ファン
検索

メンズエステサロン
【エルセーヌMEN】

メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!
<< 2022年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント

2022年04月30日

G・S・オーム【1789年3月16日-4/30改訂】

こんにちはコウジです。「ガリレオ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1789年3月16日-1854年7月6日】



【スポンサーリンク】



オームの法則を見出したオーム


その名はGeorg Simon Ohm。


オームの法則で有名です。


オームの法則は定量的に回路を論じるときに不可欠で


非常に明快なので小学生レベルから説明出来ます。


子供に科学を教える時に理解しやすく、


実験的と原理がつながる事例として明快です。


電圧値;Eは電柱値;Iと抵抗値;R


の積なのです。E=RI。


 

ームの法則確立の経緯


オームは独学で数学、特に幾何学を習得してます。


研究生活に入る前に教師として生計を立てて


いる時期がありました。その後、


プロイセン王に幾何学に関する原稿を送り、


その論文で評価を受けました。ケルンの


ギムナジウム(中等教育機関)で


物理学を教える機会を得ます。


そこでの実験室で設備が充実していたことは


その後のオームにとってとても良かったのです。


 

オームの法則は、実の所はイギリスの


キャヴェンディッシュが先に発見している


ようですが彼は存命中に発表しませんでした。


オームはキャヴェンディッシュと意見交換


することなく独自に法則を


確立していて論文にまとめました。


 

オームの電子把握について


また、オーム自身は導体内での電子の挙動に関して


近接作用の側面から論じていたようですが


そんなエピソードからも目に見えないミクロな現象を


組み立てていく為に検証をしていく難しさを感じます。


「静電気」の概念が確立された後に、


電子が溜まっていく認識が出来て、


溜まったものに同位体を近接させると


電気が流れていくのです。


その時に電球(ライト)が点くのです。


相異なる物理量を抽出して結び付けていったのです。


 

そんな作業を一つ一つ進める困難の中、


原理を確立して社会に意義を問いかけた結果として、


現代に多大な功績を残し、オームの名は抵抗値の


単位として今後も使われていきます。


【スポンサーリンク】



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近、返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/30_初稿投稿
2022/04/30_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
ドイツ関係

時代別(順)のご紹介
電磁気関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


 

【2021年8月時点での対応英訳】



Ohm who found Ohm's law


Its name is Georg Simon Ohm. Famous for Ohm's law.


Ohm's law is indispensable and very clear when discussing circuits quantitatively, so it can be explained from the elementary school level.


It is easy to understand when teaching science to children, and it is clear as an example where experiments and principles are connected.


The voltage value; E is the product of the utility pole value; I and the resistance value; R. E = RI.



Background of the establishment of Ohm's law


Ohm was self-taught in mathematics, especially geometry, and had a time to make a living as a teacher before entering his research life. He then sent a manuscript on geometry to King Prussian, who was evaluated for the treatise and had the opportunity to teach physics at the Gymnasium in Cologne.


It was very good for Ohm after that that the laboratory there was well equipped.


Ohm's law, in fact, seems to have been discovered earlier by Cavendish in England, but he did not announce it during his lifetime.


Ohm established his own law without exchanging opinions with Cavendish and summarized it in his treatise.



About electronic grasp of Ohm


Also, Ohm himself seems to have argued about the behavior of electrons in the conductor as a result of proximity action, but even from such an episode, it is difficult to verify in order to assemble a micro phenomenon that is invisible. I feel it.


After the concept of static electricity is established, it is possible to recognize that electrons are accumulating, and when an isotope is brought close to the accumulated one, electricity flows. At that time, the light bulb arrives.


He extracted and linked the physical quantities that he had struck.


In the midst of the difficulty of proceeding with such work one by one, the name of Ohm, who established the principle and questioned the significance of society and left a great deal of achievement in modern times, will continue to be used as a unit of resistance value.

2022年04月29日

A・J・フレネル
【1788年5月10日-4/29改訂】

こんにちはコウジです。「フレネル」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1788年5月10日 ~ 1827年7月14日】



【スポンサーリンク】



フレネルとナポレオン


その名はオーギュスタン・ジャン・フレネル;
Augustin Jean Fresnelです。


フランスのノルマンディー地方で
建築家の父のもとに生まれます。
ナポレオン時代に生きた人で、
ナポレオンの運命で人生を大きな影響を受けました。
物理学者としてナポレオンに関わった
ヴォルタとは対照的です。
ヴォルタはナポレオンに好かれていて
伯爵の栄誉を受けています。


それに対してフレネルはナポレオンの
敵方についているのです。先ず、
フレネルは国立土木学校を卒業後に
色々な地方の地方の現場に赴任して
建設の仕事の経験を重ねます。


その傍らで関心のあった
光学関係の知見を得ていきます。
1815年におけるナポレオン・ボナパルトの
エルバ島脱出の際には国王勢の味方
となりましたが、その為にナポレオン施政下では
軟禁生活を余儀なくされます。
私見(しけん:私の考え)では、
この時の時間の過ごし方が少しニュートン
似ている気がしてしまいます。


実際にニュートンはペスト流行時に
学術交流できない時間を活用して
プリンキピアに繋がる思索の時間を作り、
まとめ上げました。


フレネルはナポレオン施政時の軟禁生活の
時間を使って光学の研究を進め、
波動性による考え方を確立して
回析現象を示したのです。


ナポレオンの百日天下が終わり、ルイ18世が再び即位すると
フレネルは復職しパリにて技師としての仕事を再開しました。



フレネルと光 


パリでの仕事としてフレネルは生活の為の仕事をし乍ら光学の研究を続けました。クリスティアーン・ホイヘンスやトマス・ヤングらが考えていた光の伝番についての当時の考えは縦波だろうと考えられていました。つまり、光は波動(波)として考えられますが、光は音波と同様に媒質(実は真空でも伝わります)を伝わる時は「縦波」であると考えられていたのです。それに対してフレネルは、偏光の説明を突き詰めて、光の波動説を実証したうえで、光が横波であると考えたのです。
『ここでの「縦波」や「横波」は進行方向に対してそれぞれ「平行」が「垂直」であるかに対応します。』


こうしたフレネルの光学理論は、複屈折現象などを上手く説明しました。またフレネルは、地球のような移動体での光路差について研究していきました。それはマイケルソン・モーレーの実験に繋がり、特殊相対論に示唆を与えたと言われています。


フレネルは光学理論をまとめあげ、1823年に「反射が偏光に与える諸変形の法則に関する論文」として発しました。この功績は広く称えられ、、フランス科学アカデミーの会員に選ばれたほか、物理学の世界で次々と認められました。


最後にフレネルはとても病弱でした。残念な事に結核を患い39歳で若くして亡くなってます。




【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2021/10/05_初版投稿
2022/04/29_改定投稿


旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
フランス関連のご紹介
電磁気関係
量子力学関係

力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2021年10月時点での対応英訳)



Fresnel and Napoleon


Its name is Augustin Jean Fresnel. Born to an architect's father in the Normandy region of France. A man who lived during the Napoleonic era, Napoleon's fate greatly influenced his life. First, after graduating from the National Civil Engineering School, Fresnel will be assigned to various local sites to gain experience in construction work. Beside him, he gains optics insights that he was interested in. He became an ally of the royal family when


Napoleon Bonaparte escaped from Elba Island in 1815, which forced him to live under house arrest under Napoleon's administration. In my opinion, the way I spend my time at this time is a bit like Newton. In fact, Newton made use of the time when academic exchange was not possible during the plague epidemic to create and organize a time for thinking that would lead to Principia. Fresnel used his time under house arrest during Napoleon's administration to study optics, establishing a wave-based mindset and showing the phenomenon of diffraction.


When Napoleon's Hundred Days ended and Louis XVIII reigned, Fresnel returned to work and resumed his work as his engineer in Paris.



Fresnel and light


As his work in Paris, Fresnel continued his optics research while working for a living. It was thought that the thoughts of Christiaan Huygens and Thomas Young on the transmission of light at that time would be longitudinal waves. In other words, light can be thought of as a wave, but when it travels through a medium (actually, it can also be transmitted in a vacuum) like sound waves, it was thought to be a "longitudinal wave."


Fresnel, on the other hand, scrutinized the explanation of polarized light, demonstrated the wave theory of light, and thought that light was a transverse wave.
"The" longitudinal wave "and" transverse wave "here correspond to whether" parallel "is" vertical "with respect to the traveling direction. 』\


Fresnel's optical theory explained the birefringence phenomenon well. Fresnel has also studied optical path lengths in mobile objects such as the Earth. It is said that it led to Michelson-Morley's experiment and gave suggestions to special relativity.


Fresnel summarized the theory of optics and published it in 1823 as "A Paper on the Laws of Deformation of Reflection on Polarized Lights". This achievement was widely praised, he was elected a member of the French Academy of Sciences and was recognized one after another in the world of physics.


Finally Fresnel was very sick. He unfortunately suffered from tuberculosis and died at the young age of 39.


ハンス・エルステッド
【1777年8月14日生まれ-4/29改訂】

こんにちはコウジです。「エルステッド」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1777年8月14日生まれ ~ 1851年3月9日没】



【スポンサーリンク】



デンマーク黄金時代の
リーダーエルステッド


ハンス・クリスティアン・エルステッド


; Hans Christian Ørsted


磁場の単位としてその名を残している人です。


ガウスと同じ年に生まれています。


ガウスやエルステッドの時代は電磁気学が


未開の時代だったとも言えます。


得られている知識が未だ断片的で、


全体像が見えていない状態で


手探りの把握を一つ一つ、数学的な


式化を含めて、ぐいぐい進めていたのです。


また、会社名としても名を残しています。


デンマーク黄金時代と呼ばれる時代があり


その時代のリーダーでした。


エルステッドは「思考実験」の概念を


打ち出した人だと言われています。正に


パラダイムシフトを起こした人です。


コペンハーゲンで活躍していました。


其処は後に量子力学が出来ていく上で


重要な議論が交わされる場になります。


また、エルステッドは


童話作家のアンデルセンとは親友です。


また、エルステッドの兄弟はデンマーク


首相を務めています。


こうった「こぼれ話」が豪華な人です。



 エルステッドの業績


物理学者としての業績として大きいのは


電流が磁場を作っていることの発見です。


それは1820年4月の出来事でした。電流近傍の


方位磁針は北でない方向を向いたのです。


そこから数年の内にビオ・サバールの法則、


アンペールの法則に繋がります。


 

エルステッドが物理学と深く関わる


きっかけとなったのはドイツのリッター


という物理学者との出会いでした。


エルステッド独自のカント哲学に


育まれた思想は後の物理学にはっきりした


方向性を与えたと思います。


エルステッドは多才な人物で、


博士論文ではカント哲学を扱っています。


他に美学と物理学でも学生時代に


賞を受けています。電流と磁場の関係も


カント哲学での思想、自然の単一性


が発想の根底にあったと言われています。


晩年は詩集を出版しています。


気球から始まった文章でした。



【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/04_初稿投稿
2022/04/29_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
デンマーク関係
電磁気学の纏め


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


【2021年8月時点での対応英訳】



 About Oersted


Hans Christian Ørsted


That person is the one who has left its name as a unit of Magnetic field. He was born in the same year as Gauss.


It can be said that the era of Gauss and Oersted was an era when electromagnetics was undeveloped. The knowledge gained was still fragmented, and I was groping for each and every one of them, including mathematical formulation, without seeing the whole picture. In addition, the name remains as the company name. There was an era called the Danish Golden Age, and Oersted was the leader of that era.


Oersted is said to have come up with the concept of a "thought experiment." He is exactly the person who caused the paradigm shift. He was active in Copenhagen.


It will be a place where important discussions will be held later in the development of quantum mechanics.


Oersted is also a close friend of the fairy tale writer Andersen. In addition, Oersted's brother is the Prime Minister of Denmark. Such a "spill story" is a gorgeous person.



 Job of Oersted


A major achievement of his work as a physicist is his discovery that electric current creates a magnetic field. It was an event in April 1820. The compass near the current pointed in a direction other than north. Within a few years, it will lead to Biot-Savart's law and Ampere's law.


It was the encounter with a physicist named Ritter in Germany that inspired Oersted to become deeply involved in physics.
I think that the ideas nurtured by Oersted's original Kant philosophy gave a clear direction to later physics.


Oersted is a versatile person, and his dissertation deals with Kant's philosophy. He has also received awards in his school days in aesthetics and physics. It is said that the relationship between electric current and magnetic field was based on the idea of ​​Kant's philosophy and the unity of nature.


Oersted published a collection of poems in his later years. He was a sentence that started with a balloon.


 

2022年04月28日

ヨハン・C・F・ガウス
【1777年4月30日生まれ‐4/28改訂】

こんにちはコウジです。「ガウス」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1777年4月30日生まれ ~ 1855年2月23日没】



【スポンサーリンク】



ドイツ生まれのガウス


ドイツのガウスは18世紀の数学者にして、物理学者にして、


天文学者です。ガウスの業績として大きいのはガウス分布、


ガウス関数、ガウスの最小自乗法、ガウスの法則等です。


物理というより数学で仕事を残しています。 


物理では磁束密度の単位に名を残しています。


数学で出てくるガウス分布はガウスの考察した関数


で表されていて、現代でも統計データの処理


で多用されます。実際にサンプル数が多くなると


この分布での表現が適していて「データの中心値」


を真ん中にしてグラフが綺麗な左右対称の山型となります。


山の頂上と裾野の「形」がガウス分布特有の形になります。


 

また、地球磁気の研究に関連した話として、


フーリエ級数展開に関しての研究を進め、


高速な計算方法を開発しました。特に、


データ数を2倍し続ける場合についてを議論を構築


していますが、それは後の時代に使われる


高速信号処理器の中での作動原理と本質的に同じものでした。


200年以上前に数学的なデシャブー現象があったのです。



ガウスの法則の導出


電磁気学の世界で出てくる「ガウスの法則とは


電荷量が取り囲む曲面から計算される。


といった有名な法則です。より細かくは


電束を面積分した総和が電荷密度の体積積分の総和と等しいと考えられ、その体積の内側にある電気の源を電荷と定義出来るのです。実際に電気の担い手が電荷だと考えると、地上の電位を基準として特定の等電位の導体を考えてみて、それよれり電荷密度が低い状態を正に帯電した環境、基準より電子密度が濃い状態を負に帯電した環境と考える事が出来るのです。


こういった考え方を進め、ガウスは


電気が流れていく状態を記述しました。


また、よく使われているCGS単位系の中に


ガウス単位系とも呼ばれる単位系があります。


パトロンが生活を支えたりしていたという時代背景


もありガウスは教授となる機会は無かったようですが、


デデキンドとリーマンは彼の弟子だったと言われています。


個人的にはやはり、物理学者というよりも数学者として


沢山の仕事を残してきた人ったと思います。


そして、


独逸人らしい厳密さで現象を極めたのです。



【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレス迄お願いします。
問題点には適時、
改定・返信をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/28_初稿投稿
2022/04/28_改定投稿



旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
ドイツ関連のご紹介へ
電磁気学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


 

【2021年8月時点での対応英訳】



Gauss of Germany 


Gauss of Germany is an 18th century mathematician, physicist and astronomer. His major achievements in Gauss are Gaussian distribution, Gaussian function, Gaussian least squares method, Gauss's law, etc. He has left his name in physics as a unit of magnetic flux density.


The Gaussian distribution that appears in mathematics is represented by the function that Gauss considered, and is often used in the processing of statistical data even in modern times. When the number of samples actually increases


The expression in this distribution is suitable, and the graph becomes a beautiful symmetrical mountain shape with the "center value of the data" in the center. The "shape" of the top and bottom of the mountain is unique to the Gaussian distribution.
In addition, as a story related to the study of geomagnetism, Gauss proceeded with research on Fourier series expansion, and Gauss developed a high-speed calculation method. He specifically builds a debate about when he keeps doubling the number of data, which is essentially the same principle of operation in high-speed signal processors used in later times. There was a mathematical deshabu phenomenon over 200 years ago.


It is a famous law that appears in the world of electromagnetism, such as "Gauss's law is calculated from the curved surface surrounded by the amount of electric charge."



electrical property of surface


The sum of the surface integrals of the electric flux is considered to be equal to the sum of the volume integrals of the charge density, and the source of electricity inside that volume can be defined as the charge. Considering that the actual bearer of electricity is the electric charge, consider a conductor with a specific equipotential potential based on the electric potential on the ground. You can think of the state as a negatively charged environment. Advancing this way of thinking, Gauss described the state in which electricity is flowing.


In addition, there is a unit system called Gaussian unit system among the commonly used CGS unit systems.


Gauss did not seem to have had the opportunity to become a professor, partly because the patrons supported his life, but it is said that Dedekind and Lehman were his disciples.


Personally, I think Gauss has left a lot of work as a mathematician rather than a physicist.


And Gauss mastered the phenomenon with his unique rigor.

2022年04月27日

A=マリ・アンペール
【1775年1月20日生まれ4/27改訂】

こんにちはコウジです。「アンペール」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1775年1月20日生まれ ~ 1836年6月10日没】



【スポンサーリンク】



 アンペールの生い立ちと足跡


その名は正確にはアンドレ=マリ・アンペール_


André-Marie Ampère。フランス・リヨンに生まれます。


当時、現象整理の進んでいなかった中で


電磁気現象の理解を深め、電磁気学の


創始者の一人として考えられています。アンペールの父は法廷勤務の真面目な人だったようですが、フランス革命時に意見を述べすぎて断頭に処せられてしまいます。そしてアンペールは大変なショックを受けたと言われています。革命は色々な傷跡を残していたのですね。


アンペアはアンペールの名にちなみます。また、


アンペールの名は右ねじの法則で有名です。


(右ねじの法則をアンペールの法則という時があります)


内容としては、一般的な右方向(時計方向)に


回していく事で進むような、ねじを使った例えです。


そのねじを手に取ってみた時にネジ山のイメージ


が磁場をイメージしていて、ネジが進んでいく方向が


電流の進んでいく方向をイメージしてます。


別のイメージで例えると直流電流が流れる時に


ネジの尖った方が電気の流れる方向で


ネジ山方向が磁場の発生するイメージです。


 

 アンペールの業績


アンペールの例えはとても直観的で


分かり易いと思えます。学者が陥りがちな


「独善的」とでも言えるような分かり辛い説明


ではなく、誰に伝えても瞬時に「おおぉ。」


と感動出来る事実の伝え方ですね。


また、アンペールはこの事実を伝えるために


二本の電線を平行に使い、


電気が流れる方向を同じにしたり・反対にしたりして


その時に電線が引き合い・反発する例を示しました。


この事は電気を流した時の磁場の発生する


方向のイメージから明らかです。


電磁気学が発展していない時代に、


大衆を意識して分かり易い実験法が求められる


時代に明確な事実を示したのです。


導線の周りに発生する磁場を想像してみるとよいのです。


今でも電流の仕組みを子供に示す事が出来るような


素晴らしい実験だと思います。


目に見えない「磁場」という実在が


如何に振る舞うかイメージ出来ます。


磁場という実在がはっきり掴めていない時代に


アンペールは目に見える形で磁場を形にしたのです。


それは大きな仕事だったと言えます。後世に


そこからさらに理論は発展していくのです。



【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/03_初稿投稿
2022/04/27_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
フランス関連のご紹介
熱統計関連のご紹介
電磁気学の纏め


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2001年8月時点での対応英訳)



 Life of Ampere


The name is André-Marie Ampère to be exact. He is born in Lyon, France.


He gained a better understanding of electromagnetic phenomena and is considered one of the founders of electromagnetics, even though he was not well organized at the time. Ampere's father seems to have been a serious court worker, but he was decapitated during the French Revolution by overstated his opinion. Ampere is said to have been very shocked. The revolution left a lot of scars, didn't it?


The unit ampere of electric current is named after Ampere. Also, Ampere's name is famous for the right-handed screw rule. (Sometimes the right-handed screw law is called Ampere's law.) The content is an analogy using a screw that advances by turning it in the general right direction (clockwise direction).



Job of Ampere


When I pick up the screw, the image of the screw thread is the image of a magnetic field, and the direction in which the screw advances is the direction in which the current advances.


Another image is that when a direct current flows, the pointed screw is in the direction of electricity flow and the magnetic field is generated in the screw thread direction.


Ampere's analogy seems very intuitive and straightforward. It's not an incomprehensible explanation that scholars tend to fall into, even if it's "self-righteous," but it's a way of telling the fact that you can instantly be impressed with "Oh."


Ampere also used two wires in parallel to convey this fact, and showed an example in which the wires attracted and repelled when the directions of electricity flow were the same or opposite.


This fact is clear from the image of the direction in which the magnetic field is generated when electricity is applied.


In an era when electromagnetics was not well developed, Ampere showed clear facts in an era when publicly conscious and easy-to-understand experimental methods were required.


Imagine the magnetic field that occurs around a conductor.


I think it's still a wonderful experiment that can show children how the electric current works.


You can imagine how the invisible "magnetic field" actually behaves.


Ampere visibly shaped the magnetic field in an era when the reality of the magnetic field was not clearly understood. It was a big job. The theory develops further from there in posterity.

こんにちはコウジです。「ヤング」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300=【13628@4/5】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【 1773年6月13日生まれ ~ 1829年5月10没】

2022年04月26日

ジョン・ドルトン
John Dalton【1766年9月6日‐4/26改訂】

こんにちはコウジです。「ドルトン」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1766年9月6日~1844年7月27日】




【スポンサーリンク】

_

先ずドルトンを検索で調べると同名の学校法人が出てきますが、
本記事は英国生まれの物理学者にして化学者である人物に関する記載です。

_

若き日のドルトン



ドルトンは若い時代に大変苦労をしています。



先ず、家族がクエーカー教徒であった為に

大学に入れませんでした。当時の英国は

イングランド国教会に属していない宗派は

差別を受けており、ドルトンはクエーカー教徒

だという理由で大学に入る事が出来なかったのです。

_

その業績を考えてみると

何より原子説の提唱が大きいです。

_

ドルトンが研究していた19世紀初頭の

物理学会では物質の根源を考えるにあたり

直接原子核に相互作用を与えて結果を

考察する理論的な土壌は乏しかったのです。

_

実際にドルトンは化学的な反応の

側面からアプローチしていき、今でいう

「倍数比例の法則」の論拠を考えていく中で、

その考え方が如何にして成立するか

を考える中で、反応に関わる

物質の質量比率を考えた帰結として、

原子を想定したのです。そういった考察の中では

原子の大きさも主たる関心でなくても良いのです。


ドルトンの業績


後の原子核反応における考察では

反応に関わる距離や、反応に無関係な距離

が大事になってくるのです。

_

それに反してドルトンの時代の感心事

の中心は反応自体がいかにして想定できるかであって、

純度を高めた物質の集団同士が反応して

別の物質に変質するかという現象が感心事なのです。

_



また、定量的評価での「ジュール」という物理量

の導入でもドルトンは大きな仕事を残しています。

また、ドルトン自身が色覚異常の人だった為に

色覚の研究でも仕事を残していて

「ドルトニズム (Daltonism)」

という言葉が今でも使われています。





【スポンサーリンク】


以上、間違いやご意見があれば以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが、必ずお答えします。
nowkouji226@gmail.com


2022/01/07_初回投稿
2022/04/26_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イギリス関係
ケンブリッジ関連
電磁気関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


【2022年1月時点での対応英訳】


Dalton of the young day


Dalton has a hard time very much in his younger days.


At first he was not able to enter the university because his family was a Quaker. In the U.K. at the time, the denomination which did not belong to an English national church received discrimination, and Dalton was not able to enter the university for a reason to be a Quaker.
_
A proposal of the atomism is big above all when I think about the achievements.
_
The theoretical soil which gave an atomic nucleus interaction directly on thinking about the root of the material in Physical Society of the early 19th century when Dalton studied it, and examined a result was poor.
_
He actually assumed an atom as the conclusion that thought about the mass ratio of the material concerned with a reaction while he thought about whether the way of thinking did how it, and it was established while Dalton approached it from the side of the chemical reaction and thought about a ground of "the law of multiple proportion" to say in now. The size of the atom does not need to be main interest in such consideration, too.


