱して
各国の医療機関の診療のデータ・記録に統一性を図っているのです。

さらに、
EMAが提唱する″CCEA″
を加えて、

≪ALCOA-CCEA≫

という形で補填されたものが
各国の医療機関で共通認識として捉えられてます。

CCEAとは、
C・・・Complete;完全性
  →記録は完結しているか?
   この人にこの薬は妥当である記載になっているか?
   投与の結果はどうだったか?
C・・・Consistent;一貫性※※
  →臨床データ・疾病と薬剤に矛盾がないか?
   その患者さんに本当にその処方薬を交付してよいのか?
   処方記載内容は妥当か?
   前々回、前回の内容と今回の内容は矛盾してないか?
E・・・Enduring;耐久性・普遍性
  →記録物や保管が永続的であること。
   紛失・損傷・劣化のリスクはないか?
A・・・Available When Needed;必要時に取り出せる
  →保存期間中にすぐに取り出せるか?
   提出の要求に応じてすぐに取り出して過去のログを調べることができるか?
   記録が欠落した箇所、記録漏れした日はないか?



これらを意識して記載・記録していくことで、
あ、ここは疑義照会しなきゃ!とか、
ここは調べて投与するために根拠が必要だな、とか
いろいろと気付きが生まれます。
ひとつひとつ記録していくことで、薬歴の利用価値が
グンと上がります。

一貫性に矛盾が生じれば、その理由を確認する作業が必要になり
それを記録していくことで、その薬歴簿は信用性のある
質の高いものとなります。

それは、管理料を算定しても誰も文句を言えないような妥当なものです。


治験や臨床試験を行っている医療機関は、比較的大病院が多いです。
その医療機関がこのALCOA-CCEAに則って原資料を扱ってます。

調剤薬局さん、病院薬剤師さんも、ちょっと意識して
記録をしてみると自分の記録にバリューが生まれるかもしれませんね。


では、またよろしこー(・ω・)ノ☆

2015年06月03日

薬剤師さんがネガティブに巻き込まれないための対処について考えてみたよー

こんにちは(・ω・)ノ☆

毎日たくさんアクセスありがとうございます☆

仕事が立て込んでて、しばらく更新を休んでました。

仕事の常で、忙しいときほど、トラブルや案件依頼が多く押し寄せるものです。

ピンチな時、忙しいときほど、仲間の協力を得て問題解決を達成していくと
チーム全体のモチベーションもアップして、信頼関係も深まっていくものです。

そのためには、
いざって時の連携のために、日ごろから
コミュニケーションや信頼関係を築く必要ありますね。

でも、

そうはいかないのも世の常であります。

決まって、

足をひっぱる人、文句を言う人、やる気がない人・・・
色々マイナス要員が出てきます。

個人的にもっともダメなタイプは、

『嫌味を言う人』です。

業務に必死に取り組んでいる仲間に向かって、
『嫌味を言う』ってことは、やる気に水を差したり、
チーム全体のモチベーションを下げることにつながります。

人が聞いてて嫌なことを平気で口にする

私はこういったタイプの人間を極端に嫌います。

だって、あなた医療人でしょ?って。

人に嫌な思いさせて、自分は気分良いのかもしれないけど、
周りは迷惑してるんだよ?って思うんです。

そんな医療人が、人の役に立ちたいなんてとんでもない話しだよね。

ま、そんな相手が
後輩であれば注意することも容易なのですが、

それが、上司やチームの責任者、取引先相手だと最悪です。

みなさんの周りには、そんなブラック人はおりませんか??



さて、本題に入りますが。

そんな人に出くわしてしまった時の対処を考えてみます。

そもそも、

『嫌味を言う人』ってどんな心境してんの?

では、そういう輩の心を覗いてみましょう。


【人は、心の根底にあるものが、言葉となって表在化してきます】

つまり、

『嫌味を言う人』の心には、
・ネガティブな感情
・劣等感
・貧困

これらで心が埋まってしまっているのです。

そして、この要素は、
過去の出来事が深く関わっています。
・トラウマ(親に愛されてない、捨てられてしまった)
・いじめ(親、兄弟からの暴力、クラス内での集団無視)
・失敗(お受験失敗、医学部入れず薬学部へ)

他人に、己の負の感情をぶつけることで
劣っている自分を正当化したがる傾向にあります。

薬剤師さんだと、よく分かってもいない大手の会社や病院を批判を
したり、活躍している先輩や後輩の誹謗中傷したりする人も
同様にみてとれます。

そして、嫌味なことを言う人がもたらす現象は
必ず共通項があります。

・人をほめることができない。
・周囲のスタッフに感謝することができない。
・自分中心、自分が常に一番。
・気分屋、お天気屋
・権力や上司に弱いが、部下・後輩には強い。
・自分に酔って語りだす。
・こうあるべき、べき論が強い。
・笑顔の裏で、人を嘲笑っている。

☆☆

記事を読んでくれるみなさんは、薬剤師として意識を高く持ち
日々スキルアップに精進している方ばかりなので、
そういった負の輩に屈しないでほしいと思うのです。


じゃ、どうしたらいいか?

