広告

posted by fanblog

2018年10月21日

岡田健史A

kenshiokada7.jpg


20年以上ぶりなんです。
ここまで若手俳優に夢中になっているのは。

気が付けば彼の出ている雑誌まみれ、
仕事中もドラマのワンシーンをUruのプロローグと共に思い出し、
ウルウルしているアラフォー。制御不能。
明らかにおかしくなっています。
晶が聖に出会ってしまってからのように。


岡田健史くん。
彼の人となりを知りたくて、雑誌を隈なくチェック。
まっすぐに育ってきて反抗期もなかったそう。
素直で偏見がなく、純粋無垢。
きっと彼と接した人たちは、彼のあまりの純粋さに
己の汚れちまった心を洗われるような感覚になるのでは?
自分もちゃんとしなくちゃと思わせてくれる人。
稀有な存在です。


小学校2年生から高校3年生まで野球をやっていたことは有名です。
健史くん、高校時代は寮生活でした。
peloの友人にある高校の強豪野球部の関係者(彼はストレート)がいて、
いろんな話を聞いているのですが、
寮生活はかなり厳しく管理されているそうです。

携帯電話も使用する時間が限られ、
実家へ帰れるのは、年末年始とお盆の数日。
土日は遠征三昧。
常に野球中心の生活で遊んでいる暇はほとんどないそう。

創成館野球部の監督の部訓「凡事徹底」。
当たり前のことを当たり前にすること。
野球じゃなくても社会で通用する人間になってほしいという監督の思いは
健史くんにはしっかり伝わっています。
ゴミ拾いが日課の健史。頭が下がる思いです。


中学1年の冬、学校帰りにスカウトされて、
それ以来、年に1~2回は東京から来てずっと誘われていたそう。
事務所関係者がどうしても諦めきれなくて、
そこまでしてもどうしても欲しかった逸材。
岡田という苗字は所属事務所の社長のもの。
事務所の力の入れ具合も半端ないです。


野球部引退後に演劇部に助っ人参加。
演劇部からスカウトされてお手伝いのつもりが、
健史くんが甲子園を目指していたように、
演劇部のみんなも全国大会を目指しているのを見て、
こんな心がけではダメだと思い努力したそう。
県大会の公演後に審査員から名指しで「君、いいね」と言われ、
その時の高揚感が忘れられなくて「俳優になりたい」と決意。


peloも高校演劇を3年間やっていて、毎年地区大会にも出場していました。
舞台を終えた後の高揚感っていうのはよくわかります。
健史くん、経験なしの助っ人なのに、審査員の目に留まるって
舞台上での存在感がすごかったのだと思います。
「髪を梳かす八月」の戯曲も秀逸だったようですが。


高校時代は人気者。ルックスよし、性格良し、運動神経抜群。
まさに漫画の世界の王子様。
卒業式では卒業生代表で答辞。

kenshiokada8.png


芸能界入りに当初反対していた両親からは
「野球しかやったことがないから、いろんな誘惑に負けないように。
 お金と女には気を付けろ。」と言われた健史。
東京は楽しかところやけど、自分ばしっかり持っとかんば、
流されてとんでもなか所に行きつくとよ、とpeloからも健史に伝えたい。
(爺さん、大きなお世話だよ!)


健史くんのことを知れば知るほど、もっともっととなっていく自分が怖い。
ダイヤモンドの原石を発見した時のワクワク感と、
泥沼に嵌まっていく恐怖感。
これから光り輝いていく過程を見ていくのはいとをかし。
デビュー作から制作陣や共演者にも恵まれ、
役者としての第1歩を踏み出した健史くん。


今1番欲しいものは演技力だそう。
それを手にすることができるなら、何だってやりたいとのたまう健史。
プロ意識もしっかり持っている健史くん、
今後の展開がとても楽しみです。


健史くんについてはいくら書いても書き足りないくらい。
また機会を見つけて独り言ちます。


「僕自身、年齢差の恋や同性愛など、いろいろな愛の形がある
 今の世の中において、”好き”という想いに年齢や性別、
 職業や立場は関係ないと思うタイプ。」



よくできた子ですこと。


健史くん、たくさんの雑誌に登場していますが、
TVガイドdan vol.20とCLUSTERは健史くんのインタビューが
盛り沢山で特におすすめです。

kenshiokada9.jpeg




peloが20年以上前に嵌まっていた俳優は「中村竜」くん。
あることがきっかけで好きになったのですが、
当時は写真集を買ったり、渋谷パルコの写真展に行ったり(会場はほとんど女子)、
代表作の「白線流し」は毎回リアルタイムで視聴。


ryunakamura.jpg


ルックスはもちろん、その自由な生き方にも憧れていました。
現在の姿を検索してみると、ひげを蓄え立派なパパに。
今でもサーフィン中心の生活は変わらないようです。
当時の写真集が行方不明なので、新たに注文したアラフォーなのでした。
あの時のpeloはまだ綺麗だったのに、今は焼け野が原。
時の流れはただ残酷すぎて・・・・

posted by pelo1000 at 17:30 | TrackBack(0) | イケメン

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8223289
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
頭皮湿疹 by pelo (11/17)
頭皮湿疹 by Kumi (11/10)
羽根田卓也 part.56 by peloさんの大ファン (04/06)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。