広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年03月12日

羽根田卓也 part.96

takuyahanedastandard.jpg


Standard愛知 Vol.12 2016年5・6月号


aichi.jpg


リオデジャネイロ五輪・パラ特集で
愛知にルーツを持つアスリートを紹介。
その中にハネタクも登場。


高校時代のハードなトレーニングこそ
僕の”心の柱”です



北京14位、ロンドン7位入賞と過去2度の五輪で着実に成績を
上げてきた羽根田卓也。昨年行われたリオデジャネイロのテスト大会で
銀メダルを獲得し、五輪でのメダル獲得が現実味を帯びてきた。



幼い頃から器械体操に取り組んでいた羽根田がカヌーに転向したのは
小学校3年の時。カヌー選手の父と兄に誘われ
「最初は川遊びの延長で楽しかったのが、真剣に練習するようになって
嫌になりました」と言うが、それでも徐々にカヌーに没頭するようになっていった。


カヌー部のある杜若高校に進学後は、毎朝6時に家を出て1時間のトレーニング。
帰宅するのは午後9時過ぎというカヌー漬けの毎日を送っていた。

羽根田自身も当時の事を「家に帰っても食べて寝るだけでハードだったけど、
同級生や先輩、後輩とお互いに刺激し合いながら練習するのは楽しかった。
トレーニングの内容も全部自己流だったけど、がむしゃらにカヌーに没頭した
高校での経験が今でも自分の中で大きな心の柱になっている」と話す。


高校卒業後は、より高いレベルで世界と戦うことを目指して
単身スロバキアに渡った。
カヌースラロームのトップレベルの大会は激しい流れの人工コースで
行われるが、日本にはその世界のスタンダードとも言える人工コースがない。

「人工コースで練習していない日本人が世界で戦うのは、キャッチボールしか
したことがない野球少年が大リーグに挑戦するようなもの」
というほど
環境面で圧倒的な差のあるヨーロッパで世界の強豪選手と
練習を共にすることで、少しずつ才能を開花させていった。


出場した2度の五輪を「北京の時は世界と戦う力が全く備わっていなかった。
ロンドンでは、スロバキアでの生活、練習にも慣れ、世界と戦う準備ができた、
と感じた。入賞という結果だけではなく、タイムもトップタイムに近いタイムが
出るようになり、自信になった大会だった」と振り返る。


そしていよいよ迎える3度目の五輪。
「流れに乗る技術や難コースを攻略する力は世界のトップレベルにも
引けを取らない自信がある。以前は色々と考えすぎてしまうことがあったが、
今は練習でもレースでもシンプルに考えて、レースに集中できている」と
メンタル面での成長に手ごたえを感じている。
「必ずメダルを獲って帰りたい」
力強く抱負を語った羽根田のレースに注目したい。



リオ五輪前のインタビューでしたが、特に目新しいものはありませんでした。
太字の部分が、リオ五輪後のTIME is LIFE〜トキメキの時〜で
「例えば野球選手が壁当てだけでメジャーリーグへ行くようなもの。」と
少し表現が変わったくらいでしょうか?

五輪前にメダルを獲りたいと宣言していたんですね。
本人には自信があったのでしょう。
有言実行、かっこいいです。


このStandard愛知、なかなか豪華な顔ぶれです。
レスリング吉田さほりん、登坂選手、川井選手、土性選手。
そしてハネタクのお隣のページは卓球の吉村真晴選手。


吉村選手のインスタより。


takuya&maharu.jpg


吉村選手のコメントが興味深いです。


非常に魅力を感じる男。
カヌースラロームの羽根田卓也選手。
言葉の1つ1つに深さを感じる。
なんだろうか。
なんか…
エロい。

でも、嫌いじゃない。


なんか、エロい。
これすごくよくわかります。

日本にずっといる男性には醸し出せないエロス。
海外でいろんな経験をしたからこそ醸し出せる男のフェロモン。

ハネタクのように普段は口数が少なく、感情を表に出さない男性って
すごくミステリアス。(ただしイケメンに限ります。)

何を考えているのか、どういう人なのか知りたいと思ったら最後、
ハネタク沼という底なしに沼にはまってしまいます。

こちらが好意をさりげなく示し、チラチラアイコンタクト。
そして時々無言で意味ありげにじっと見つめられるともうダメ。
我慢できずにこちらから攻め込む。

結果、終始相手のペースで事が運び、こちらは振り回される羽目に。
惚れてきたのは向こうだからと、自分の道を突き進む。
ひたすら後ろをついて行ってこちらが疲れ果ててしまう。

そしてこちらの感情が爆発して禁断の一言。
「私とカヌー、どっちが大事なの?」
『カヌー。好きって言ってきたのはそっちだし。』

ハネタク、おそろしい子・・・・
(アラフォーの勝手な想像ですのであしからず。)


リオ五輪前の記事を載せたので、壮行会の模様を。





県知事や豊田市長など錚々たる顔ぶれ。
ハネタクこういう場数を踏んでいるから、テレビでもコメント上手ですよね。
一瞬で相手の望むような返答をするので、テレビ向きなのでしょう。


takuyaparty.jpg


精悍な顔つきでかっこいいです。
でもネクタイが・・・・・
(爺さん、小姑すぎじゃないの?)



