広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年04月14日

羽根田卓也 part.116

takuyahanedagendai2.jpg


日刊ゲンダイのインタビューの続き。


リオ五輪メダリストインタビュー
羽根田卓也 カヌースラローム 中



−スロバキアの食生活は。

スロバキアはご飯がマズイので、カレーとかチャーハンとかしょうが焼きとか、
日本で食べるようなものを作っています。
積極的に炭水化物を取らないと体重がどんどん減ってしまうので。

スロバキアに来て驚いたんですけど、スロバキアの人って
晩ご飯を食べないんです。
まさか食べないなんて思わないから、いつ晩ご飯を食べに行くのかと
待っていたら、全然行かなくて聞いたら、
「え?パン買ってないの?」と言われて。
夜はパンを食べて終わりらしい。
その時は夜遅くてお店もやっていなかったので、
仕方なくココアを買って空腹をしのぎました。


−コミュニケーションには苦労しましたか?

最初は片言の英語でコミュニケーションをとっていたけど、
周りがみんなスロバキア人なので、
スロバキア語を覚えるようになりました。

当時はメモ帳を持ち歩いて知らない単語を目にしたら
書いたりしていました。


−他に苦労したことはありますか。

スロバキアには知り合いもいないし、そもそも日本人が全くいない土地だったので、
周囲から奇異の目で見られていた。
街を歩いているだけで通行人に指をさされて笑われたりすることもあって
すごく寂しい思いをしました。
今でも(中国人と間違われて)「ニイハオ」と言われることはあります。


−普段は寮生活ですか。

いえ、普通にアパートで1人暮らしです。1Kで家賃5万円。
強化指定選手でもなく、自分勝手にスロバキアへ行っただけなので、
そういうサポートはありません、

家は街中にありますが、練習場から少し遠いので、
車で30分くらいかけて通っています。
バスやトラムという路面電車はあるんですけど、
あまりにも時間がかかるので。


−愛車はなんですか。

シトロエンです。ちなみにスバルは今年から(日本カヌー)連盟の
スポンサーになったんです。
僕もスバルのイベントに出るために滋賀まで
行ったりしているんですけどねぇ・・・・・

(支援してほしいと)アピールしてるんですよ?
さらに言えば、実家ではスポンサーになる前からスバルに乗ってます(笑い)。


−アルバイトなどはしてましたか。

よく聞かれるんですけど、バイトしたとしても時給400円とか500円だし、
貴重な練習時間を削ってまでやることかなと。

甘えだと言われるかもしれないけど、バイトをしながらというくらいなら
カヌーをやめて日本に帰って働くよ、と。
それならどんなに迷惑をかけても早く結果を出した方がいいと思っていました。


−スロバキアでのカヌー生活は年間いくらかかるのですか。

正直計算したことがないですね。
でも物価は安いので生活費は日本より安いかも。

みんなヨーロッパにいるからお金がかかると思っているけど、
負担が大きいのは道具代や合宿費くらい。
少し前まで所属先がなかったので、
そこはキツかったですね。


(つづく)


インタビュー(中)は、目新しい情報はなかったです。
(下)になるとアグレッシブタクヤがお目見えしますが。


スロバキア人が晩ご飯を食べないという件について。

peloが住んでいた中欧の国では、
午後3時とか4時に夕飯を食べる人が多かったです。
この時間に食べると、胃腸に負担がかからず、体にいいからという理由で。
だから日本の晩ご飯をイメージしていると、違和感があるかも。

日本では日曜日に家族で買い物に行くことが多いですが、
欧州ではほとんどの店が日曜日は閉まっています。
ハネタクが言うようにコンビニと言えるようなものは、
ほとんどないし、キオスクがあるくらい。

日本が便利すぎるのですが、初めて海外で生活をしたときは、
少し困りました。

ハネタク、スロバキアのごはんはマズイと言い切っていますが、
それはちょっと言いすぎかなと。
日本と比べたら選択肢は格段に少ないし、
魚介類も冷凍ばかりですが、
日本であまり食べられない食材もあって、それなりに楽しいです。

peloは市場で買い物するのが好きで、アーティチョークとかタンポポの葉とか
セルリアックとか買ってきたり、
ズッキーニの花にチーズを詰めてフリットにしたり、
休みの日は料理をするのが楽しみでした。


中国人と間違われてニイハオと言われることはよくありました。
まさか日本人がいるとは思っていないんですよね。
でもマイナーな小国でも日本人って必ずいます。
いろんな職業の人がいて、日本にいたら知り合うこともないような人たちと
交流できたのは今でもいい財産になっています。


日本ではかなり警戒しているハネタク。
時折すごく元気がないように見えるのは、
やはり日本にいることで、少なからずストレスを感じているのではないでしょうか?

10年以上スロバキアに住んでいると、
考え方が向こう寄りになってきます。
日本にいることに違和感がある場合も。

peloもたまに一時帰国すると、すごく違和感があって
帰国後1週間くらいは、周りが日本人だらけという環境に慣れませんでした。
慣れた頃には向こうに戻らないといけない。
”なんちゃって外国人” ”なんちゃって日本人”だったなと。
どっちつかずの中途半端な状態。

ハネタクも今はスロバキアの方が落ち着くのでは?
もうすぐスロバキアに帰りますが、
ファンとしては寂しい、寂しいと言わず、
遠くからそっと応援しようと思います。

半年以上、日本に帰って来ないのでしょうか?
さすがにハネタクロスになるでしょうか?
それとも浮気をするでしょうか?





