広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年03月27日

薬剤師さんが集団から群を抜いて成果を出す医療機関との関わり方〜続編〜について考えてみたよー

こんにちは(・ω・)ノ☆

昨日はマレーシアから帰国した兄と久々に
会って、酒を酌み交わしながら色々と
情報交換をしました☆

マレーシアでは、日本のような河川のインフラが
ないため、多少の雨でもすぐに川の氾濫が起きるとか、
AEONのような大型デパートでは日本の食品が
買えて、中でも邦人が好んで買うのは日本米だそうです。
日本人が経営してる居酒屋では、日本の酒が
飲めるようなんですが、ボトルキープが基本
みたいで、国内で売ってる3000円の焼酎も現地だと
12000円もするそうです。輸入するのに一本あたり
8000円ほどコストがかかるようです。

兄は国内製造業の会社員ですが、国内外問わず
現地でライバル会社を相手にして
他を出し抜くために努力するその姿勢を見て、

どの領域であろうと、
どの国、会社やクライアントであろうと

そこで、
成果を出すためには
《仕事の徹底さ》
が共通して求められることなんだな、
と感じました。



では、前回の続きをやりますね。

集団から群を抜いて成果を出すために、

医療機関とどう関わっていけばいいか?

答えはカンタン

『行動する』ことです。

それも、

『いち早く』

そして、

『誰よりも早く』です。

前回の挨拶しかり、
いち早く動くことをしないと
まず何も生まれません。

でも、それだけでは良好な関係は築けません。


じゃ、どうするか?

それは、

《コンサルティング》していくことです。


え?誰に?

もちろん、

医者相手にです。


何をコンサルティングすればいいかって?

それは、

そのドクターが抱える《悩み事》をです。

なぜかというと、

クリニック、特に単科のドクターは、
その専門以外の患者さんを診察して薬を処方する場合、

《何らかの不安点や懸念》を抱く場合があります。

みなさんも処方せんで見たことはありませんか?

この先生、こんな疾患の患者さん診てるの?

こんな薬まで出しちゃうんだ!
とかね。

医師は、よほど経験豊富な方でない限り、
自分の専門以外の薬には疎いものです。

そういった場合、

薬局、薬剤師さんのアクションの見せどころだと
思ってください。


"先生、この系統の薬剤をまとめてデータベース
にしておきました。今後のご参考にしてください"
とか、

先生、この薬剤を使うとき、これを考慮しないと
保険で切られますよ"

んな感じで
《自分たちは常識でも》、
《医師でも分からないこと》はたくさんあります。

☆☆

手作りの資料でもポスターでも、何でもいいと思いますが、

気をつけなきゃいけないのは、

必ず

『医師が求めるもの』

を提供することです。

的外れなものを提供しないために、

なにで困っているのかを

《見抜く》

必要があります。

医師は、丁寧に

『○○で困っている』

なんて、わざわざ教えてくれません。

だから、こそ

《直接会って会話をする》

ことが必要になってきます。

会話の中で、もしくは、
変な内容の処方が来た場合、


"あれ?これ先生分かってないんじゃないか…"

と『仮説』を立ててみることです。


そこで、初めて

"もしかして、こういうのあったら、先生は喜ぶんじゃないか?"
"診察するときにこういうのあると助かるんじゃないか?"

と思考を巡らせてみることです。

また、メーカーや卸を通して、先生の悩み情報を
聞いてみるとか、色々やり方はあるもんです。


そうすると、どうなるか。

"あー、あの薬剤師さんに聞けば間違いない"
"分からなかったら聞けば何でも教えてくれる"

と、今度は医師の方からアクションが生まれます。

そこで、最も大事になってくるは、

『素早い対応』です。

みなさんも、病院内や
門前の医師から質問を受けた場合、

どう対応してますか?