ミランがインスタを更新。
ハネタク今回はサングラスを頭にずらしてます。
こんなに眩しいビーチなのに、何でサングラスをかけないんでしょうか?
不思議ですね?


takuyaonthebeach.jpg









posted by pelo1000 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | イケメン

2017年03月11日

羽根田卓也 part.95

takuyahanedavivid0.jpg


ハネタク出場のカヌー全日本選手権、抽選制プラチナチケットに



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000018-sph-spo


4月9日に富山・井田川競技場で行われるカヌーの全日本選手権が
初めて有料になることが、9日までに分かった。


リオ五輪カヌー・スラローム男子カナディアンシングルで
アジア人初の銅メダルを獲得した羽根田卓也(29)=ミキハウス=の効果で
人気が急上昇。日本連盟に問い合わせが多く寄せられたことで、
抽選制によるチケット販売を決めた。


今年で40回目を迎えるカヌー全日本選手権。これまでは無料だったが“
ハネタク”の愛称で呼ばれるイケメンアスリートの注目度が上がり、
状況が一変した。ただし安全上の理由から、希望者全員を観戦させる訳にもいかない。


大会は山間地域の谷川の激流で開催される。観客の安全面を考慮し、
観戦エリアはゴール付近のみに限定。入場者数を約100人に制限した。
観戦希望者の要望もかなえつつ、大会運営にも万全を期す構えだ。
チケットは1人3000円(未就学児は無料)。わずか100枚とあって、
争奪戦必至のプレミアチケットになりそうだ。


大会13連覇がかかる羽根田はスポーツ報知の取材に
「リオの熱があるうちに、お客さんを迎えて開催できるのはすごくうれしい。
カヌーの魅力を生で感じてほしいですね」と語った。



多くの人は、たった100人って驚いたことでしょう。
ハネタク熱が高まり、ようやく間近でカヌーを漕いでいる
ハネタクを見ることができると楽しみにしていたのにって。


井田川競技場

idagawa1.jpg


idagawa2.jpg


画像を見ると仕方がないのかなと思います。
こういった山奥の狭い場所に大挙したら、
競技の進行に支障をきたす可能性があります。

安全面からもゴール付近のみが観戦エリアというのも妥当かと。
生タクを見て興奮して駆け出すファンもいるかもしれないので。
ゴツゴツの岩がゴロゴロしているので、
下手すると事故の可能性もありますし。

日本選手権は、ハネタクだけではなくて、
参加選手にとっても非常に大事な大会。
選手全員がベストのコンディションで臨める環境であってほしいです。



こうなってくると、人工コースの完成がすごく待ち遠しいです。
ただ、人工コースが出来たら出来たでまた別の問題が発生するとは思いますが。
(維持費や水質汚染の問題など。)


せっかくカヌー熱が高まってきたのに、
受け入れ態勢が整っていないというのは非常に残念です。


たった100枚のチケット。
どのくらいの倍率なんでしょうか?



カヌー羽根田、20年東京五輪を見据え拠点を日本に


http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170309-OHT1T50017.html


昨夏のリオ五輪カヌー・スラローム男子カナディアンシングル銅メダルの
羽根田卓也(29)=ミキハウス=が8日、都内で2020年の東京五輪開催を見据え、
日本に拠点を移す考えを示唆した。

日本オリンピック委員会とスロバキア・オリンピック委員会のパートナーシップ協定調印式に出席。
「日本の空気に慣れるという意味でも(日本に)拠点を移すのはあるかも」と明かした。


愛知・杜若(とじゃく)高卒業後、カヌー大国・スロバキアで競技に励んだ。
昨夏、同国のコメンスキー大学大学院を卒業。
「今年の冬は初めて丸々日本で過ごした」という。
東京五輪の競技コース完成を待って、日本に戻る考えもある。


来月9日からは13連覇がかかる日本選手権(富山・井田川カヌー競技場)に出場。
「表彰台はノルマ。貪欲に優勝を狙いたい」と意気込んだ。



タイトルだけ見ると、今すぐ日本を拠点にするのかと勘違いしそうですが、
東京五輪の人工コースが完成してからなので、まだ先の話。

完成予定が2019年の6月頃。
ハネタクもよく言ってますが、地の利が働く競技なので、
その頃には帰国して、他国の選手より先に練習すると思います。

コースについても、リオのコースと同じように
ハネタクが得意なテクニックが必要なコースを造るようですね。
ミランもコースについて進言したそうですから。

リオのコースはチェコ工科大学の設計でしたが、
風の噂では東京も・・・・・


ハネタクが日本を拠点としたら、当然ミランも日本に来るわけで。
まさか同棲!?
peloの心配は尽きません。
(爺さんその頃ヨボヨボになってそう。つうかその頃もタクヤファーストなの?あやしい。)



ハネタクがメダル獲得後に出演したビビット




真矢みきねえ、いきなりカヌースロラームと言い間違えてました。(カットしましたが)
メダル獲得後でまだアドレナリンドバドバ状態なのに、
喋り方はとってもソフト。

国分くんやみきねえ、テリーの質問にも的確な答え。
特にテリーはこの番組でハネタクを絶賛。
そしてのちのTIME is LIFE〜トキメキの時〜の共演に繋がっていきます。

peloの好きな井上アナも出演。
番組でハネタクをノーマークだったことを謝罪していました。
(監督メシはよく注目していましたよね。)


ハネタクの紹介が終わったあと、
カヤックの矢澤選手の紹介もあったのですが、割愛しました。

ハネタクとも仲がいい矢澤選手。現役の僧侶という異色の経歴。
リオ五輪前はその経歴からハネタクよりも取材の数は多かったのではないでしょうか?
矢澤選手の妹、亜季さんもカヌー選手です。


矢澤選手のインスタより。


yazawayagitakuya.jpg



真ん中の女性は八木愛莉選手。
4月からスロバキアに定住することが決まりました。
ハネタクと同じカヌースラロームの選手。

先月末にタイで行われたアジア選手権では4位。
女子のカヌースラロームは次回の東京五輪から公式種目になります。

それを見据えてのスロバキア移住。
八木選手はこれまでに何度もスロバキアにホームステイしているので、
生活の心配もなさそうです。
爽やかな見た目で男性ファンも多くできそうな感じですね。

2020年に向けて、ハネタクのみならず、
日本選手の全体的なレベルアップを期待しています。
posted by pelo1000 at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | イケメン

2017年03月10日

羽根田卓也 part.94

takuyahanedatrendy0.jpg


part.91で書いた日経トレンディの取材、ようやく掲載されました。


リオ五輪カヌー銅 羽根田卓也が世界との差を感じた夏



http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/030100644/


2016年のリオデジャネイロ五輪、カヌースラローム男子で見事銅メダリストとなった
“ハネタク”こと羽根田卓也選手。オリンピック前は知名度が低かった競技だが、
彼の登場で一躍脚光を浴び、スロバキアを拠点に活動を続ける
羽根田選手のスタイルにも注目が集まった。