Business results of Dalton
Distance about reaction and the distance that is unrelated to a reaction become important for the consideration in the later nuclear reaction.
_
I meet you how the center of the feeling mind of the times of Dalton can assume reaction itself against it, and a phenomenon whether the groups of the material which raised purity react, and changes in quality to a different material is feeling mind.
_


In addition, Dalton leaves big work by the introduction of the physical quantity called "Joule" by the quantitative evaluation. In addition, because Dalton oneself was a color-blind person, even a study of the sense of color leaves work unfinished, and the word "ドルトニズム (Daltonism)" is still used.

2022年04月25日

ジャック・C・シャルル
【1746年11月12日生まれ4/25改訂】

こんにちはコウジです。「シャルル」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1746年11月12日生まれ ~ 1823年4月7日没】


 
【スポンサーリンク】



シャルルの生い立ち


その名を全て書き下すと、


ジャック・アレクサンドル・セザール・シャルル


:Jacques Alexandre César Charles


カールという名前をフランス風に読むと


シャルルとなるそうです。


また、セザールって


ミドル・ネームもフランス風だったのですね。


物理学で出てくるシャルルは


フランスに生まれた発明家にして物理学者


にして数学者、そして気球乗りです。


物理学者としては


ボイル・シャルルの法則で有名ですね。


それと同時に水素を使った気球で


初めて飛行した人なのです。



シャルルの研究業績


シャルルは


@「ボイルの法則」や、


Aキャヴェンディッシュの仕事の研究や


BJ・ブラックら当時最新の仕事を研究していき、


「水素の物性」に着目し続けました。


比重が空気に比べて、とても軽いのでシャルルなりの発想で考え、気球に応用出来ると考えたのです。そこでシャルルはプロトタイプの気球を設計しロベール兄弟に製作を依頼しました。パリの工房で気球を作り始めたのです。材料としてはゴムをテレピン油に溶かし、絹のシートにそれを塗った物を使っています。



シャルルの有名な実験


1783年8月27日にシャルルとロベール兄弟は、今のエッフェル塔がある場所で世界初の水素入り気球の飛行試験を行いました。その時には御爺さんだったベンジャミン・フランクリンもアメリカから見に来ていたそうです。そして、ベンジャミンフランクリンはその年の暮れには別の気球を使って有人気球の初飛行を行っています。この時には「王家からルイ・フィリップ2世が率いた一団が見ていて、着陸時に馬で気球を追いかけ、シャルルと同乗していたロベールが気球から降りる際に気球が再び浮かないよう押さえつけた」、というエピソードが残っています。【カッコ内の引用はwikipediaから】
まさに国中の人が注目していたイベントだったのですね。


40万人がシャルルの初飛行を見たと言われています。特にプロジェクト資金集めとして募金を募ったのですが、応じた数百人は特等席で離陸を見れたそうです。その席にはアメリカ合衆国大使としてのベンジャミン・フランクリンもいました。この時代から挑戦を通じて国際交流が実現していたのですね。また、シャルルの尊敬していたジョセフ・モンゴルフィエも居たそうです。


そうした冒険家が残した法則がシャルルの法則です。
V1/T1 = V2/T2 として簡単化出来ますが、
異種気体の体積と温度の関係を簡単に
表していますね。実験、経験から事実が
導き出される良い例だといえます。



スポンサーリンク】




以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2021/01/22_初稿投稿
2022/04/25_原稿改定


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
フランス関連のご紹介
熱統計関連のご紹介
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


【2021年8月時点での対応英訳】



About sharles 


If you write down all the names, Jacques Alexandre César Charles


If you read the name Karl in a French style, it will be Charles. Also, the middle name of Cesar was French.



Charles's work


Charles, who appears in physics, is an inventor, physicist, mathematician, and balloonist born in France. He is famous as a physicist for Boyle-Charles' law. At the same time, he was the first person to fly on a hydrogen balloon.


Charles is actually


@ "Boyle's Law" and


A Research on Cavendish's work


B J. Black and others researched the latest work at that time,


He continued to focus on the "physical characteristics of hydrogen."


He thought that the specific density was much lighter than that of air, so he thought of it as Charles's idea and could apply it to balloons. So Charles designed a prototype balloon and asked the Robert brothers to make it. He started making balloons in a workshop in Paris. The material used is rubber dissolved in turpentine and coated on a silk sheet.



Charles's famous experiment


On August 27, 1783, the Charles and Robert brothers conducted the world's first flight test of a hydrogen-containing balloon at the location of the current Eiffel Tower. At that time, his grandfather Benjamin Franklin also came to see him from the United States. And Benjamin Franklin made his first flight of a popular balloon at the end of the year using another balloon. At this time, "a group led by Louis Philippe II was watching from the royal family, chasing the balloon with a horse at the time of landing, and holding down the balloon so that it would not float again when Robert, who was on board with Charles, got off the balloon." The episode remains. [Quotation in parentheses is from wikipedia]
It was an event that people all over the country were paying attention to.


It is said that 400,000 people saw Charles' first flight. In particular, we raised funds to raise funds for the project, but it seems that hundreds of people who responded were able to see takeoff in the special seats. There was also Benjamin Franklin as the United States Ambassador to the seat. From this era, international exchange has been realized through challenges. There was also Joseph Montgolfier, whom Charles respected.


The law left by such adventurers is Charles's law. It can be simplified as V1 / T1 = V2 / T2, but it simply shows the relationship between the volume and temperature of different gases. I think this is a good example where facts can be derived from experiments and experiences.

2022年04月24日

A・ヴォルタ 
【1745年2月18日生まれ 4/24改訂】

こんにちはコウジです。「ヴォルタ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1745年2月18日生まれ ~ 1827年3月5日没】



【スポンサーリンク】



 ボルタについて


ボルタの名は正確には


アレッサンドロ・ジュゼッペ・アントニオ・


アナスタージオ・ヴォルタ伯爵


:Il Conte Alessandro Giuseppe Antonio Anastasio Volta_


という長い名前ですが日本では単純に「ボルタ」


と表現しています。以後この表記を使います。


ボルタはイタリアに生まれ物理学の研究者となります。


 

 ボルタの業績


特筆すべきは実験的に静電容量を観測し、


電荷と電位を明確に分けて議論する土壌を作りました。


初学者には混同されがちですが


電位と電圧(電位差)は明確に


異なる概念です。アースして低電位側を


地球の地面と同じ電位状態にした時に


完全に両者は一致しますが通常は異なります。


電位は場合に応じて変動して当然の物理量です。


電荷の蓄積である電位を定量的に表現し、


電位の差を使って電圧(電位差)を明確に


出来る様にしました。その功績は電位差の


単位であるボルトとして残っています。


ボルタはまた、電池の発明でも成果を残しました。
世界初の電気貯蔵装置の開発です。
無論、初期の電池には
危険性・貯蔵量・電圧の持続特性
といった点で現代の物と見劣り
するでしょうが電気を貯めて持ち運び
する発想は素晴らしいものです。
現代でも発展を続ける大事な技術です。



ボルタとナポレオン 


最後に、ボルタはナポレオンが大好きでした。
逆にナポレオンもボルタに敬意を示します。
そんな関係ですから、ナポレオンの在位中に
ボルタは伯爵の称号を与えられています。



【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/01_初稿投稿
2022/04/24_改定投稿


旧サイトでのご紹介
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イタリア関係のご紹介
力学関係のご紹介

電磁気学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


【2021/8/14時点での対応英】



About Volta


The name of Volta is exactly the long name of Alessandro Giuseppe Antonio Anastasio Volta_: Il Conte , but in Japan it is simply expressed as "Volta". We will use this notation hereafter. Volta was born in Italy and became a physics researcher.



Job of Volta


Of particular note is the experimental observation of capacitance and the creation of a soil for discussions that clearly separate charges and potentials. Often confused by his beginners


Potential and voltage (potential difference) are distinctly different concepts. When grounded and the low potential side is in the same potential state as the earth's ground,They are exactly the same, but usually different. The electric potential fluctuates depending on the case and is a natural physical quantity.


The potential, which is the accumulation of electric charge, is quantitatively expressed, and the voltage (potential difference) can be clarified using the difference in potential. The achievement remains as a bolt, which is a unit of potential difference.


Volta has also been successful in inventing batteries.
He is the development of the world's first electric storage device.
Of course, for early batteries
Hazard, storage capacity, and voltage persistence characteristics
Inferior to modern ones in that
You will do, but you can store electricity and carry it around.
His ideas he makes are wonderful.
It is an important technology that continues to develop even today.



Volta and Napoleon


Lastly,
Volta loved Napoleon.
On the contrary, Napoleon also pays homage to Volta.
Because they are such two people, during Napoleon's reign
Volta has been given the title of Count.



 

2022年04月23日

シャルル・ド・クーロン
【1736年6月14日生まれ‐4/23投稿】

こんにちはコウジです。「クーロン」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1736年6月14日生まれ ~ 1806年8月23没】



【スポンサーリンク】



 クーロンの人物像


クーロンの名前は正確には


シャルル=オーギュスタン・ド・クーロン


(Charles-Augustin de Coulomb)


と記載されます。フランス人です。調べてみると


もともとクーロンは測量の仕事などもしていました。


時代柄、色々な分野で功績を残しています。


 

 クーロンの研究生活


まず、力学的な側面では摩擦に関する研究があります。


とても意外な側面だと思えました。電磁気学で著名なクーロンが


表面状態の考察をしているのです。


電磁気の担い手はとても微細な存在、電子であるのに反して


摩擦現象はそれら微細粒子が物凄い数集まって


相互作用の複雑な運動した結果として論じられる現象なのです。


後述する「ねじり天秤」のデリケートさとは結びつきませんでした。


クーロンは特定の機械が動く時点を考察しています。


「部品間での摩擦とロープの張力」を考慮して


機械全体での動きを論じています。


詳細を追いかけたらきっと


現代の我々から見ても興味深い筈です。


工学的な側面と表面物性からアプローチして


細かく考察すると面白い筈です。そして何より、


当時の視点からは革新的な研究だろうと思えます。


 

 クーロンと電磁気学


電磁気的な側面では「ねじり天秤」での実験が有名です。


微細な力を検知出来るような仕組みで導体表面


での帯電状態を計測したのです。生活の視点では、


力学は目で見て分かりやすく、電磁力学は目で見て


分かり辛いと言えます。それだから、今でも


静電気でびっくりしたり、手品の種として


電気的性質が使われたりします。


当然、今でも高電圧の配線は子供の手の


届かない所に敷設され、運用されているのです。


クーロンは結果的に電荷に働く力は距離の自乗


に反比例すると示しました。こうした電磁気学における


業績が広く認められ、クーロンの名前は電荷の単位


として今も使われています。クーロンの考えは


後の電磁気学、長い目で見れば


場の理論につながっているのです。


〆 


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
問題点に対しては適時、
返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/29_初稿投稿
2022/4/23_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
フランス関連のご紹介
電磁気学関係
量子力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


【2021年8月時点での対応英訳】



About Coulomb


The name of Coulomb is written exactly as Charles-Augustin de Coulomb. He is french When I looked it up, Coulomb was also doing surveying work. He has made achievements in various fields due to his time.



Coulomb job


First, on the mechanical side, there is research on friction. This fact seemed to be a very surprising aspect. Coulomb, a well-known in electromagnetism, considers the surface state.


The bearer of electromagnetism is a very fine existence, an electron, whereas the friction phenomenon is a phenomenon that is discussed as a result of the complicated movement of the interaction by gathering a tremendous number of these fine particles. It was not related to the delicacy of the "torsion scales" described later.


Coulomb considers when a particular machine will move. He discusses movement throughout the machine, taking into account "friction between parts and rope tension". If he chases the details, it will surely be interesting to us today. It should be interesting to approach him from the engineering side and the surface physical characteristics and consider it in detail. And above all, from the perspective of those days, it seems to be an innovative research.



 Electric side of Colomb job


On the electromagnetic side, experiments with "torsion scales" are famous. He measured the state of charge on the surface of the conductor with a mechanism that could detect minute forces. From the perspective of life, mechanics is easy to understand visually, and electromagnetic dynamics is hard to understand visually. Therefore, they are still surprised by static electricity and electrical properties are used as a seed for magic tricks.


Of course, high-voltage wiring is still laid and operated out of the reach of children. Coulomb eventually showed that the force acting on the charge is inversely proportional to the square of the distance. His work in electromagnetism has been widely recognized, and the Coulomb name is still used as a unit of charge. Coulomb's ideas led to later electromagnetism, the theory of fields in the long run.

2022年04月22日

J・L・ラグランジュ
【1736年1月25日生まれ‐4/22改訂】

こんにちはコウジです。「ラグランジュ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1736年1月25日生まれ ~ 1813年4月10日没】



【スポンサーリンク】


 

その名を全て書き下すと、


ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ


Joseph-Louis Lagrange



ラグランジュの生きた時代


ラグランジュはイタリアのトリノで生まれ


プロイセン王国・フランスで活躍しました。


そんな彼の生きた人生は革命の起きていた時代でした。


同時代のラボエジェが処刑された事に際し


ラグランジュは何故自身が生き延びたか


自問自答したのではないでしょうか。


何故なら彼はマリー・アントワネットの


先生を務めていたからです。


 

ラグランジュの業績 


学問の世界でラグランジュは多大な業績を残しています。


物理学者というより数学者としての仕事に思えてしまいます。


力学体系の整理をしてラグランジュ形式と言われる


理解を進めています。私も学生時代に


ラグランユアンと呼ぶ関係を多用しました。


解析力学と呼ばれる分野で、


ラグランジュ方程式につながります。


後の数論につながる議論もしていますし、


天体に関する研究等もしています。


 

 考え方の有効性


ラグランジュの解析的な考えが有効だったのは


各種物理量を一般化して変分と呼ばれる類の


数学的な形式につながるからです。


後の量子力学はニュートンの作った微積分


だけではなく物理量の関係を


ラグランジュの使ったような関係で表現します。


つまり、


「ラグランジュアン」と呼ばれる数学形式を使います。


また、ラグランジュはエネルギー保存則から


最少作用の原理を導きその考えは力学に留まらずに


電磁気学・量子力学でも使われています。


こういった定式化でのパラダイムシフトが


後の体系に不可欠です。


 

ラグランジュの未定乗数法や


定式化されたラグランジュアン


は誰しもが認める見事なものです。


そして、ラグランジュの名は


今でもエッフェル塔に刻まれています。


彼の残した仕事と栄誉と共に。


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
最近は返信出来ていませんが
全てのメールを読んでいます。
適時返信のうえ改定を致しします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/02_初稿投稿
2022/04/22_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
フランス関連のご紹介
熱統計関連のご紹介
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2021年8月時点での対応英訳)


If you write down all the names,


Joseph-Louis Lagrange



The era of Lagrange's life


Lagrange was born in Turin, Italy and was active in the Kingdom of Prussia, France. His life was a revolutionary era.


When his contemporary Labo Eger was executed, Lagrange might have asked himself why he survived.


Because he was a teacher of Marie Antoinette.



Lagrange's achievements


In the academic world, Lagrange has made great achievements. He seems more like his job as a mathematician than as a physicist.


He organizes the mechanical system and promotes the understanding of what is called the Lagrangian form. I also used a lot of relationships called Raglan Yuan when I was a student.


In a field called analytical mechanics, it leads to the Lagrange equation. We are also discussing things that will lead to later number theory, and we are also doing research on celestial bodies.



Effectiveness of thinking


Lagrange's analytical idea was effective because it generalizes various physical quantities and leads to a kind of mathematical form called variation.


Later quantum mechanics expresses not only the calculus made by Newton but also the relationship of physical quantities with the relationship used by Lagrange. In other words, it uses a mathematical form called "La Grand Juan".
In addition, Lagrange derives the principle of minimum action from the law of conservation of energy, and the idea is used not only in mechanics but also in electromagnetism and quantum mechanics. A paradigm shift in these formulations is essential for later systems.


The Lagrange's undetermined multiplier method and the formalized Lagrange Jean are undisputed and stunning.


And the name of Lagrange is still engraved on the Eiffel Tower. With the work and honor he left behind.


2022年04月21日

ジェームズ・ワット
【1736年1月19日生まれ ‐4/21改訂】

こんにちはコウジです。「ガリレオ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1736年1月19日生まれ ~ 1819年8月25日没】






【スポンサーリンク】




 ワットとはどんな人でしょう


ワットは蒸気機関の改良を通じて産業革命に

大きな成果を残したイギリスの偉人です。

イギリスにおいて産業革命が起きて、

年4回の耕作が行われ始めていき、

農業従事者が自営業から雇われ農夫となったり、

植民地からの労働力を含めて人が大きく動き、

工場稼働率が高まっていく中で、

急激に市場が拡大して産業が大きく変化していくのです。

そうし時代に蒸気機関や紡績機に対しての

技術開発に対する研究の重要性は増していきました。

 

そんな中、ワットはグラスゴー大学でジョゼフ・ブラックら

の協力を得て工房を作り作業を続けます。

蒸気機関を対象に研鑽を続けます。

 ワットによる蒸気機関の開発


ワットは具体的な改良には蒸気機関における凝縮器の設計をします。具体的には排熱効率を見直すことによってロスを減らして出力効率を大きく高めたのです。当初の設計でシリンダー部での熱の出入りが非効率である事情に着目していて、そこを改良した訳です。ポールトンという資金面での協力者も得て、ワットは事業化に成功して成功を修めます。

ワットが最終的に成功を収めた話を初めにしましたが、

実際の所は製品化までに大きな道のりがありました。

当時の加治屋さん達は今と比べて精度の低い生産過程

を当たり前だと思っていたので、ミリ単位

(場合によってはさらに高精度)の加工を

現在考えるような誤差範囲でこなしていく事は

出来なかったのです。蒸気機関の性質上、

ピストンとシリンダー間の寸法誤差は

大きく性能を損ねます。丸い形で摺動方向に

延びていくピストンとシリンダーの精度を

上げていく事は大変な作業だった筈です。最終的には

大砲製造に向けて開発された「精密、中ぐり技術」

を使い製造していきます。また一方で、ワットはこれらの

製造に関わる技術に対しての特許習得にも

配慮しなければなりませんでした。

そういった創意工夫を重ねる中でワットは

関連会社の仕事として「鉱山の揚水機械」

の仕事を受けます。それは大変大きなもので、

直径127センチメートルのシリンダーをもった

7メートル以上の大きさの機械でした。

あまりに大きいので専用の建屋を建てて

運営していたそうです。その後、

機械に色々な改良を加えていきます。

益々効率的な機械になっていったのです。

 そのほかのワットの業績


現代の自動車のエンジンで当たり前に使われている、フライホイールもワットの発明です。回転ムラを無くして機械を円滑に動作させることで動きの効率を上げて振動を抑え、耐久性を向上させるのです。

何より、

ワットはそうした仕事の中でエネルギーの定式化を進め

力(Newton)の概念から仕事量(Watt)の概念を発展させました。

多くの人々から尊敬を受けました。考え抜いた討論をして自分の見識を広げていった人でした。近年、イギリスのお札に肖像画が用いられています。


【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信出来てませんが
必要箇所は適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2021/07/07_初回投稿
2022/04/21_原稿改定


旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
イギリス関係のご紹介
力学関係のご紹介
熱統計関連のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


 

(2021/年8月時点での対応英訳)

What kind of person is Watt?


Watt is a great British man who has made great strides in the Industrial Revolution through the improvement of steam engines.

Due to the Industrial Revolution in Britain, four farms are cultivated a year, farmers are hired from self-employment to become farmers, people including labor from the colony move significantly, and the factory utilization rate increases. In the meantime, the market will expand rapidly and the industry will change drastically.

In that era, the importance of research on technological development for steam engines and spinning machines increased.

Meanwhile, Watt continues his work at the University of Glasgow with the help of Joseph Black and others to create a workshop. He continues his studies on steam engines.

Development of steam engine by Watt


As a concrete improvement, in the design of the condenser in the steam engine, Watt reduced the loss and greatly increased the output efficiency by reviewing the exhaust heat efficiency. His original design focused on the inefficiency of heat in and out of the cylinder, which was improved. With the help of Paulton, a financial collaborator, Watt succeeds in commercializing it.

We started with the story of Watt's ultimate success, but in reality there was a big road to commercialization.

At that time, Kajiya and others took it for granted that the production process was less accurate than it is now, so it was possible to handle machining in millimeters (or even higher precision in some cases) within the margin of error that we are currently thinking about. I didn't. Due to the nature of the steam engine, dimensional errors between the piston and cylinder will significantly impair performance. It must have been a difficult task to improve the accuracy of the piston and cylinder, which have a round shape and extend in the sliding direction. in the end

We will manufacture using the precision and boring technology developed for cannon manufacturing. On the other hand, Watt had to consider obtaining patents for these manufacturing technologies.

While repeating such ingenuity, Watt receives the work of "pumping machine of the mine" as the work of the affiliated company. It was a very large machine, over 7 meters in size with a cylinder with a diameter of 127 centimeters.

It was so big that he built and operated a dedicated building. After that, he made various improvements to the machine. It has become an increasingly efficient machine.

Other Watts achievements


The flywheel, which is commonly used in modern automobile engines, is also Watt's invention. By eliminating uneven rotation and operating the machine smoothly, the efficiency of movement is increased, vibration is suppressed, and durability is improved.

Above all, Watt proceeded with the formulation of energy in such work and developed the concept of work (Watt) from the concept of force (Newton).

He was respected by many. He was a person who had a well-thought-out discussion and broadened his insight. In recent years, portraits have been used on British bills.




2022年04月20日

平賀源内【1728年生まれ‐4/20改訂】

こんにちはコウジです。「平賀源内」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1728年生まれ ~ 1780年1月24日没】



【スポンサーリンク】



平賀源内について


少し時代が古いです。平賀源内は江戸時代、


田沼意次が老中を務めていた時代で


多彩な能力を発揮しています。物理学関係に留まらない。


そもそも、平賀源内は讃岐の国に生まれます。


家祖は信濃源氏の平賀氏。平賀氏は武田氏に敗れ、


一度、改姓して源内の時代に平賀姓に復姓しています。



時代考察


 

科学史の観点から平賀源内の時代を考えてみると欧米と日本の時代のずれを感じます。その「ずれ」は大きなものでニュートンがバローからルーカス職を受けたのが1664年、万有引力を定式化したのが1665年であることを思い起こせば西洋と日本の隔たりはとても大きいです。加えて、平賀源内が「発明」したであろうものの独自性を考えていくと「新規性」という部分が殆ど見受けられません。内容は後述しますが、後世に残して人類の財産と出来るものは作り出せなかったのです。無論、当時の人々には目新しく、庶民に啓蒙をして意識を変えていった業績は大きいのですが、「数学」なりの学問体系を整えてはいません。足し算引き算が出来ても「微分。積分」それなあに?って有様でした。教育制度が大きく異なる事情があるのですが、結果は大きく異なるのです。日本ではその後、
数理学の学問体系は数百年間未開のままでした。



平賀源内の業績


 

平賀源内が手掛けた分野は医学、薬学、漢学、


浄瑠璃プロデュース、鉱山の採掘、金属精錬、


オランダ語、細工物の販売、


油絵、俳句と多岐にわたりました。


その一つが「発明」で平賀源内は物理現象の啓蒙に


一役買っているのです。所謂、エレキテルの紹介ですね。


エレキテルは不思議な箱で内部にガラスによる


摩擦起電部と蓄電部を持っています。実の所、


平賀源内が発明したというよりオランダ製の物を


平賀源内が紹介した訳ですが江戸時代の


庶民達には摩訶不思議な魔法に見えたでしょうね。


なにより、平賀源内の現象理解は現在の学問体系


とは大きく異なっていたようです。


念の為にコメントしておくと、新しい考えを作り出して発表して他の国の人に内容を問いかけたりする動きは見受けられません。平賀源内の時代から百年以上後に海外の学問理解を学び、自ら論文を書いていき、世界に内容を問いかけるのです。そこまでの道のりは、まだまだ長いのです。平賀源内はそんな時代の先人でした。



【スポンサーリンク】



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/18_初稿投稿
2022/04/20_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
日本関連のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2021年8月時点での対応英訳)



about GENNAI


It's a little old story. Hiraga Gennai is demonstrating a variety of abilities during the Edo period and when Tanuma Okitsugu was a senior citizen. It goes beyond physics.


In the first place, Hiraga Gennai was born in Sanuki Province.


