広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年12月19日

中学聖日記J

AKIRA11A.jpg


中学聖日記最終話。
視聴率9.6%。
有終の美。

終わってしまったことに対する喪失感、
来週から何を心の拠り所にすればいいのかという虚無感。

昨夜のドラマ終了後に様々な思いが頭の中をグルグルと。
過去の自分を振り返ってしんみりしてみたり。
ほとんど寝ないで出社。

仕事にならないと思いきや、いつもよりも捌けていたアラフォー。
ハッピーエンドだったこと、
このドラマからいろんな気づきを得たこと。
最後まで完走できて本当に良かった。

このドラマに出会えたこと、
岡田健史という役者に出会えたことに感謝。




警察で取り調べを受けた聖と晶。
僕が先生を連れ出したと主張する晶。でも相手にされず。
私たちはお互いに・・・と聖。
同意していたとしても監護者である親御さんの意志に反していたら罪は成立すると。


HIJIRI11A.jpg



聖の連絡先を消去するから携帯を渡してと愛子さん。
何かあったらあの人の罪が増えるだけ。
あんたは未成年だから責任は取れない。
素直に携帯を渡す晶。


AIKOAKIRAJOFFY11A.jpg


警察からの帰りに愛子と遭遇した聖。
必死に話そうとするも、明日の午後にここでと待ち合わせ場所の
紙を渡される聖。


AIKOHIJIRI11A.jpg


帰宅した聖。すっかり狼狽の疲労困憊。
そこへ母親が。
愛子から電話があって警察沙汰になったことを知った母。
「もう好きにしなさい。あなたのことが信じられない。
 これからは1人でやっていきなさい。」
母親からも突き放されてしまう聖。


HIJIRIMAMA11A.jpg


翌日、指定された場所にやって来た聖。
ただそこに愛子の姿はなく。
1人の男性が聖に声をかける。
その男性は弁護士で、今回の件は示談にするので
誓約書にサインをするようにと。
晶に今後一切の連絡、接触をしないという内容。
1週間の猶予期間。


SEIYAKUSHO11A.jpg


大学の入学志願票を愛子に差し出した晶。
母さんの言う通り今は受験に専念する。
だから先生の事もいつか。
全て終わってから。話はそれから。
わかったと素直に返事をする晶。


AKIRA11B.jpg

(晶くん、本当に成長したね。大人になった。)


SHIGANSHO11A.jpg

(理工学部宇宙工学科。そういえば中学生の頃、理科のテストで金星の公転周期に関する超難問を
 クラスでただ1人正解していましたよね。)



聖が忘れていった私物を届けに来た千鶴。
うまくいくわけない、自業自得。と言って立ち去る千鶴。
千鶴までも見放す?と思いきや、戻ってきて聖を抱きしめ、
本当に出来の悪い後輩。
「食う・寝る・しゃべる」(律も勝太郎に対して同じこと言ってましたよね。)
もし喋る相手がいなかったらいつでも連絡しな。
泣きじゃくる聖。

HIJIRICHIZURU11A.jpg


何かを見て物思いにふける律。
そこへ勝太郎が。
その何かをサッと隠し、その場を離れようとする律。
聖が向こうの親と揉めて騒ぎになっていると伝える勝太郎。


RITSU11A.jpg



律が聖に電話。
私のせいでと謝る律に自分で決めたことだからと。
「もう自分の気持ちに嘘はつかない。そう決めたんですけどね。
 誰のためにどうしたらいいかもうよくわからなくて。」
「それは・・・・みんなそうよ。」と律。
席を立って歩きだした律が突然倒れ込んでしまう。
救急車を要請する聖。


RITSUHIJIRI11B.jpg



病院へ駆けつけた勝太郎。
律が妊娠3か月と聖から聞かされしばし茫然。
全然、何にも知らなかったと。


SHOTAROHIJIRI11C.jpg



翌朝、数日間の入院が必要なのに仕事へ行こうとする律。
聖に諭され、病室へ戻る律。
1人で産んで育てる。聖ちゃんのおかげで覚悟ができた。

でも勝太郎さんは?

「正解なんかない。わかるわけもない。
 だから自分自身の正解を探すの。
 1人で立ってその先に答えがあるって信じてる。」


RITSU11C.jpg



誓約書の期限が明日なのに連絡がないと話している愛子と弁護士。
晶が誓約書のことを聞いて激高。
もみ合いになって聖の居場所を知った晶。
家を飛び出し自転車で全速力の晶。
(3年前の15の夏と同じ光景)


AKIRA11D.jpg



聖のアパートへ来てしまった晶。
先生、会いたい。声が聞きたい。
誰が何を言おうと関係ない。僕は先生さえいれば・・・


AKIRA11E.jpg

(晶くん、成長したと思っていたのに。また同じことを繰り返すつもり?)