もちろん、飄々とした佇まいとチャーミングな笑顔も大きな魅力だが、
マイナー競技で、しかも異国の地で、ひとりで戦うのは並大抵のことではない。
彼がどんな意志でカヌーを続け、努力してきたのか。
そして、2020年の東京オリンピックに向けての思いとは──。


takuyahanedatrendy1.jpg



ぶっつけ本番で臨機応変に対応する「スラローム」


羽根田選手: 一番の大きな変化は、僕自身というより、カヌー競技そのものの認知度が大きく上がったことです。
テレビのバラエティー番組も多くの人にカヌー競技を知ってもらえる機会です。
例えば柔道選手が出演しなくても、競技の認知度に大きな影響はないでしょうが、
カヌーは、僕が出るか出ないかで、世間の反応が違うマイナー競技ですから。


丁野: 羽根田さんのご活躍で、競技としてのカヌーを知った方もいらっしゃると思うので、
改めて教えていただきたいのですが、羽根田さんがメダルを取られた
「カヌースラローム男子カナディアンシングル」は、どういった種目なんですか?

羽根田選手: まず、カヌーには大きく分けて「カヤック」と「カナディアン」の2部門があります。
「カヤック」では足を伸ばした長座の姿勢で座り、両端にブレード(水かき)が付いたパドルで
進みますが、「カナディアン」で使用するパドルのブレードは片側のみ。
座り方もカヤックとは異なり、正座です。そして、僕がやっている「スラローム」という種目は、
流れの速いコースにいくつも吊るされたゲートを通過する技術と、所要時間の両方を競い合うものです。


takuyahanedatrendy2.jpg


丁野: あのゲートは不規則に吊るされているようですが、
試合の何日前に設置されるものなんですか?

羽根田選手: 前日です。試合本番のゲートの位置では練習できないんです。
前日に自分の目で確認して「こういう風に通ろう」とイメージして、
あとは当日のぶっつけ本番。イメージ通りに行かないほうが多いですよ。
風が吹いてゲートの位置が少し揺れるだけでもライン取りは大きく違ってきますし。
とにかく、いかに臨機応変に反応していくかが勝負ですね。


「このままでは戦えない」と痛感した高校3年の夏


丁野: 羽根田選手はお父様がカヌー選手でいらして、10歳でカヌーを始められたんですよね?

羽根田選手: でも、最初はイヤイヤでした(苦笑)。友達と遊べなくなるし、
冬のカヌーは寒くてつらいし。とにかく一番は、激流が怖かったことです。
中学生くらいから恐怖心が消えて、純粋に楽しめるようになりました。
怖さを克服してからは、激流が魅力に変わり、より自分から激しい流れを求めるようになりましたね。


takuyahanedatrendy3.jpg


丁野: 高校卒業後は、単身スロバキアに渡られました。
拠点を移すことへの怖さや不安はありませんでしたか?

羽根田選手: そのまま日本にいてしまう怖さや不安のほうが大きかったです。
きっかけとなったのが高校3年のときのジュニア世界大会でした。
予選は1位で通過したのに、結果は6位。自分の中で手応えを感じながら、
表彰台を逃したことがとても悔しかったです。高校卒業後は、
本当の世界のトップ選手たちと戦わなくてはならない。
でも、このままでは難しいと痛感し、遠征先から父に「ヨーロッパで訓練させてほしい」と
手紙を書きました。6位とはいえ、日本人が一桁の順位に入ることが異常事態でしたから、
父も「行って来い」と言ってくれたのだと思います。


丁野: なぜスロバキアだったのですか?

羽根田選手: カヌースラロームの人工コースがありますし、
ヨーロッパからたくさんの選手が練習に来ます。そもそもスロバキアは、
スラロームの歴史が古く、人工コースも世界でも早い段階で造られた国なんです。
人工コースにおけるトレーニング方法なども培われてきましたし、
世界的に強い選手がたくさんいて、国のサポートも手厚い。
環境面では日本と大きく違いますね。

丁野: 人工コースがあると、強くなるものなのですか。

羽根田選手: スラロームという種目は、一定の条件の水量や流れの速さが
求められるので、本番は人工コースで行われます。
普段から人工コースで練習しているほうが圧倒的に有利ですね。


丁野: スロバキアに渡られて10年が経ちますが、言葉の壁などさまざまな
壁があったと思います。何が一番大変でした?

羽根田選手: 最初の1〜2週間は、すごくさみしい思いをしたのを覚えていますね。
でも、すぐ慣れました。

丁野: たった1〜2週間で?(笑)

羽根田選手: はい(笑)。図太さもありますし、何より目標を持って
スロバキアに行かせてもらっている立場ですから、何でも我慢してやろうという感じでしたね。
その年の夏に開催されたワールドカップで8位に入って、
来た甲斐があったなあと思いました。
日本人が決勝に出るなんてそれまでは考えられなかったことでした。


千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす


takuyahanedatrendy4.jpg


丁野: スロバキアでの毎日の過ごし方はどんな感じなんでしょうか?

羽根田選手: 朝起きて9時半頃からトレーニングを始め、1時間半カヌーを漕いで、
お昼休憩。午後は14時半〜15時頃から練習を再開し、また1時間半くらい
カヌーを漕いで、そのあと陸トレ1時間くらいです。

丁野: カヌーに乗るのは1日3時間程度なんですね。
カヌー競技では、どこの筋肉を鍛えるのが正解なんですか?

羽根田選手: 上半身全部必要ですね。スラロームという種目は、
ブレードが片方にしかないうえ、正座のために座高が高くなるので、
バランスが重要。お腹周りなどの体幹がしっかりしていることが大切です。
また、腰の柔軟性がないと怪我につながります。さらに推進力を生むのが腕や背中の筋肉です。


丁野: オフの日はどのように過ごされているんでしょうか?

羽根田選手: オフはしっかり体を休める日と決めています。
サウナやマッサージに行ったら終わりですね。あとは家の中でゆっくり掃除をしたり、
音楽を聴いたり、本を読んだり。ハイキングに行ったり深夜まで飲んだり、
翌日の練習にも影響するようなことはしませんね(笑)。

丁野: どんな本を読んでいらっしゃるんですか?