距離を置く

相手は暴走車同様、相手かまわず人を平気で傷つける
生きる凶器です。

わたしたちができることは、よけることなのです。

みなさん、まじめだからよけることをしないのね。
まともにぶつかってしまったら、自分の高い意識が
折れかねません。

そういう人とは付き合わないこと、関わらないこと、話さないこと。
これに尽きます。

でも、やむなく
近い距離で仕事しなきゃならんって時も

やはり距離を置くことを意識してください。

そして、数歩下がって観察してあげましょう。

そうすることで、何を言ってきても
冷静に流すことができます。

・きっと、今まで怒られて育成されてきてしまったんだな。
・人にほめられないでここまできてしまったんだな。
・否定された人生を送ってきたんだな。

そういう暴走車が突っ込んできても、
どうか、怒りや悲しみの感情に囚われないでください。

距離をおいて見ることで、
哀れ人だな、可哀想な人なんだなと見方を変えてみてください。


☆☆☆

みなさん、苦しいこと、つらいこともたくさんあると思います。

でも、だいたい人の悩み、薬剤師の悩みって
ほぼ9割が【人間関係に関する悩み】なんです。

そんなくだらない人のために、
自分の時間使って悩むのやめましょう。

自分で自分の機嫌がとるなんて
社会人の常識です。

一緒になって嫌味言ってしまったら、あなたも嫌味な人間になっちゃうからね。

どんな時でも、自分は明るく、心を晴れ晴れにしていれば、
そんな相手も変わってくれるかもしれません。

そのためには笑顔でいること。

嫌味を言う人は、嫌味を言うことで、相手が悲しんだりつらい気持ちに
なるのを見るのが好きなんです。
だから、暗い表情を浮かべてしまったら、相手の思うツボなんです。

どんな暗い考えや気持ち、言葉も、
笑顔や明るい気持ちには敵いません。

相手が理不尽な要求や不当な言い分を述べてきても、
強い気持ちがあれば、自分の正しさは揺らぎません。

勇気をもって前へ前へ

がんばるみなさんへの応援がわたしのモチベーションですから☆

じゃ、またよろしこー(・ω・)ノ☆
ファン
<< 2015年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
(06/10)薬剤師さんの薬歴簿に必要な『ALCOA原則』の適用について考えてみたよー
(06/03)薬剤師さんがネガティブに巻き込まれないための対処について考えてみたよー
(04/29)薬剤師さんで成功する人と成功しない人の差について考えてみたよー
(04/23)薬剤師さんの仕事環境の整理について考えてみたよー
(04/10)薬剤師さんのための『人生の最終段階における医療』について考えてみたよー
(03/27)薬剤師さんが集団から群を抜いて成果を出す医療機関との関わり方〜続編〜について考えてみたよー
(03/17)薬剤師さんが集団から群を抜いて成果を出す医療機関との関わり方について考えてみたよー
(03/10)薬剤師さんのチャンスを生かし成果を生む方法について考えてみたよー
(03/06)薬剤師さんの働く動機について考えてみたよー
(03/01)薬剤師さんの肩書きについて考えてみたよー
(02/25)薬剤師さんの『機会を捉える』について考えてみたよー
(02/15)薬剤師さんの薬歴未記入問題について考えてみたよー
(02/14)薬剤師さんの薬歴未記入問題について考えてみたよー
(02/13)薬剤師さんの薬歴未記載問題について考えてみたよー
(08/27)薬剤師さんの佐世保事件からみる『共有』について考えてみたよー
(08/26)薬剤師さんの問題を放置しない習慣について考えてみたよー
(08/25)薬剤師さんの身につけてほしい真の継続力について考えてみたよー
(08/24)薬剤師さんの問題に向き合う姿勢について考えてみたよー
(08/23)薬剤師さんのコンビニ企業が進める介護事業について考えてみたよー
(08/22)薬剤師さんのここを見れば分かる病院の奥にある意外な姿について考えてみたよー
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
薬局(52)
月別アーカイブ
プロフィール
くあんたむさんの画像
くあんたむ
ブログ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。