広告

posted by fanblog

2017年09月11日

ITコーディネータ補(平成15年合格)

国家資格ではありませんが、実質的には旧中小企業診断士の情報部門を引き継いだような資格です。ただし試験に合格したたけでは名乗ることができず、15日間のケース研修を修了しなければなりません。(最近の詳細は分かりません)

基本書は日経の電話帳2冊分位の厚さのセットのやつと、ASCIIの問題集。試験問題は公表されないので、過去問対策ができず不安でした。

試験会場は早稲田大学文学部で、受験者はオジサンばかり。会社に言われて受験した人が大半と思われます。150分で4肢択一問題を120問回答するハードさ。しかも設問は事例問題が多く、問題文も長文ばかりでした。想定はしていましたが、問題集とは傾向が全然違っていました(^^;
ただ選択肢には経営側に立ったものと、システム側に立ったものが用意されており、経営側のものを選択しないとダメなような印象を受けました。

合格証と一緒に送られてきた正解率の大雑把なグラフをみると7分野のうち6分野で合格者平均を上回って8割ほど取れたようです。たしか合格率は50%くらいだったかな。まず普及を目指していたと思われるので、競争率自体はたいしたことはありませんでした。

合格後は大枚をはたいて、毎週土日を使って両国の15日間のケース研修に通いました。当時は仕事も忙しく、むちゃくちゃ疲れましたよ。ちゃんこ屋での飲み会も何度かありました。その後は何年かITコーディネータを名乗りましたが、数年前にやめました。資格継続にお金と手間がかかるのと、急速にIT化が進展して存在意義が薄くなったと感じたからです。とはいえ資格継続のための研修は、中小企業の社長さんの講演もあって刺激を受けました。

あ、あとケース研修の指導員のひとりの方は、かつてあるプロジェクトでお世話になった会社の部長さんで、懐かしかったです。業界は広いようで狭いです。

itcordi.gif

ITコーディネータ実務ガイドVer.2.0

新品価格
¥3,240から
(2017/10/6 23:08時点)









この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/6687494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
リンク集
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


資格・スキルアップランキングへ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。