羽根田選手: 歴史小説ですね。子どものころから日本文化が好きで、
仏様の名前を覚えたり、お経を読んだり(笑)。今は、日本に来るたびに歴史小説などを
持ち帰っています。特に好きなのは司馬遼太郎さんの『燃えよ剣』。
僕、寡黙で仕事一筋みたいな人がすごく好きなんです。
この本の土方さんは、隊士にも嫌われ、いろんな人に嫌われながらも、
とにかく「新撰組を強化する」という目標に向かって、仕事や美学を追求する。
その生き方がすごくかっこいいなと思いました。

丁野: 好きな言葉も、歴史上の人物の言葉でしょうか?

羽根田選手: 宮本武蔵さんの「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす」
という言葉ですね。千日、万日積み重ねて、やっとひとつの鍛錬になるという。
僕は「目標に向かうときに近道はない、日頃の積み重ねこそが一番の近道だ」と
常に考えているので、宮本武蔵さんのこの言葉を支えにしています。



インタビューの内容自体は目新しいものはありませんでした。
青文字の部分は、スマスポでも同じようなことを語っていました。
peloはハネタクのこの発言に違和感あり。
誤解を招く恐れがあるような気がするのです。


僕、寡黙で仕事一筋みたいな人がすごく好きなんです。

ハネタク、職人気質の人が好きなんですね。
peloも仕事一筋のクールビューティーです。
(爺さんまた馬鹿言ってる。鏡見たら?)


takuyahanedatrendy5.jpg


ハネタク、また脱いだんですね。
でもこの画像は想像を掻き立てられます。
両手で壁ドン、真顔で俺だけ見てればいいんだよ!
失神しますね、絶対。
セクシー過ぎてウブな大和撫子のpeloには刺激が強いです。(うざっ)



ミランとハネタク、原宿にいたんですね。
ミランが最近インスタを頻繁にupしてくれるのでありがたいです。
しかもライブ配信まで。空港からでした。

Šťastnú cestu!


milanharajuku.jpg




ハネタクがメダル獲得した翌日の8月10日には、
様々な番組がハネタクのことを取り上げていました。


みんなのニュースにハネタク兄が出演。




ハネ兄も感動で目が潤んでいます。

ハネタクがどれだけスロバキアで苦労してきたかを
よく知っている今、改めて見ると、感動が倍増します。

号泣しながらもガッツポーズしているのは、
キリトルTVで紹介されていましたね。
カメラマンが何度もガッツポーズをおねだりする無茶ぶり。


高校時代のハネタク。チャラタクだけどかわいいです。


takuyahigischool1.jpg


takuyahigischool2.jpg


takuyario.jpg


僕が練習拠点にしている、ヨーロッパのスロバキアは・・・・
スロバキアが欧州にあるのは誰でも知っていますよね?
peloには馴染みのあるスロバキアですが、
世間一般の認知度はどんなものなのでしょうか?


ハネ兄がハネタクに送ったLINEの内容がいいね!

おめでとう!!
最高の弟よ!

これだけの文面で仲の良さがわかります。


ハネグランマのインタビューはなかなかお目にかかれないのでは?


ハネ兄のインスタより。


takuyabrother.jpg


ハネタク も好きなジェラートピケゲットというコメント。

ジェラピケにメンズがあったのは知りませんでした。
しかもハネタクが好きだなんて。
フワフワモコモコを着ているハネタクの姿が想像できません。


takuyahanedaanan.jpg



そういえばハネタクが良く着ている↑
素材はジェラピケっぽいですが、どうなんでしょうか?



posted by pelo1000 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | イケメン

2017年03月09日

羽根田卓也 part.93

takuyahanedarikyu.jpg


takuyarikyu.jpg


ミランがインスタのストーリーをup。
(最近ミランがハッスル<死語>してて嬉しいです。)
浜離宮でハネタクとラヴラヴ2ショット。
(ラヴラヴというよりは、長年連れ添ってきた夫婦が醸し出す雰囲気。)
ハネタクいつも以上にお疲れ顔。
でもやっと会えたね。(辻仁成風味)


その数時間後ハネタクがインスタをup。
日本オリンピック委員会・スロバキア委員会パートナーシップ締結調印式。

takuyahanedaslojapan.jpg


早速ニュースにもなっていましたね。

リオ五輪銅メダルの羽根田卓也がスロバキアに感謝「架け橋になれたらいい」/カヌー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000570-sanspo-spo


日本オリンピック委員会とスロバキアオリンピック委員会が8日、
東京都内でパートナーシップ協定を結び、スロバキアを活動拠点とし、
リオデジャネイロ五輪のカヌー・スラローム男子カナディアンシングルで
銅メダルを獲得した「ハネタク」こと羽根田卓也(29)=ミキハウス=が調印式に出席した。


同国での競技生活は11年目を迎えた羽根田は
「リオで銅メダルを取ることができて、スロバキアには感謝している。
(今後は両国の)架け橋になれたらいい」と喜びを口にした。


新潟県内でクロスカントリーによるトレーニングに励むなど、
今冬は拠点を移してから初めて日本で練習を重ねた。
東京五輪での2大会連続の表彰台に向けて、
日本にいるからこそ生まれるプレッシャーもある。日本の空気に慣れたい」と明かした。


4月に行われるスラロームの日本選手権(富山)で13連覇に挑む。



ハネタク、髪伸びるのが早いような気がします。
髪が伸びるのが早い人はチョメチョメ。
peloも早いです!?