だいたい、こういうのって、決まって

『難しい質問』

が多いものです(笑)

でも、

大事なのは、『素早い対応』ですから、

《完璧な回答》ではなく、

《正確な回答》が必要になります。

"いや、先生、○○は確かなんですけど、
□□の部分は確実ではありません"

"正確なお答えしたいので、5分だけ時間下さい"

とかね、
そんな流れの対応が求められてきます。


《分かってること》と《分かっていないこと》をはっきりさせて、

それを『確実に』、かつ『正確に』伝える
レスポンスを心がけてみてください。

その『スピード』と『クオリティ』が

あなたの薬剤師としての
『バリュー』に成り得るのです。

☆☆☆

最終的に、
医師、医療機関に
何を売り込むのか?というと、

それは、『あなた自身』ということです。

人任せにせず、まず己が動いて示す。

あなたは組織の顔であり、

組織はあなたの顔になります。

○○病院の薬剤師といえば、Aさんだよね。
○○薬局といえば、Bさんだよね。


周囲が付いていけないほどの『行動力』が
自然と《成果》へと昇華していきます。

まずは、

『動いてみる』ことです。

じっくり考えてからね〜…

なんて言わずにね。

そんなのは、動きながら考えればいいことです。

『失敗する人』に共通してみられることは、

『考える時間が長すぎること』

なんです。

トライ&エラーを繰り返して

自分なりの『行動のスタイル』を作ってみてください☆

では、またそんな感じで☆
よろしこー(・ω・)v




2015年03月17日

薬剤師さんが集団から群を抜いて成果を出す医療機関との関わり方について考えてみたよー

こんにちは(・ω・)ノ

春到来?

春の訪れとともに花粉もやってきて、鼻炎に悩まされる今日この頃(笑)

テレビCMでも、アレルギー薬関連の内容が多いもんねー。
薬局さん、ドラックさんでも、花粉症キャンペーンの波にのって、
OTC陳列を取り入れてるのではないでしょうか。

さて、本日は、
集団から群を抜いてトップに立つために、
周囲の医療機関とどう向き合っていけばいいか?
について考えてみます。

あー、タイトルなげーって
突っ込んでください(笑)



そもそも、仕事とは、与えられたものをこなしていればいいものではありません。
(わたしの記事を読んでる人ならもう分かると思いますが)
与えられたものをこなすのは、仕事ではなく、『作業』です。

仕事とは、自分や組織が『利益』を生み出すために、
『自ら』動いて『形』となるような『結果』を残していくことです。

つまり、『仕事』をしないと、『今以上』の利益は出せません。同じ仕事をしてる以上、利益は一定でも、それ以上の利益、
つまり昇給も賞与もありえませんね。

キビシイ言い方かもしれませんが、
利益が出ないものは、仕事でありません。
それは単にボランティアか、作業と見なされてしまいます。

医療人なんだから、利益なんていいじゃないの〜

…なんてのは甘ったるい言い訳です。

優れた開業医、病院ほど、新しいサービスや技術を導入して、
利益を出しそれをさらにサービスや技術のつなげて好循環させていく。
成功をおさめてる医療機関、成長させている姿勢を見れば、
利益の大切さは一目瞭然だと思います。

そして、努力し成長しようという医師が
地域や社会から選ばれてるのも事実ですよね。

薬局さん、特に薬局薬剤師さんも籠って黙々と仕事してるだけでは
結果は出ません。

今までは良くても、これからは置いてきぼりにされます。

今日話すことは、調剤薬局さん向けになるかと思いますので、
ひとつ考えるきっかけにしてみてね・ω・!



そもそも、
調剤薬局さんが、その利益とやらをまず
確保するためには、何が必要でしょう?


そうです。

それは『処方せん』です。


では、その『処方元』とはどこでしょう?


そう、門前の開業医や、病院になりますね?