ドアノブに手を伸ばすもドアを開けなかった聖。


HIJIRI11E.jpg



翌日、弁護士事務所で愛子に自分の思いを伝える聖。

「黒岩さんには当初こうお伝えするつもりでした。
 私たちの決意は固い。待てる。信じてほしいと。
 でも黒岩君はまだ18で、危うくて、進めず昔に戻ってしまう。
 黒岩君を心配するお気持ちがよくわかりました。」

誓約書を差し出す聖。


SEIYAKUSHO11B.jpg

(平成2018年問題について。何の意図があるのか?単なるミスなのか?策士聖なのか?)


「黒岩君にとって大事なのは未来です。
 どんなに心で思っても表に出してはいけなかった。
 本当に彼を思うなら与えなければいけなかった。
 時間や距離や可能性。
 それが大人としての責任だったのに、
 そうできなかったこと、心からお詫び申し上げます。」


HIJIRI11F.jpg


「もう会うことはありません。黒岩君にもそうお伝えください。」


AIKO11C.jpg

(愛子さんのこの表情。愛子さんの中で何かが動いた瞬間。)




夕飯時、愛子に先生とのことはどうなったのか頼むから教えてと晶。
サインがされた誓約書を見せる愛子。

「これが先生の答えだから。わかる?晶。
 どうしてこうなったのか、
 どんな思いで先生がこれを書いたか、
 あなたに何ができる?この思いにどう応えられる?
 考えなさい、晶。」

いただきます。必死に堪えながらごはんを掻き込む晶。


AIKOAKIRA11D.jpg

(母の思い、聖の思い。18になった晶はその2人の重い思いを受け止め理解しようとしている。涙が溢れて止まらないアラフォー。)


愛子を訪ねてきた塩バァ。
九重にばったり会って黒岩君のことを聞いたと。

許すつもりはないけど、1人息子に恨まれていると思ったら
時々くじけそうになります。

あなたは間違っていません。
親として当然のことをしただけです。
大丈夫。辛い思いをした人は必ず強くなれます。
全てかけがえのない経験です。
きっとこれからの人生に生きるでしょう。


SHIOBABAAIKO11A.jpg



勝太郎に呼び出されて遊園地にやって来た聖。
律からの指示で観覧車に1人で乗ってと。
律から電話。しばらく話した後で電話をある人に替わる晶。
視線の先には晶が。


AKIRA11G.jpg



HIJIRI11G.jpg



「今まで僕は聖ちゃんといると幸せで自分の事しか考えてこなかった。
 でも今は聖ちゃんに幸せになってほしい。
 だからもう会わない。連絡もしない。
 でもずっと願ってる。幸せにって。」


「黒岩君、私日本を離れるの。
 海外で働くことにした。
 私を変えてくれた。黒岩君が力をくれたの。
 この先1人で立っていく力。
 会えてよかった。黒岩君。さようなら。」


「きっといい先生になる。
 がんばれーーー、がんばれーーー!!」
電話を離して大声で叫ぶ晶。


AKIRA11H.jpg

(野球部仕込みの発声。ちょっと素の健史くんが感じられて嬉しいです。)
 



HIJIRI11H.jpg



律に携帯を返し、立ち去る晶。
「少年、いい男になれ!」


AKIRA11J.jpg


晶から預かったノートを聖に渡す勝太郎。


任務を完了し、立ち去る律を引き留め律の傍にいると宣言する勝太郎。
「どんなに思い合ってもどうにもならないこともある。
 でもまだどうにかなるなら、つかみ取りに行く全力で。
 だから傍にいます。」


「待っててやる。だから一人前になって帰ってこい。」


RITSUSHOTARO11D.jpg



晶のノートを読む聖。
15歳の晶の真情溢れる日記。
3年前のことが、晶との出来事が頭の中を駆け抜け・・・

そして2018年12月。


AKIRANIKKI11.jpg



HIJIRI11K.jpg




AKIRA11L.jpg




受験へ向かう晶。
康介さんからのお守りを渡す愛子。
「母さんありがとう。行ってきます。」
がんばれ。


AIKO11P.jpg







5年後。


BANGKOK.jpg




HIJIRI11Q.jpg



AKIRA11R.jpg



AKIRAHIJIRI11Z.jpg







ハッピーエンドで良かったです。
立派な大人になってバンコクまで聖を迎えに行った晶。

聖には教師を続けて欲しかったので、
海外で日本語教師という選択肢があったのかと膝を打ちました。

15歳の晶は23歳に。聖は33歳に。
禁断の恋は8年経ってようやく実を結びました。

あまりにも多くの犠牲を払いながら、
傷つき、傷つけながら。

愛子さんの母親としての思いも最終話でようやく理解できました。
夏川結衣さんが最終話の愛子は演じるのが難しかったと言ってますが、
細やかな感情の起伏を絹糸のように紡いで演じているのが、
よくわかりました。
本当のプロフェッショナル。
「青い鳥」以来の久々のTBSのドラマ出演でしたが、
このドラマを通してますます好きになりました。