ハネタク、インスタのストーリーもup。大サービス。
浜離Qですって。


takuyariq.jpg


若かりし頃、素敵な男性とデートしたことを思い出しました。
浜離Qの御茶屋でお抹茶を飲みながら休憩。
20代のpeloには、こういった大人のデートが新鮮でもありました。
(爺さんの自分語りもほどほどにね。)




昨年9月24日放送の「ジョブチューン リオ五輪メダリストSP」


takuyahanedajob0.jpg


あらゆる番組で聞かれるメダルを獲るとモテる?
この質問に何の意味があるのでしょうか?
サービス精神旺盛なハネタクは最初のうちはノリノリで返していたのですが、
度重なる質問に、


takuyahanedaiya.jpg





何が正解かもわからないし、誰得な質問だと思います。


takuyahanedajob1.jpg


悪タク全開。なんて悪いお顔なんでしょう。
pelo母さんはこんな子に育てた覚えはないですよ?


takuyahanedajob2.jpg


ハネタクの文字って何だか趣がありますね。独特の味が。、


takuyahanedajob3.jpg


カヌースラロームでは審判が30人以上いる。
これは初耳でした。
ビデオ判定するにも5000円支払わないといけないとか。
最近、カヌー競技のことを勉強中のpelo。
ハネタクのおかげで知識が広がっていきます。

(30人以上います!だけ見たらあれこれ想像しちゃいますよね。)


ブラジルのワニがわんさかいる川で大会が開かれたなど
興味深い話が多かったです。

ハネタクが楽しそうで何よりでした。



昨年9月4日放送の中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!


takuahanedagogai.jpg





「五輪では毎回15万個。リオでは45万個。」
話を振られていないのにしゃべり出すぶっこみマーサ。


ハネタク、ガチャガチャを回す音が大きくて響いたと別のインタビューで答えてました。




Smiem sa vás opýtať ?
Použili ste prezervativy?



takumouthtape.jpg


お答えできない。
そりゃそうだ。

posted by pelo1000 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | イケメン

2017年03月08日

羽根田卓也 part.92

HANETAKU0.jpg



『マツコ&有吉の怒り新党』が終了するとのこと。
”ハネタク”の名付け親の番組が終わってしまうのは寂しいです。


この番組でハネタクが紹介されたのは、リオ五輪前の6月。
39歳の会社員からの投稿。
(投稿者はハネ兄の先輩だったようですね。)


私は「オリンピックでメダルをとれる競技の選手」の友達です。
競技は「カヌースラロームカナディアンシングル」
名前は「羽根田卓也」です。

アジアで金メダルもとっています。
こんなにメダルに近い選手なのに、どこも彼を取り上げないことに
怒りを感じています。
まあまあイケメンですし、もっとメディアは食いつくべきです!

この投稿をスルーするとリオのあと後悔すると思います。



有吉「後悔はぜってぇしねぇけど。」
マツコ「これはちなみになりすましで御本人からじゃないわよね?」


何とも酷い言われよう。
リオ五輪前で知名度もあまりなかったので仕方がないのですが。


青山アナがハネタクの経歴を紹介。


HANETAKU1.jpg


HANETAKU2.jpg


HANETAKU3.jpg


ちなみにプレ大会優勝のイギリスのデヴィッド・フローレンス選手は、
リオ五輪では10位。
ただし、C2(カナディアン・ペア)では見事に銀メダルを獲得。
プレ大会3位のカナダのキャメロン・スメッドリー選手はまさかの予選落ちでした。



カヌーのルールを紹介。

HANETAKU4.jpg


HANETAKU5.jpg


有吉「めちゃめちゃ面白いじゃん。ゲーム性高い。」


HANETAKU6.jpg


ハネタクが誕生した瞬間です。


マツコ「ハネタクすごいじゃない。かわいい。
     もっとなんで早く気付かなかったんだろう。」


そして、メダル獲得後の9月の放送。


HANETAKU7.jpg


HANETAKU8.jpg


マツコ「あんたの涙が1番だったって。」


HANETAKU9.jpg


マツコ「これ今まで触らせてもらったメダルで1番重い。」
有吉「俺この前原沢さんの銀メダル触らせてもらったから。」

メダル本体には触れない有吉。アスリートをリスペクトしていることがわかります。


HANETAKU11.jpg


マツコぶっこんできます。


HANETAKU12.jpg


ハネタクがイケメン、かっこいいと言われて謙遜しないのは、
海外生活が長いからだと思います。
外国人は謙遜するということがあまりなく、
誉められるとありがとうと返すことが多いです。


そしてハネタクと一緒に6月の放送を振り返り。


HANETAKU14.jpg


HANETAKU15.jpg


笑ってごまかす有吉&マツコ。ハネタクも苦笑い。


HANETAKU16.jpg


HANETAKU17.jpg


HANETAKU18.jpg


HANETAKU19.jpg


HANETAKU20.jpg


スポンサー交渉はことごとく失敗。
ようやく名乗りを上げてくれたのが、現在所属するミキハウスだった。


(オリンピックのレースの振り返り)


マツコ「どうだった」

ハネタク「ゴールして正直いけるとは思っていなかったので、
      タイム差があって、それでまさか3位に入るとは思ってなくて、
      スロバキアへ渡っていろんな思い出があったりしての3位だったので、
      わーいやったってガッツポーズはできなかったんですよね。
      それでいろんな思いが胸からこみ上げて来て。」

マツコ「泣いているの見てどうなのよ、自分で。」


HANETAKU10.jpg


ハネタクのぶっこみにスタジオ大爆笑。


マツコ「アタシ帰国してから気が付いたのよ。
    この人調子いいのよ。


ボディータッチするマツコ(いつもならもっとガッツリ触るのですがわりと控えめ。)


HANETAKU21.jpg


2020年に向けて

「2020年は僕の競技年齢的にも1番のピークなので、これからもレベルアップできると
自分でも思っているので、東京オリンピックでは必ず金メダルを獲るように頑張ります。」


マツコ「必ず金メダルとか言わないでいいんだよ、あんた。」
(こういう所がマツコが長くテレビに出続けられる所以なんでしょうね。)


有吉の白々しい言葉に、言うよね〜するハネタク。


HANETAKU22.jpg


マツコ「あれはあんたに過度なプレッシャーをかけないように、
    わざとああいう言い方をしていたんだよ。」


HANETAKU23.jpg



マツコ&有吉にも臆することなくぶっこむハネタク。
バラエティ対応力と勘の良さがずば抜けています。

テレビ局が挙ってハネタクに出演オファーをするのも納得です。

マツコとはこの番組以降、からみがないような気が。
今度のオフシーズンにマツコの知らない世界で共演はいかがでしょうか?
カヌー競技についてもっと知りたいと思っている人が多いと思うので。

