広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年04月06日

羽根田卓也 part.110

takuyahanedabunsui1.jpg


4月5日に新潟県燕市で行われた羽根田卓也講演会。

『大会前には特別なことはしない、そこに向かう10年間に特別な事をする。』



http://fun-spo.jp/2017/04/06/hanedatakuya_20170405_02/


羽根田選手は4月9日、富山市で行われる日本代表選手最終選考会となる
第40回NHK杯全日本カヌースラローム競技大会に出場するために帰国したもので、
1年間のうち3週間程しか日本には滞在しない貴重な時間に今回の講演会が実現しました。
最初に羽根田選手がプロジェクターを使いながらカヌー競技を説明。


強くなるのに必要な事は?という質問に、「積み重ねが一番の近道」。
自分が決して特別な存在ではなくて、小さい頃から目標をもって、
その積み重ねの上にやっとこういう風になれたということで、
みんなと同じように生活をしてきた。積み重ねの上の結果がメダルだとの答え。


・大会前にすることは?
「そこに向かう10年間に特別なことをする。大会前には特別なことはしない」

・ゴール前で気持ちが途切れるんですが・・・
「もうちょっとガマンしろよ!」

・スロバキアって美人多いですか?
「美人しかいない!」

・彼女にするならスロバキア人?日本人?
「日本人がいいです」

・とっておきの口説き方は?
「女性の特徴を見極めて」

(ハネタクの場合、自分から口説かなくて、エロい雰囲気を漂わせて、
 相手に言わせるように持っていくと思います。※個人の感想です。)


・生まれ変わってもカヌーをやりますか?
「何か他のものに挑戦するのもいいかな」

最後に今後の目標については、「東京オリンピックが競技人生の集大成となるので、
胸をはってここに戻ってこらるよう頑張ってきたい。」としました。


講演会の前に訪れた分水高校では、カヌー部の生徒20人程と交流会を行いました。

交流会後にはカヌー部の練習場所、長岡市寺泊町軽井も訪れ
「ここ半年位で、スキーのクロスカントリー合宿で2回新潟に来ている」
「新潟の米を合宿に持っていっている」
「(十日町の) 妻有(つまり)ポークおいいしいよね」と新潟通な面も見せて、
高校生にフランクに話かけていました。


takuyahanedabunsui3.jpg

(ポケットに手を入れている場面が多く見受けられますが、お行儀がよろしくないと思いますよ。)



カヌー羽根田選手が高校生と交流


http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/1035200481.html


takuyahanedabunsui4.jpg


交流会では、羽根田選手が「自分の周りにカヌーをする人はいなかったが、
世界にどうしたら近づけるかを考えて練習し、スロバキアに渡って技術を学んだ」と経験を語り
「2020年の東京オリンピックに向けて一緒にカヌーを盛り上げていこう」と激励しました。



試合の前の緊張のほぐし方には「ふだんから自分にプレッシャーをかけて練習することが大切だ」と
アドバイスを送っていました。
高校3年の男子生徒は「聞いたことを生かして次の大会で1位になれるよう頑張ります」と話していました。
羽根田選手は「実践的な質問も多く、生徒の意識の高さを感じた。
常に目標を持つことを大切にしてほしい」と話していました。







カヌー会場整備費は73億円 国内初の人工コースで17年度から着工



http://www.sanspo.com/sports/news/20170405/oly17040521110003-n1.html


2020年東京五輪のカヌー・スラローム会場の整備費を、
東京都が約73億円と見込んでいることが5日、分かった。
会場は自然環境に配慮して葛西臨海公園(江戸川区)から隣接地に変更され、
関係者によると国内初の人工コースとして17年度から着工に入る。
都議会の五輪・パラリンピック特別委員会で報告された。


高低差のある競技コースは長さ約200メートルでコスト削減を意識した
コンパクトな設計となり、約1万5千人収容の観客席を仮設で設置する予定。
大会後はラフティングなどの水上スポーツや水難救助訓練など
多目的に利用できる複合施設として計画されている。

昨年のリオデジャネイロ五輪では男子カナディアンシングルで
羽根田卓也選手(ミキハウス)が銅メダルを獲得した。


2017年の国際大会の日程です。


・6月16日〜18日 チェコ・プラハ
 2017 ICF CANOE SLALOM WORLD CUP 1

・6月23日〜25日 ドイツ・アウクスブルク
 2017 ICF CANOE SLALOM WORLD CUP 2

・6月30日〜7月2日 ドイツ・マルククレーベルク
 2017 ICF CANOE SLALOM WORLD CUP 3

・9月1日〜3日 イタリア・イヴレーア
 2017 ICF CANOE SLALOM WORLD CUP 4

・9月8日〜10日 スペイン・ラ・セウ・ドゥルジェイ
 2017 ICF CANOE SLALOM WORLD CUP FINAL

・9月27日〜10月1日 フランス・ポー
 2017 ICF Canoe Slalom World Championships(世界選手権)


いよいよシーズンイン。
週末の富山は生憎の空模様。
井田川も増水して、選手にとってはかなりタフなコンディション。

ハネタクだけではなく、全ての選手の健闘を祈ります。



<おまけ>

去年8月10日放送のひるおび。
ロンドン五輪代表の海渕 萌さんの実演付き。
スタジオのゲストの方の素朴な疑問って、
今の世間のカヌーに対するイメージと一致しているような気がします。
ハネタクがメディアに露出して、普及活動に努めていますが、
まだまだ先は長いようです。






<追記>

ハネタクのサインが当たった方のインスタより。


takuyahanedabunsui5.jpg


ハネタクのサインがヴァージョンアップして
よりサインらしくなっているような気が。
posted by pelo1000 at 19:00 | TrackBack(0) | イケメン
ファン
検索
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
頭皮湿疹 by pelo (11/17)
頭皮湿疹 by Kumi (11/10)
羽根田卓也 part.56 by peloさんの大ファン (04/06)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。