His ancestor is Mr. Hiraga of Shinano Genji Family. Mr. Hiraga was defeated by Mr. Takeda, and once changed his name to Hiraga in the Gennai era.


If you think about the times in Hiraga Gennai from the perspective of the history of science, you can feel the difference between the times of Europe, America and Japan. The "deviation" is large, and the gap between the West and Japan is very large, recalling that Newton received the Lucas job from Barrow in 1664 and formulated universal gravitation in 1665. In addition, when considering the uniqueness of what Hiraga Gennai would have "invented," there is almost no "novelty." I will explain the contents later, but I could not create something that could be left as a property of humankind for posterity. Of course, it was new to the people at that time, and although it was a great achievement to educate the common people and change their consciousness, it has not prepared an academic system like "mathematics". Even if addition and subtraction are possible, "differentiation. Integral" What is it? It was like that. There are circumstances where the education system is very different, but the results are very different. In Japan, the academic system of mathematics has remained undeveloped for hundreds of years since then.



Work of GENNAI


Hiraga Gennai's fields ranged from medicine, pharmacy, Chinese studies, joruri production, mine mining, metal refining, Dutch, craft sales, oil paintings, and haiku.


One of them is "invention", and Hiraga Gennai plays a role in enlightening physical phenomena. This is the introduction of so-called Elekiter.


Elekiter is a mysterious box that has a glass triboelectric generator and a power storage unit inside. As a matter of fact, Hiraga Gennai introduced a Dutch product rather than an invention by Hiraga Gennai, but it seemed like a mysterious magic to the common people in the Edo period.


Above all, it seems that the understanding of phenomena in Hiraga Gennai was very different from the current academic system.


If you comment just in case, there is no movement to create and announce new ideas and ask people from other countries about the content. More than 100 years after the time of Hiraga Gennai, he learned to understand foreign scholarship, wrote a treatise himself, and asked the world about the content. The road to that point is still long. Hiraga Gennai was a pioneer of that era.

平賀源内【1728年生まれ‐4/20改訂】

こんにちはコウジです。「平賀源内」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1728年生まれ ~ 1780年1月24日没】



【スポンサーリンク】



平賀源内について


少し時代が古いです。平賀源内は江戸時代、


田沼意次が老中を務めていた時代で


多彩な能力を発揮しています。物理学関係に留まらない。


そもそも、平賀源内は讃岐の国に生まれます。


家祖は信濃源氏の平賀氏。平賀氏は武田氏に敗れ、


一度、改姓して源内の時代に平賀姓に復姓しています。



時代考察


 

科学史の観点から平賀源内の時代を考えてみると欧米と日本の時代のずれを感じます。その「ずれ」は大きなものでニュートンがバローからルーカス職を受けたのが1664年、万有引力を定式化したのが1665年であることを思い起こせば西洋と日本の隔たりはとても大きいです。加えて、平賀源内が「発明」したであろうものの独自性を考えていくと「新規性」という部分が殆ど見受けられません。内容は後述しますが、後世に残して人類の財産と出来るものは作り出せなかったのです。無論、当時の人々には目新しく、庶民に啓蒙をして意識を変えていった業績は大きいのですが、「数学」なりの学問体系を整えてはいません。足し算引き算が出来ても「微分。積分」それなあに?って有様でした。教育制度が大きく異なる事情があるのですが、結果は大きく異なるのです。日本ではその後、
数理学の学問体系は数百年間未開のままでした。



平賀源内の業績


 

平賀源内が手掛けた分野は医学、薬学、漢学、


浄瑠璃プロデュース、鉱山の採掘、金属精錬、


オランダ語、細工物の販売、


油絵、俳句と多岐にわたりました。


その一つが「発明」で平賀源内は物理現象の啓蒙に


一役買っているのです。所謂、エレキテルの紹介ですね。


エレキテルは不思議な箱で内部にガラスによる


摩擦起電部と蓄電部を持っています。実の所、


平賀源内が発明したというよりオランダ製の物を


平賀源内が紹介した訳ですが江戸時代の


庶民達には摩訶不思議な魔法に見えたでしょうね。


なにより、平賀源内の現象理解は現在の学問体系


とは大きく異なっていたようです。


念の為にコメントしておくと、新しい考えを作り出して発表して他の国の人に内容を問いかけたりする動きは見受けられません。平賀源内の時代から百年以上後に海外の学問理解を学び、自ら論文を書いていき、世界に内容を問いかけるのです。そこまでの道のりは、まだまだ長いのです。平賀源内はそんな時代の先人でした。



【スポンサーリンク】



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/18_初稿投稿
2022/04/20_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
日本関連のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2021年8月時点での対応英訳)



about GENNAI


It's a little old story. Hiraga Gennai is demonstrating a variety of abilities during the Edo period and when Tanuma Okitsugu was a senior citizen. It goes beyond physics.


In the first place, Hiraga Gennai was born in Sanuki Province.


His ancestor is Mr. Hiraga of Shinano Genji Family. Mr. Hiraga was defeated by Mr. Takeda, and once changed his name to Hiraga in the Gennai era.


If you think about the times in Hiraga Gennai from the perspective of the history of science, you can feel the difference between the times of Europe, America and Japan. The "deviation" is large, and the gap between the West and Japan is very large, recalling that Newton received the Lucas job from Barrow in 1664 and formulated universal gravitation in 1665. In addition, when considering the uniqueness of what Hiraga Gennai would have "invented," there is almost no "novelty." I will explain the contents later, but I could not create something that could be left as a property of humankind for posterity. Of course, it was new to the people at that time, and although it was a great achievement to educate the common people and change their consciousness, it has not prepared an academic system like "mathematics". Even if addition and subtraction are possible, "differentiation. Integral" What is it? It was like that. There are circumstances where the education system is very different, but the results are very different. In Japan, the academic system of mathematics has remained undeveloped for hundreds of years since then.



Work of GENNAI


Hiraga Gennai's fields ranged from medicine, pharmacy, Chinese studies, joruri production, mine mining, metal refining, Dutch, craft sales, oil paintings, and haiku.


One of them is "invention", and Hiraga Gennai plays a role in enlightening physical phenomena. This is the introduction of so-called Elekiter.


Elekiter is a mysterious box that has a glass triboelectric generator and a power storage unit inside. As a matter of fact, Hiraga Gennai introduced a Dutch product rather than an invention by Hiraga Gennai, but it seemed like a mysterious magic to the common people in the Edo period.


Above all, it seems that the understanding of phenomena in Hiraga Gennai was very different from the current academic system.


If you comment just in case, there is no movement to create and announce new ideas and ask people from other countries about the content. More than 100 years after the time of Hiraga Gennai, he learned to understand foreign scholarship, wrote a treatise himself, and asked the world about the content. The road to that point is still long. Hiraga Gennai was a pioneer of that era.

2022年04月19日

L・オイラー
【1707年4月15日生まれ-4/19改定】

こんにちはコウジです。「オイラー」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】



【スポンサーリンク】


L・オイラーのLはレオンハルトのLです。



オイラーの業績 


スイスのオイラーは当時の18世紀の数学界の中心となり、後の世に数学が厳密になっていく一方で、モデルが洗練されていくのですが、それを使いこなす為の基礎を固めました。その活動範囲は多岐にわたります。他の人が見つけたと思っていた業績が、実はオイラーの仕事の焼き直しだったりした事が多々ありました。後に出てくるガウスと合わせて数学界の二大巨人であると言われているのです。加えて、


オイラーは右目を失明していたので


「単眼の巨人(サイクロプス)」


と数学界で呼ばれていたそうです。


まさに怪人ですね。同時に


天文物理学でも業績を残しています。


物理学で使う数学手法も残しました。オイラーが


定式化した自然対数と三角関数の関係は


私自身も何度も何度も、繰り返し使いました。



オイラーの人生 


さて、オイラーの人生における転機は


大学時代に師となるベルヌーイが


その才能を見出したタイミングでした。


神学の道を目指していたオイラーの


両親をベルヌーイが説得して


オイラーは数学の道を選びます。


 

オイラーは招かれて外国で数年


過ごしたりしながら研究を続け


ましたが、視力が低下していき


遂には失明してしまいます。


それでもオイラーは精力的に


論文執筆の活動を続けました。


頭の中で計算式を操り、


口頭で協力者に内容を伝え、


文章に起こしてもらい、


論文を次々と完成させたのです。


そんな困難の中、


オイラーは晩年の研究を続けていました。


人生をかけた研究だったと思います。



〆最後に〆


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/26_初稿投稿
2022/04/19_改定投稿


旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
スイス関係のご紹介

量子力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】



【2021年8月時点での対応英訳】


L. Euler's L is Leonhard's L.



Job of Euler


Euler in Switzerland became the center of the 18th century mathematics world at the time, laying the foundation for mastering sophisticated models while mathematics became more rigorous in later generations. The range of activities is wide-ranging. In many cases, the achievement that others thought they had found was actually a rehash of Euler's work. He is said to be one of the two giants in mathematics, along with Gauss, who will appear later. father,


Euler was blind in his right eye, so he was called "monocular giant (cyclopes)" in the mathematical world. It's just a monster. He also has a track record in astrophysics.


Euler also left behind the mathematical techniques used in physics. I myself used the relationship between the natural logarithm and trigonometric functions formulated by Euler over and over again.



LIFE of  Euler


Now, the turning point in Euler's life was when his teacher Bernoulli discovered his talent during his college days.

Bernoulli convinces Euler's parents who were aiming for the theological path, and Euler chooses the path of mathematics.


Euler was invited to spend several years abroad and continued his research, but his eyesight deteriorated and he eventually lost his eyesight.


Still Euler is energetically


He continued his treatise writing activities.


Euler manipulated the formulas in his head, verbally communicated to his collaborators, had them transcribed, and completed his treatises one after another.


In the midst of such difficulties, Euler continued his studies in his later years. I think it was a study that took his life.


2022年04月18日

ベンジャミン・フランクリン
【1706年1月17日生れ-4/18改訂】

こんにちはコウジです。「ベンジャミンフランクリン」の原稿を改定します。昨日はベンジャミンが亡くなってから330年が経過した日です。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1706年1月17日生れ-1790年4月17日没】



【スポンサーリンク】



 米国建国の父ベンジャミン


その名はベンジャミンフランクリン


:Benjamin Franklin,_


グレゴリオ暦1706年1月17日の生まれですが、


ユリウス暦では1705年1月6日にあたります。


そんな両方の暦を使う時代に生まれた人でした。


フランクリンは政治家として、外交官として、著述家として、物理学者として、また気象学者として活躍します。後述する13徳を実践する謙虚な人であって努力家です。それに加えて実務家です。フランクリンの残した「フランクリン自伝」はアメリカのロング・ベストセラーの一つとなっていて今でも100ドル札には肖像人物としてベンジャミンフランクリンが使われています。(2021年3月調べ)広くアメリカ人に愛され続けています。



 フランクリンの業績


フランクリンの業績として有名な物は凧を使った雷の実験です。フランクリンはライデン瓶の実験がされていると聞き電気に興味を持ちました。1752年に雷鳴り響く嵐の日に凧をあげました。その時、地上側の凧糸の先にワイヤーで接続したライデン瓶を連動させることでその時の上空の帯電状態を示す作業をしました。非常に直接的な実験ですがその電圧が数億ボルト(流れる電流が数十万アンペア超)とも言われる現象に対してベンジャミンフランクリンが、どの程度の理解をもって納得しながら実験の設定を行ったかについては、大きな問題を感じます。実際に21世紀になってから、アイドルのコンサートでの落雷事故があった事は記憶に新しいでしょう。フランクリンの時代に検証実験を試みて多数の死者が出た事実もある事から「絶対に真似をしてはいけない」実験であると言えます。その実験を行ったフランクリンの勇気は手放しで賞賛出来ない部分がありますが、それを踏まえて考えてみても、人々に尊敬される偉人なのです。

フランクリンの偉業は他にも続き、避雷針、燃焼効率の


高いストーブ、遠近両用眼鏡を次々と発明しました。


そして、フランクリンはその発明に対して


特許はとらないで社会に還元しました。


アメリカ独立宣言の起草にも加わっていたと言われます。



フランクリンの13徳


自らの自律心でコツコツと独学で事を成し遂げてきた


フランクリンは13徳と呼ばれる戒律を実践していたと言われます。


最後にご紹介させて下さい。


13徳(Wikipedeaより引用、週に一つずつ各徳目に身を捧げました


◆節制 :
飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。


◆沈黙 :
自他に益なきことを語るなかれ。

駄弁を弄するなかれ。


◆規律:
物はすべて所を定めて置くべし。

仕事はすべて時を定めてなすべし。


◆決断 :
なすべきをなさんと決心すべし。

決心したることは必ず実行すべし。


◆節約:
自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。

すなわち、浪費するなかれ。


◆勤勉:
時間を空費するなかれ。

つねに何か益あることに従うべし。
無用の行いはすべて断つべし。


◆誠実:
詐りを用いて人を害するなかれ。

心事は無邪気に公正に保つべし。
口に出だすこともまた然るべし。


◆正義:
他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを

与えずして人に損害を及ぼすべからず。


◆中庸:
極端を避くべし。たとえ不法を受け、

憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。


◆清潔:
身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。


◆平静:
小事、日常茶飯事、

または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。


◆純潔:
性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、

これにふけりて頭脳を鈍らせ、身体を弱め、又は自他の平安
ないし信用を傷つけてはいけない。


◆謙譲:
イエスおよびソクラテスに見習うべし。



【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2021/04/02_初稿投稿
2022/03/18_改定投稿


纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
アメリカ関係へ

電磁気関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】



(2021年8月時点での対応英訳)-



American great Franklin


His name is Benjamin Franklin, _ Gregorian was born on January 17, 1706, but in the Julian calendar died on January 6, 1705. He lived in an era when he explained using both calendars. Franklin is active as a politician, diplomat, writer, physicist, and meteorologist. He is a humble and hard worker who practices the 13 virtues described below. He is also a practitioner. Franklin's "Franklin Autobiography" has become one of America's longest-selling books, and Benjamin Franklin is still used as a portrait on the $ 100 bill. (Surveyed in March 2021) He continues to be widely loved by Americans.



 Job of Franklin


One of Franklin's most famous achievements is the experiment of lightning with a kite. Franklin was interested in electricity when he heard that Leyden jars were being tested. He flew a kite in 1752 on a thunderous stormy day. At that time, he worked to show the state of charge in the sky at that time by interlocking a Leyden jar connected with a wire to the tip of the kite string on the ground side. It is a very direct experiment, but about how Benjamin Franklin convinced him to set up the experiment with respect to the phenomenon that the voltage is said to be hundreds of millions of volts (current flowing over hundreds of thousands of amperes). Feels a big problem. It will be fresh in my memory that there was a lightning strike at an idol concert in the 21st century. It can be said that it is an experiment that "never imitate" because there is a fact that a large number of people died when trying a verification experiment in Franklin's time. Franklin's courage to carry out the experiment has some parts that cannot be praised, but even if you think about it, it is certain that he is a great man who is respected by people.


Franklin's feat continued, and he invented lightning rods, combustion-efficient stoves, and bifocals.


And Franklin gave back to society without his patent for his invention.



Thirteen Virtues


He is said to have been involved in the drafting of the United States Declaration of Independence.


Franklin, who has accomplished things by himself with his own autonomy, is said to have practiced a commandment called 13 virtues.


Let me introduce you at the end.


[13 virtues (quoted from Wikipedea, devoted to each virtue once a week)]




  1. ◆Temperance. Eat not to dullness; drink not to elevation.

  2. ◆Silence. Speak not but what may benefit others or yourself; avoid trifling conversation.

  3. ◆Order. Let all your things have their places; let each part of your business have its time.

  4. ◆Resolution. Resolve to perform what you ought; perform without fail what you resolve.

  5. ◆Frugality. Make no expense but to do good to others or yourself; i.e., waste nothing.

  6. ◆Industry. Lose no time; be always employ'd in something useful; cut off all unnecessary actions.

  7. ◆Sincerity. Use no hurtful deceit; think innocently and justly, and, if you speak, speak accordingly.

  8. ◆Justice. Wrong none by doing injuries, or omitting the benefits that are your duty.

  9. ◆Moderation. Avoid extremes; forbear resenting injuries so much as you think they deserve.

  10. ◆Cleanliness. Tolerate no uncleanliness in body, clothes, or habitation.

  11. ◆Tranquility. Be not disturbed at trifles, or at accidents common or unavoidable.

  12. ◆Chastity. Rarely use venery but for health or offspring, never to dullness,
    weakness, or the injury of your own or another's peace or reputation.

  13. ◆Humility. Imitate Jesus and Socrates.


(I quoted these from Wikiledia.)

2022年04月17日

ダニエル・ベルヌーイ【1700年2月8日生まれ‐3/17改訂】

こんにちはコウジです。「ベルヌーィ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗CKazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1700年2月8日生まれ ~ 1782年3月17日没】



【スポンサーリンク】



 ベルヌーイ一族


ダニエル・ベルヌーイの名前で


ダニエルって大事です。科学史


に詳しい人ならピンと来るの


ですが、ベルヌーイ一族は沢山、


科学史に出てきます。


3世代で8人が著名人です。



先ず、今回取り上げたダニエルはスイスに生まれ


3兄弟で、全て物理学者・数学者です。


また、ダニエルの父の世代にも何人かの


学者が居るようで、ダニエルの叔父の仕事を父が


引継ぐ場面もあったようです。


 

 ダニエルベルヌーイとその父


また、こんな事もありました。


1734年のパリ・アカデミー大賞で


父のヨハンと息子のダニエルが


同時に賞を受賞した事が父の名誉


を傷つけダニエルはベルヌーイ家


から出入り禁止の扱いを受けます。


父は死ぬまでダニエルを恨んで


いました。有名なダニエルの


流体力学に関する著作でヨハンによる


盗用もあったようです。家名が重い故に、


ヨハンは名誉で目がくらみ、良識を忘れています


 

そんな事もありましたが、ダニエルは研究を続け、


パリ・アカデミー大賞の受賞も10回になったようです。


何よりニュートン力学と数学を考え


合わせ「流体力学」を発展させました。


非粘性流体に対する「ベルヌーイの法則」は有益で、


変形する物体にニュートン力学の適用範囲を広めています。


そうした仕事は船舶の運航等に大変、役立ちました。


 


 

【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/30_初回投稿
2022/04/17_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
スイス関係のご紹介
フランス関連のご紹介
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】




(2021年8月時点での対応英文)


Daniel is important in the name of Daniel Bernoulli. If you are familiar with the history of science, it will come to you, but there are many Bernoulli families in the history of science. Eight people are celebrities in three generations.


First of all, Daniel, who was born in Switzerland, has three brothers, all of whom are physicists and mathematicians.


Also, it seems that there are some scholars in Daniel's father's generation, and there was a scene where his father took over the work of Daniel's uncle.


Also, there was such a thing.


The simultaneous award of his father Johann and his son Daniel at the 1734 Paris Academy Awards hurts his father's honor and Daniel is banned from the Bernoulli family.


His father had a grudge against Daniel until his death. It seems that there was plagiarism by Johann in the famous work on fluid dynamics of Daniel. Because of his heavy family name, Johann is dazzled by honor and forgets good sense.


However, Daniel continued his research and seems to have won the Paris Academy Awards 10 times. Above all, he developed "fluid mechanics" by considering Newtonian mechanics and mathematics.


"Bernoulli's principle" for non-viscous fluids is useful and extends Newtonian mechanics to deforming objects.


Such work was very useful for the operation of ships.


2022年04月16日

コリン・マクローリン
【1698年2月‐4/16改訂】

こんにちはコウジです。「マクローリン」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。
【以下原稿です】


【1698年2月 ~ 1746年6月14日】



【スポンサーリンク】



 マクローリンについて


マクローリンの名を耳にするのは


数学の講義ではないでしょうか。


物理学者というよりも数学者ですが


一昔前の物理学と数学は境目があいまいでした。


その名を全て記すとコリン・マクローリン


(Colin Maclaurin)です。


Wikipedeaで「マクローリン」という言葉だけで検索したら
ロボットアニメが出てきたりしますが、
「マクローリン展開」で検索すると一発です。
  



マクローリンの業績について


クローリンは特に彼の名にちなんだ展開で有名です。
その内容は「0を中心としたテイラー展開」であって、
とても特別な場合なのですが
その有益性は非常に大きいのです。
その有益性は単純な私達では思い付かなかったでしょう。


込み入った話をすると、マクローリンが定式化した
数学的な定式化は「任意の関数の級数への分解」です。
任意の関数が持つ変化率を、
1次成分の寄与、2次成分の寄与、3時成分の寄与、、、
と分けて表現していくのです。


 



マクローリンと残した仕事 


 マクローリンは英スコットランドに生まれました。
ニュートン_と仕事をする中で彼の信頼を得て、
大学への推薦状を書いてもらう程でした。


マクローリン自身もニュートン_の考えに惚れ込んでいて、
ニュートンの紹介を目的として出版活動をしていました。
こうした仕事を通じてスコットランド啓蒙運動
に勤しんだ【いそしんだ】のです。


多くの人は高校時代以降に数学を使わなくなるでしょうが、
実生活の中で数学の世界はとても役に立っています。
特に、今回ご紹介しているマクローリンの考えは
一般関数の級数展開といった考えにつながり、
その考えは最終的にデジタル回路における近似処理
に繋がるのです。スマホの中とかの回路での処理原理です。
一般の人は意識しませんが恩恵を受けています。


理工学系の過程に進む初学者は出来るだけ


数学と産業のつながりを意識して下さい。


一見関係ないように思える数学の世界も、その概念を


土台として現代の応用技術が成り立っているのです。


無意味無乾燥に思える講義の内容が


貴方の人生で思わぬ成果を生む場合があります。



〆最後に〆


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/11/06_初稿投稿
2022/04/16_改定投稿



【スポンサーリンク】

 

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イギリス関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2021年8月時点での対応英訳)



About McLaughlin


Isn't it a math lecture that you hear the name of McLaughlin? He is a mathematician rather than a physicist, but a decade ago physics and mathematics had a vague line. The name is Colin Maclaurin.


If you search for "Macroline" in Wikipedea, you will see robot animation, but if you search for "Macroline expansion", it will be one shot.
Twice



About McLaughlin's achievements


McLaughlin is especially famous for his developments. The content is "Taylor development centered on 0", which is a very special case, but its usefulness is very great. Its benefits would not have come to our minds simply.


To put it in a complicated way, the mathematical formulation that McLaughlin formulated is "decomposition of an arbitrary function into a series". The rate of change of an arbitrary function is expressed separately as the contribution of the primary component, the contribution of the secondary component, the contribution of the 3 o'clock component, and so on.



Work left with McLaughlin


McLaughlin was born in Scotland, England.
While working with Newton, he gained his trust and even got a letter of recommendation to the university. McLaughlin himself fell in love with Newton's ideas and was publishing for the purpose of introducing Newton. Through these jobs, I worked for the Scottish Enlightenment Movement.


Many people will stop using math after high school, but the world of math is very useful in real life. In particular, the idea of ​​McLaughlin introduced this time leads to the idea of ​​series expansion of general functions, and that idea eventually leads to the approximation processing in digital circuits. It is a processing principle in a circuit such as in a smartphone. The general public is not aware of it, but they are benefiting from it. Beginners who advance to the science and engineering process should be aware of the connection between mathematics and industry as much as possible.


Even in the world of mathematics, which seems unrelated at first glance, modern applied technology is based on that concept. The content of a lecture that seems meaningless and dry may produce unexpected results in your life.

