広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年09月29日

【住環境福祉コーディネーター2級】さあ勉強開始





11月の住環境福祉コーディネーターを受験することを決心し、さっそくテキストを購入しました。ユーキャンのこれ↓

2019年版 ユーキャンの福祉住環境コーディネーター2級 速習レッスン【公式テキスト5訂版に対応】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)

新品価格
¥2,700から
(2019/9/30 00:00時点)




ちなみに2020年版はこれ↓

2020年版 ユーキャンの福祉住環境コーディネーター2級 速習レッスン【2020年試験対策】【公式テキスト改訂に対応】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)

新品価格
¥2,750から
(2020/4/6 10:41時点)




選択の決め手は、書店で読んでみて要点を押さえる分には違和感が無かったから。まあユーキャンは全般的に無難ということもあります。肝心なのは問題をこなすことだと思いますし。

ところで基本的に私は、全く興味の無い分野の試験を受けるつもりはありません。
うちには高齢者となった母親がいて、介護関係の知識を得たいという気持ちがあります。
また登録販売者の勉強で得た人体に関する知識が、この試験の医療の勉強を通じてプラスできそうですし、建築関係(特に建物)の勉強は、宅建や不動産関係で弱いところを吸収できそうな気がします。

試験まで2か月弱ですがコツコツ頑張ります!



2018年06月05日

気になる資格(その2:住環境福祉コーディネーター)

気になるというか今年受験予定ですが、住環境福祉コーディネーターは高齢者・障害者が住みやすい住環境を整備するための調整役の公的資格です。介護福祉関係の知識はほぼナッシングです。ただ十数年前に父親が亡くなる1年前に、前頭葉の委縮やらなんやらで要介護2となり、職員さん2人の手を借りてデイサービスに通っていました。

現在は母親も高齢になり、一応歩くことはできますが、筋力の衰えは隠せません。そういう意味では、介護・福祉関係の知識を押さえておくことは、介護福祉関係の方と同じ言葉で話すことができて有意義でしょう。

ただ純粋にこれらの知識の勉強だけだと、正直気が滅入ってしまうのは否めません。ならばバリアフリーなど住環境がからめば、取っつきやすくなります。幸い私は宅建を持っており、不動産鑑定事務所勤務経験があるので、建物関係をフックにすれば馴染みやすいだろうという目論見です。

とはいえ建築士に比べれば、宅建士や不動産鑑定士は、土地やマンションには強くても、建物の詳しい構造・工法などは弱い印象です。もちろん例外はあり、そんなことを思っているのはオマエだけだろう?と怒られそうですが、更地だといくらという土地中心の評価が多いせいかもしれません。

というかマイホームをお持ちの方のほうが、いろいろ家の勉強をされており、バリアフリーなどへの意識も高いでしょう。あ、グダグダ書いてしまいました(^_^;)

住環境福祉コーディネータは1級から3級まであり、1級は2級に合格していなければ受験できません。ですのでまず2級合格を目指します。

勉強はまだ開始していませんが、例によってブックオフを回って、最終的にはこのテキストの購入予定を考えています。

2018年版 U-CANの福祉住環境コーディネーター2級 速習レッスン【2018年版試験に対応】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)

新品価格
¥2,700から
(2018/6/5 17:30時点)



2018年版 U-CANの福祉住環境コーディネーター2級 重要過去問&予想模試【予想模擬試験(2回分)・赤シートつき】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)

新品価格
¥2,700から
(2018/6/5 17:31時点)






ファン
検索
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
リンク集
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


資格・スキルアップランキングへ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。