門前様が儲かっていれば、必然と薬局さんも儲
けが出やすくなります。

よほど、近隣に他の薬局が多在してなければ…ね。

ただ、『集中度が高い薬局』ほど、『門前の医療機関に依存している』ということを意味します。
一見、独占的展開ですから、成功論にかなってるように見えますが、実は結構リスクが高いです。

《門前がコケたら、薬局も終わる》

このご時世、どこで、どんな不祥事が出るか分かりません。

小さい町医者、大きい病院、著名な医療機関だろうと、なかろうと、それはどこでいつ起きるか分かりません。

表沙汰になる頃には…

もう分かりますよね?

そう、手遅れです。

門前のクリニックドクターが倒れたら?
なんて考えるとぞっとしますもんね。

1医療機関に対し、1調剤薬局の体勢がハイリスクになりつつあることを
まず認識しましょう。

では、

薬局の利益が、門前様に依存度に左右される中で、調剤薬局さんは、
『どのように動けば良いか?』ってことになります。

☆☆

結論から言うと、
『連携医療機関を増やし』、
『リピート率を上げる』
ってことです。

患者さんのリピート率や新規数って、どこの薬局さんでも統計をとって、
その為の工夫を普段からみなさんも実践してることだと思います。

丁寧な接客、来店やすいレイアウト作り…とかね。

でも、わたしの指す『リピート率』というのは、ちょっと違います。

リピートの対象を『患者さん』ではなく、
『発行元』の?《医療機関》を対象に考えます。

医療機関のリピート、

つまり、

その発行元の処方せん枚数、つまり患者数を
増やしていく考えです。

たとえば、
メインのAクリニックから100枚、近隣のB病院から2枚、C医院から1枚のところを

メインのAクリニックから100枚、近隣のB病院から20枚、C医院から10枚へと
増やしていくってことです。

え?それができたら、苦労しねーじゃん。

て、思いますよね?

『自分のところでは』やってなくても、
他はすでにやってるかもしれないから
頭の隅にでも入れておいたほうがいいかもしれません。

☆☆☆
じゃ、わたしたちはどう動いたらいいの?
ってはなし。

まずは、ずばり
【定期的な挨拶、訪問】

え?そんなこと?
って思うかもしれませんが、

そうです、『そんな簡単なこと』すら他の薬局さんは
やりたがらないし、してません!

『顔見せ程度』の挨拶はしてるとこもありますが、

問題は『挨拶内容の質』です。

決して、宴会やゴルフ談話レベルの挨拶ではありません。

挨拶訪問は、まず『何のために』行くか?を
考えましょう。

個人的な意見ですが、
そこの医療機関の患者さんが一人でも来れば、挨拶にいったほうがいいと思います。
(大きい病院だと処方医に面会するのは難しいかもしれませんが)