2022年04月15日

P・V・ミュッセンブルーク
【1692年3月14日-4/15改訂】

こんにちはコウジです。「ミュッセンブルーク」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1692年3月14日-1761年9月19日没】






 【スポンサーリンク】

ライデン瓶を考案したミュッセンブルーク


その名はピーテル・ファン・ミュッセンブルーク

;Pieter van Musschenbroek。

ライデン瓶の発明で知られているオランダの物理学者です。

ポンプや顕微鏡、望遠鏡を作る職人の子として生まれます。

何より、最初の蓄電器であるライデン瓶

を作ったことで知られています。

ラテン語学校でギリシア語・ラテン語・フランス語・英語、ドイツ語などを学んだ後にライデン大学で医学博士となります。当時の学識の付け方は今と大きく異なっていたようですね。そして、ロンドンで当時の大物である物理学者ニュートンの講義を受けています。

その後、ミュッセンブルークは数学、哲学、医学、占星術の教授を歴任します。占星術は当時の教養の中で合理的な学問体系であると考えられていて、少し前の時代には王家に使えていたノストラダムスが天文学と占星術を修めていたという史実もあります。そして、ミュッセンブルークが1726年に刊行した「Elementa Physica」では広くニュートンの理論をヨーロッパに広めています。

 ミュッセンブルークと帯電現象の理解


その後、

静電気の力を中心にミュッセンブルークは関心を深め、

ガラス瓶の中に充満した水の中で帯電した棒が

反発しあう現象を形にします。非常に効果的な装置で

水の中で実験を行うことで、重力の効果を浮力の

効果を打ち消して微細な反発力をとらえられます。

また、支点を介した二つの棒が重力と直角方向に

開いていくので開いた角度がθの時に重力の分力が

Sinθで考えられるのです。

数学上、θが0の近傍ではSinθが殆ど0なのです。

理論で期待される効果が目視で確認できます。

浮力が重力を打ち消す効果と分力でSinθだけ考えればよい

事情が相まって電気による微細な反発力が目に見える

効果として現れます。開き角度が狭い時点では

殆ど重力の効果がない形で

帯電に起因する力が可視化出来るのです。

 

それまで帯電棒をこすり続けたりしなければ

示せなかった「静電容量に起因する力」が

ミュッセンブルークによって示されました。

後の電磁気学の発展に繋がっていきます。

確かな一歩が残されたと言えるでしょう。


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2021/07/01_初回投稿
2022/04/15_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
オランダ関係のご紹介へ
イギリス関係のご紹介

電磁気関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2021年8月時点での対応英訳)

About Musschenbrook 


Its name is Pieter van Musschenbrook

; Pieter van Musschenbroek.

Musschenbruck is a Dutch physicist known for the invention of the Leyden jar. He is born as a child of a craftsman who makes pumps, microscopes and telescopes. He is best known for making his first capacitor, the Leyden jar.

He will become a Doctor of Medicine at Leiden University after studying Greek, Latin, French, English, German, etc. at a Latin school. It seems that his way of learning at that time was very different from what he is now. And he is taking a lecture in London by the then-big physicist Newton.

After that, Musschenbrook was a professor of mathematics, philosophy, medicine and astrology. Astrology is considered to be a rational academic system in the culture of the time, and there is a historical fact that Nostradamus, who was used for the royal family a while ago, studied astronomy and astrology. And in "Elementa Physica" published by Musschenbrook in 1726, Newton's theory is widely spread in Europe.

Method of Musschenbrook


After that, Musschenbrook deepened his interest around the force of static electricity, and formed a phenomenon in which charged rods repel each other in the water filled in a glass bottle. By conducting experiments in water with a very effective device, the effect of gravity can be canceled by buoyancy and a minute repulsive force can be captured.

Also, since the two rods that pass through the fulcrum open in the direction perpendicular to gravity, the component force of gravity can be considered in Sinθ when the opening angle is θ.

Mathematically, Sin θ is almost 0 near θ of 0.

You can visually confirm the effect expected in theory.

The effect of buoyancy canceling gravity and the fact that only Sinθ needs to be considered as a component force combine to make a minute repulsive force due to electricity appear as a visible effect. When the opening angle is narrow, the force caused by charging can be visualized with almost no effect of gravity.

Work of Musschenbrook


Musschenbrook showed the "force due to capacitance" that could only be shown by rubbing the charging rod until then. It will lead to the later development of electromagnetism.

It can be said that Musschenbrook has left a solid step.

2022年04月14日

ウィリアム・ローレンス・ブラッグ【1890年3月31日 〜 1971年7月1日】


【スポンサーリンク】


ブラッグの名前を英語でつづるとWilliam Lawrence Braggです。結晶によるX線回折についての法則「ブラッグの法則」でよく知られているオーストラリア生まれの物理学者です。英連邦から英国本国で学んで研究を進めた物理学者はラザフォード(ニュージーランド出身)が思い浮かびますが、ブラッグの場合はお父様と一緒にイギリスへ移住しています。ローレンスは優秀で14歳でアデレード大学に進学します。渡英後の1909年の秋には無試験で数学の奨学金を得てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学します。1911年に首席で物理学科を卒業。1914年にはトリニティ・カレッジのフェローシップに選ばれています。トリニティ・カレッジでのフェローシップでは論文の提出や試問に関わる自然科学系の受賞者として史上最年少記録として語り継がれています。


息子であるローレンス・ブラッグはエックス線を結晶格子にあてて、格子を構成する原子をX線が回折する様子を思いつきました。つまり個々の粒子にX線が当たった時に光子が入射方向と角度をもって回折されていく様子をイメージできたのです。個々の粒子が結晶構造を持っていたとしたら原子配置に応じて反射波は特定のパターンを描くはずであると分析したのです。結晶パターンに従って回折したX線ビームの「透過後のパターン」を計測して結晶内の原子の配置を算出(推定)するアイデアを父であるヘンリー・ブラッグに話しました。父ヘンリーはリーズ大学で息子ローレンスのアイディアを使いX線分光計を開発したのです。開発した装置が、色々な結晶の分析が可能としました。1915年(息子のローレンスが25歳の時に)父ヘンリー・ブラッグと共にノーベル物理学賞を受賞します。この25歳での受賞は自然科学の分野では現在でも最年少の受賞となっています。非常に悲しい出来事なのですが同年にはローレンスの兄弟がガリポリの戦いで戦死したという悲しい事件もありました。その直後の時期に、親子はノーベル物理学賞受賞の知らせを聞いているのです。


そもそも、ローレンスが5歳の時に3輪車で転び腕を骨折しました。父ヘンリーがその時に、最新情報・ヴィルヘルム・レントゲンによるX線の発見を思い出し、検査に応用したのが始まりです。父ヘンリーの検査事例はオーストラリアでのX線の初の医学的応用となりました。そこから話を親子は計測を発展させて、もっとサイズの小さい結晶構造を考察する道具としてX線を解析の道具としてつかったのです。その家族の歴史がノーベル賞につながったのです。


また一方でローレンスの研究は第一次世界大戦と第二次世界大戦のときに中断されました。戦時下では有能な才能が軍事的に貢献されることが好ましかったのです。ローレンス自身の当時の意向は調べ切れていませんが、それぞれの大戦でローレンスは敵兵器の場所を特定する音響測位法の研究に従事しました。海洋探査の現場で使われる方法で大気中で兵器の位置を測定をしようとしていたようです。第一次大戦の際にはミリタリー・関連の勲章と大英帝国勲章を受けています。また、1916年、1917年、1919年に3回、柏葉敢闘章 (Mentioned in Despatches) を授与されています。


1948年頃にはX線によるタンパク質構造の研究に関心を持ち、物理学の知識を生物学の研究に応用する研究グループを作ることに貢献している。1953年、所長を務めていたキャベンディッシュ研究所でフランシス・クリックとジェームズ・ワトソンがデオキシリボ核酸 (DNA) の二重らせん構造を発見した際にも重要な役割を演じています。


 

〆最後に〆


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2022/04/07_初回投稿
2022/04/14_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】




(対応英訳)


Bragg's name is spelled in English as William Lawrence Bragg. He is an Australian-born physicist well known for Bragg's Law, the law of X-ray diffraction by crystals. Rutherford (from New Zealand) comes to mind as a physicist who  studied in Britain from the Commonwealth of Nations, but in the case of Bragg, he moved to England with his father. Lawrence is excellent and goes on to the University of Adelaide at the age of 14. In the fall of 1909, after he arrived in the UK, he enrolled in Trinity College, University of Cambridge with an unexamined math scholarship. He graduated from the Department of Physics at the top of his class in 1911. He was selected as a Fellowship at Trinity College in 1914. His fellowship at Trinity College has been handed down as the youngest record in history as a natural science award winner for his dissertation submissions and questions.


His son, Lawrence Bragg, applied X-rays to the crystal lattice and came up with the idea of ​​X-rays diffracting the atoms that make up the lattice. In other words, I was able to imagine how photons are diffracted at an angle and direction of incidence when X-rays hit individual particles. He analyzed that if each particle had a crystal structure, the reflected wave should draw a specific pattern depending on the atomic arrangement. He told his father Henry Bragg the idea of ​​measuring (estimating) the arrangement of atoms in a crystal by measuring the "post-transmission pattern" of an X-ray beam diffracted according to the crystal pattern. His father, Henry, developed an X-ray spectrometer at the University of Leeds using the ideas of his son Lawrence. The device he developed made it possible to analyze various crystals. In 1915 (when his son Lawrence was 25) he won the Nobel Prize in Physics with his father Henry Bragg. This 25-year-old award is still the youngest in the field of natural sciences. It was a very sad event, but in the same year there was a sad incident in which the Lawrence brothers died in the Gallipoli Campaign. Immediately after that, parents and children heard the news of receiving the Nobel Prize in Physics.


In the first place, when Lawrence was 5 years old, he fell in a three-wheeled vehicle and broke his arm. At that time, my father Henry remembered the latest information, Wilhelm Röntgen's discovery of X-rays, and applied it to the examination. The case of his father Henry was the first medical application of X-rays in Australia. From there, parents and children developed measurement and used X-rays as a tool for analysis as a tool for considering smaller crystal structures. The history of the family led to the Nobel Prize.


On the other hand, Lawrence's research was interrupted during World War I and World War II. During the war, Lawlence was preferred that talented talent contributed to the military. Although Lawrence's intentions at the time have not been fully investigated, in each war Lawrence was engaged in research on acoustic positioning methods to locate enemy weapons. He seems to have been trying to measure the position of weapons in the atmosphere using the methods used in the field of ocean exploration. He received military and related medals and the Order of the British Empire during World War I. He has also been awarded the Mentioned in Despatches three times in 1916, 1917 and 1919.


Around 1948, he became interested in the study of protein structure by X-rays and contributed to the formation of a research group that applied his knowledge of physics to the study of biology. In 1953, he also played an important role in the discovery of the double helix structure of deoxyribonucleic acid (DNA) by Francis Crick and James Watson at the Cavendish Laboratory, where he was director.

アイザック・ニュートン
【1642年12月25日-4/14改定】

こんにちはコウジです。「ニュートン」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1642年12月25日 ~ 1727年3月20日】



【スポンサーリンク】



物理学を変えたニュートン


物理学でのパラダイムシフトを語るうえで


外せない人物が、このニュートンでしょう。


物理学に於いてそれまでの常識を覆しました。


数学を駆使して物理学を大きく変えています。


今では世界で彼の名を冠した


科学関係の雑誌が刊行されている程です。


多くの人がその名と業績を知っています。


イギリスで生まれたニュートンは


ケンブリッジでアイザック・バロー


に師事し研究をしていきます。


家庭的に問題を抱えていたことに加え


ニュートンは体も小さく体力も無かった為に


紆余曲折の下でアイザック・バロー教授と


出会ったのです。特に大きな転機


となったのは学位を習得する時期に


ペストがヨーロッパ中に大きな被害をもたらし、


ケンブリッジも封鎖された時期があったのです。


その時期にニュートンは地元に戻り


思索の時間を多くとれたのです。その時間が


1665年の万有引力発見に繋がります。



ニュートンの業績 


ニュートンが示したものは大きいのです。


力が「相互作用」であって小さなリンゴと大きな地球が


相互作用するように、全ての物質が相互に作用して、


互いに引き合う事象を見出しました。


ニュートンの著書「プリンキピア」の中で法則として


体系化しました。その数学的定式化として


微分の考え方を使って洗練された形を残し、


その後の学問の発展に大きな基礎を築いています。



ニュートンの足跡 


何年もの後にマッハが「力学の哲学的批判史」の中で


ニュートンの空間概念を批判しますが、


それもニュートンの整理・確立した空間概念、


慣性の法則、などがあって


初めて気づき得る話なのです。


 

その他、ニュートンの業績は光学、微積分学、と


尽きませんが空間・時間・力を明確に定式化した点が


後世の我々にとっても、物理学にとっても


何より大きいと思えます。ニュートンは


人々の物に対する考え方を大きく変えました。



【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全てに返事が出来ていませんが
問題点には適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/02_初版投稿
2022/04/14_改定投稿


旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イギリス関係のご紹介
ケンブリッジ関連
力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2021年8月時点での対応英訳)



The Newton


This Newton is a must-have person when talking about the paradigm shift in physics.Newton overturned conventional wisdom in physics. He uses mathematics to make a big difference in physics.


Nowadays, science magazines bearing his name have been published in the world. Many know the name and his achievements. Born in England, Newton will study under Isaac Barrow in Cambridge. In addition to having problems at home, Newton met Professor Isaac Barrow under twists and turns because he was small and weak. A particularly big turning point was when the plague caused great damage throughout Europe during his bachelor's degree and Cambridge was also blocked. At that time Newton returned to his hometown and had more time to think about him. That time will lead to the discovery of universal gravitation in 1665.



Newton’s Work


What Newton has shown is great. He found that all matter interact and attract each other, just as forces are "interactions" and small apples and large earths interact.


It was systematized as a law in Newton's book "Principia". He used his idea of ​​differentiation as his mathematical formulation to leave a sophisticated form, laying a great foundation for the subsequent development of scholarship.


Newton’s Footprint


Years later, Mach criticizes Newton's concept of space in "History of Philosophical Criticism of Mechanics", but it is a story that can only be noticed with Newton's organized and established concept of space, the law of inertia, etc. It is.


In addition, Newton's achievements are not limited to optics and calculus, but the fact that space, time, and force are clearly formulated seems to be greater for us in posterity and for physics. Newton has changed the way people think about things.


2022年04月13日

ロバート・フック【1635年7月28日生まれ‐4/13改訂】

こんにちはコウジです。「フック」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1635年7月28日生まれ ~ 1703年3月3日没】



【スポンサーリンク】



ボイルの助手フック


イギリスに生まれたフックは若い時代にボイル


下で実験助手を務め、様々な経験を積みます。


そしてまた、ユークリッドの原論や、光の屈折


など様々な考え方を身に着けていきます。


フックの情報を調べてみると性格的側面で、


人間関係の問題を抱えていったように思われます。


そもそもフックの父は英国国教会の聖職者でした。


2人の兄も聖職者として人生を歩んでいるようです。



フックの美学


そんな家庭で育ったロバート・フックは


科学・数学といった理論の世界で神に通じる


美学を構築していったのではないでしょうか。


宗教的側面は精神的な土台として考慮すべきです。


そこから生まれる高潔な理想と現実世界での不条理が


彼の抱えていた問題だったのです。


数学で「問題の壁を乗り越えた時の感動」や


「誰の手も借りずに新しい発見をした時」の


感謝は完全に人に伝えられない部分だと思えます。


そこで感動の共有が出来なかったとしたら、


フックはきっと孤独を感じたのです。





この紹介を書くにあたり調べ直してみた所、最終的にフックは寂しい人生を送っています。フックには子孫が居ませんでした。また、同時代のニュートンに比べ業績は見劣りします。年配のフックをニュートンは敬っていたようですが最後はどうしても論戦になり、科学的な思考の深さと明快な視点で反論されてしまったのでしょう。


とはいえ、その業績は特筆に値します。



フックの業績 


有名な仕事はバネでの、フックの法則です。


ばねに働く力が長さの一乗に比例するという法則は


非常に明快で今でも色々な分野に応用されています。



また、惑星間に働く力が距離のマイナス2乗に働く


という法則もフックの発案であるという主張もありました。


もはや今となっては真相は不明です。


理論として体系立てることも大事ですが


先ずは気付きを与えるという事も大事です。


その意味でフックは議論をしてたというだけで


素晴らしいと感じます。




【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全てに返事が出来ていませんが
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/09/11_初版投稿
2022/04/02_改定投稿


 

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イギリス関係のご紹介
オックスフォード関連
力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2021/8//3時点での対応英文)



Hook in yonger Days


Born in England, Hook worked as an experimental assistant under Boyle when he was young and gained a lot of experience. And again, he learns various ideas such as Euclid's Elements and refraction of light. Looking at Hook's information, he seems to have had a relationship problem on the personality side. In the first place, Hook's father was a priest of the Anglican Church.


It seems that the two older brothers are also living their lives as priests. .. Robert Hooke, who grew up in such a family, may have built a divine aesthetic in the world of theory such as science and mathematics. Religious aspects should be considered as a spiritual foundation.



noble ideals and Hook


The noble ideals and absurdities of the real world that emerged from it were his problems. In mathematics, gratitude for "impression when overcoming a problem wall" and "when making a new discovery without the help of anyone" seems to be a part that cannot be completely conveyed to people. If you couldn't share the excitement there,


Hook must have felt lonely. After re-examining it when writing this introduction, Hook is finally living a lonely life. Hook had no descendants. Also, his achievements are inferior to his contemporaries Newton. It seems that Newton respected the elderly Hook, but in the end it was a debate, and he would have been argued with his depth of scientific thinking and a clear perspective.



Hook's Work


However, his achievements deserve special mention. His famous work is Hooke's Law in Spring. The law that the force acting on a spring is proportional to the first power of length is very clear and is still applied in various fields.


It was also argued that the law that the force acting between planets acts on the minus square of the distance was also the idea of ​​Hook. The truth is unknown now. It is important for him to systematize as a theory, but it is also important to give awareness first. In that sense, Hook feels great just because he was having a discussion.



ダーヴィット・ヒルベルト
【1862年1月23日 〜 1943年2月14日】


【スポンサーリンク】


 

ヒルベルトの名前を英語でつづるとDavid Hilbertとなり
ドイツ語:でつづるとˈdaːvɪt ˈhɪlbɐtとなります。誰しもが認める
「現代数学の父」がヒルベルトです。遅ればせながら、
誰しもが認める大物をご紹介します。
ヒルベルトは当時プロイセン王国領だったケーニヒスベルク
(今はロシア領であるカリーニングラード)に生まれました。


ヒルベルトはケーニヒスベルク大学に進学し学びますが、この大学では別途、カントが(別の時代に)学び、学長を務めていたような歴史ある大学です。もともとドイツ騎士団だった男が設置した大学で、第二次大戦後はソビエト連邦領として統治されていました。記事を書いている2022年にはウクライナとロシアの紛争が続いていますがロシアの領土を巡る経緯は非常に根深いものがあると感じさせる地方です。思えば旧東ドイツも実質的にロシアの支配下あったとも言えます。プロイセン王国ではありますが、後の時代には別の国であったような地方でヒルベルトは生まれ学びました。後に多彩な才能がヒルベルトを育てました。特にウェーバーはドイツ数学の影響をヒルベルトに与えたと言われています。更に、同大学でヘルマン・ミンコフスキーとアドルフ・フルヴィッツと刺激を与えあう関係を持ちます。なかんずくミンコフスキーとは「最良にして、本当の友人」と感じるような関係を築きました。


またヒルベルトは偉大な数学者を多数、指導輩出しています。教育者として非常に優れています。ヒルベルトはゲッティンゲン大学で色々な人を指導していきました。その中の一人であるヨハネス・ルートヴィヒ・フォン・ノイマン(のちのジョン・フォン・ノイマン)の論文を評価していて、ノイマンは後に原子爆弾やコンピュータの開発で特筆される業績を残します。また、後述する「ヒルベルト空間」の名付け親はノイマンだと言われています。「三次元ユークリッド空間」を発展させていったのです。ヒルベルトは当時22歳であったノイマンをゲッティンゲン大学に招いて育てたのです。また日本人では東大の高木貞治がドイツ留学時代ヒルベルトの指導を受けたと言われています。思い返せば恐縮ながら、私も高木貞治の教科書を使っていたので、日本で数学を志す若者もヒルベルトの影響を受けていたのです。明文化すると少し感慨深いです。


ヒルベルトの業績で大きいと思えるのは数学概念の統合計画」と言える仕事だと思えます。それは不変式論、抽象代数学、代数的整数論、積分方程式、関数解析学、幾何学の公理系の研究、一般相対性理論などで個別にあった公理を整理して応用を考えていき、現実の現象(人間の頭の中での認識群)との相関を考えた時に、多岐に及ぶ業績を「結びつける試み」であると思えます。ヒルベルトの公理論と数学的な整合性の証明に関する一連の計画はヒルベルト・プログラムと呼ばれ、現代で理解されています。後にフォンノイマンも議論を続け、ヒルベルト空間と呼ぶ空間を3次元ミンコフスキー空間から発展させています。また、ヒルベルトの零点定理などに名前が残っています。


何よりヒルベルトはドイツの数学レベルを世界最高の水準ひきあげた数学者達の一人でした。一流の数学者でした。そんなヒルベルトは、晩年にナチスドイツによるユダヤ人迫害を目の当たりにしています。ドイツの数学研究所からユダヤ人たちが一人一人いなくなっていく様子に心を痛めていたそうです。



〆最後に〆


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2022/04/06_初回投稿
2022/04/13_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】




 

(対応英訳)


Hilbert's name is spelled in English as David Hilbert and German: as ˈdaːvɪt ˈhɪlbɐt. The undisputed "father of modern mathematics" is Hilbert. I will introduce the big game that everyone recognizes, though it is late. Hilbert was born in Königsberg (now Russian territory Kaliningrad), which was then the Kingdom of Prussia.


Hilbert goes on to study at the University of Königsberg, which is a historic university where Kant studied (at another time) and was the president. The university was originally set up by a man who was the Teutonic Order, and was ruled as the Soviet Union territory after World War II. In 2022, when I wrote the article, the conflict between Ukraine and Russia continued, but it is a region that makes me feel that the history of Russia's territory is very deep-rooted. If you think about it, it can be said that the former East Germany was also under the control of Russia. Although it is the Kingdom of Prussia, Hilbert was born and learned in a region that would have been another country in later times. Later, various talents raised Hilbert. In particular, Weber is said to have influenced Hilbert with German mathematics. In addition, he has an inspiring relationship with Hermann Minkowski and Adolf Hurwitz at the university. Above all, he had a relationship with Minkowski that made him feel "best and true friend".


Hilbert has also produced many great mathematicians. He is very good as an educator. Hilbert taught various people at the University of Göttingen. He appreciates the paper of one of them, Johannes Ludwig von Neumann (later John von Neumann), who later made remarkable achievements in the development of atomic bombs and computers. In addition, it is said that Neumann is the godfather of "Hilbert space" described later. He developed the "three-dimensional Euclidean space". Hilbert invited Neumann, who was 22 at the time, to the University of Göttingen to raise him. It is said that Teiji Takagi of the University of Tokyo received guidance from Hilbert when he was studying in Germany. Looking back, I'm sorry to say that I also used Teiji Takagi's textbook, so young people who aspired to mathematics in Japan were also influenced by Hilbert. I am a little deeply moved when it is written.


What seems to be a big achievement of Hilbert is the work that can be said to be the integration plan of mathematical concepts. It is an invariant theory, abstract algebra, algebraic integer theory, integral equations, functional analysis, research on axioms of geometry, general relativity theory, etc. When considering the correlation with the phenomenon (recognition group in the human mind), it seems to be an "attempt to connect" a wide range of achievements. Hilbert's program, a series of plans for proof of mathematical consistency with Hilbert's public theory, is called the Hilbert Program and is understood today. Later, von Neumann continued his discussion, developing a space called Hilbert space from the three-dimensional Minkowski space. In addition, the name remains in Hilbert's zero point theorem.


Above all, Hilbert was one of the mathematicians who raised the level of mathematics in Germany to the highest level in the world. He was a leading mathematician. Hilbert witnessed the persecution of Jews by Nazi Germany in his later years. He was hurt by the disappearance of each Jew from the Deutsche Mathematics Institute.