愛子さんの前だと晶もすごくいい表情や演技をするんですよね。
夏川さんが健史くんのポテンシャルを引き出しているんだと思います。


そして心配していた勝太郎さん。
律の妊娠が発覚してから、男としての責任を自覚し、
最後には何とかイメージ回復できたと思います。

晶からノートを預かっていましたが、
勝太郎と晶のそのシーンを見たかったです。
勝太郎は今、晶に対してどういう思いなのか?


律さんは最後までぶれなかった。
原口律という捉えどころのない難しい役を
うまく演じてくれた吉田羊さんにただただ感謝。
律さん、すごくかっこよかったです。



そして岡田健史くん。
健史くんを初めて認識したのは4か月前。
画像を一目見て間違いなく売れると根拠のない確信を持ったアラフォー。
4か月前のブログを改めて読み返してみました。

http://fanblogs.jp/pelopelo1000/archive/349/0


この4か月間ですさまじい勢いで役者として急成長した健史くん。
やっぱり黒岩晶役は岡田健史で正解でした。
デビュー作で鮮烈な印象を残した健史くん。


デビューという枕詞がなくなる次回作。
どういった役を選択するのでしょうか?
今回のドラマで課題も多く見つかったはずなので、
それを克服していってほしいです。

ずっと見ていたいのですが、あまり行き急いでほしくないというか。
消費されるだけの俳優にはなってほしくないのです。


中学聖日記が終わっても、健史くんを心の支えに
老体に鞭打って頑張ろうと決意を新たにしたアラフォー。



物議を醸し出したドラマでしたが、個人的には素晴らしいドラマでした。
中学聖日記/Blu-ray BOXも予約しました。
3月下旬は自分の誕生日なのでいいプレゼントになりそうです。
(で、爺さん何歳になるの?)





聖がバンコクで日本語教師をしていますが、
peloはこの件で若かりし日のことを思い出しました。

健史くんと同じ歳の時にバイト先である女性と仲良くなりました。
6歳年上のその女性は、大学を卒業してある大学の研究所に通っていました。
とても理知的で話題も豊富で話していてとても楽しかったです。

自分がゲイだということも受け入れてくれて、
何でも話せる良き友人でした。

その女性はその後、帰国子女に受験対策をする塾に就職。
国語を担当していました。

1年後に海外赴任が決まり、その場所がバンコク!
1か月に1度はエアメールが届いていました。
バンコクは物価が安いので、マンションにはメイドさんがいたり、
誕生日はクルーズ船を貸し切ってパーティーを開いてくれたり、
とても充実していると。

その頃のpeloはある事で悩んでいて、
自分に言い訳をして逃げていました。
そんな時にその女性は手紙に茨木のり子さんの詩を書いてくれました。


<自分の感受性くらい>

ぱさぱさに乾いてゆく心を

ひとのせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて



気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか



苛立つのを

近親のせいにはするな

なにもかも下手だったのはわたくし



初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもが ひよわな志にすぎなかった



駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄



自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ




逃げ回っていたpeloを叱るわけでもなく、
ただこの詩を書いてくれたその女性。
この歳になった今でも、楽な方へ行ってしまいそうになる時は
この詩を思い出して自分を戒めています。


peloの人生に少なからずいい影響を与えてくれたその女性。
こちらから送ったエアメールが宛先不明で戻ってきて以来音信不通。
pelo自身も欧州で働くことになって、
いつしか疎遠になってしまいました。


あれから20年以上が経過。

昨夜の中学聖日記を見て彼女のことを思い出し、
彼女から貰った手紙を読み返していたアラフォー。

(引っ越しを繰り返しても友人からの手紙やメッセージカードはきちんと保管しているアラフォー)


ドラマが終わってしまった寂しさと
昔の青かった自分、でも美しくてひたむきだった自分を
思い出してしんみりしたのでした。

(昔を振り返るって歳取った証拠だよ、爺さん)






AKIRARITSUSHOTAROHIJIRI.jpg























 








posted by pelo1000 at 19:30 | TrackBack(0) | イケメン
ファン
検索
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
頭皮湿疹 by pelo (11/17)
頭皮湿疹 by Kumi (11/10)
羽根田卓也 part.56 by peloさんの大ファン (04/06)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。