ただ挨拶だけでなく、『なぜ?』『何のために?』会う必要があるかを
『形』にしたほうが、
面会、面談の質が向上して、
《自分を強く印象付ける》ことができます。

疑問に思う点、処方意図が知りたい、症例検討として医師と協議したい、
そんな気持ちを準備して、挨拶に乗り込みましょう。

その医師がどういう専門家で、
どういう実績を積んでいるか、
論文や本が出ていれば、
それを予習して頭に入れていく。

『いつもお世話になってます。
先日の○○さんの△△病について、先生の治療指針をお聞かせ願えませんか?』
とかね。

急に出向くのは失礼なので、クラークさん通すとか、電話とかメールとか
色々アポイントを取る手段はあります。

そして、
医師の忙しさを考慮して、必ず『時間』を入れます。
アポイントの鉄則ですが、
『お昼時間の3分でいいので』とか、『診察前の5分だけお時間下さい』とかね。

医師も、自分について興味を持ってくれて自分から
学びたいと思ってる薬剤師を粗末に扱いません。

まず、顔を知ってもらい、
名前を覚えてもらう。
医療機関のスタッフに顔パスされるくらいの
レベルになれば、
あとはこっちのものです。

訪問も一回だけではまず難しいでしょう。

個人的な感覚ですが、慣れるまでは月一回程度から始めて、
慣れてきたら二〜三ヶ月おきにするとか、
医師のスケジュール伺いながら定期的に
続けていくのが大切です。

そんなの上司とかマネージャーがやれよ!
という人もいますが、

あくまで、現場の自分達がやることに意味があります。

だって、その上司とかマネージャーさんが
実際に患者さんの対応するわけじゃないもんね。

自分と医師のホットラインを太くしていくことで信頼感が
生まれてくるものです。

そんなのがしばらく続くと、

別に患者誘導するわけでもないのに、
なぜか、自然とメイン薬局ではない自分の薬局のほうへと
患者さんが集まってくるようになります。
(※個人的に指定した薬局への誘導はいけませんよ)

今の若い医師達は、世間話で時間は取られたくないと考えてます。
ですが、症例や最新のエビデンスなどには
高いアンテナを張ってますので
そういった土産話も有効に活用すると良いですね。




ちょっと長くなりそうなので、

今回はここまでね〜

次回は、さらに展開していくつもりで(笑)

じゃ、またよろしこー(・ω・)ノ☆

2015年03月10日

薬剤師さんのチャンスを生かし成果を生む方法について考えてみたよー

こんにちは(・ω・)v

前回は、仕事をする際に働くための『動機』についてお話ししました。

じゃ、いざモチベーションあげて働こうと思っても、

働きたい『ところ』で働けないと、前に進めませんよね?

また、働きたくない『ところ』で働いてて、どう自分を

切り開いていいのか分からないと思います。

そんな困ってるあなた。

目の前の仕事や今取り組んでることに磨きをかけるのが

一番早い方法ではあります。

ついつい、仕事と関係ないことしてませんか?

プロのサッカー選手が、メジャーリーグ目指してしまうような

誤った方向性を持ってしまっている薬剤師さんが、

結構自分の道から外れて迷子になりやすいものです。

転職を繰り返したり、娯楽に逃げてしまったり、資格コレクターに走ったり・・・。

今自分が取り掛かっている仕事にまず目を向けることが、

その他の群から半歩抜け出すための≪気づき≫であるということを理解する

必要があります。



一歩、二歩と先を歩いてるライバルを脇で見て

・・・なんで、アイツあんなに出世が早いんだろ?

・・・なんであんなにイイ仕事与えられてるんだろ?

きっと運がいいだけだ。

上司にヘコヘコしてるからだろ、

おれもいつかは違う部署で働けるだろーなー

・・・なんて

そんな気持ちで指咥えてても、何も始まりません。

今回は、働きたい『ところ』、働きたくない『ところ』で

うまく活躍する≪チャンス≫を生むためのヒントを提供したいと思いますv

☆☆

まず、どんな働く≪環境≫であれ、自分をアピールしないと

新天地での採用でも、既存の環境でも

活躍する機会は失ってしまいます。

そんな中で、どうチャンスを生み、活躍するにはどうしたらいいか?

わたしが提唱する・・・
チャンスを得るために必要な『基本3姿勢』

@攻める
A売り込む
B結果にこだわる

なんだか、かたくるしいけど気軽に聞いてね。

@攻める
まずは、何事においても『受け身にならない』ということ。

仕事は≪与えられるものではなく、自分で探すもの≫というのが

原則ですから、指示や命令だけの仕事をしてはいけません。

これ、わたしがやります。あれ、わたしにやらしてください。

こんな積極的な姿勢は○ですが、まだ中級です。

わたしたちはプロですから、

それに加え、1コでも2コでも多く仕事を見つけて、≪率先≫して

いち早く作業をこなすことが求められます。

・どうしたら仕事を効率よく回せるだろうか?
・どうしたら、薬の取り違いをなくせるだろうか?
・どうしたら早く作業を終わらせられるだろうか?
・スタッフは今どういうことに困っているだろうか?
・上司はどんな問題を抱えているだろうか?