2022年04月12日

アイザック・バロー
【1630年10月生まれ ‐4/12改訂】

こんにちはコウジです。「バロー」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1630年10月生まれ ~ 1677年5月4日没】



【スポンサーリンク】



 バローとルーカス職


今回のご紹介するバロー教授は
イギリス・ケンブリッジ大学の数学者です。
バローはケンブリッジ大学での
ルーカス教授職に初めて任命されています。
ルーカス職とはケンブリッジ内大学の称号(職位)で
クール(Cool)な物理学者に国王から贈られる称号です。
特に数学系の理解が高い人物に贈られます。



 筆者とバローの出会い


私がバローの名を初めて知ったのは
高校の時の英語の教材で、
次の様な文章だった気がします。


Just under three hundreds years ago,
the professor of mathematics
at Canbride did distinctly unusual
thing. He decided one of his pupil was..…


上記英文での教授がバロー先生で
その後に出てくる弟子(生徒)がニュートン
なのです。バローはニュートン
ルーカス職を譲ります。彼の方が
職位に相応しいと判断したのです。


異例な判断だったようですが
その後のニュートンの業績を考えると
バローの判断は素晴らしいと分かります。
因みにその後、名誉あるルーカス職は
ディラック
ホーキング

引き継いでいきます。



 バローの業績


上記、英語の文書が書かれた時代
から更に時代は進んでますが、
バローの残した業績は物理学のみ
ならず、工学、ひいては産業に
大きな成果を残しています。


具体的にバローが残した業績で
特筆すべきは微分と積分が
真逆の数学的行為であると幾何学的
に証明した事だと言われています。
今では当たり前なのかも知れません
がバローが整理、体系化した結果
なのです。



〆最後に〆


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/06_初稿投稿
2022/03/12_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イギリス関係のご紹介
ケンブリッジのご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています)】


【2021年8月時点での対応英文】



 Barrow and Lucas


Professor Barrow is a mathematician at the University of Cambridge, England. Barrow has been appointed for the first time as a Lucas professor at the University of Cambridge. The Lucas professor is the title (position) of the University of Cambridge and is given by the king to a cool physicist. It is especially given to those who have a high understanding of mathematics.



 My Memory


The first time I learned the name of Barrow was in English teaching materials when I was in high school, and I think it was the following sentence.


Just under three hundreds years ago,
the professor of mathematics
at Canbride did distinctly unusual
thing. He decided his pupil his was ..…


The professor in English above is Mr. Barrow, and the disciple (student) who appears after that is Newton. Barrow hands over Lucas to Newton. He decided that he was more suitable for his position.


It seems that it was an unusual decision, but considering Newton's subsequent achievements, Barrow's decision is wonderful. By the way, Dirac and Hawking will take over the prestigious Lucas profession after that.



 Barrows work


Although the times have progressed further from the time when the above English documents were written, Barrow's achievements have made great achievements not only in physics but also in engineering and eventually in industry.


Specifically, it is said that what is remarkable about the achievements left by Barrow is that he geometrically proved that differentiation and integration are the opposite mathematical acts. It may be natural now, but it is the result of Barrow's organization and systematization.


 

J・F・ジョリオ=キューリー
【1900年3月19日 〜 1958年8月14日】‐4/12改訂


【スポンサーリンク】


今回のご紹介はジャン・フレデリック・ジョリオ=キューリーですが、J-F・ジョリオ=キューリーはフランスパリに生まれ、亡くなるまでパリで暮らしました。そんな人の58年の人生のご紹介です。名前の綴りはJean Frédéric Joliot-Curieとなります。著名なキューリー夫妻の娘婿としてご紹介するとわかりやすいでしょうか。つまり、義理の父はピエール・キュリー、義理の母はマリー・キュリー。義理の妹はエーヴ・キュリーとなります。


このご紹介の中でフレデリックとご紹介していきますが、フレデリックはラジウム研究所でマリ・キューリーの助手となりました。その研究所でマリの娘イレーヌを知り交際を深め。まもなく2人は結婚しました。その時点で姓を「ジョリオ=キューリー」としたのです。ジョリオはフレデリックの血筋の名前でキューリーはイレーヌの血筋の名前でした。二人は後に一緒にノーベル賞を受けます。


フレデリックとイレーヌの夫婦は同位体元素への反応過程を研究して新しい物質を作り上げたのです。具体的にはアルミニウムに対してアルファ線を照射したときに人工放射性同位元素である30P(リン30)が発生したのです。その後、フレデリックはフランス原子力庁の長官としてフランス初の原子炉を1947年に建設するプロジェクトに加わります。原子力の平和的な利用と環境に及ぼす影響については各論があると思えますが、今のフランスの電源構成に大きな影響を与えた人だと言えます。


政治的な活動としてフレデリックは第二次世界大戦時にはナチスドイツに対抗するレジスンス運動に参加しました。そして終戦後は先述したフランス原子力庁の仕事をしながらフランス国立科学研究センター総裁、コレージュ・ド・フランスの教授も務めていました。他、パグウォッシュ会議(核兵器と戦争の廃絶を訴える国際会議)の創始、世界平和評議会の初代議長、フランス共産党の党員と多方面で尽力し活躍をしました。


教育者としてフレデリックは日本初の女性物理学者である湯浅年子に物理学を指導しています。その実績も我々日本人には新鮮なのではないでしょうか。本当に多彩な魅力を持っていた人だと言えます。


更に意外な側面は柔道との関わりです。フレデリックはフランス柔術クラブの名誉会長でした。柔道創始者の嘉納治五郎も就いていた役職です。フレデリックがいかにフランス国民から敬愛されていたかがわかりますね。


 

〆最後に〆


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2022/04/05_初回投稿
2022/04/12_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介

力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】




 

(対応英訳)


Introducing this time is Jean Frederick Jorio-Curie, but JF Jorio-Curie was born in Paris, France and lived in Paris until his death. This is an introduction to such a person's 58-year life. His name is spelled Jean Frédéric Joliot-Curie. Is it easy to introduce as the son-in-law of the famous Mr. and Mrs. Curie? That is, his father-in-law is Pierre Curie and his mother-in-law is Marie Curie. His sister-in-law will be Ave Curie.


In this introduction, I will introduce you to Frederick, who became an assistant to Marie Curie at the Radium Institute. He got to know Mali's daughter Irene at the institute and deepened his relationship. Soon the two got married. At that point he changed his surname to "Jorio-Curie". Jorio was the name of Frederick's lineage and Curie was the name of Irene's lineage. The two will later receive the Nobel Prize together.


The couple of Frederick and Irene studied the process of reaction to isotopes and created a new substance. Specifically, when aluminum was irradiated with alpha rays, the artificial radioisotope 30P (phosphorus 30) was generated. Frederick then joined the project to build France's first nuclear reactor in 1947 as Secretary of the French Atomic Energy Agency. There seems to be some debate about the peaceful use of nuclear energy and its impact on the environment, but he is one of the most influential people in France's current power mix.


As a political activity, Frederick participated in the resistance movement against Nazi Germany during World War II. And after the end of the war, he was also the president of the French National Center for Scientific Research and a professor at Collège de France, while working for the French Atomic Energy Agency mentioned above. He and others have worked extensively with the founding of the Pugwash Conference (an international conference calling for the abolition of nuclear weapons and war), the first chairman of the World Peace Council, and members of the French Communist Party.


As an educator, Frederick teaches physics to Toshiko Yuasa, Japan's first female physicist. I think that achievement is also fresh for us Japanese. It can be said that he really had a variety of charms.


A more surprising aspect is the relationship with judo. Frederick was the Honorary Chairman of the French Jiu-Jitsu Club. He was also in the position of Judo founder Jigoro Kano. You can see how Frederick was loved by the French people.

2022年04月11日

クリスティアーン・ホイヘンス
【1629年4月14日‐4/11改訂】

こんにちはコウジです。「ホイヘンス」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1629年4月14日‐1695年7月8日】



【スポンサーリンク】



ホイヘンスの生い立ち


オランダの名家にホイヘンスは生まれ、ライデン大学では


数学と法律を修めました。物理学はその知見を活かす


フィールドだったとも言えます。特に


数学で優秀さを発揮していたと言われています。


光学でのモデルは幾何学的なイメージを


しっかり作ると分かり易く,話が整理しやすいのです。



ホイヘンスの業績


物理学関係の業績としては特に、光学での業績が


顕著です。所謂、ホイヘンスの原理は後の物理学者達


が波動を考えていく上でとても有益だった筈です。


波の性質が突き詰められていき、縦波とか横波とか周波数とか周期とか最終的には波面や、さざ波も、光も同じ定数で表現出来る現象となるのです。この理解が重ね合わせの原理の土台として役立ち、振動解析や音階解析へと話が進んでいくのです。



ホイヘンスに繋がる人脈


更に今世紀初頭にエーレンフェストアインシュタインがホイヘンスの母校であるライデン大学で議論していた事を鑑みると、人々の繋がりに小さな感動さえ覚えます。加えてライデン大学ではローレンツカメリー・オネスも研究を進めていくのです。


科学での一番最初の障壁は一般化を含めた理解だ


と感じます。一般の人々にも説明出来る


「言葉」を出来るだけ沢山、科学者が


作り出すことが大事です。その点で


ホイヘンスは初めの難しさを超えたのです。


 

ホイヘンスの他の業績


別途、ホイヘンスは土星の衛星タイタンの発見したり、振り子の原理を理解して時計を制作したり、オリオン大星雲を発見してスケッチしたり、その進取の精神には驚かされます。特に1675年に世界で初めて火薬を使った往復型の内燃機関を形にしているそうです。ニュートンのプリンキピア刊行が1687年ですので、「瞬時に伝番していく撃力」に関する考察を、ホイヘンスが独自に形にしていると想定されます。特筆すべき一面かと思えます。


なお、いわゆるエーテルの存在をホイヘンスは想定して


後の物理学に議論の土壌を残しました。


この功績も非常に重要だと思います。



〆最後に〆


 

【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/18_初版投稿
2022/04/11_改定投稿


旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
オランダ関係の紹介へ       
ライデン大学のご紹介へ
電磁気学の纏め
量子力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(以下は2021年8月時点での対応英訳です)



Base of Huygens's LIFE


Huygens was born into a well-known Dutch family and studied mathematics and law at Leiden University. It can be said that physics was a field where he could make use of his knowledge. He is especially said to have showed his excellence in mathematics. An optical model is easy to understand if you make a solid geometric image, and it is easy to organize the story. His physics-related work is particularly remarkable in "Optics". The so-called "Huygens principle" should have been very useful for later physicists to think about waves.



Huygens's work


The nature of the wave is scrutinized, and it becomes a phenomenon that the longitudinal wave, the transverse wave, the frequency, the period, and finally the wavefront, the ripples, and the light can be expressed by the same constant. This understanding serves as the basis for the principle of superposition, and the discussion progresses to vibration analysis and scale analysis.



Huygens's reration


Also, given that Ehrenfest and Einstein were discussing at Leiden University, Huygens' alma mater, at the beginning of this century, I am even impressed by the connections between people. In addition, Leiden University will also pursue research by Lorenz and Kamerlingh Ones.


I feel that the very first barrier in science is understanding, including generalization. It is important for scientists to create as many "words" as possible that can be explained to the general public. In that respect, Huygens surpassed his initial difficulties.



Huygens's other works


You will also be amazed at the enterprising spirit of discovering Saturn's moon Titan, understanding the principles of the pendulum to make watches, and discovering and sketching the Orion Nebula. Especially in 1675, it is said that the world's first reciprocating internal combustion engine using gunpowder was formed. Since Newton's Principia was published in 1687, it is assumed that Huygens has uniquely shaped his thoughts on "instantaneous transmission power." I think this is a noteworthy aspect.


Huygens also left the ground for debate in later physics, assuming the existence of so-called ether. I think this achievement is also very important.

G・R・キルヒホフ【1824年3月12日 〜 1887年10月17日】‐4/11改訂


【スポンサーリンク】


 

その名は正しくはグスタフ・ロベルト・キルヒホフでGustav Robert Kirchhoff,とつづります。1824年に現在のロシア領カリーニングラードであるケーニヒスベルクで生まれました。生まれ故郷にあるケーニヒスベルク大学で学び、26歳でブレスラウ大学員外教授に就任しています。
キルヒホッフについて伝えられている内容は主に業績となりますので、本稿は時代背景をもとにして研究内容を中心とした記述を纏めたいと思います。私自身がドイツ系の人になったつもりで出来るだけ正確に記載したいと考えています。;)


実際にキルヒホッフの業績の中で有名なものは@電気回路におけるキルヒホッフの法則、A放射エネルギーについてのキルヒホッフの法則、B反応熱についてのキルヒホッフの法則です。それぞれにとても大事な考察だったといえるでしょう。


まず第一に、回路におけるキルヒホッフの法則が最重要です。別言すれば一番知られています。当然と言えば当然の事実を明言化しているだけだ、とも言えるのですが「回路網中の任意の接続点に流入する電流の和は 0(零)である」というのが第一の法則です。正確にはキルヒホッフの第一法則というべきでしょうが、本稿では単純に「第一の法則」または「第一法則」と省略します。この時代には自由電子運動論を裏付ける理論はありません。電子を直接観測にかけるどころか原子や電子のサイズも想像がつかないで、あくまで電子は一つのモデルでした。こうして考えた時に、正直でドイツで学んだ人は出来る事実で話を組み立てます。つまり出来るだけ正確に観測を続けて観測結果を蓄積して、観測事実の相互関係を定量化するのです。当時は電源と抵抗の単純な回路を考えた時に夫々を要素と考えて回路に落とす作業自体にも議論があったでしょう。つまり、我々が当たり前に書いている回路図も国際度量衡といった枠組みが無くて、ヨーロッパの一部の人々が使うだけの不可思議な記号だったのです。知る人ぞ知る知見だったとも言えます。そんな回路上での一点を考えたら入り込む電流と出ていく電流の総和が等しい。実験事実によるとゼロとなるという事実が第一法則なのです。この法則は今、電気工学(ひいては現代産業)で幅広く応用されています。


そして次に、キルヒホッフの電圧則はキルヒホッフの第2法則とも呼ばれます。回路を考えたときに回路網中の任意の閉ループを考えてみて構成する部分的な電圧を計測したとき、任意の分け方で考えた起電力の総和と電圧降下の総和は等しいのです。抵抗、電球、電線電池からなる回路で何が電気を起こしていて、何が消費するか考えてみてください。そして再強調しますがこの時代には電子の存在は今より不確かです。今の学生が教科書を読んだときに漫画的な丸い物体(模式的な電子の姿)を見て想像するような作業ができないのです。力学と比べて電磁気学や熱学はまとめ難い側面があります。実際には電圧を生じる電池のような物質があり、電気を流し抵抗を持つ同線等の要素を細かく考えていくことで、回路間の色々な場所での電圧降下をかんがえていき、キルヒホッフは第二法則を確立することが出来たのです。


そして1859年にキルヒホッフは黒体放射におけるキルヒホフの放射法則を発見しました。電子の運動でオームの法則に従い議論されるのに対して、熱放射は空間での現象に対しての考察です。また、別の空間的な考察としてキルヒホッフには分光学での考察も行っています。フラウンホーファーが発見したいわゆるフラウンホーファー線(太陽の光線を分解した時に現れる特徴的な吸収)がナトリウムのスペクトルと同じ周波数帯に見受けられると示し、(今で言う分光学的方法で)太陽の内部にあると思われる元素を同定できることを示しました。他に音響学、弾性論に関しても先進的な研究を行っています。



〆最後に〆


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2022/04/04_初回投稿
2022/04/11_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】




 

 

(対応英訳)


Its name is correctly Gustav Robert Kirchhoff, spelled Gustav Robert Kirchhoff. He was born in 1824 in what is now Russian Kaliningrad, Königsberg. He studied at the University of Königsberg in his hometown and became a non-professor at the University of Breslau at the age of 26.
Since the content reported about Kirchhoff is mainly his achievements, this article will summarize his research content based on his historical background. I would like to describe it as accurately as possible as if I were a German person. ;)


In fact, the most famous achievements of Kirchhoff are (1) Kirchhoff's law in electric circuits, (2) Kirchhoff's law on radiant energy, and (3) Kirchhoff's law on heat of reaction. It can be said that each was a very important consideration.

First of all, Kirchhoff's law in the circuit is of utmost importance. In other words, it is the best known. Of course, it can be said that it only clarifies the facts of course, but the first rule is that the sum of the currents flowing into any connection point in the network is 0 (zero). am. To be precise, it should be called Kirchhoff's first law, but in this article, it is simply abbreviated as "first law" or "first law". There is no theory to support the theory of free electron motion in this era. Far from directly observing the electrons, I couldn't imagine the size of the atoms and electrons, and the electrons were just one model. When thinking this way, honest and learned in Germany build up the story with the facts that can be done. In other words, we continue to observe as accurately as possible, accumulate observation results, and quantify the interrelationship of observation facts. At that time, when considering a simple circuit of power supply and resistance, there would have been discussion about the work itself of considering each as an element and dropping it into the circuit. In other words, the circuit diagram we take for granted was a mysterious symbol that was only used by some people in Europe, without a framework such as the General Conference on Weights and Measures. It can be said that it was a knowledge known to those in the know. Considering one point on such a circuit, the sum of the incoming current and the outgoing current is equal. The first law is the fact that it is zero according to the experimental facts. This law is now widely applied in electrical engineering (and thus modern industry).


And then, Kirchhoff's voltage law is also called Kirchhoff's second law. When considering a circuit, when considering an arbitrary closed loop in the circuit network and measuring the partial voltage, the sum of the electromotive force and the sum of the voltage drops considered by any division are equal. Think about what is producing and consuming electricity in a circuit consisting of resistors, light bulbs, and electric wire batteries. And again, the existence of electrons in this era is more uncertain than it is now. When a current student reads a textbook, he cannot do the work that he imagines by seeing a cartoon-like round object (a schematic electronic figure). Compared to mechanics, electromagnetism and thermal physics are difficult to summarize. In reality, there is a substance such as a battery that generates voltage, and by carefully considering factors such as the same line that conducts electricity and has resistance, Kirchhoff considers the voltage drop in various places between circuits. I was able to establish the second law.


And in 1859 Kirchhoff discovered Kirchhoff's law of radiation in blackbody radiation. Whereas the motion of electrons is discussed according to Ohm's law, thermal radiation is a consideration of phenomena in space. In addition, as another spatial consideration, Kirchhoff is also considering spectroscopy. The so-called Fraunhofer line discovered by Fraunhofer (the characteristic absorption that appears when the sun's rays are decomposed) is shown to be found in the same frequency band as the spectrum of sodium, inside the sun (in what is now called a spectroscopic method). It was shown that the element that seems to be in can be identified. He also conducts advanced research on acoustics and elasticity.

2022年04月10日

ロバート・ボイル
【1627年1月25日生まれ‐4/10改訂】

こんにちはコウジです。「ボイル」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1627年1月25日生まれ ~ 1691年12月31日没】



【スポンサーリンク】



アイルランドの貴公子ボイル


その名は正確には


サー・ロバート・ボイル: Sir Robert Boyle_


英国アイルランド生まれの物理学者です。


初代コーク伯爵リチャード・ボイルと


キャサリンの間に7番目の男子として生まれ


アイルランド現地の家庭に里子に出されます。


その結果、ボイルはアイルランド語を


理解し、通訳レベルまで習得しました。


ボイルはフランス人の家庭教師と


海外旅行をしていて、1641年冬には


イタリアのフィレンツェで過ごし、


ガリレオ・ガリレイの教えを受けます。


ガリレオは1642年に亡くなりますが、


まさに晩年のガリレオと接したのですね。


今の日本人ならボイルは中学生の年齢でしょうか。


多感な時期に良い刺激を受けた事でしょう。



帰国後のボイル


1644年に大陸の長旅を終えるとボイルは


多くの時間を科学に使い、後の王立協会


に繋がる集まりである「ロンドン理学協会」、


別名、「不可視の学院」とも呼ばれた集まりに


参加するようになります。


ボイル家の先代が亡くなって


いましたので、ボイルはアイルランドでの


立場もあったのですが、ロンドンで頻繁に


会合が開かれた事情もあり、ボイルは最終的には


オックスフォードに移り住みます。


実験器具が入手し辛いといった切実な


側面もあったようです。



ボイルとその法則


その後、フックを助手としてボイルは空気


ポンプを制作して圧力の研究を始めます。


フランスのパスカルが同じ時代に研究をしていること


を考えると当時の物理学会での関心が


圧力にあった事が分かりますね。ニュートン力学


が成立していない時代には「力を加える」こと


よりも「圧力を加える」方が定量的に現象を把握出来る


作業だったとも言えるでしょうか。フック


ボイルの助手なので、ばねに関わる力の定式化が


出来ていないと思われます。そんな時代に力は


重力と関連して評価するしかなかったのでしょうか。


個人的に関心を持ってしまいました。


やがてはボイルの研究は圧力と体積との関係を


示す、ボイルの法則に繋がります。


ただ1660年迄にボイルは


「体積は圧力に反比例する」と明言していて、


書物での記録はあるようですが、


温度や分子量との関連を含め、


現象の定式化には至らなかったようです。


『実際の定式化はヘンリー・パワー


Henry Power FRS (1623–1668))によって


1661年になされているようです。』


【以上、3行は英語版Wikipedia情報】


このボイルの考案した「ボイルの法則」が一つの基礎となり


熱・統計力学の土台が構築されていきます。


更にこの後、


J・C・シャルルが考案した「シャルルの法則」が


温度との関係を与えますので高校レベルの知識として


「ボイル・シャルルの法則」が確立される訳です。


低圧力・高温度の条件下で、異なる気体間で法則が成


り立つことは自明ではないのですが


経験的法則として成り立ち、


後に様々な方式で発展していきます。


最後に、ボイルは錬金術の伝統を受継いで


いましたが、近代的な視点を持ち「元素」を想定して、


混合物と化合物を明確に区別した点で秀でています。


ボイルが明確にしたパラダイムシフト


は非常に大きな業績だと言えるのではないでしょうか。



【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/11/04_初稿投稿
2022/04/10_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イギリス関係のご紹介
イタリア関係のご紹介

オックスフォード関連
熱統計関連のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


【対応英訳】



His name is Sir Robert Boyle.


He is a physicist born in Ireland, England. He was born as the seventh boy between the first Earl of Cork Richard Boyle and Catherine and is fostered in a local Irish family. As a result, Boyle understood Irish and mastered it to the level of an interpreter.


In his younger days, Boyle travels abroad with a French tutor and spends the winter of 1641 in Florence, Italy, where he is taught by Galileo Galilei.


Galileo died in 1642, and Boyle had in contact with Galileo in his later years. Is Boyle the age of junior high school for Japanese people today, isn't it? He would have been well inspired during a sensitive period.


After completing his long journey on the continent in 1644, Boyle spent a lot of his time in science, attending a gathering that later led to the Royal Society, also known as the "London Science Society," also known as the "Invisible College." 


Boyle had a position in Ireland because the predecessor of the Boyle family had died, but due to frequent meetings in London, Boyle eventually moved to Oxford.


He seems to have had an urgent aspect that it was difficult to obtain laboratory equipment. After that, with Hook as his assistant, Boyle created an air pump and began researching pressure.


Considering that Pascal in France was doing research at the same time, you can see that the interest at the Physical Society  at that time was about" pressure ". In an era when Newtonian mechanics was not established, it can be said that "applying pressure" was a task that could quantitatively grasp the phenomenon rather than "applying force". Since the hook is a boil assistant, it seems that the force related to the Spring has not been formulated. Was force only evaluated in relation to gravity in such an era?



I'm personally interested. Boyle's research eventually led to Boyle's law, which shows the relationship between pressure and volume.


However, by 1660, Boyle had stated that "volume is inversely proportional to pressure," and although there seems to be a record in his book, the phenomenon was not formulated, including the relationship with temperature and molecular weight. It seems.


"The actual formulation seems to have been done in 1661 by


Henry Power FRS (1623–1668))."


[The above 2 lines are English translation version of Wikipedia information]


The "Boyle's Law" devised by Boyle will be the basis for building the foundation of statistical mechanics. Furthermore, after this, "Charles's law" devised by JC Charles gives a relationship with temperature, so "Boyle-Charles's law" as high school level knowledge is established. It is not obvious that the law holds between different gases under low pressure and high temperature conditions, but it holds as an empirical law and later develops in various ways.


Finally, Boyle has inherited the tradition of alchemy, but excels in having a modern perspective and assuming "elements" to make a clear distinction between mixtures and compounds. It can be said that the paradigm shift that Boyle clarified is a very big achievement.