マツコがハネタクと命名しなかったら、ここまでフィーバーにならなかったかもしれません。


今振り返るとなかなか感慨深いものがあります。







    






posted by pelo1000 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | イケメン

2017年03月07日

羽根田卓也 part.91

FBにオーストラリアの合宿の写真を追加してくれました。


Takuya Haneda sydney1.jpg


takuyahanedasydney3.jpg


takuyahanedasydney2.jpg


やっぱりお顔をはっきり見せてはくれないのですね。
でも昨夜ミランがギタークヤをupしてくれたので大丈夫です。


回顧しませう。
昨年8月28日放送のサンデースポーツ。






ハネタク、水泳の坂井くん、陸上の飯塚くん、山縣くん、卓球の水谷くん、
そして伊調アニキ。
何とも豪華な顔ぶれ。


いくつかのテーマに沿って進行。

<勝負パンツ>

いきなりのお約束ネタ。
水谷選手が試合中ノーパンだというのは有名ですね。
ポロリンチョしないか見ている方がハラハラするというのも。

peloの好きな聖人くんは赤の勝負パンツ。(阿部ひふみんもそうでしたね。)
一橋アナ「今日はちなみに?」
聖人「ブルーです。」
一橋アナ、さらっとセクハラ発言。(嬉しいですけどね)


<絶対王者>
伊調アニキ、準決勝の前にコーチに怒られ、泣いたと。
アニキでも泣くことがあるんですね。


takuyasunday1.jpg


ハネタクからアニキへ質問。
「これだけ勝ち続けていると油断とか驕りとか生まれないのか?」


絶対王者のボルトに挑戦した日本陸上選手。
あの時の興奮が蘇ります。


<スゴ技>

masato.jpg


あらあら、いきなり聖人くんの綺麗な裸。ハネタクもうぉ〜って言ってます。
広背筋がボコッと出せる聖人。


masato2.jpg



「こんなに可動域のある肩甲骨は見たことがないです。」とハネタク。
心の中では俺も脱ぎたかったなぁ、腸腰筋いじってほしかったなぁと思ってたりして。


<武者修行>

やっとここでハネタクのパート。


takuyamilanslo.jpg


映像は監督メシの使い回しですね。
「日本とは比べものにならない環境の差。
 つらいと思ったことはあったけど、日本へ帰りたいと思ったことはない。」

「これだけカヌーに人生をかけてしまうと、
成功するしか道はないので、そういうプレッシャーは常にあった。」


takuyacrying.jpg


自分の男泣きを見て恥ずかしいです。
(別の番組ではもっと涙出ないかなっておっしゃってました。この頃はまだウブだったんですね。)


<富士山>

表彰台からの景色は富士山より高かった。by水谷選手。
静岡出身、あとで気付いたけどこの日は山の日でもあったそう。


<2020>

takuyasunday8.jpg


「2020年に向けて、佇まいをお手本にしたい選手が今回見つかって、
伊調さんなんですけど、すごい自然体で飾らなくて尚且つ強そうっていう、
本当に強い人にしか出せない佇まいを纏っているので、
ずっと見ていて、佇まいってこれから磨いていくよりはこれから勝利を重ねて、
磨かれていけばいいなあと。
伊調さん目指して頑張りたいと思います。」


ハネタク心から伊調アニキの事をリスペクトしています。
ミラン、室伏さん、伊調さん。
ハネタク、アニキ好きですよね。

恐縮ですと照れるアニキがかっこよかったです。


この頃ってまだハネタクがテレビ慣れしていないのですが、
peloはウブタクが好きです。
これがもう少しするとチャラタク、ワルタクに変身してしまいます。


なので、最近では帰国直後の番組をよく見ています。
(昔を懐かしむってジジイになった証拠だよ。)



日経トレンディがハネタクに取材をしたようです。

羽根田卓也 普段の練習が一番のメンタルトレーニング




2017/03/05 に公開

羽根田卓也選手 取材後記
この動画に関連する記事が日経トレンディネットでご覧になれます。


検索してみたのですが、発見できませんでした。(もう少し時間がかかるのかも)
取材をした女性、ハネタクの事をべた誉めしてます。
人たらしタクヤ。
恐ろしい子・・・


takuzaikei.jpg




posted by pelo1000 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | イケメン

2017年03月06日

羽根田卓也 part.90

記念すべきハネタクネタ90回目!
100回が見えてきました。
ここまで来てもハネタク熱が冷めない自分にびっくり。


takuyahanedaplays.jpg


前回のミランネタを書いた後に、激しい頭痛。
peloの本能が拒否反応を示したようです。


しかもハネタクのインスタのビーチの画像のコメント欄が
少しざわついており、それ以降ハネタクの更新が滞っていて、
peloは小さな胸を痛めておりました。


そんな中で、ミランがやってくれました。




https://www.instagram.com/p/BRQVu9ZApGf/


テラスで月光に照らされて一人ギターを弾くハネタク。
リラックスしています。


この映像を見た時に、何だかウルッとしてしまいました。
スロバキアでもきっとこんな風な感じなんだろうなと思って。


peloも中欧に5年住んでいました。
旧市街のリバーサイドのアパートで、
夏前になると、テラスでキャンドルを焚いて、
カクテルを飲みながら、ライトアップされたリバーサイドを行き交う人々を
ぼんやりと眺めては物思いにふけっていました。
あの時の空気感は今でも脳裏に焼き付いています。