これらは例えですが、自分がいかに≪先回り≫して

問題を見つけ出し、『解決の手を打っていくか』が

求められてきます。

問題が出るのを待っててはいけない。自分であぶりだして

先手先手を打っていくことです。

A売り込む
自分が仕事の成果を積み上げていっても、それを評価できる

上司や体制に恵まれないのがほとんどです。

なので、自分を認識させるために≪売り込む≫必要があります。

ここでは、だれに?どこで?がキーとなります。

ミーティングで、上司に、か。
会議で、社長に、か。
全体研修会で、全社員に、か。
社外の学会や○○研修会で、他の薬剤に、か。

売り込むのは誰か?それはどこで?売り込むことができるのか?を

考えていけば、おのずと答えが出るものです。

ですが、説得材料として、良いものを≪クオリティ≫として

積み上げていくのは大前提となります。

実績なしで、自分を売り込んでも誰も信用しません。

売り込みも、ぜひわたしを使ってください!と
たんに売り込むのではなく、

それがどんな形で役にたつのか?

自分が、その部署やチームに入ることでどんな恩恵があるのか?

それが、どう企業や、患者さんにベネフィットをもたらすか?

そのために自分ができることは?

その他大勢から≪抜き出る≫ってことはここまで要求されますし、

結果を出す人はストイックにここまでこなせる人物ってことです。

B結果にこだわる
すべての作業は、結果をだすことに意義があります。

それが企業の利益であったり、患者さんの健康であったりもします。

≪結果を意識すること≫

そこに求められるのは、
プロフェッショナルな『スキル』と『マインド』です。

@で、自分の強みを持っているか?
Aで、そのクオリティが誰に?どんな形で恩恵をもたらすのか?

それが、結局のところ、

どんな『良いこと』があるのか、と≪最終的な結果≫を意識することです。

人と同じことをしてたり、同じことも考えてても、その他一般薬剤師と

同じになってしまうと思うのね。

でも、何か自分を変えたかったり、ひとつでも学ぼう、ぬすもうと思って

こうやって記事読んでくれてるんだよね。

それを無駄にしないためにも、

わたしとあなた(企業や患者さん、社会)をつなぐものは何でしょう?
それがもたらすものは何でしょう?

