広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年06月21日

柳田将洋A

masa3.jpg


早朝に飛び込んできたおめでたいニュース。


柳田将洋 ドイツ・ブンデスリーガ1部へ移籍



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000124-spnannex-spo


大手芸能事務所のアミューズは21日、バレーボール男子日本代表の柳田将洋(24)が
ドイツ・ブンデスリーガ1部のTVインジェルソル・ビュールに移籍すると発表した。
同社は柳田とマネジメント契約を結んだことも併せて発表した。


柳田は「海外でプレーするのは代表以外では初めてで、最初は言葉や文化の壁を感じると思いますが、
成長していきたい。今持っているスキルを常に発揮し、レベルアップして、
バレーボールそのものの視野を広げていきたい」とコメントした。


柳田は慶大卒業後、15年にサントリーに入団。日本代表には13年から名を連ね、
強烈なサーブを武器に中心選手として活躍している。今年5月にはサントリーを退団し、
プロとして海外挑戦する意向を表明していた。


peloはこのニュースを見て、出勤前に日刊スポーツをゲット。


masa1.jpg


子供のころの夢が建築士だったんですね。意外。
もう1つ意外だったのは、大手芸能事務所のアミューズがマネージメントするということ。



アミューズがスポーツビジネス市場に本格参入

http://ir.amuse.co.jp/20170621_%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88_%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E7%A8%BF.pdf


masa6.jpg


大手芸能事務所だと、ホリプロがスポーツ選手のマネージメントをしていますが、
アミューズも本格的にスポーツビジネス市場に参戦。
柳田選手にとってもアミューズに所属することで、
露出もますます増えてくると思われます。
アミューズにとっても人気者の柳田選手を獲得することで、
幸先の良いスタートを切れるのではないでしょうか?


柳田選手からのビデオメッセージ。





TV Ingersoll Bühl のHPでも早速紹介されています。

http://schwarzwald-volleys.de/saison/news/artikel/japans-nationalspieler-masahiro-yanagida-unterzeichnet-ersten-profispieler-vertrag-mit-tv-ingersoll/

csm_news-masahiro-yanagida_f4282d45b9.jpg


バレーボールの試合を通してスポーツの楽しさや喜びを次世代に広め、
地域の活性化を図る。
柳田選手の決意にエールを送りたいです。


TV Ingersoll Bühl のインスタ。


https://www.instagram.com/volleyballbisons/

FB。


https://www.facebook.com/tvbuehl

このTV Ingersoll Bühl は、スウェーデン、イタリア、アルバニアなどの代表クラスが
集結しているので、ポジション争いも大変なことになりそう。

本拠地のBühlはドイツ南西部に位置し、
フランスのストラスブールも近く、緑が豊かで長閑な街。
ドイツは海外生活が初めての日本人にも比較的暮らしやすいと思います。
peloも南ドイツの雰囲気は大好きです。



月刊バレーボール7月号で、石川選手と対談。
その中で海外挑戦の事にも触れています。


Masa & Yuki4.jpg


ゆーき:自分は雰囲気とか言葉で結構苦労しているので、そういうところは
     やっぱりやっておいたほうがいいですよ。
     言葉がいちばん大事かな、と。話せないとなかなか使ってもらえないと
     いうこともあると思いますし。

まさ:海外に行くことをユウキに話して、ユウキの”言葉の重み”はめちゃめちゃ感じたし、
   今は優しく言ってますけど、ふだんはこんな言い方で言ってこないんですよ(笑)
   ガチなトーンで言ってくるから、「うわ、まじか・・・」ってなる。
   でもユウキは経験しているから、言葉も重いし、リアルな言葉だなと思う。


確かに言葉は大事です。
柳田選手のドイツ語でインタビューに応じる姿を楽しみにしています。
peloは個人的にドイツ語の発音が好きです。


柳田選手と石川選手。
日本の選手がこうやって積極的に海外に出ていくことで、
後輩への良き道しるべにもなります。
TOKYO 2020を目指しての決断。
ずっとずっと応援していきます。


ワールドリーグ2017も毎週末、テレビ観戦していました。
バレーにすっかり嵌ったアラフォー。
今大会での柳田選手は、以前よりも積極的に他の選手に声をかけ、
また攻守でもミスがほとんどなく、
より頼もしい存在になっていました。

この時点でドイツ行きも決定していたので、
プロとしての自覚と責任感の現れだったのでしょうか?

高崎ラウンドのスロベニア戦。
フルセット、スロベニアのマッチポイントからの
2連続サービスエースは見ているこちらも興奮しました。
見事な逆転勝ち。





チーム内の雰囲気もすごく良いまま中国ラウンドへ突入。
中国戦もフルセットまでもつれましたが、
14ー9からのまさかの逆転負け。

中国のホームゲームということもあって、中国に有利な判定が多く、
不可解な場面も多々ありました。
サーブ中にブーイングも起き、普段冷静なセッター藤井選手もオラオラ状態。
柳田選手もタイムアウト中に相手のミスを待ってんじゃねーぞと声を荒げていました。


試合終了後にアームサポーターを床に投げつけたマサ。
ここまで感情を爆発させた柳田選手は初めて見ました。
勝てる試合を簡単に落としてしまった不甲斐なさに腹が立ったのでしょうか?

この試合でも攻守に渡って大活躍だった柳田選手。
試合に出ずっぱりで肉体的な疲れもさることながら、
チームを鼓舞し続けたことによる精神的な疲れも大きかったはずです。
加えて不可解な判定の嵐。

誰もそんな柳田選手に近寄らなかったのは残念です。
申し訳なくて近づけなかったのかもしれませんが。

この1件で柳田選手の事をもっと応援しようと決めたのでした。


リベロ、藤井選手のトスの高さ・タイミング・・・
様々な課題が浮き彫りになった龍神NIPPON。
中国には敗れましたが、決勝ラウンドに進出。
現在はオーストラリアに入っています。
連日の試合で相当な疲れだとは思いますが、
少しでも問題点を修正して、試合に臨んでほしいと思います。


柳田選手のこれからに期待しています。
WLで柳田選手はベストサーバーとベストスパイカーを受賞。
藤井選手はベストセッターを受賞しました。


9月5日グラチャンバレー開幕。
勝利のカギは胸。







posted by pelo1000 at 20:20 | TrackBack(0) | イケメン
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
頭皮湿疹 by pelo (11/17)
頭皮湿疹 by Kumi (11/10)
羽根田卓也 part.56 by peloさんの大ファン (04/06)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。