リオ五輪後、一気に注目をされて、どこかで窮屈な思いをしていたのかもしれません。
サービス精神豊富なハネタクの言動が、
いつしか誤解を生んでいたのかもしれません。


ミランがこっそり撮影した映像を見ていると、
ハネタクはやはり海外の方がリラックスできるのかもしれません。
本来の自分に戻れるというのでしょうか。


合宿にはミランは来ているはずなのに、
今まで気配を感じなかったのでどうしているのかなと思っていましたが、
さすがです。


やはりハネタクとミランの絆は固いです。
Super! ミラン。


アナザースカイで部屋にギターがあったので、
ハネタクが弾くのか疑問に思っていましたが、謎が解けました。


takuyaguitar.jpg


余談ですが、夜、ギターと言えば、この曲が浮かんできます。





  街のどこかに 淋しがり屋がひとり
  いまにも泣きそうに ギターを弾いている
  


  空をごらんよ 淋しがり屋の星が
  なみだの尾をひいて どこかへ旅に発つ


  そっとしときよ みんな孤独でつらい
  黙って夜明けまで ギターを弾こうよ





スロバキア語もまだまだ未熟なのに、
スロバキア語のサイトをチェックしているpelo。


そんな中、気になる1節を発見。


Partnerku podľa všetkého nemá,


パートナー(ガールフレンド)はいないよ。


小さな胸をなで下ろすアラフォーなのでした。


もう1つ疑問に思っていたこと。
高校卒業してすぐに渡欧したハネタクがいつ、どこで運転免許を取得したのかということ。
ブラチスラヴァで取得したことがわかりました。


スロバキア語でインタビューに答えるハネタク。





スロバキア語を流暢に話すハネタク。
少しでも近づけるようにもっと勉強しようと思ったのでした。
最近ではスロバキアのFMを聴いています。
耳を慣らしていかないと。
(インチキスロバキア語を話しながら語尾にドブレを付けるのがマイブーム)



ハネタクが今まで通り、元気でありますように。
Majte sa krásne!


takuyacheerup.jpg











posted by pelo1000 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | イケメン

2017年03月05日

羽根田卓也 part.89

綺麗な横顔。


takuyahanedanegai1.jpg


長いまつ毛。


takuyahanedanegai2.jpg



どこでも行ける きっと行ける






タクヤとミラン。





「オイシイデス。」
「オオトロハオイシイデス。ホントダイスキ。」


タクヤ仕込みの日本語を話すミラン、カワイイデスネ。
好きなネタがウニというのは珍しいですね。
サーモンが好きな外国人が多いのですが。


この番組はリオ五輪前の8月3日放送でした。
なので隠れたメダル候補って言われていますね。
(でもよくハネタクに注目していましたよね。)


ランチはなるべく一緒にというのが好成績の秘訣。
ふ〜ん、そうなんですね。


takuyamilan3.jpg


takuyamilan4.jpg


あー、出逢っちゃったんですね、運命の相手。
ふ〜ん、よろしゅうおすなぁ。


takuyamilan5.jpg


ハネタク、ナイフとフォークの持ち方が完全に欧州人です。



ハネタクがスロバキアに行く前にコーチをお願いしたのは、
世界選手権で5つの金メダルを持っているユーライ・オントコ氏。

ハネタクはオントココーチと直接メールのやりとりをして、
コーチをしてもらえることになりました。

ただ、オントコさんはスロバキアの連盟のコーチとして雇われている人だったので、
好き勝手にプライベート選手をお金をもらって
教えることはできないはずなんですがねえとハネタクは申しております。

コーチ料は1か月で700ユーロ(当時のレートで9万円弱)。
でも最初はメールのやりとりでの交渉で、
日本人だと思って舐められてふっかけられ、
1日、150ユーロ(約1万8000円)と言われた。
でもそれは無理と話をして、実際、現地に行ってからも
交渉して1か月で700ユーロに値下げしてもらったと。


北京五輪後に父とも相談してスロバキア国内の練習環境、
場所を変えて大学に入学。それまでは練習だけを田舎でやっていた。
コメニウス体育大学があるのは首都のブラチスラヴァ。
体育学部のコーチング学が専門だが、肉体のメカニズムの基礎知識なども学んだそうです。


そこでミランとの運命の出会い。


ミランは、ちょうど現役を辞めてコーチを始めようとした頃でしたが、
選手としてトップレベルだったが、本当にコーチとしてやっていけるのか、
と試行錯誤の中、見てもらうことになった。
彼も同じ大学でコーチング学を学んでいたので知識はあったのです。


彼は、練習だけでなく、普段の生活も含めて厳しい姿勢で臨むコーチ。
練習ではよく怒られます。特に気を抜いていると、『1本、1本、大会のつもりでやれ!』と。
教えることはシンプルで、小さいことや難しいことは言わずに、
地道なこと、簡単なこと、当たり前のことをしっかりとやらせるスタンスなんです。
小難しい最先端のサポートではなく本質を見ている人。


ミランにはコーチ料を払っていません(笑)。
彼は、最初から日本チーム監督として連盟にサポートをしてもらっています。
でも、日本チームの監督ですから、最初の2年間くらいは、他の選手も含めて、
10人くらいを一斉に見るんですね。見てもらえるのはローテーションになるので、
僕が一緒に練習できるのは、1日に1回あるかないか。
ロンドン五輪が終わって『これじゃリオ五輪では勝てない、やってられない』と、訴えました。
結局、2013年からは、僕専従のコーチになりました


ミランを独り占めしたタクヤ・・・・


ここでpart.88のダヴィンチのインタビューに戻ります。


--マネージャー的に同行してもらうというやり方もあるのでは?