朝日新聞記者の原田さんのインタビュー動画。
何気ない仕草がかわいいです、
今年30歳になる男性にかわいいというのも失礼ですが。
無意識だとしたらすごいです。

posted by pelo1000 at 17:00 | TrackBack(0) | イケメン

羽根田卓也 part.115

takuyahanedagendai1.jpg


去年の11月の日刊ゲンダイ。
3日連続でハネタクのインタビューが掲載されました。
おじさまがターゲットの日刊ゲンダイ。
女性誌では語ることのない内容で、非常に興味深いです。
pelo爺さんはしっかりチェックしていました。
気になった部分を書き起こし。


リオ五輪メダリストインタビュー
羽根田卓也 カヌースラローム 上



このメダルがリオ五輪で1番の「大穴」だったかもしれない。
カヌー男子スラロームのカナディアンシングルで銅を獲得した
羽根田卓也(29=ミキハウス)。
日本では認知度の低い競技だったことからメダル獲得を機に一躍スターに。
リオ当時の心境や4年後の東京五輪への思いを聞いた。



−リオ後に周囲の環境はどう変わりましたか。

「サイン下さい」とか「写真撮ってください」と言われるのは、
今までなかった経験ですね。
リオ五輪でメダルを取ったのをきっかけに、親族の羽根田一家一同60人くらい
集まることになりました。

中にはやっぱり会ったことがない人が何人かいて、
もちろん血のつながりのある人ではあるけど、”またいとこ”とか
普段会わないですからね。


−女性からの人気も高いですが、モテるようになりましたか?

モテたいですけど、認知度が以前より上がって、身動き取りづらくなっちゃったなと。
今までより人をよく見るようになって警戒心も増しました。

普通の女友達とご飯に行くのも気を使うようになっちゃいましたし。
もしデートしたとしても撮られたら・・・・と思って、
(日本に)帰って来てから1回も女性と遊びに行ってません。

東京が1番危ないと聞いているので(笑い)。

まあ、もしかしたら気を付ける必要はないのかもしれないですけど、
いろんなところで「彼女いない」と言いながら、そこで(写真を)撮られたりしたら、
調子のいい奴だなと世間に思われてしまう。


今は特に大事な時期なので、好感度は気にします。
僕の好感度がそのままカヌーの好感度に繋がる部分もあると思うので、
そこは気を付けたい。


−リオの選手村はどんな様子でしたか。

面白かったのは、食堂とかトイレに置いてあったコンドームのガチャガチャ。
1回やってみたら、回す時の音がものすごくデカくて、
食堂中に響き渡ったのが恥ずかしかったです(笑い)。


−日本食は充実していましたか。

日本人はみんなグルメというか、食いしん坊。
スロバキアってごはんマズいし、コンビニのような施設も点在していない。
スロバキアで’くさいメシ’を食べている僕にとって、
五輪の宿舎で出るご飯は全て美味しかった。

リオには日本選手用に「パフォーマンスセンター」というものを作っていて、
他の選手は日本食を食べるために、宿舎から30〜40分くらいかかる
そのセンターまで通っていましたが、
僕は1度も行きませんでした。
どんなメシでも競技できる自信がありましたから(笑い)。

(つづく)



モテるでしょうっていう質問に何の意味があるのかと以前ブログで疑問を呈したpelo。
前言撤回します。
ここまでハネタクが突っ込んで答えたのは、
やはりおじ様ターゲットの日刊ゲンダイだからでしょう。


今までより多くの人に会うようになって警戒心が増したこと。
日本に帰ってきて1度も女性と遊びに行ってないこと。
彼女がいないと言いながら、撮られてしまうと調子のいい奴だと思われる。
好感度を気にしている。


ハネタク日本ではかなり警戒しているんですね。
日本では・・・・・・


ファンにとっては、ハネタクに彼女がいるのか?というのは、
非常に気になるところだと思います。

ハネタク自身が「彼女はいない」って言ってるので、
信じるしかないです。

でもあんなに魅力的だし、イケメンだから彼女いない訳がないと思うのもファンの心理。
いつの間にか疑心暗鬼になり、
刑事美(デカミ)ちゃんに。

インスタやFacebookから何か繋がりがないか、必死に捜索。
連日の監視活動。
刑事顔負け。

peloはハネタクに彼女がいるのかという事には、あまり興味がありません。
ハネタク女子のみなさんのように可能性があるわけでもないし、
これだけハネタクネタを書いていると、
なんか友達のような感覚になってきていて、
ドキドキすることがなくなってきたというか。
(友達のような感覚ってそれはそれで怖いよ、爺さん)


捜索するなら、ハネタクの出演情報とか、雑誌の発売情報とか
自分にとって何か目新しい情報を探します。
その方が楽しいし、精神衛生上もよろしいかと。

疑い出したらキリがない、でも気になって仕方がない。
ハネタクって罪な男です。


takuyahanedafine3.jpg





2012年にNHK杯を観戦しに行った土屋礼央さんのブログ。
会場の様子やハネタクのことにも言及しています。


リオ五輪後に土屋さんのラジオ番組にゲスト出演したハネタク。


takuyareo.jpg


『4年に1度のオリンピックをより楽しむ方法』 前編
https://ddnavi.com/news/52091/a/

『4年に1度のオリンピックをより楽しむ方法』後編
https://ddnavi.com/news/54360/a/








posted by pelo1000 at 00:00 | TrackBack(0) | イケメン
ファン
検索
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
頭皮湿疹 by pelo (11/17)
頭皮湿疹 by Kumi (11/10)
羽根田卓也 part.56 by peloさんの大ファン (04/06)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。