広告

posted by fanblog

2017年06月08日

加藤恒平

kohei1.jpg


サッカー日本代表にサプライズ招集された加藤恒平選手。
ブルガリア・ベロエに所属する27歳。(6月14日が誕生日)


代表発表の時に、記者たちがざわついたほど、情報が少ない選手。
peloも最近すごく気になっています。





なぜこんなにこーへいに惹かれるのかは明白。
こーへいが歩んできた道がpeloの心の機微に触れるからです。


今までJ1でプレーした経験がなく、
年代別代表に選ばれた実績もない。


kohei2.jpg


海外もイギリスやドイツではなく、
アルゼンチン、モンテネグロ、ポーランド、ブルガリア。


peloも中欧の小国に住んでいたので、こーへいの選んだ国には勝手に親近感を抱いています。
ポーランドとブルガリアは旅行で2度ほど行ったことがあります。
モンテネグロは行ったことがありません。
クロアチアのドブロブニクへ行ったときに、近いので訪ねていれば良かったとちょっと後悔。
(セルビアやボスニアには行ったことがあります。)


なのでこーへいのブルガリアでの生活がなんとなく想像できます。


小さい頃からサッカー馬鹿。いつもサッカーのことばかり考えている。

kohei3.jpg

しかも成績優秀でいつも学年トップクラス。
高校卒業後、立命館大学に進学。


アルゼンチンでは練習場の土が硬くてスパイクが刺さらず、
ランニングシューズで練習。
劣悪な環境で自分のサッカーを馬鹿にされることもあったそう。

kohei4.jpg


モンテネグロでは月3万円の苦しい生活。

kohei5.jpg


ポーランドでは開幕戦でいきなりマン・オブ・ザ・マッチに選出。
しかしながらチームは2部に降格。

kohei6.jpg


そしてたどり着いたブルガリア。
普段の生活はストイック。
お酒も飲まない、彼女もずっといない、洋服にもお金をかけない。

こーへい、かなりの料理上手。
野菜をふんだんに使ったバランスの取れた食事。

kohei7.jpg
(これだけ料理ができるとpeloの出番はないようです。)


ブルガリアでの年俸は約700万円。
これだけ貰えれば、ブルガリアではいい暮らしができますが、
他の海外組とは雲泥の差。

kohei8.jpg


kohei9.jpg


決してエリートではない。
いつも日の当たらないぬかるんだ道を歩いていても、
腐らずに自分を信じて頑張っていれば、見てくれている人は必ずいる。

ハリルジャパンのスタッフはこーへいを1年前から追いかけていたそう。
代表選で先発出場は難しいかもしれませんが、
こーへいの今までの努力が報わることを心から願います。





http://www.targma.jp/machida/2016/09/30/post5894/

ブルガリアに移籍する前に行われたインタビュー。
この頃からもう日本代表を意識していたんですね。
今読んでみるととても興味深いですし、
こーへいの人となりがよくわかります。


海外の小さな国で1人ストイックに頑張っているスポーツ選手。
<イケメンならモアベター(おばちゃま)。>

自分の好みがようやくわかったアラフォーでした。


kohei0.jpg










posted by pelo1000 at 16:15 | TrackBack(0) | イケメン

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6349271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
頭皮湿疹 by pelo (11/17)
頭皮湿疹 by Kumi (11/10)
羽根田卓也 part.56 by peloさんの大ファン (04/06)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。