トマス・メンデンホール
【1841年10月4日〜1924年3月23日】‐4/10改訂


【スポンサーリンク】


メンデンホールはいわゆる「お雇い外国人」さんで、名前の綴りはThomas Corwin Mendenhallです。アメリカのオハイオ州生まれです。アメリカから先だって来日していた動物学者であるE・S・モースの推薦でメンデンホールは1878年に東京帝大の物理教師となります。黎明期の日本教育に先鞭をつけたのです。


メンデンホールは設立されたばかり東大理学部観象台の観測主任となり気候を観測しました。実際に1879年1月から2年間にわたり東京本郷で気象観測に従事したのです。メンデンホールは直接気象に関わるのみではなく日本で地震が頻発する環境に着目し、そうした事情を考慮して、観象台に地震計を設置を導入していきました。当時の日本では一般にそうした観測環境に対しての知見が乏しかったかったのです。結果として地震観測に関する業績を残し、日本地震学会の設立につながっていきます。メンデンホールはこの側面でも日本の教育に貢献をしています。


こうしてメンデンホールは日本物理学の黎明期において 気象学。地震学を確立していきました。一方で単位系の確立をしていった人です。 また富士山頂で重力測定や天文気象の観測を行い、日本に地球物理学を広げていきました。


日本の物理学者では特に、田中館愛橘がメンデンホールから力学、熱力学を学んでいます。師ともいえるメンデンホールとの出会いは愛橘に多大な影響を与えたと言われています。例えば、1879年(明治時代)にメンデンホールを通じてエジソンのフォノグラフの情報を得て、実際に田中舘は試作をしています。音響や振動の解析を試みてい定量的な解析が日本で始まったのです。また、田中舘はメンデンホールによる重力測定に参加し、東京と富士山で作業しました。


メイデンホールは2年の赴任の後にアメリカへ帰国をしましたが、海岸陸地測量局長時代にアメリカの州境と国境のを測定して定めました。緯度、経度で州境が引かれている現在のアメリカの州の形を作ったのです。メイデンホールの業績は評価されていて、アラスカの氷河のひとつに今でもメンデンホール氷河という名前が残っています。メイデンホールの局長時代の仕事に関連して命名されています。



〆最後に〆


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2022/04/03_初回投稿
2022/04/10_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】




(対応英訳)


Mendenhall is a so-called "hired foreigner" and the spelling of the name is Thomas Corwin Mendenhall. He was born in Ohio, USA. At the recommendation of E.S. Morse, a zoologist who had come to Japan earlier than the United States, Menden Hall became a physics teacher at the University of Tokyo in 1878. He pioneered Japanese education in the early days.


Menden Hall was just established and he became the chief observer of the Observatory of the Faculty of Science at the University of Tokyo, observing the climate. He actually engaged in meteorological observations in Hongo, Tokyo for two years from January 1879. Menden Hall focused not only on the weather directly but also on the environment where earthquakes occur frequently in Japan, and in consideration of such circumstances, we introduced seismographs on the observatory. In Japan at that time, I generally wanted to have little knowledge about such an observation environment. As a result, he left behind his achievements in seismic observation and led to the establishment of the Seismological Society of Japan. Menden Hall also contributes to Japanese education in this aspect.


Thus Mendenhall was a meteorologist in the early days of Japanese physics. We have established seismology. He, on the other hand, is the one who established the system of units. He also expanded geophysics to Japan by measuring gravity and astronomical meteorology at the summit of Mt. Fuji.


Among Japanese physicists, Tanakadate Aikitsu is learning mechanics and thermodynamics from Mendenhall. It is said that the encounter with Mendenhall, who can be said to be a teacher, had a great influence on Aitachi. For example, in 1879 (Meiji era), Tanakadate actually made a prototype after obtaining information on Edison's phonograph through the Mendenhall. He tried to analyze acoustics and vibrations, and quantitative analysis began in Japan. In addition, Tanakadate participated in the gravity measurement by Mendenhall and worked in Tokyo and Mt. Fuji.


Maiden Hall returned to the United States after two years in office, but he measured and determined the borders and borders of the United States when he was Director of the Coastal Land Survey. He created the shape of the current American state, which is bordered by latitude and longitude. Maidenhall's achievements have been well received, and one of Alaska's glaciers still retains the name Mendenhall Glacier. Named in connection with his work as director of his Maiden Hall.

2022年04月09日

ブレーズ・パスカル
【1623年6月19日生まれ-4/9改定】

こんにちはコウジです。「パスカル」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1623年6月19日生まれ 〜 1662年8月19日没 】




【スポンサーリンク】


数学者にして哲学者のパスカル


フランスに生まれたブレーズ・パスカルは


物理学者にして数学者にして哲学者です。


17世紀頃までの自然科学に関わる学者達は


細分化が出来ていない傾向があり、


時代を感じさせる部分ではあります。


そして何よりパスカルといえば、その残した言葉、


「人間は考える葦である」がまず思い浮かびます。


思考法を確立していった人であって、


その点では古代ギリシャの哲学者に近い印象です。


中世に至るまでの人間の歴史には「科学的な側面」を


あまり感じません。経験の蓄積、文化の蓄積から生じた


機能美があるのですが、素材も含めて経験からの


アプローチが大きかったのではないでしょうか。


無論、思想の停滞は今迄に沢山の場で


論じられてきた話題だと思えます。話戻って、


パスカルは考え続けた人でした。



パスカルの業績 


パスカルの遺稿集であるパンセは有名です。


総合的に物事を考えています。


死後、遺品整理で改めて分かったのは


「神」をも思考の対象として考えて、


様々な思考を繰り返し


確率論、優先順位を考え、様々な証明方法


を使っていたということです。


実際に分かり易い例として、


数学の上では三角形の内角の和を考えた時に


合計180度であると子供時代に証明していたようです。


平行になる工夫をして補助線を一本引く


だけなのですが、それを思い付いたときは


どれだけ嬉しかったことでしょう。


きっと感動があったはずです。


 

物理学の面では圧力に関する


パスカルの原理が有名で


その後、今に至るまで油圧機器に多用されてます。


またパスカルは実業家としての側面も持っていて、


今日で言うバスのシステムを乗り合いタクシー


という形で実現しています。またパスカルは


子供時代から機械式計算機の制作をしています。


徴税吏員である


父親の仕事軽減が目的だったようです。


少し、ほのぼのする逸話ですね。また、


昔フランスでの500フランにパスカルの顔


が描かれていたようです。そしてパスカル


は39歳で亡くなっています。


何よりも圧力の概念を面積との関係で確立していき、


後の定量的議論の土台として確立した


功績は大きいのではないでしょうか。


現在では圧力の単位としてパスカルは名を残してます。



フランスの誇る偉人ですね。


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】



(対応英訳)


 Blaise Pascal ,Born in France, is a physicist, mathematician and philosopher. Until around the 17th century, scholars involved in the natural sciences tended to be undivided, which is a part that makes us feel the times.


And above all, when it comes to Pascal, the remaining word, "human beings are reeds to think about," comes to mind first. He was the one who established the way of thinking, which gives an impression close to that of an ancient Greek Philosopher. I don't really feel the "scientific side" of human history up to the Middle Ages. There is a functional beauty that arises from the accumulation of experience and culture, but I think the approach from experience, including the materials, was the main part of Way Of Tinking. Of course, the stagnation of thought seems to be a topic that has been discussed in many places. Returning to the story, Pascal was the one who kept thinking. His collection of Pascal's manuscripts, Pensées, is famous. He thinks about things comprehensively.



After his death,


what he learned from his relics was that he also considered "God" as an Object  Of Thought, repeated various thoughts, considered probability theory and priorities, and used various proof methods. ..


As a practically straightforward example, he seems to have proved in his childhood that mathematically, when considering the sum of the angles of a triangle, the total is 180 degrees. He only draws one auxiliary line, but how happy he was when he came up with it. He must have been impressed.


In terms of physics, Pascal's principle regarding pressure is famous, and since then, it has been widely used in hydraulic equipment. Pascal also has an aspect as a businessman, and realizes the Bus System that we call today in the form of a shared taxi.


Pascal has also been making mechanical calculators since his childhood. It seems that his purpose was to reduce the work of his father, his tax collector. It's a little heartwarming anecdote. Also, it seems that Pascal's face was drawn on 500 francs in France long ago. And Pascal died at the age of 39.


Above all, he established the concept of pressure in relation to area, and I think he has made great achievements in establishing it as the basis for later quantitative discussions. Today, Pascal has left its name as a unit of pressure.
He is a great man in France.

中村清二
【1869年10月28日〜1960年7月18日】‐4/9改訂


【スポンサーリンク】


中村清二は福井県に生まれ東京帝国大学に進みます。そこで田中館愛橘の指導を受けるのですが、そこから先のキャリアに時代を感じました。1903年に30代で助教授の地位にあったのですが、その時代にドイツへ留学します。時代を感じた部分はその後を考えた時なのですが、中村は帰国後に博士号をとるのです。その時代の修士課程の扱いは存じませんが、博士課程を終える前に助教授として学生を指導して、留学をして、更にその後に博士号をとっていたのです。時代が違うと感じました。


中村は光学の研究で知られています。量子力学が成立してゆく時代に関連の仕事をしていき、光弾性実験やプリズムの最小偏角を研究したりしています。


また中村は地球物理学の分野でも研究を進めています。特に三原山が大正時代に噴火したときは地球内部の物理学に関心を持ちました。火山学を確立していき、三原山や浅間山の研究体制の整備に貢献しています。。


また、熱心に物理の教科書をまとめ上げる作業を繰り返しました。また、東大での講義科目の一つ実験物理学は後の我が国の人材を育て上げて物理学発展の礎を固めました。1925年に理科年表が世に出されるのですが、その際には、物理の部門でのの監修者として仕事を残しています。
また中村は定年後は八代海の不知火や魔鏡の研究を行なっています。


中村清二の人柄など
中村は妻との間に二男二女を設け得ました。
作家の中村正常は兄の子で、三原山の調査に同行したこともあしました。
正常の長女が女優の中村メイコです。
そうした多くのものを残し、中村は召されました。享年91歳の大往生です。



〆最後に〆


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2022/04/02_初回投稿
2022/04/09_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イタリア関係のご紹介
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】




 

(対応英訳)


Seiji Nakamura was born in Fukui prefecture and went to the University of Tokyo. There, he was taught by Tanakadate Aikitsu, and from there he felt the times in his future career. He was an assistant professor in his thirties in 1903, when he went to Germany to study abroad. The part where he felt the times was when he thought about it, but Nakamura got his PhD after returning to Japan. I don't know how to treat a master's degree at that time, but before finishing his doctoral course, he taught students as an assistant professor, studied abroad, and then got a PhD. He felt that the times were different.


Nakamura is known for his research in optics. He has been doing related work in the era when quantum mechanics was established, and he is studying photoelastic experiments and the minimum declination of prisms.


Nakamura is also conducting research in the field of geophysics. Especially when Mt. Mihara erupted in the Taisho era, he was interested in the physics inside the earth. He has established volcanology and is contributing to the development of research systems for Mt. Mihara and Mt. Asama. ..


He also repeated the work he enthusiastically put together a physics textbook. In addition, experimental physics, one of the lecture subjects at the University of Tokyo, cultivated human resources in Japan later and laid the foundation for the development of physics. His science chronology was released in 1925, when he left his job as a supervisor in the physics department.
After retirement, Nakamura is conducting research on Shiranui and magic mirrors in the Yashiro Sea.


Personality of Seiji Nakamura, etc.
Nakamura could have a second son and a second daughter with his wife.
The writer, Masatsune Nakamura, was the son of his older brother and also accompanied him to the investigation of Mt. Mihara.
The normal eldest daughter is Meiko Nakamura, an actress.
Nakamura was called, leaving behind many of them. He is 91 years old.


 

2022年04月08日

ヨハネス・ケプラー:Kepler
【1571年12月27日生まれ-4/8改定】

こんにちはコウジです。「ケプラー」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1571年12月27日生まれ ~ 1630年11月15日没】



【スポンサーリンク】



ケプラーの生い立ち


ドイツに生まれたケプラーは天文学者にして数学者、


哲学者、占星術師でありました。そして、


ケプラーの母は薬草治療をしてました。


ケプラーの天文物理学の仕事として素晴らしい点は、


年間の観測情報から数学を使った考察を進め、


天体の星達が(基本的には平面上で)楕円軌道を描く


とか公転周期と面積速度の関係を導き出すといった


秩序だった理論的な結果を導き出した点です。


ケプラーは「数学モデル」を物理学に当てはめた


初めての物理学者だったという事実も見逃せ無い点です。


今では当たり前に思えるのですがケプラーの時代は


物事を考える土壌が出来上がっていませんでした。


更に実験を結びつけて議論の裏付けをとり、


後の時代の物理学者たちは説得力を増すのです。


 

そんなケプラーは幼少期に苦労します。


ケプラーの父は家族の為に傭兵として戦いに参加します。


ケプラーが5歳から17歳の間、その父は家族と離れ


暮らしていました。そして八十年戦争と呼ばれた戦いで、


父はネーデルランド(今のオランダ)で亡くなります。


加えてケプラー本人は天然痘にかかり視力低下にあい、


一生苦労をしました。また天然痘では、、、


ケプラーは妻子を失ってしまいます。


 

ケプラーの業績


 

そんなケプラーは天文学者として地動説に出合いました。


特にコペルニクスがコペルニクス的転回を打ち出した


タイミングでケプラーは天文を学びましたが、


ケプラーはコペルニクスを全面的に支持します。


そういった考え方を読んだケプラーを


今度はガリレオ・ガリレイが支持します。


そして何よりケプラーはティコ・ブラーエに出会います。


科学が飛躍的に進化する時代があると思えますが、


ケプラーの前後の時代はまさに、そんな時代でしょう。


この時代の動きがあったからこそ、後の時代の思索の中で


力学が生まれてきて、電磁気学が生まれてきたのです。


20世紀の初頭にも国を超えて人々が議論して


科学技術に大きな進展が見受けられました。


そんな視点で「社会史」の側面を垣間見ながら


「科学史」を考えてみると人類の進化を感じられます。


私が「進化」と呼んだ「変化」が好ましいか


という議論がありますが、私は好ましいと思います。


可能性が広がるからです。


技術を制御する責任は別問題で別に議論します。


 

ティコ・ブラーエは遺言で集めた膨大な


データを遺産としてケプラーに残しました。


価値ある貴重なデータをケプラーがが受け取り


そして整理して様々な法則を作り出します。


2人の業績から今に残るケプラーの法則が完成したのです。


惑星の運動は体系立てて幾何学上で表現されています。


ケプラーは星を考える枠組みを作り出したのです。


そして次なる様々な理論体系に繋がっていったのです。



〆最後に〆


英語が話せるようになる「アクエス」


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/19_初版投稿
2022/4/8_改定投稿


旧舞台別まとめ/
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
デンマーク関係の紹介へ
ドイツ関連のご紹介へ


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】



(対応英訳)


Kepler's Birth Born


Kepler's Birth Born in Germany, Kepler was an astronomer, mathematician, philosopher, and astrologer. And Kepler's mother was doing herbal remedies. The great thing about Kepler's work in astronomical physics is that it advances mathematical consideration from annual observation information, and the stars of the celestial body draw elliptical orbits (basically on a plane), orbital period and area velocity. It is the point that we have derived an orderly theoretical result such as deriving a relationship. It is also worth noting that Kepler was the first physicist to apply a "mathematical model" to physics.


Kepler struggles in his childhood. Kepler's father participates in the battle as a mercenary for his family. While Kepler was between the ages of five and 17, his father lived away from his family. Kepler's father died in the Netherlands in a battle called the Eighty Years War. In addition, Kepler himself suffered from smallpox and suffered from his poor eyesight for the rest of his life. Also in smallpox, Kepler loses his wife and children.



 Kepler's Work


Kepler came across the heliocentric theory as an astronomer. Kepler learned astronomical, especially when Copernicus launched a Copernican Revolution, but Kepler fully supports Copernicus. Galileo Galilei now supports Kepler who read such an idea. And above all, Kepler meets Tycho Brahe.


It seems that there is an era in which science will evolve dramatically, but the era before and after Kepler is exactly such an era. It seems that the movement of this era was the reason why mechanics was born and electromagnetics was born in the thoughts of later times. Even at the beginning of the 20th century, people from different countries discussed and made great progress in science and technology. If you think about "history of science" while glimpsing the aspect of "social history" from that perspective, you can feel the evolution of humankind. There is some debate about whether "change," which I called "evolution," is preferable, but I think it is preferable. Because the possibilities open up. Responsibility for controlling technology is discussed separately on a separate issue.



Kepler's Data


Tycho Brahe left Kepler with the vast amount of data he collected in his will as his legacy. Kepler receives valuable and valuable data and organizes it to create various laws. From the achievements of the two, Kepler's law that remains today was completed. The movement of planets is systematically and geometrically represented. Kepler created a framework for thinking about stars. And he was connected to the following various theoretical systems.



R・J・E・クラウジウス 【1822年1月2日 〜1888年8月24日】‐4/8改訂


【スポンサーリンク】


クラウジウスはドイツ系の人で、名前をつづると
Rudolf Julius Emmanuel Clausius, です。


クラウジウスはプロイセン王国領生まれました。今で言う、現ポーランドの生まれです。お父様は牧師として務める傍ら、小学校の校長を務めていました。そこでクラウジウスは学び始めます。ベルリン大学の時代に熱力学に関心を抱き始め、初の論文をまとめます。それは、当時の物理学の中心となっていた熱(温度)、圧力、 対象となる物質の体積(占めている空間)、およびその質量に関する関係の考察でした。ニュートン力学が広く知られ、その質点モデルをもとに人々が分子であるとか、原子であるとかいう概念を想像していくうえで、知見をまとめていっている段階での考察であり、手探りの中で気体分子の(またはその幾つかの合成物の)性質を突き詰めていった人の一人がクラウジウスなのです。今で言う化学と熱力学の境界線はどう考えられていたのでしょうか。概念形成の歴史を考えていく中で一つの転換点となっている気もします。後に放射線を使って原子を少しでも可視化したりする前の、関連概念の形成時代があったのです。


斯様な考え方で考えていくと、クラウジウスの諸業績の中で第一に思いつくものは熱力学に対する業績で、特に、エントロピーの概念が最も大きいのではないでしょうか。気体分子を単純化して特定環境下(温度下)での個々の質点の位置と運動量で考えていった時に


ボルツマンが後程、再定義
熱力学第一法則・第二法則の定式化 dS = {dQ }/ {T}


1824年、カルノーは、熱量は保存され、熱が高温から低温へと移動するときに仕事が発生するという理論を組み立てた。この理論は1840年代後半、ウィリアム・トムソンによって世に広まった。一方、同じ頃に、熱そのものが仕事に変化し、また仕事も熱に変化するというジュールの測定結果が、おなじくトムソンなどによって世に認められるようになった。しかし、この2つの理論は互いに矛盾するように思われた。そのため、トムソンは初め、ジュールの測定結果のうち、「仕事が熱に変化する」という箇所については否定的な見解を示していた。


これに対しクラウジウスはジュールの理論を受け入れ、熱と仕事は互いに変換可能だと考えた。しかし、カルノーの理論を完全に捨て去ることもしなかった。ここから、熱に関する2つの原理が生み出されました。 



〆最後に〆


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2022/04/01_初回投稿
2022/04/08‗改訂投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】





(対応英訳)


Clausius is of German descent, spelling his name
Rudolf Julius Emmanuel Clausius,.


Clausius was born in the Kingdom of Prussia. He was born in Poland in these days. While his father was a minister, he was the principal of an elementary school. There Clausius begins to learn. He began to take an interest in thermodynamics during his time at the University of Berlin and summarized his first treatise. It was a consideration of the relationship between heat (temperature), pressure, volume of the target substance (occupied space), and its mass, which were the core of physics at that time. Newtonian mechanics is widely known, and it is a consideration at the stage of summarizing the findings in imagining the concept that people are Molecules or Atoms based on the mass model, and it is in the process of groping. Claudius is one of the people who scrutinized the properties of gas molecules (or some of their compounds). What was the boundary between chemistry and thermodynamics as it is now? I feel that it is a turning point in thinking about the history of concept formation. There was an era of the formation of related concepts before later using radiation to visualize atoms as much as possible.


Considering this way of thinking, the first thing that comes to mind among Clausius's achievements is his Achievements in Thermodynamics, and in particular, the concept of Entropy is probably the largest. When he simplified the gas molecule and thought about the position and momentum of each mass point in a specific environment (under temperature).


Boltzmann later redefined
Formulation of the first law and the second law of thermodynamics


dS = {dQ} / {T}


In 1824, Carnot constructed the theory that heat is conserved and work occurs when heat moves from hot to cold. This theory was popularized by William Thomson in the late 1840s. On the other hand, in the same period, Joule's measurement result that heat itself turns into work and work also turns into heat came to be recognized by the same Thomson and others. However, the two theories seemed to contradict each other. As a result, Thomson initially gave a negative view of Joule's measurements of "work turns into heat."


Clausius, on the other hand, accepted Jules' theory and thought that heat and work could be converted into each other. But he did not completely abandon Carnot's theory. This gives rise to two principles of heat.

2022年04月07日

ガリレオ・ガリレイ
【1564年2月15日生まれ‐4/7改訂】

こんにちはコウジです。「ガリレオ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1564年2月15日生まれ ~ 1642年1月8日没】



【スポンサーリンク】



ガリレオの生きた時代


先ずガリレオの生誕年での西暦はユリウス暦で


死没年の西暦はグレゴリオ暦です。


ガリレオ・ガリレイはそんな


2つの暦を使う時代に生きていました。


イタリアのガリレオ・ガリレイの名は世界中で近代科学の父、天文学の父として知られています。数学的なモデルを確かにして現象からパラメターを選びその数値を観測可能な道具を選ぶ事で実験検証する手法はガリレオが確立したものです。


そんなガリレオが生きた時代には自然科学の考えに対して


暗黒の時代背景がありました。教会が力を持ち、


表現が不適切とされた時には社会的な制裁を受けました。


ジョルダーノ・ブルーノという哲学者は火炙りに処されています。


ブルーノの断罪は多岐に渡ります。


その中の一つが天体関連です。


当時の教会の考えでは、地球が太陽や土星の様に


運行してはならないのです。今では理不尽とも思えますが。



ガリレオの研究環境と業績


そんな時代の中でガリレオは艱難辛苦に晒されます。


権力争いに巻き込まれ、天体に関する考えから


異端審問を受け、社会的立場を悪くします。


軟禁状態にあり、体調も悪くなっていきます。


そんな有り様を知ったデカルトは論文発表を控えた


と伝えられています。更にはガリレオは失明します。


これは一説には過度の天体観測のせいだとも


言われています。ただ、その後も息子や弟子達の


助けを借りて出版をしたり振り子時計を発明したりしています。


振り子の等時性をもとにして,周期を起点に考えていき、


時を刻む仕組みを設計していたのです。


まさにプロトタイプの精密機械ですよね。


そして、最後は77歳で亡くなっています。



〆最後に〆


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/22_初回投稿
2022/04/07_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イタリア関係のご紹介
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】





(対応英訳)


First, Galileo's birth year is the Julian calendar and the death year is the Gregorian calendar. Galileo Galilei lived in an era of using these two calendars.


The name Galileo Galilei of Italy is known all over the world as the father of modern science and the father of astronomy.


Galileo has established a method for experimentally verifying by making sure of a mathematical model, selecting parameters from phenomena, and selecting tools that can observe the numerical values.


When Galileo lived, there was a dark background to the ideas of the natural sciences. He was subject to social sanctions when the church was powerful and improperly expressed. A philosopher named Giordano Bruno is burned at the stake.


Bruno's condemnation is wide-ranging. One of them is related to celestial bodies. The idea of ​​the church at that time was that the earth should not operate like the sun or Saturn. It seems unreasonable now.


In such an era, Galileo is exposed to hardships.


He gets caught up in a power struggle, gets an inquisition from his thoughts on celestial bodies, and makes his social position worse. He is under house arrest and his condition is getting worse.


It is reported that Descartes, who knew such a situation, refrained from publishing his treatise.


Furthermore, Galileo loses his eyesight. It is said that this is due to excessive astronomical observation in one theory. However, he has continued to publish and invent pendulum clocks with the help of his sons and disciples.


Based on the isochronism of the pendulum, he started thinking from the cycle and designed a mechanism to keep track of time. It's a prototype precision machine, isn't it?


And he finally died at the age of 77.