それは絶対に嫌なんです。競技には関わらないでほしくて。



ミランとの強固な絆で結ばれているハネタク。
真剣勝負の世界に彼女が割り込む隙はないですよね。


takuyamilan7.jpg


お似合いの2人。
運命の出会いがあったから今のハネタクがあるんですよね。
何とも素敵な関係です。

posted by pelo1000 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | イケメン

2017年03月04日

羽根田卓也 part.88

takuyaonthebeachwith.jpg


あくまでもお顔は見せないつもりなんですね。
(今回はサングラスを外した方が良かったのでは?)
随分日焼けされましたね。
何をお飲みになっているのでしょうか?
カイピリーニャ?
ストローになりたい(馬鹿言ってる)。



ダ・ヴィンチ 2017年1月号。


davinci.jpg


以前のブログでも少し紹介しました。


takuyadavinci.jpg



ハネタクのお気に入りの1冊が、司馬遼太郎の『燃えよ剣』



好きな場面を聞くと、鳥羽伏見の戦い後、江戸へ向かう前に、
土方が恋人のお雪と2日間だけ休暇を共にするくだりを挙げた。


ただし、羽根田選手は2人の睦まじい姿に目を細めていたわけではない。
「休暇が終われば、あっさりバイバイしちゃうところがいいですよね。」


これが最後の逢瀬になるかもしれない・・・・だが2人に涙はない。
土方は、「では。−−−−」と一言だけ残し、振り向きもせず、去る。


「サッと会ってサッと帰って、また自分の本分である
新選組の修羅に戻る。その潔さが好きです。」


お雪という女性についてどう思うかを尋ねると、
「あんな女性がいいですねえ。男の気持ちをよくわかっていますよね」と
しみじみと言う。
常々、競技者であるうちは結婚しないと公言しているが?
「難しいと思います。1年中海外を飛びまわっているので」


マネージャー的に同行してもらうというやり方もあるのでは?


それは絶対に嫌なんです。競技には関わらないでほしくて。
土方さんも新選組の会計係をお雪さんにやらせたりはしないと思います。(笑)」



合宿や試合に彼女は同行させないんですね。
そりゃ、そうだ。


リオ五輪凱旋パレードの後に行われた、
オリンピックコンサート2016。


takuyahanedatears.jpg





陸上の佐藤選手をリラックスさせるためにマッサージをするハネタク。
ハネタクらしいですね。


「それを支えて来てくれた人たちの努力があっての僕なので、
みんなの気持ち・力に応えることができて本当に嬉しいです。」


感動でウルウルしているようにも見えるハネタク。
太文字の部分を常に忘れずに、今シーズンもGO FOR IT!!




<追記>
ふとTOP画像を見て思ったのですが、
あのビーチの画像は、ハネタクが今いるシドニーのBondi Beachではないんじゃないかと。





bondi beach.jpg


映像や画像を見る限り、Bondi Beachには、常設のパラソルがありません。


矢澤選手のインスタから。
去年のシドニー合宿の際のBondi Beachでの1コマ。


yazawabondi.jpg


周りを見ても、砂浜にタオルを敷いて、寝っ転がっています。
パラソルは自分で持ち込みしている人もいます。


なので、あの画像は去年の9月に行ったドバイのものかなと思ってみたり。
ただなんで今の時期にドバイの画像をupするのかは不明ですが。

(あくまでも個人の見解ですので、あしからず。)
posted by pelo1000 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | イケメン

2017年03月03日

摂津颯登B

やっぱり最近すごく気になる摂津颯登くん。
最近暇を見つけては情報収集しています。


Athlete Safari Vol.16にハヤトくんが登場。


hayatosafari.jpg


atkletesafarivol16.jpg



「スポーツと時計」というタイトルで、
世界のアスリートたちが愛用する時計の数々や
ファッションと時計の関係などを紹介!


ハヤトくん、わずか1ページの登場でしたが、何とも爽やかな事。
足長すぎ!スタイルよすぎ!モデルにしか見えません。


一面にLOVEと書かれた白いTシャツ。
サーモンピンクの薄手のニットを肩にかける
イケメンにしか許されないコーディネートを披露。
白、サーモンピンク、ブルーのコントラストがとても爽やか、P子です。


オフのときのデニムと白Tシャツに似合うような

ストラップの白い<デュラン>がお気に入り。


洋服を選ぶのは苦手なほうです。
苦手だからシンプルな服しか選べなくて。
中学校まで秋田にいて、高1でユースに入って、
山形で寮生活になったんですけど、
ずっとサッカーしかしてなかった(笑)。

学校に行って、帰ってきて、サッカーして。
昼寝で3時間とか。
気付いたら夕方だったりとか、全然あります。
だから高校生のとき、私服とか持ってなかったです(笑)。

普段はTシャツにジーンズといったスタイルが多いです。
Tシャツは白が多いですね。
デニムに合わせたいですし。

好きなブランドは、今日も穿いている<G-Star Raw>。
表参道ヒルズの中にある店で買いました。
腕時計はこの<デュラン>。
練習以外のときしか時計をつけないので、
食事に行くときやちょっと街に出るときには必ずつけますね。

高そうな腕時計は「かっこいいなあ」とは思いますけど、
ギラギラよりシンプルなものが好きです。


摂津颯登
∽サッカー選手 モンテディオ山形∽

1996年10月生まれ。
小学1年からサッカーをはじめ、オリバー・カーンに憧れ、
ゴールキーパーに。
中学3年でスカウトされ、モンテディオ山形ユースに加入。
2012年にはU-16日本代表に選出される。
2014年2種登録選手としてトップチームに登録。
2015年、正式にトップチーム登録となる。
また同年、Jリーグ・U-22選抜代表に。



服を選ぶのが苦手だからシンプルな服しか選べないというのは賢明です。
ハヤトくんみたいな極上イケメンはシンプルが1番。

イケメンでも柄物を着てディザスターになっている人が結構いるので。


ハヤトくんが愛用している時計は、
DIURUN Theodore DRW002WH 27,000円。
身の丈に合ったチョイスに好感。


DIURUN.jpg



スポーツ選手と時計といえば、
しょーへいくんのアストロン。


shoheiastron.jpg


意外にもこのブログ初登場の五郎丸のシチズン ATTESA。


goromarucitizen.jpg



ハヤトくん、これだけイケメンなので、これから露出も増えると思います。

<peloが選ぶサッカー選手TOP3>


・内田篤人

atsuto.jpg

・摂津颯登

hayato9.jpeg

・宮市亮

miyaichiryo.jpg




浴衣姿も爽やかです。


hayatoyukata.jpg


ハヤトくんのこれからの活躍が楽しみです。

posted by pelo1000 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イケメン
ファン
検索
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
頭皮湿疹 by pelo (11/17)
頭皮湿疹 by Kumi (11/10)
羽根田卓也 part.56 by peloさんの大ファン (04/06)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。