そんな風に、常に考えることを意識してみるといいじゃないかな。

☆☆☆

チャンスをモノにできる人、スピード出世する人は決して運やフロックではなく、

そこに≪裏付けされる働き方≫で実績を実証している、と考えるべきです。

小さい仕事ができない人間に、大きい仕事はできません。

数少ないチャンスをモノにできるかは、小さい仕事で成功体験を築いていけるかって

ことです。仕事環境にグチグチ言う前に、全力でやって成果をあげてくと

ほかのところ(他社や他部署)からお誘いや引き抜きもくるもんです。

自分で職探しなんてするよりかは、意外と早く移れちゃうかもしれませんよ。


えー!これからそんな仕事やらないとだめなのー?って言う人は、

周りの3倍のスピードで実践すれば、遅れもすぐに取り返せると思いますよv


では、またよろしこー(-ω-)zz
明日起きれるかなぁ笑

2015年03月06日

薬剤師さんの働く動機について考えてみたよー

こんにちは(・ω・)ノ☆

春の匂いがチラホラしてきてる今日この頃。

雛祭り、桜の開花予想、色んな風物詩から春の訪れを
感じることができると思います。

学生は卒業シーズンから、新しい社会に飛び込む節目ですね。

進学する人、就職する人、転職する人。

新しい環境に身を置くということは、わくわく感や
不安感が混じった不思議な感覚を覚えるものです。

先日、スタッフから芦田愛菜ちゃんが薬剤師を目指してるようだと話題がありました。

女優やりながら、学業を志すってとても感心しますね。

これって、人によって賛否両論みたいで、
簡単になれると思ってんの?とか大したもんだ!とか
意見が分かれてくることなのかなぁと思います。

個人的には、小学生なんだから夢や目標は持ったほうがいいと思うのね。

でも、現実的な話し、二足のわらじは
相当の『覚悟』がないと続かないと思うんです。

女優にせよ、薬剤師の仕事にせよ、相当勉強も必要だし、
それで終わりじゃないしね、それを実践して、
失敗して、改良して、でまたやって努力してと、

その繰り返しで人って『磨き』がかかってくるもんだから
あ、だめだ、やーめよっと、では難しいと思います。

でも、二足のわらじでも成功することを祈ってます(・ω・)☆


よく最近のアイドルがさ、グループ抜けて
ソロでやりますとか、モデルやりますって子いるけど、
そんな甘ったれた覚悟でうまくいくはずないもん。
そもそも、アイドル目指して花咲かせない人が
何やっても中途半端なまま終わるだけだもんね。

薬剤師にも同じことが言えます。

病院つまらないから、調剤薬局へ。

調剤薬局つまらないから、ドラックストアへ。

なんてやっても、結局また辞めるだけです。

それよりも、ここで、こういうこと勉強したいんだ!
こういう仕事で自分のスキルアップを図りたいんだ!って

働く前の『前提』みたいな
『動機』が必要です。

それがないと、なんのために仕事してるか
分からなくなってくるから。

その内、モチベーションもさがって、
周りの遊んでる連中に流されて、
堕落していく。

気づいた頃には、わたし何やってんだろって。


何かやろうとした時、何かを志した時、
そこに『集中』して物事を突き詰めていかないと
何も成長しないし、得るものもありません。

その分野のすべてをマスターせよと言いません。
でも、ここは敗けないぞ!ってものを
1つ作ってほしいと思います。

それが出来た時にはじめて、違うステージで
働く機会が与えられるものです。

そのステージで逃げても、結局同じ問題で悩むだけだからね。

じゃ、またよろしこー(・ω・)v

2015年03月01日

薬剤師さんの肩書きについて考えてみたよー

こんにちは(・ω・)ノ

今日は、薬剤師さんが結構な確率で遭遇するであろう

自称有名人を名乗る薬剤師さんに騙されないよう警鐘を鳴らしたいと思います。


いろんな勉強会や学会、研究会に顔を出すと決まって、名刺交換をすると思うんですが、

頂いた名刺にびっしりと自分の肩書きを書いてる連中を目にします。

役職や立ち位置を提示するために、最低限の情報を名刺に記載するってのは

大事だと思います。

私も、名刺に自分の身分を最低限名刺に記載してあります。

講演会での紹介でも多いですが、肩書きをズラズラとたくさん出す人も

いますよね。

ただ、『何これ?』って思う名刺を頂戴することが多いのも事実です。

聞いてても、『肩書き長っ!』と思わず突っ込みを入れたくなる場面もあります。

たとえば、

○○理事
△△代表世話人
××相談役
□□委員

・・・とか。

ひどいと名刺の表に書ききれなくて

裏にまでびっしり15,16役職??を無駄なほど

書いてる方を見かけます。


肩書きをたくさん載せて
それが自分で恰好いいと思っているのでしょうか?

それとも
周囲になめられなくないと思って誇示しようとしてるのか?