ウィリアム・ローレンス・ブラッグ【1890年3月31日 〜 1971年7月1日】

ブラッグの名前を英語でつづるとWilliam Lawrence Braggです。結晶によるX線回折についての法則「ブラッグの法則」でよく知られているオーストラリア生まれの物理学者です。英連邦から英国本国で学んで研究を進めた物理学者はラザフォード(ニュージーランド出身)が思い浮かびますが、ブラッグの場合はお父様と一緒にイギリスへ移住しています。ローレンスは優秀で14歳でアデレード大学に進学します。渡英後の1909年の秋には無試験で数学の奨学金を得てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学します。1911年に首席で物理学科を卒業。1914年にはトリニティ・カレッジのフェローシップに選ばれています。トリニティ・カレッジでのフェローシップでは論文の提出や試問に関わる自然科学系の受賞者として史上最年少記録として語り継がれています。

息子であるローレンス・ブラッグはエックス線を結晶格子にあてて、格子を構成する原子をX線が回折する様子を思いつきました。つまり個々の粒子にX線が当たった時に光子が入射方向と角度をもって回折されていく様子をイメージできたのです。個々の粒子が結晶構造を持っていたとしたら原子配置に応じて反射波は特定のパターンを描くはずであると分析したのです。結晶パターンに従って回折したX線ビームの「透過後のパターン」を計測して結晶内の原子の配置を算出(推定)するアイデアを父であるヘンリー・ブラッグに話しました。父ヘンリーはリーズ大学で息子ローレンスのアイディアを使いX線分光計を開発したのです。開発した装置が、色々な結晶の分析が可能としました。1915年(息子のローレンスが25歳の時に)父ヘンリー・ブラッグと共にノーベル物理学賞を受賞します。この25歳での受賞は自然科学の分野では現在でも最年少の受賞となっています。非常に悲しい出来事なのですが同年にはローレンスの兄弟がガリポリの戦いで戦死したという悲しい事件もありました。その直後の時期に、親子はノーベル物理学賞受賞の知らせを聞いているのです。


そもそも、ローレンスが5歳の時に3輪車で転び腕を骨折しました。父ヘンリーがその時に、最新情報・ヴィルヘルム・レントゲンによるX線の発見を思い出し、検査に応用したのが始まりです。父ヘンリーの検査事例はオーストラリアでのX線の初の医学的応用となりました。そこから話を親子は計測を発展させて、もっとサイズの小さい結晶構造を考察する道具としてX線を解析の道具としてつかったのです。その家族の歴史がノーベル賞につながったのです。

また一方でローレンスの研究は第一次世界大戦と第二次世界大戦のときに中断されました。戦時下では有能な才能が軍事的に貢献されることが好ましかったのです。ローレンス自身の当時の意向は調べ切れていませんが、それぞれの大戦でローレンスは敵兵器の場所を特定する音響測位法の研究に従事しました。海洋探査の現場で使われる方法で大気中で兵器の位置を測定をしようとしていたようです。第一次大戦の際にはミリタリー・関連の勲章と大英帝国勲章を受けています。また、1916年、1917年、1919年に3回、柏葉敢闘章 (Mentioned in Despatches) を授与されています。



1948年頃にはX線によるタンパク質構造の研究に関心を持ち、物理学の知識を生物学の研究に応用する研究グループを作ることに貢献している。1953年、所長を務めていたキャベンディッシュ研究所でフランシス・クリックとジェームズ・ワトソンがデオキシリボ核酸 (DNA) の二重らせん構造を発見した際にも重要な役割を演じている。
posted by コウジ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学史

2022年04月06日

ジョルダーノ・ブルーノ
【1548年生まれ 4/6改訂】

こんにちはコウジです。「J・ブルーノ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。星の世界を今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1548年生まれ ~ 1600年2月17日没】



【スポンサーリンク】


ジョルダーノ・ブルーノはイタリア生まれの哲学者にして


ドミニコ会の修道士です。ルネッサンスの時代の人で


有名なガリレオ・ガリレイと生きた時代が重なります。


科学者のご紹介という視点からは少しずれますが、


自然観の変遷という観点から科学史の中で論じます。


 

コペルニクスの時代から時が過ぎ、


教会の世界観は変化しています。


当時のヨーロッパの人々の世界観について


教会が支配的立場をとるのです。その中で、


現代の我々の視点からは当時人々の不合理さは


受け入れ難いです。最終的にはブルーノは


火炙りに処されてしまいます。宇宙は有限ではなく無限で、


地球や太陽も星の1つ、というブルーノの考えは


当時の社会的な価値観と合いませんでした。


当時としては不愉快な考えだとも思われたのです。


そして火あぶり。酷い話です。


 

何よりも、ブルーノは


ドミニコ会の修道士でした。


「神の作りたもう世界は限り無い」


という信念をもっていて、


権威に立ち向かいつつも


彼なりに良心的な判断をして


考え方を構築していったのです。


 

数学的モデルで検証して欲しかった。


実験結果と照らして判断して欲しかった。


科学が得意な人々と議論して欲しかった。


私は勝手に、そう思います。


 

最後に、ブルーノの名誉回復の話です。


20世紀になってヨハネ・パウロ2世の時代に


過去の見直しが成され、処刑は不当であるとして、


異端判決を取り消しています。新しい発想を


作り出したブルーノが再評価されたのです。


今、ブルーノは思想の自由に殉じた


”殉職者”として評価されています。



【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/10/23_初回投稿
2022/03/26_改定投稿


(旧)舞台別
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)
イタリア関係
力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(対応英訳)


Giordano Bruno is an Italian-born philosopher and Dominican monk. Bruno lives with the famous Galileo Galilei.


This paper discusses Bruno in the history of science from the perspective of nature.


 

Time has passed since the days of Copernicus, and the world view of the church has changed. The church takes a dominant position in the worldview of the European people at that time. Among them, the absurdity of people at that time is unacceptable from our modern point of view. Eventually Bruno will be burned at the stake. Bruno's idea that the universe is not finite but infinite, and that the earth and the sun are one of the stars, did not fit the social values ​​of the time.


It seemed like an unpleasant idea at the time. And Bruno burns at the stake. It's a terrible story.


Above all, Bruno was a Dominican monk.
He had his belief that "the world created by God is endless," and he built his mindset while confronting authority and making his own conscientious decisions.


He wanted it to be verified with a mathematical model. He wanted him to judge in the light of the experimental results. He wanted to discuss with people who are good at science. I think so without permission.


Finally, the story of Bruno's rehabilitation. In the 20th century, during the time of John Paul II, and the heretical judgment was revoked, saying that the execution was unjustified. Bruno, who created a new idea, was re-evaluated. Bruno is now regarded as a free-spirited line of duty death.


ダーヴィット・ヒルベルト【1862年1月23日 〜 1943年2月14日】

ヒルベルトの名前を英語でつづるとDavid Hilbertとなり
ドイツ語:でつづるとˈdaːvɪt ˈhɪlbɐtとなります。誰しもが認める
「現代数学の父」がヒルベルトです。遅ればせながら、
誰しもが認める大物をご紹介します。
ヒルベルトは当時プロイセン王国領だったケーニヒスベルク
(今はロシア領であるカリーニングラード)に生まれました。


ヒルベルトはケーニヒスベルク大学に進学し学びますが、この大学では別途、カントが(別の時代に)学び、学長を務めていたような歴史ある大学です。もともとドイツ騎士団だった男が設置した大学で、第二次大戦後はソビエト連邦領として統治されていました。記事を書いている2022年にはウクライナとロシアの紛争が続いていますがロシアの領土を巡る経緯は非常に根深いものがあると感じさせる地方です。思えば旧東ドイツも実質的にロシアの支配下あったとも言えます。プロイセン王国ではありますが、後の時代には別の国であったような地方でヒルベルトは生まれ学びました。後に多彩な才能がヒルベルトを育てました。特にウェーバーはドイツ数学の影響をヒルベルトに与えたと言われています。更に、同大学でヘルマン・ミンコフスキーとアドルフ・フルヴィッツと刺激を与えあう関係を持ちます。なかんずくミンコフスキーとは「最良にして、本当の友人」と感じるような関係を築きました。

またヒルベルトは偉大な数学者を多数、指導輩出しています。教育者として非常に優れています。ヒルベルトはゲッティンゲン大学で色々な人を指導していきました。その中の一人であるヨハネス・ルートヴィヒ・フォン・ノイマン(のちのジョン・フォン・ノイマン)の論文を評価していて、ノイマンは後に原子爆弾やコンピュータの開発で特筆される業績を残します。また、後述する「ヒルベルト空間」の名付け親はノイマンだと言われています。「三次元ユークリッド空間」を発展させていったのです。ヒルベルトは当時22歳であったノイマンをゲッティンゲン大学に招いて育てたのです。また日本人では東大の高木貞治がドイツ留学時代ヒルベルトの指導を受けたと言われています。思い返せば恐縮ながら、私も高木貞治の教科書を使っていたので、日本で数学を志す若者もヒルベルトの影響を受けていたのです。明文化すると少し感慨深いです。


ヒルベルトの業績で大きいと思えるのは数学概念の統合計画」と言える仕事だと思えます。それは不変式論、抽象代数学、代数的整数論、積分方程式、関数解析学、幾何学の公理系の研究、一般相対性理論などで個別にあった公理を整理して応用を考えていき、現実の現象(人間の頭の中での認識群)との相関を考えた時に、多岐に及ぶ業績を「結びつける試み」であると思えます。ヒルベルトの公理論と数学的な整合性の証明に関する一連の計画はヒルベルト・プログラムと呼ばれ、現代で理解されています。後にフォンノイマンも議論を続け、ヒルベルト空間と呼ぶ空間を3次元ミンコフスキー空間から発展させています。また、ヒルベルトの零点定理などに名前が残っています。

何よりヒルベルトはドイツの数学レベルを世界最高の水準ひきあげた数学者達の一人でした。一流の数学者でした。そんなヒルベルトは、晩年にナチスドイツによるユダヤ人迫害を目の当たりにしています。ドイツの数学研究所からユダヤ人たちが一人一人いなくなっていく様子に心を痛めていたそうです。

2022年04月05日

ティコ・ブラーエ【;Tycho Brahe‐1546年 ~4/5改訂】

こんにちはコウジです。「ティコ・ブラーエ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】


【1546年12月14日生まれ ~ 1601年10月24日没】



【スポンサーリンク】


ティコ・ブラーエはデンマークの貴族です。


多彩な能力を持っていて天文学で業績を残した他に、


作家・占星術師・錬金術師としても活動していました。


実際そうした活動領域の「あいまいさ」は当時の科学者


と呼ばれていた人に広く見受けられる傾向で、


自然科学が広く行き渡った我々の時代からは全く


想像出来ない環境です。概念的に今でも


心理学やマーケティングでペルソナという概念が


使われていたりしますが、当時は真面目に悪魔の存在


が信じられていたりしました。むしろ悪魔の概念を、当時の


キリスト教会の指導者達が利用した面もあります。


 

さて、意外なエピソードとして


「ティコ・ブラーエの鼻」の話があります。


その鼻は若き日の決闘によって鼻梁が無くなっていて、


それ以降、ティコは金属製の付け鼻をしていたのです。


ティコ・ブラーエの考え方では


地球が世の中の中心にあり、太陽は地球の


周りを回転していると考えていました。地動説で


天体運動を考えた時にプトレマイオスの


「アルマゲストという著作が有名で慣性を考慮せずに


「地球が動くなら空の鳥は西に流されていく」だから


(実際には)「地球は動かない」人々は信じていました


確かに相対的な位置関係としては


太陽の動きは説明出来ますが、後の学者達


が整理した色々な星のデータベースと


整合性がとれる考えではありませんでしたでした。


特に、コペルニクスの著書である「天球の回転について」


をティコ・ブラーエは所蔵していて


綿密な書き込みをしていたという研究報告もあります。


当時のコペルニクスの著作は売れていない本だったよう


ですが天体関係者達のネットワークの中で「天体の…」


「良書」だと噂され議論の題材となっていたのです。


そのようにして、ティコ・ブラーエが科学的アプローチを


続ける中で当時の知見を使って判断していたのです。


ただ何より、ティコ・ブラーエの観測データは


正確無比でした。後にデータを引き継いだ


ケプラーがコペルニクス的転回をして地動説の知見


に立ち返り、データをもとに地球が自転しながら


太陽の周りをまわる理論を打ち出します。


全体的に見て、ティコ・ブラーエの考えは間違いでしたが、


星の観測の業績としてはとても大きかったと言えるでしょう。


また、色々な人の業績がつながっていく視点で見た時に、


ティコ・ブラーエの残したデータが後に使われていた事実は


とても重要だといえます。間違った点があったことは事実ですが、


ティコ・ブラーエ彼はそれでも追及を続けていて、


彼の残したデータをもとに後の人々が議論をして、


宇宙の理解へと進んでいったのです。


現代の考えに近づきロケットが飛び知見が重なり、


これからも進化するのです。



【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2020/12/22_初版投稿
2022/05/05_改定投稿


(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
デンマーク関係の紹介へ
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】



(対応英訳)



Tycho Brahe is a Danish aristocrat.
In addition to his versatile abilities and achievements in astronomy,
He was also active as a writer, astrologer, and alchemist.
Also, as a surprising episode, there is a story about "Tycho Brahe's nose".
The nose of Tycho Brahe has lost its bridge
due to a young duelSince then, Tycho has had a metal nose.


Tycho Brahe thought that the earth was at the center and the sun was rotating around the earth.


It is true that the movement of the sun can be explained as a relative positional relationship, but it was not an idea that was consistent with the database of various stars organized by later scholars.


In particular, there is a research report that Tycho Brahe possessed Copernicus's book "On the Revolutions of the Heavenly Spheres by Nicolaus Copernicus of Torin 6 Books" and wrote it in detail. That is how Tycho Brahe used his knowledge at the time to make decisions as he continued his scientific approach.


But above all, the observation data of Tycho Brahe is
It was unmatched in accuracy. Kepler, who later took over the data, makes a Copernican revolution, and based on the data, he proposes a theory that the earth rotates around the sun.


Overall, Tycho Brahe's idea was wrong, but it was a huge achievement in star observation.


Also, from the perspective of connecting the achievements of various people, the fact that the data left by Tycho Brahe was used later is very important. It's true that there was something wrong, but Tycho Brahe was still pursuing,


Based on the data he left behind, later people argued and proceeded to understand the universe.


Rockets will fly closer to modern ideas, and knowledge will overlap, and they will continue to evolve.

J・F・ジョリオ=キューリー【1900年3月19日 〜 1958年8月14日】

今回のご紹介はジャン・フレデリック・ジョリオ=キューリーですが、J-F・ジョリオ=キューリーはフランスパリに生まれ、亡くなるまでパリで暮らしました。そんな人の58年の人生のご紹介です。名前の綴りはJean Frédéric Joliot-Curieとなります。著名なキューリー夫妻の娘婿としてご紹介するとわかりやすいでしょうか。つまり、義理の父はピエール・キュリー、義理の母はマリー・キュリー。義理の妹はエーヴ・キュリーとなります。


このご紹介の中でフレデリックとご紹介していきますが、フレデリックはラジウム研究所でマリ・キューリーの助手となりました。その研究所でマリの娘イレーヌを知り交際を深め。まもなく2人は結婚しました。その時点で姓を「ジョリオ=キューリー」としたのです。ジョリオはフレデリックの血筋の名前でキューリーはイレーヌの血筋の名前でした。二人は後に一緒にノーベル賞を受けます。

フレデリックとイレーヌの夫婦は同位体元素への反応過程を研究して新しい物質を作り上げたのです。具体的にはアルミニウムに対してアルファ線を照射したときに人工放射性同位元素である30P(リン30)が発生したのです。その後、フレデリックはフランス原子力庁の長官としてフランス初の原子炉を1947年に建設するプロジェクトに加わります。原子力の平和的な利用と環境に及ぼす影響については各論があると思えますが、今のフランスの電源構成に大きな影響を与えた人だと言えます。

政治的な活動としてフレデリックは第二次世界大戦時にはナチスドイツに対抗するレジスンス運動に参加しました。そして終戦後は先述したフランス原子力庁の仕事をしながらフランス国立科学研究センター総裁、コレージュ・ド・フランスの教授も務めていました。他、パグウォッシュ会議(核兵器と戦争の廃絶を訴える国際会議)の創始、世界平和評議会の初代議長、フランス共産党の党員と多方面で尽力し活躍をしました。

教育者としてフレデリックは日本初の女性物理学者である湯浅年子に物理学を指導しています。その実績も我々日本人には新鮮なのではないでしょうか。本当に多彩な魅力を持っていた人だと言えます。

更に意外な側面は柔道との関わりです。フレデリックはフランス柔術クラブの名誉会長でした。柔道創始者の嘉納治五郎も就いていた役職です。フレデリックがいかにフランス国民から敬愛されていたかがわかりますね。

2022年04月04日

G・R・キルヒホフ【1824年3月12日 〜 1887年10月17日】

その名は正しくはグスタフ・ロベルト・キルヒホフでGustav Robert Kirchhoff,とつづります。1824年に現在のロシア領カリーニングラードであるケーニヒスベルクで生まれました。生まれ故郷にあるケーニヒスベルク大学で学び、26歳でブレスラウ大学員外教授に就任しています。
キルヒホッフについて伝えられている内容は主に業績となりますので、本稿は時代背景をもとにして研究内容を中心とした記述を纏めたいと思います。私自身がドイツ系の人になったつもりで出来るだけ正確に記載したいと考えています。;)

実際にキルヒホッフの業績の中で有名なものは@電気回路におけるキルヒホッフの法則、A放射エネルギーについてのキルヒホッフの法則、B反応熱についてのキルヒホッフの法則です。それぞれにとても大事な考察だったといえるでしょう。

まず第一に、回路におけるキルヒホッフの法則が最重要です。別言すれば一番知られています。当然と言えば当然の事実を明言化しているだけだ、とも言えるのですが「回路網中の任意の接続点に流入する電流の和は 0(零)である」というのが第一の法則です。正確にはキルヒホッフの第一法則というべきでしょうが、本稿では単純に「第一の法則」または「第一法則」と省略します。この時代には自由電子運動論を裏付ける理論はありません。電子を直接観測にかけるどころか原子や電子のサイズも想像がつかないで、あくまで電子は一つのモデルでした。こうして考えた時に、正直でドイツで学んだ人は出来る事実で話を組み立てます。つまり出来るだけ正確に観測を続けて観測結果を蓄積して、観測事実の相互関係を定量化するのです。当時は電源と抵抗の単純な回路を考えた時に夫々を要素と考えて回路に落とす作業自体にも議論があったでしょう。つまり、我々が当たり前に書いている回路図も国際度量衡といった枠組みが無くて、ヨーロッパの一部の人々が使うだけの不可思議な記号だったのです。知る人ぞ知る知見だったとも言えます。そんな回路上での一点を考えたら入り込む電流と出ていく電流の総和が等しい。実験事実によるとゼロとなるという事実が第一法則なのです。この法則は今、電気工学(ひいては現代産業)で幅広く応用されています。

そして次に、キルヒホッフの電圧則はキルヒホッフの第2法則とも呼ばれます。回路を考えたときに回路網中の任意の閉ループを考えてみて構成する部分的な電圧を計測したとき、任意の分け方で考えた起電力の総和と電圧降下の総和は等しいのです。抵抗、電球、電線電池からなる回路で何が電気を起こしていて、何が消費するか考えてみてください。そして再強調しますがこの時代には電子の存在は今より不確かです。今の学生が教科書を読んだときに漫画的な丸い物体(模式的な電子の姿)を見て想像するような作業ができないのです。力学と比べて電磁気学や熱学はまとめ難い側面があります。実際には電圧を生じる電池のような物質があり、電気を流し抵抗を持つ同線等の要素を細かく考えていくことで、回路間の色々な場所での電圧降下をかんがえていき、キルヒホッフは第二法則を確立することが出来たのです。


そして1859年にキルヒホッフは黒体放射におけるキルヒホフの放射法則を発見しました。電子の運動でオームの法則に従い議論されるのに対して、熱放射は空間での現象に対しての考察です。また、別の空間的な考察としてキルヒホッフには分光学での考察も行っています。フラウンホーファーが発見したいわゆるフラウンホーファー線(太陽の光線を分解した時に現れる特徴的な吸収)がナトリウムのスペクトルと同じ周波数帯に見受けられると示し、(今で言う分光学的方法で)太陽の内部にあると思われる元素を同定できることを示しました。他に音響学、弾性論に関しても先進的な研究を行っています。

コペルニクス
【1473年2月19日生まれ-4/4改定】

こんにちはコウジです。「コペルニクス」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしました。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。


【1473年2月19日生まれ ~ 1543年5月24日没】



【スポンサーリンク】



コペルニクスの若き時代


コペルニクスは王領プロイセンの一部であった現在のポーランドで生まれました。特に第2次大戦までのナショナリズムの時代には、その地に生まれた人々はドイツ人であると言われたりしていましたが、今日ではドイツ系ポーランド人と呼ばれることが多いです。生活の面を考えていくとコペルニクスは職業として天文学に専念出来る仕事に従事していませんでした。日々の仕事としては宗教の布教に伴う様々な仕事をしていたようです。そんなコペルニクスは若い時代にイタリアに2度留学に出ておりボローニャ大学とパトバ大学で、それぞれ法律と医学を学んでいます。


そういった様々な仕事の一つとして、


コペルニクスは聖堂参事会の財産管理


をしていましたが、その仕事の中で


「悪貨は良貨を駆逐する」


という概念を初めて用いています。


良質のお金は各人の手元に残されて、


流通する貨幣は質の悪いものになっていくのです。


流通紙幣の品質に関連した議論です。


そういった社会的な活動もしていたという事実は


特筆すべきです。いずれにしてもコペルニクスは


知識人としての活動を続けていました。半面で、


時代の流れがありドイツ騎士団がポーランド王領


プロイセン内ヴァルミアに侵攻する中で


コペルニクスの生活は変わっていきます。



コペルニクスの宗教的側面


宗教的なコペルニクスの人生の側面を


考えてみると、教会側からコペルニクスが


何時も批判にさらされていた訳ではないようです。


コペルニクス自身が教皇に『天球の回転について』


と名付けた著書を献呈していたりする事実も有り、


コペルニクスと教会側との一定の良好な関係があります。


その半面でガリレオの時代には同書が閲覧出来ない


措置が取られていたり、著名な


宗教家であるルターが考えを批判をしています。


コペルニクスは聖書の考えに沿わないと解釈したのです。


幾多の時代の世界観を大きく変える議論だったのです。


別途、地動説を唱えていたプトレマイオスの論陣も、また


当時の科学的な知見に立脚して議論を進めていますが、


その中ではまだ確立されていなかった「慣性」という概念が


理論に必要だった筈だと後に科学史で議論されています。


ちなみに、コペルニクス以前の時代の天体運動の常識では


プトレマイオスの「アルマゲスト」という著作が有名で、


慣性を考慮せずに「地球が動くなら空の鳥は西に流されていく」


だから(実際には)「地球は動かない」といった判断基準


で話を進めていました。



コペルニクスと学問


さて、1539年にヴィッテンベルク大学の教授であった


ゲオルク・レティクスがコペルニクスを尋ねましたが、


そこで彼はコペルニクスから地動説の思想を


説明してもらい得心し、その考えを継承・発展したい


と思うようになりました。コペルニクスとレティクスの


師弟関係が始まっていくのです。


こんな話を私が調べていき興味を持った点は


コペルニクスが研究領域を確立していく道筋です。


当時は天文学という学問分野は明確にありませんでしたが、


コペルニクスは医学を修める中で、医学の学問体系に


含まれていた天体と人体という関連に着目して、


基礎分野となる天体の知識が当時不足していた事実


に気付くのです。今の我々にとって、一見すると


天体の運動は月くらいしか人間に関係があると思えません。


そこを極めていく事情も釈然としない部分があります。


また、当時の天文の知識は不十分だった筈です。


いわゆる「天動説」に立脚した理解体系では


「つじつまの合わない」事態に突き当たったはずです。


そんな彼らの自然との対話の中で、


レティクスはコペルニクスの理論を急速に吸収し、


理論体系の流布へ向け出版をするように


コペルニクスに進言します。。そうした話を受け


コペルニクスは自らの理論を纏めていこうと考えました。


1539年にはレティクスが自身の天文学の師、


ヨハネス・シェーナーに長い手紙を送りました。


その手紙の中においてコペルニクスの理論の抜粋


を盛り込んでいます。その写しをレティクスは


グダニスクの出版業者に持ち込み、翌年には


「最初の報告」として出版しました。そこでコペルニクスは


レティクスと共に執筆を進めました。その2年後には


「天球の回転について」の草稿が完成し印刷されたのです。


所がレティクスのライプツィヒ大学の数学教授への


就任に伴い、レティクスが後任指名した神学者


アンドレアス・オジアンダーが校正を続けます。


しかしそうした中、コペルニクスは脳卒中で倒れ、


半身不随となり、完成した製本原稿を読むことは


できませんでした。最終的に仕上がった印刷物は、


コペルニクスが亡くなった当日に


彼のもとに届いていたという逸話が残っています。


享年70歳の生涯でした。



〆最後に〆


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2021/04/01_初版投稿
2022/04/04_改定投稿


纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介へ】
時代別(順)のご紹介】
イタリア関係のご紹介へ】
ドイツ関連のご紹介へ】
力学関係のご紹介へ】


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】




対応英訳


Copernicus was born in what is now Poland, which was part of the Royal Prussia. Especially in the era of nationalism until World War II, it was said that the people born there were Germans, but today they are often called German Poles. Copernicus did not engage in astronomy-focused work as his profession. As for his daily work, he seems to have done various jobs associated with the mission of religion. Copernicus went to Italy twice when he was young and studied law and medicine at the University of Bologna and the University of Padua, respectively.


