ファン
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年06月12日

◆本音

日本で働く外国人の本音…

東洋経済新聞のこんな記事を見つけました。
『日本で働く外国人が苦労した言語じゃない壁』

こういうの読んでおくと、目の前のクライアントが今後直面しそうな問題を先回りして伝えることができるのでとても良いですよね。

ーーー
就職した当初、初めて配属されたところで「ショーン、Aをやって」と言われてAを持っていったら、「あれ、Bは?  Aと言ったらBもやる。当然じゃない?」と言われました。当時、日本語は話せても、マニッシュ(・プラブネ)さんが言ったように文化をまだ理解していなかった。
 私はそこでキレずに、「僕は外国人です。僕に言いたいことを、できれば1、2、3と細かく言ってください。そのうちわかっていくと思いますが、最初は教えてください」とお願いしたんですね。そこは日本人的に一歩引いて、自分を下にした。それでだいぶ変わった。

ーーー

全文はコチラから読めます。

D20330C9-C7B1-4488-9F49-AF2162D4AB97.jpeg
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7768289
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
Tomomiさんの画像
Tomomi
【学校以外で働く日本語教師ってどんな活動をしているの?】 2007年からこれまで、日本語学校に勤めることなくフリーランス日本語教師として活動してきました。 日本語教師というやりがいに満ちた仕事を、報酬や人間関係、激務を理由に離れてしまう人がいることをとても悲しく感じていて『自分が望むのであれば日本語学校以外で日本語教師を続けることができる』『日本語教師の経験を活かして新たな働き方生み出すことができる』ということをお伝えしたいと思っています。 「どうやってクライアントを集めたらいいの?」 「本当にそれで生活していけるの?」 「学歴が必要なんじゃないの?」 「経験も自信もないけど大丈夫なの?」 そんな疑問に、日本語学校に就職したことも、海外で日本語を教えた経験もない私が大使館や企業と契約ができるようになるまでにやっていたことを公開し、モヤモヤを抱える日本語教師の皆様に光を感じていただく事が出来たら嬉しいです。 時間的・精神的・経済的自由な日本語教師を目指すみなさん、一緒に頑張りましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。