そんなのわかりませんが、

名刺を受ける側から見れば、

それは『失笑のもの』です。

名刺や講演会でのマナーは、

最低限の≪確かな≫『実績に関する情報』だけで十分なんです。

はっきり言えば、余計な『アピール』がうるさいんです。

なんで、こんなことを言うかというと・・・

みなさん、

『騙されるんです』

人が良いからというのもありますが、

薬剤師さんはどうしても、『地位』とか『名誉』に弱いんです。

病院とか薬局の狭い社会で生きてるとどうしても、

弱い立場の者に対して、強い?自分を誇示したくなるものです。

そして、それをそのまま疑いもせず、真に受けてしまう。


ひとつ言えることは、名刺にたくさん肩書きを載せてる方ほど、

それほど『大した仕事』はしてません。

これはたくさんの著名人にお会いした中での『勝手な経験則』ですが、

まず、10人中8,9名はみごとに当たります。

ただの経験則ではありますが、

それには根拠もあります。

肩書きが好きな方は、

『肩書きを作るための行動をする』ので、研修会や団体系の仕事には

積極的に顔を出しますが、現場レベルのものには顔を出したがらない傾向になります。

現場で最前線でやっても、肩書きは作れないからです。

たまに、現場の仕事をやることはあっても陣頭指揮を執ってやりたがないものです。

なので、肩書きがお好きな方の仕事現場を見に行くと、後輩から無視されてたり、

現場で浮いてたりするケースがあります。


それに反し、

話しが堪能な方、本物の有能人、大学や有名処でご活躍されてる方というのは、

名刺や肩書きが

『シンプル』です。

これは決まって共通してることです。

本物志向は、

≪肩書きにこだわらない≫ということ。

それよりも、

こういうことをして活動してます、研究してますと

『中身』を重視してます。

講演内容や名刺交換の中での会話が、とても≪情熱的≫で≪魅力的≫な

ものであれば、

オーディエンスは好んで顔も名前も憶えてくれます。

それだけじゃない、その人のファンになり、友人や先輩・後輩を紹介して

くれるので、≪肩書き作成活動≫をしなくても

自然と人が寄ってきて、人の輪ができるのです。


そして、

この≪人の輪≫を作ることが大切なのです。

わたしたちは、決して威張るために仕事し、

肩書きを持っているわけではないってことです。

≪有名人≫になる努力ではなく、【有能人】になる姿勢が必要なんです。


現場レベルでの仕事を小ばかにしてはいけませんよーってこと。

それが「肩書き大好き自称有名人」に特に多いってこと。


大きい肩書きに惑わされないこと。

この人は、何に励んでいるんだろうか?

どんな実績を挙げ続けているんだろうか?

どこにみんな魅力を感じているんだろうか?

と、自分の目できちんと、

外側ではなく、≪人を見る≫ってことが大切ですよ。


では、またよろしこー(・ω・)ノ”
ファン
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
(06/10)薬剤師さんの薬歴簿に必要な『ALCOA原則』の適用について考えてみたよー
(06/03)薬剤師さんがネガティブに巻き込まれないための対処について考えてみたよー
(04/29)薬剤師さんで成功する人と成功しない人の差について考えてみたよー
(04/23)薬剤師さんの仕事環境の整理について考えてみたよー
(04/10)薬剤師さんのための『人生の最終段階における医療』について考えてみたよー
(03/27)薬剤師さんが集団から群を抜いて成果を出す医療機関との関わり方〜続編〜について考えてみたよー
(03/17)薬剤師さんが集団から群を抜いて成果を出す医療機関との関わり方について考えてみたよー
(03/10)薬剤師さんのチャンスを生かし成果を生む方法について考えてみたよー
(03/06)薬剤師さんの働く動機について考えてみたよー
(03/01)薬剤師さんの肩書きについて考えてみたよー
(02/25)薬剤師さんの『機会を捉える』について考えてみたよー
(02/15)薬剤師さんの薬歴未記入問題について考えてみたよー
(02/14)薬剤師さんの薬歴未記入問題について考えてみたよー
(02/13)薬剤師さんの薬歴未記載問題について考えてみたよー
(08/27)薬剤師さんの佐世保事件からみる『共有』について考えてみたよー
(08/26)薬剤師さんの問題を放置しない習慣について考えてみたよー
(08/25)薬剤師さんの身につけてほしい真の継続力について考えてみたよー
(08/24)薬剤師さんの問題に向き合う姿勢について考えてみたよー
(08/23)薬剤師さんのコンビニ企業が進める介護事業について考えてみたよー
(08/22)薬剤師さんのここを見れば分かる病院の奥にある意外な姿について考えてみたよー
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
薬局(52)
月別アーカイブ
プロフィール
くあんたむさんの画像
くあんたむ
ブログ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。