As one of those jobs, Copernicus managed the property of the Chapter Chapter, and in that job he used the concept of "bad money drives out good money" for the first time.


Good quality money is left in the hands of each person, and the money in circulation becomes poor quality. This is a discussion related to the quality of banknotes in circulation. The fact that he was also involved in such social activities is noteworthy. The life of Copernicus changes as the Teutonic Order invades Warmia in Polish Royal Prussia.


Commenting on that aspect of Copernicus's life, it seems that Copernicus was not always criticized by the church. There is also the fact that Copernicus himself dedicates a book entitled "On the Revolutions of the Heavenly Spheres by Nicolaus Copernicus of Torin 6 Books" to the Pope, and a certain good relationship with the church side can be seen.


On the other hand, in Galileo's time, measures were taken to prevent the book from being read, and prominent Luther criticized it. It was an argument that drastically changed the world view of many times.


Separately, Ptolemy's argument, which advocates the heliocentric theory, is also proceeding with discussions based on the scientific knowledge of the time, but the concept of "inertia", which had not yet been established, must have been necessary for the theory. It was later discussed in the history of science.


Now, in 1539, Georg Joachim Reticus, a professor at the University of Wittenberg, asked Copernicus, where he was convinced that Copernicus explained the idea of ​​the heliocentric theory, and would like to inherit and develop that idea. It came to be. The teacher-apprentice relationship between Copernicus and Retics begins.


What I was interested in investigating such a story is the way Copernicus establishes his research area. At that time, the academic field of astronomy was not clear,


While studying medicine, Copernicus focused on the relationship between celestial bodies and the human body, which was included in the academic system of medicine, and realized that he lacked knowledge of celestial bodies, which is the basic field at that time. At first glance, for us now, the movement of celestial bodies seems to be related to humans only for the moon.


There is a part that is not surprising even in the circumstances that go extremely far there.


Also, the knowledge of astronomical science at that time must have been insufficient. The understanding system based on the so-called "Geocentric theory" must have encountered a situation that "doesn't make sense".


In such a dialogue with nature, Retics rapidly absorbs Copernicus's theory and advises Copernicus to publish it for the dissemination of the theoretical system. .. In response to such a story, Copernicus decided to put together his own theory. In 1539 Retics sent a long letter to his own astronomy teacher, Johannes Schöner.


The letter contains an excerpt of Copernicus's theory. Retics brought a copy to a Gdansk publisher and published it as the "first report" the following year. So Copernicus worked with Retics. Two years later, the draft of "On the Revolutions of the Heavenly Spheres" was completed and printed.


With the appointment of Retics as a professor of mathematics at Leipzig University, the theologian Andreas Oziander, appointed by Retics, will continue to proofread.


However, in the meantime, Copernicus suffered a stroke and became paralyzed and could not read the completed bound manuscript. There is an anecdote that the final printed matter arrived at Copernicus on the day he died.
At that time, He was 70 years old.



2022年04月03日

アルキメデス
【紀元前287年頃 〜 紀元前212年−4/3改訂】

こんにちはコウジです。「1アルキメデス」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしました。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。


【紀元前287年頃 〜 紀元前212年】




【スポンサーリンク】



多彩な人であったアルキメデス



【英:Archimedes・希: Ἀρχιμήδης】
アルキメデスは、古代ギリシアの数学者で、物理学者で、
技術者で、発明家で、天文学者です。
古典古代においてのトップクラスの科学者といえます。
鉤爪の兵器や光線の兵器を発案して、多角形をつきつめて
円周率を推定していたりしました。

アルキメデスは古代ローマ時代に生きた人で、

その生涯は、アルキメデス亡くなった後に、
後の世界の歴史家たちによって
記録を元に推定されました。

歴史上の人物は誰しも記録に頼る
部分があるのですがアルキメデス
の場合は特に死後何百年経ってから
編纂されたとされており、それ故に
不確かな部分が多いです。何より
アルキメデスは多くの仕事を残しました。



アルキメデスの業績



アルキメデスの友人等が、
その伝記を残しておらず、
正確にわかっているのは
戦記に裏付けられた
最後の瞬間だけなのです。

アルキメデスがローマ軍の
シラクサ攻囲戦で死んだことが、
彼の死に関する故事の記述から
正確に判明しているのです。
例えば、アルキメデスの生年は、
死んだ日時の年齢から逆算して
「推定」されています。


アルキメデスの関心は美学に基づく
純理論構による論理体系構築が大きく
実利的な側面が顕著です。具体的にアルキメデスの原理とは、
アルキメデスが発見した流体力学での法則です。
圧力というパラメターを発見される前に、
圧力のもたらす半面的な効果を利用しました。
論理的に考えていき対象があった部分の
空間が及ぼしている力を浮力として考えたのです。
定式化された形としては、
「流体(液体や気体)中の物体は、対象となる物体が
【押しのけている流体の重量】と同じ大きさで
(ベクトル的に)逆向きの浮力を受ける」
という原理です。他、円周率や数列で
アルキメデスは仕事を残しています。



アルキメデス最後の逸話



話戻って、アルキメデスの亡くなる時のお話です。
その評判を知っていた指揮官・マルケッルスは、
アルキメデスには危害を加えないよう指示しました。
彼の家にローマ兵が入ってきた時、アルキメデスは
砂盤(今でいえばノートの役割)に描いた図(円形)
の上で、何か考えこんでいました。
入り込んだ部屋がアルキメデスの部屋だとは理解していない
ローマ兵が名前を聞きましたが、没頭していたアルキメデス
は無視し、そのことに兵は腹を立てアルキメデスを殺したのです。アルキメデス最期の言葉は
「私の円をこわすな!」(Noli turbare circulos meos!)だったと言われています。そのローマ人は命令に反し、アルキメデスを殺害してしまったのです。そして、後にアルキメデスを殺害してしまった事をとても遺憾に思い、苦慮したと言われています。


 

【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com
2022/01/06_初稿投稿
2022/04/03‗改訂投稿


纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


【2022年1月時点での対応英訳】

[English: Archimedes / Greeks: Ἀρχιμήδης]
Archimedes is an ancient Greek mathematician, physicist, engineer, inventor, and astronomer. He is one of the top scientists in classical antiquity. He devised claw weapons and ray weapons, and used polygons to estimate pi. Archimedes was a person who lived in ancient Roman times, and his life was estimated based on records by historians of the later world after Archimedes died.

Every historical figure relies on records, but Archimedes is said to have been compiled hundreds of years after his death, so there are many uncertainties. Above all, Archimedes left a lot of work.

Archimedes' friends and others have not left the biography,

and only the last moment supported by the war record is known exactly.

Archimedes died in the Roman siege of Syracuse, exactly as the story of his death reveals.

For example, Archimedes' year of birth is "estimated" by back-calculating from the age of his death.

Archimedes's interest is in the construction of a logical system based on a pure theoretical structure based on aesthetics, and the practical aspect is remarkable.

Specifically, what is Archimedes' principle?
It is a law in fluid mechanics discovered by Archimedes.
Before discovering the parameter of pressure
He took advantage of the one-sided effect of pressure.
The part where there was an object to think logically
He considered the force exerted by space as buoyancy.
As a formalized form,
"An object in a fluid (liquid or gas) is a target object.
With the same size as [the weight of the fluid being pushed away]
Receives buoyancy in the opposite direction (vectorly) "
Is the principle. In addition, in pi and sequence
Archimedes is leaving work.

Returning to the story, it is the story of Archimedes' death.
Marcus, a soldier who knew his reputation,
He ordered to his stuff as Archimedes not to harmed !
When Roman soldiers entered his house, Archimedes
Figure (circular) drawn on the sandboard (the role of a notebook now)
On top of that, Archimedes was thinking about something.
The Roman doesn't understand that the room he entered is

Archimedes' room.

Roman soldiers heard the name, but Archimedes was absorbed
Ignored, and the soldiers got angry and killed Archimedes.

Archimedes' last words
"Don't break my circle!" (Noli turbare circulos meos!)

It is said that it was. Military personnel violate orders, about Archimedes.
He is said to have suffered because he was very regrettable to had  killed Archimedes.

トマス・メンデンホール【1841年10月4日〜1924年3月23日】

メンデンホールはいわゆる「お雇い外国人」さんで、名前の綴りはThomas Corwin Mendenhallです。アメリカのオハイオ州生まれです。アメリカから先だって来日していた動物学者であるE・S・モースの推薦でメンデンホールは1878年に東京帝大の物理教師となります。黎明期の日本教育に先鞭をつけたのです。

メンデンホールは設立されたばかり東大理学部観象台の観測主任となり気候を観測しました。実際に1879年1月から2年間にわたり東京本郷で気象観測に従事したのです。メンデンホールは直接気象に関わるのみではなく日本で地震が頻発する環境に着目し、そうした事情を考慮して、観象台に地震計を設置を導入していきました。当時の日本では一般にそうした観測環境に対しての知見が乏しかったかったのです。結果として地震観測に関する業績を残し、日本地震学会の設立につながっていきます。メンデンホールはこの側面でも日本の教育に貢献をしています。


こうしてメンデンホールは日本物理学の黎明期において 気象学。地震学を確立していきました。一方で単位系の確立をしていった人です。 また富士山頂で重力測定や天文気象の観測を行い、日本に地球物理学を広げていきました。

日本の物理学者では特に、田中館愛橘がメンデンホールから力学、熱力学を学んでいます。師ともいえるメンデンホールとの出会いは愛橘に多大な影響を与えたと言われています。例えば、1879年(明治時代)にメンデンホールを通じてエジソンのフォノグラフの情報を得て、実際に田中舘は試作をしています。音響や振動の解析を試みてい定量的な解析が日本で始まったのです。また、田中舘はメンデンホールによる重力測定に参加し、東京と富士山で作業しました。

メイデンホールは2年の赴任の後にアメリカへ帰国をしましたが、海岸陸地測量局長時代にアメリカの州境と国境のを測定して定めました。緯度、経度で州境が引かれている現在のアメリカの州の形を作ったのです。メイデンホールの業績は評価されていて、アラスカの氷河のひとつに今でもメンデンホール氷河という名前が残っています。メイデンホールの局長時代の仕事に関連して命名されています。

2022年04月02日

こんにちはコウジです。「デモクリトス」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定をしました。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。


【BC460年頃 ~ BC370年頃】



【スポンサーリンク】




 原子論の始まり


デモクリトスは、古代ギリシアの哲学者です。苗字と名前がありそうだから調べてみたら見つかりません。この時代には未だ無いのかも知れません。何よりデモクリトスは初期の原子論を明確に示した人です。

デモクリトスはレウキッポスを師匠として、その理論を確立しました。ベルシャの僧侶やエジプトの神官に学び、果てはインドやエチオピアで出かけて見聞を広めたそうです。そんな活動的な人生を歩んでいて、仕舞いには生活に困るようになってしまい、最後は故郷のご兄弟に扶養の世話になっていたそうです。ただ死後はデモクスの著作物の公開朗読によって多額の贈与を受け国葬されたと伝えられています。

デモクラテスは哲学、詩学、倫理学、数学、天文学、音楽、生物学などで博識を示し、「知恵 (Sophia)」の異名を受けていました。私の視点では(物理学の観点から)原子論を創り出した点が特に重要です。

物質根源への定性的アプローチ 


物質の根元についての学説は、(後の)アリストテレスが完成させた四大元素(火・空気・水・土)が別途あって、時代ごとに原子論か四代元素かのどちらかが主流となって人々は根源物質を考えていました。デモクラテス以後、原子論は長らく反主流でしたが、ジョン・ドルトンの時代に彼によって優勢となりました。【ドルトン以降の原子論は、デモクリトスの説と全く同じではありません。】対象原子の質量やサイズに関する議論は無かったようですが、物質の根源物質を原子として考えて、元素の種類があると考えたのです。実際には核反応で原子は変化していきますが、日常生活を支えている物質が「元素」という最少単位を使って表現出来るとデモクラテスは議論していったのです。化学的手段が無い時代に、こうした基礎知見を確立できたのは驚くべき考察録です。デモクラテスの導き出した洞察は後の物理学の発展に大きく寄与しました。どんどん現在でも知識が深められているのです。


〆最後に〆


【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2021/10/06_初版投稿
2022/04/02_改定投稿


纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イタリア関係のご紹介
ドイツ関連のご紹介
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2021年10月時点での対応英訳)



The beginning of atomism


Democritus is an ancient Greek philosopher. I can't find it when I look it up because his last name and name are likely to be there. It may not be there yet in this era. Above all, Democritus is a person who clearly showed the early atomism.


Democritus established the theory with Leucippus as his mentor. He learned from Bersha monks and Egyptian priests, and eventually went to India and Ethiopia to spread his sights. He was living such an active life, and his disposition made him difficult to live, and in the end he was taken care of by his brothers in his hometown. However, after his death, it is reported that he was given a large gift and was state funeral by public reading of Demox's work.


Democrates has shown knowledge in philosophy, poetry, ethics, mathematics, astronomy, music, biology, etc., and has been nicknamed "Sophia". From my point of view, it is especially important that I created atomism (from a physics point of view).



Qualitative approach to material origin


The theory about the roots of matter has four major elements (fire, air, water, and soil) completed by (later) Aristotelis, and either atomism or the fourth element is the mainstream for each era. People were thinking about the source material. Atomism has long been anti-mainstream since Democrates, but was dominated by him during the time of John Dalton. [Atomism after Dalton is not exactly the same as Democritus's theory. ] It seems that there was no discussion about the mass and size of the target atom, but I thought that the source substance of the substance was considered as an atom and that there were different types of elements. In reality, atoms change due to nuclear reactions, but Democrates argued that substances that support daily life can be expressed using the smallest unit called "elements." It is a surprising record that we were able to establish such basic knowledge in an era when there was no chemical means. The insights derived by Democrates contributed significantly to the later development of physics. Knowledge is being deepened steadily even now.


〆Finally〆

中村清二【1869年10月28日〜1960年7月18日】

中村清二は福井県に生まれ東京帝国大学に進みます。そこで田中館愛橘の指導を受けるのですが、そこから先のキャリアに時代を感じました。1903年に30代で助教授の地位にあったのですが、その時代にドイツへ留学します。時代を感じた部分はその後を考えた時なのですが、中村は帰国後に博士号をとるのです。その時代の修士課程の扱いは存じませんが、博士課程を終える前に助教授として学生を指導して、留学をして、更にその後に博士号をとっていたのです。時代が違うと感じました。

中村は光学の研究で知られています。量子力学が成立してゆく時代に関連の仕事をしていき、光弾性実験やプリズムの最小偏角を研究したりしています。

また中村は地球物理学の分野でも研究を進めています。特に三原山が大正時代に噴火したときは地球内部の物理学に関心を持ちました。火山学を確立していき、三原山や浅間山の研究体制の整備に貢献しています。。

また、熱心に物理の教科書をまとめ上げる作業を繰り返しました。また、東大での講義科目の一つ実験物理学は後の我が国の人材を育て上げて物理学発展の礎を固めました。1925年に理科年表が世に出されるのですが、その際には、物理の部門でのの監修者として仕事を残しています。
また中村は定年後は八代海の不知火や魔鏡の研究を行なっています。

中村清二の人柄など
中村は妻との間に二男二女を設け得ました。
作家の中村正常は兄の子で、三原山の調査に同行したこともあしました。
正常の長女が女優の中村メイコです。
そうした多くのものを残し、中村は召されました。享年91歳の大往生です。

2022年04月01日

こんにちはコウジです。「ピタゴラス」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしました。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
@SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗Aev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗BBLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗CKazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】


作業としてフォロワー増は暢気に続けます。


【BC582 ~ BC496】




謎に包まれたピタゴラスの人生


ピタゴラスは古代ギリシャの数学者です。

皆さんもピタゴラスの定理(三平方の定理)

という言葉は聞いた事があると思います。

初等幾何学で出てくる話で、色々と応用が効きます。

同じギリシャのデモクラテスは朗らかなイメージ

なのに対し、ピタゴラスのイメージは暗く

謎に包まれています。トルコの辺りで生まれた

らしいと言われています。そして、

その後は現代に余り情報が残っていません。そもそもピタゴラスが組織したと言われた教団は秘密主義を徹底して、組織内の話しを外部に漏らすことを厳しく禁じました。実際に秘密結社ですから掟に背いた時は罰を受け、海に突き落とされたそうです。何度聞いても残酷な話しみたいで、その時代の人は泳げなかったから死刑に相当しました。たまたま漁師だった信者が浮かんでいたとしたら、船から棒で突かれたりしたのでしょう。こうした秘密主義の教団だったので、ピタゴラスの肖像画も見れませんし、遺稿も無いそうです。我々が垣間見れるのは2次情報で教団との関わりが無くなってきた御弟子さんの話とか著作物なのです。そうした2次情報によると、ピタゴラスの若い時代にはエジプトやインドを旅したりしていて、幾何学、天文学、算術、比率、宗教密儀、ゾロアスター教などに関わりピタゴラスは知識を深めました。

 ピタゴラスの独自性


ピタゴラスの考え方で特徴的なのは「あらゆる事象には数が内在している」という客観的な事実の提唱でした。確かに後の理解で整理すると、その時々に万物には質量があり、「固体・気体・液体」といった状態があり、空間上で占めている体積があって、その時の温度があります。そうした各種パラメターを使い、後の学者たちはそれぞれの関係を法則化して体系化していくのですが、それは後の話です。そうした議論の土壌をピタゴラスじは作っていきました。非常に大きな進歩だったと思えます。音楽の世界や天文の世界でも数か大きな役割を果たすことをピタゴラスは示したのです。

ピタゴラス学派の活動と顛末


エジプトでは幾何学と宗教の密儀を学び、フェニキアで算術と比率の知識を得て、ゾロアスター教の司祭のもとで学んだといわれています。そうした修行・研修の時期を過ごした後にイタリア半島を拠点とし活動しています。色々な人々をピタゴラスは言動で惹き付け、やがては沢山の弟子を集めピタゴラス学派(ピタゴラス教団)と呼ばれる団体を組織します。この組織にはいつしかパトロンが出来たりした時期もあったのですが、組織に対抗する人も出てきたりして、最終的には暴動を起こされてピタゴラスも殺されてしまったようです。

〆最後に〆


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

【スポンサーリンク】


2021/10/07_初回投稿
2022/03/21_改定投稿


纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イタリア関係のご紹介
ドイツ関連のご紹介
力学関係のご紹介


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】




(2021年10月時点での対応英訳)



The mysterious life of Pythagoras


Pythagoras is an ancient Greek mathematician. I think you have heard the term Pythagorean theorem (three squares theorem). It is a story that comes out in elementary geometry, and it can be applied in various ways. The same Greek Democrates has a cheerful image, while the image of Pythagoras is dark and mysterious. He is said to have been born around Turkey. and,

After that, there is not much information left in modern times. The sect, which was said to have been organized by Pythagoras in the first place, strictly prohibited the leakage of stories within the organization to the outside. Since it is actually a secret society, he was punished when he violated the rules and was pushed into the sea. No matter how many times I heard it, it seemed like a cruel story, and people of that era couldn't swim, so it was equivalent to the death penalty. If a believer who happened to be a fisherman was floating, he would have been stabbed by a stick from the ship. Since it was such a secretive cult, I could not see the portrait of Pythagoras, and there was no manuscript. What we can get a glimpse of is the story and copyrighted work of the disciple who has lost his connection with the cult in the secondary information. According to such secondary information, Pythagoras traveled to Egypt and India when he was young, and he deepened his knowledge about geometry, astronomy, arithmetic, ratios, religious esoterics, Zoroastrianism, and so on.



Uniqueness of Pythagoras


A characteristic of Pythagoras's thinking was the advocacy of the objective fact that "every event has a number inherent in it." Certainly, if we summarize it later, there is a mass in everything at that time, there is a state such as "solid / gas / liquid", there is a volume occupied in space, and there is a temperature at that time. Using these various parameters, later scholars will systematize and systematize their relationships, but that is a later story. Pythagoras created the ground for such discussions. I think it was a huge step forward. Pythagoras has shown that he also plays a number of major roles in the world of music and astronomical.

Activities and consequences of the Pythagorean school


He is said to have studied geometry and religious esoterics in Egypt, gained knowledge of arithmetic and proportions in Phoenicia, and studied under a Zoroastrian priest. After spending such training and training, I am based in the Italian Peninsula. Pythagoras attracts various people with words and deeds, and eventually gathers many disciples and organizes an organization called the Pythagorean School (Pythagorean Church). There was a time when a patron was formed in this organization, but some people opposed the organization, and it seems that Pythagoras was eventually rioted and killed.

R・J・E・クラウジウス 【1822年1月2日 〜1888年8月24日】

クラウジウスはドイツ系の人で、名前をつづると
Rudolf Julius Emmanuel Clausius, です。

クラウジウスはプロイセン王国領生まれました。今で言う、現ポーランドの生まれです。お父様は牧師として務める傍ら、小学校の校長を務めていました。そこでクラウジウスは学び始めます。ベルリン大学の時代に熱力学に関心を抱き始め、初の論文をまとめます。それは、当時の物理学の中心となっていた熱(温度)、圧力、 対象となる物質の体積(占めている空間)、およびその質量に関する関係の考察でした。ニュートン力学が広く知られ、その質点モデルをもとに人々が分子であるとか、原子であるとかいう概念を想像していくうえで、知見をまとめていっている段階での考察であり、手探りの中で気体分子の(またはその幾つかの合成物の)性質を突き詰めていった人の一人がクラウジウスなのです。今で言う化学と熱力学の境界線はどう考えられていたのでしょうか。概念形成の歴史を考えていく中で一つの転換点となっている気もします。後に放射線を使って原子を少しでも可視化したりする前の、関連概念の形成時代があったのです。

斯様な考え方で考えていくと、クラウジウスの諸業績の中で第一に思いつくものは熱力学に対する業績で、特に、エントロピーの概念が最も大きいのではないでしょうか。気体分子を単純化して特定環境下(温度下)での個々の質点の位置と運動量で考えていった時に

ボルツマンが後程、再定義
熱力学第一法則・第二法則の定式化 dS = {dQ }/ {T}



1824年、カルノーは、熱量は保存され、熱が高温から低温へと移動するときに仕事が発生するという理論を組み立てた。この理論は1840年代後半、ウィリアム・トムソンによって世に広まった。一方、同じ頃に、熱そのものが仕事に変化し、また仕事も熱に変化するというジュールの測定結果が、おなじくトムソンなどによって世に認められるようになった。しかし、この2つの理論は互いに矛盾するように思われた。そのため、トムソンは初め、ジュールの測定結果のうち、「仕事が熱に変化する」という箇所については否定的な見解を示していた。

これに対しクラウジウスはジュールの理論を受け入れ、熱と仕事は互いに変換可能だと考えた。しかし、カルノーの理論を完全に捨て去ることもしなかった。ここから、熱に関する2つの原理が生み出される。