KUWAOSA-158
ファン
検索
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
写真ギャラリー
記事ランキング
リンク
QRコード

その他・全般ランキング

2021年06月21日

その場を華やかに演出する紅白の胡蝶蘭大輪3本立て 中央部分がピンク色をした紅白の胡蝶蘭です

z01_33.jpgその場を華やかに演出する紅白の胡蝶蘭大輪3本立て
特別価格: 10,000円 (税込:11,000円)


紅白の胡蝶蘭大輪の3本立て
高さ 約85cm
約30リン以上 (つぼみ込)
※豪華ラッピング・御札等無料

中央部分がピンク色をした紅白の胡蝶蘭です。その場を華やかに演出してくれるような素晴らしい雰囲気を纏っています。

蝶が宙を舞うように見える花姿から胡蝶蘭という名前が付けられていて、「幸せが飛んでくる」という意味が込められています。このようないわれから、胡蝶蘭はお祝いの品物として選ばれることが多いお花です。

ほかにもまた、胡蝶蘭は高価な花のイメージがありますが、比較的お手入れが簡単で花姿を長く楽しむことができます。紅白のリップカラーなので、おめでたい場への贈り物として利用される方も多くいらっしゃいます。

※ピンクや紅白のお色につきましては、生産地や品種によって濃淡の差異が生じる場合がございますので、誠に恐れ入りますがご了承くださいませ。

胡蝶蘭はドライフラワーにできる?美しい花を長く楽しむ方法


胡蝶蘭は豪華な見栄えで花の持ちが良いことから、冠婚葬祭やお祝いなどのフォーマルなシーンで贈られることが多い花です。
大ぶりで優雅な胡蝶蘭だけでなく、最近ではカラフルな色が揃ったミディ系の胡蝶蘭も人気を集めています。

水持ちがよいお花なので鉢植えや切り花でも他の花に比べ比較的長く飾っておけるのですが、その美しい姿をもっともっと長く楽しむ方法があります。
実は胡蝶蘭もドライフラワーにすることができるのです。
胡蝶蘭のドライフラワー作りは自宅でも簡単に挑戦できます。

ドライフラワー作りとして最もメジャーで簡単な方法は、ハンギング法です。
ハンギング法とは花を逆さに吊るして自然乾燥させる作り方のことで、水分量が少なく茎がしっかりしているバラやカスミ草、ラベンダーなどに適しています。

しかし胡蝶蘭の花びらはしっかりとしていて厚みがあるため乾きにくく、水分が抜けると花の色が変わりやすく花茎も弱くなるので、ハンギング法は胡蝶蘭には適していません。

花を少量の水に差して徐々に蒸発させていく方法もあります。
特別なものを用意する必要もなく作り方も簡単ですが、出来上がりまでに時間がかかります。

花の色も悪くなりやすいので、胡蝶蘭のドライフラワー作りとしては難しいと言えるでしょう。

胡蝶蘭のドライフラワーを作るには、お菓子などの乾燥剤として使用されるシリカゲルを使うのがおすすめです。
シリカゲルにはドライフラワー作り専用の粉末状のものを使用します。

胡蝶蘭がすっぽり収まるサイズの容器に深さ3分の1程度のシリカゲルを敷き詰めて下さい。
浅く穴を掘り、胡蝶蘭を置きます。

花にまんべんなくシリカゲルをかけておくと、美しい花色のままドライフラワーに加工できます。
花びらの間にもくまなくシリカゲルをかけたら、花がしっかり隠れてしまうまでシリカゲルをかけ、容器に蓋をしたら一週間ほど保管します。

ドライフラワーになった胡蝶蘭は壊れやすく繊細です。
花びらを傷つけてしまわないように、丁寧に取り出して下さい。
ドライフラワーにすると胡蝶蘭は色が黒ずんでしまう品種もあるので注意して下さい。

花の色が濃い胡蝶蘭の方が、色が沈んでしまうものの生の花に近い色を残すことができます。

出来上がったドライフラワーの色が悪くなってしまうので日光に当たらないよう、風通しの良い場所にそのまま飾ったり雑貨としてアレンジしたりと楽しんでみて下さい。

色鮮やかなドライフラワーとしては数か月、褐色した色も楽しむのなら半永久的に飾り続けることができますよ。


その場を華やかに演出する紅白の胡蝶蘭大輪3本立てはこちら





==============胡蝶蘭の販売店【PREMIER GARDEN】==============

プレゼントとしても非常に喜ばれる花、胡蝶蘭♪

そんな胡蝶蘭を、【PREMIER GARDEN】では種類豊富にご提供
させていただいております。

是非この機会に、大切な方へ存在感抜群の胡蝶蘭を
贈ってみませんか。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BFP1Y+3I7XSQ+28UK+5YRHF
============================================================

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10810477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック