広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年01月08日

香住温泉でゴージャスに蟹しゃぶ*お正月家族ドライブ旅

年初め 家族で温泉へ1泊2日
最近は恒例になってきています









家族それぞれに役割があって
わたしがどこに行くか決めて予約する係
10月頃には探して予約を入れます





京都からさほど遠くなくて
(長距離は弟も母も疲れるので)
温泉と美味しいもの、が条件
そしてひとりあたりの予算枠あり




直前に探すと
アホみたいに高いところしか残っていません
今年は香住温泉にしました




城崎とか有馬とかになると
お正月じゃなくても高額なので
あまり有名でないところを選ぶといい
っていうのが、ここ数年予約係をして思うこと












年末に寒波が来て
日本海側がえらい雪と知り
もしかしたら行けないかも?




積雪や事故で通行止めもあり得るかなー?
まぁ、いくら心配したところで
どうなるものでもなし




いつもは11時出発が
少し早めに出よう、ということで
10時発の予定





当日朝、予約している民宿より確認の電話
雪は全然大丈夫だと!











京都縦貫道に乗り終点与謝野で降り下道
お昼も過ぎそろそろお腹が空いたね、で
道の駅へ





カニと豚と牛の専門店がそれぞれ並び

お昼にしては豪華で





そういうのしかなく
そこまでの道を思えば他にお店もないので
空いていた牛肉のお店にしたら
新鮮なお肉で作った美味しいメンチカツ





母と半分こして丁度でした





大きな道の駅で動物もいて
山羊やヒツジに餌をやったり
前日に生まれたばかりのモルモットの赤ちゃんを





ガラス越しに見せてもらい
キャーキャー言うて(笑)




お空は忙しく
雨→みぞれ→雪これを繰り返し
足元はびしょ濡れ









道の駅大好きなわたしたちは
久美浜の道の駅で休憩




大きな新高梨が採れるところらしく
この時期もたくさん並んでいて

東北の友達に送りました





車に乗ろうとしたら
虹のアーチが端から端までくっきり






IMG_7249.jpg




google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0




本当に海が目の前の民宿に着いた
明るくてきれいで
温泉が1階と2階にあって時間で男女交代
1階は4、5人が入れる大きさ
2階は3、4人かな




スタッフさん達も皆さん温かく親切で
気持ちがいい対応
https://www.nabe-ya.jp




何より良かったのは
食事の量が選べたのね
弟夫婦はジュニアサイズ
母とわたしはさらに少ない量のプランがあって




それでもカニしゃぶも十分堪能できたし
焼きガニもどーん!やったし
お刺身と最後の雑炊、デザートの梨まで
きれいに食べられました

IMG_7250.jpg


IMG_7251.jpg




毎年、夕食の量が多すぎて
残すことがほとんど
もったいなさ過ぎて・・・




量が選べる宿がもっと増えるといいですね





IMG_7252.jpg









翌日はまた雨、みぞれがクルクル変わる
山陰地方らしいお天気でしたが
余部橋梁を見に行きました



IMG_0014.jpg




今はエレベーターでグィーンとあっという間
ものすごく高いところにある駅です
かつて強風で電車が落下した事故で知った余部ですが
静かないい場所でした







そして城崎マリンワールドで
お魚に餌をやるショーを見たり
水槽に潜ったダイバーさんがお魚を教えてくれるのを見たり
体験型メニューがいっぱいで
久しぶりに水族館で楽しみました





IMG_0025.jpg






お腹が空いて城崎温泉へ
と言っても、どこもいっぱいです
お正月時期は閉まっているか、いっぱいか
のどちらか



探しに探してようやく
温かいおうどんに当り足湯にも入れた
冷えたからだがポカポカ
水族館で歩き疲れた足がスッキリ



IMG_7259.jpg





そして帰り道
京都に入ってからの方が積雪があったり
時折雨や雪で先が見えないほど曇ったり
お天気の変化は市内以上でした







google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0






そうそう、忘れてた
民宿で6年生のお嬢さんに
宿題のインタビューを受けました




「なぜ香住に来たのですか?」
「実際に来てどうでしたか?」
「どこかに寄りますか?」



答えたらノートにメモしてました
とっても可愛かった











母も年老いてきて
ドライブも疲れたようです
いつまでこうして一緒に出かけられるかなぁ







いつかどこかで





*丹後のお土産



黒豆スイーツ いいもの増えました






ドライブがてら食べたいお蕎麦









今回の旅で重宝したもの



フード付きのコート!
さらにダウンだと暖かくて軽い
雨やみぞれが降ったり止んだりだったので
傘よりフードがありがたかったです








風呂敷を1枚持ってゆきました
お風呂にゆく時
浴衣で食事に行くとき
カバンの中の衣類をまとめる
寒い時はひざ掛けにも
何かと便利







スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0

















2018年01月27日

貸切状態・雪の洞川温泉&奈良公園で鹿と戯れ大仏さんに圧倒される*3年目を迎えた家族お正月温泉ドライブ旅vol.3

前回は
泊まったお宿のご飯や雪が降ってきたこと
天河神社にお参りしたことを書きました












宿から出てすぐの道の駅で
天川村のお豆腐やおあげ
くず餅や吉野葛をお買い物




お豆腐が楽しみ





IMG_5648.jpg






さて次なるミッションは
洞川温泉に入る!




洞川温泉センターのオープンまで
カフェを探すが
どこも開いていない




駐車場の手前で待ち
時間とともに1番乗り




静かで露天風呂もあって
なかなかよろしい感じ




雪も風も強く
降る雪を眺めながらの露天風呂
お風呂から上がってマッサージチェアコーナーへ




100円でなかなか優秀な働き
義妹と堪能
母はペースメーカーが入っているので
この手のモノはしない




マッサージチェアの向かいには
畳が敷いてあって
転がって新聞を読んでいる母を楽健法で
マッサージ




楽健法ってね、こういうの
http://www.begin.or.jp/~ytokoji/rakkenho/index.html

場所さえあればどこでもできる!




ずっと運転してくれてる弟
腰が痛い義妹を順番に踏んで(!)
お風呂上がりゆっくりさせてもらって出発






IMG_5654.jpg








義妹が動物好きで
奈良公園の鹿を見たいと言う
奈良公園へ向かってGo!





「美味しいコーヒーを飲む」ミッションが
まだ完了してない!
道の駅を見かけても結構お休みだったりして





天川村から奈良公園へ行く道に
カフェなどなく・・・
モスバーガーの看板があり
そこで休憩





お店がある時に止まらないと
他があるだろうと思ってたら
そのあと延々ないってこともよくある









スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0











IMG_0066.jpg







夕方えらい混んでいる奈良公園に到着
鹿を見つけて追いかけ回す義妹
鹿せんべいに飽きた鹿(笑)




遊びながら東大寺へ
もう薄暗くなり始め入場は5時まで




ギリギリで入り
久しぶりに大きな大きな大仏さんを見る
奈良恐るべし・・・




IMG_0057.jpg






帰り道はあっという間
それでもずっと運転してくれた弟
毎年ながらありがとう




母が元気でいるうちは
こうして1年に1度
みんなでどこかに行けるといいな




昨夜の炊き込み御飯や
天川村の美味しいもので
お土産たくさん




さて、来年はどこにしようかなぁ
1年かけてのリサーチが始まった






いつかどこかで







IMG_0065.jpg








スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0









2018年01月17日

山深い温泉でぼたん鍋&鹿肉 雪も降って天河神社へお参り*3年目を迎えた家族お正月温泉ドライブ旅vol.2

さて早めに宿の近くまでついて
吊り橋や天川村をぶらぶらして
までが前回




スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0






きれいな宿で入るなり
樽のお酒がどーんとあった
お正月なのでお屠蘇




後でよばれよナーとまずはお部屋へ
まだ青い畳のお部屋
お茶を飲んだ後温泉へ




館内のお風呂と渡り廊下の向こう
日帰りの温泉でもある2カ所あって
日帰り施設の方へ行く




温泉の何がいいって
おウチのお風呂とちごて
脱衣所もどこもかしこも暖かい




お湯に浸かってなくてもゆっくりできる
肩まで浸かって温まり
この冬初めての温泉を満喫




先に出て母が出てくるまで
休憩室のようなところで待つ
必ず母は迷子になるから




フロント前のロビーで
お屠蘇をいただくが”日本酒もどき”で
お風呂上がりには適さなかった







Collage_Fotor.jpg








プランの予約は「ぼたん鍋と季節の会席」
夕食のテーブルにはご馳走が並ぶ
ぼたん鍋も久しぶり





温泉の後のビールも美味しく
美しく盛り付けられた前菜も美味しい
吊り橋の上から見た養殖アマゴも出てきた





鹿肉のお刺身も出て
山深いところならではの献立
ただ量が多い




個人差があるものだから
わたしと母には多い、というのが正確か




いろんなお宿のプランを見ていると
「少食の方向け」が設けられている
ところもある




選べるといいのになぁ




ぼたん鍋とアマゴの塩焼きと
鹿肉のお刺身で十分やった




だけど食べきれなかった炊き込みごはんは
容器に入れて持ち帰らせてくれた
これまた美味しいご飯やった








IMG_5631.jpg










早朝、館内のお風呂へ
昨夜はお腹が苦しすぎて
夕食の後のお風呂へ行けなかった




朝風呂って贅沢




朝ごはんを食べていると
雪が降ってきた




白味噌のお雑煮が出て
母のお雑煮も美味しくて楽しみだが
外で食べるお雑煮もいい




白いご飯は欲しい人だけで
これはありがたかった




大きなシイタケを手元で焼いて
朝からゴージャスやった
(食べ物の解説ばかりー笑)



IMG_5638.jpg




雪は止まず外は白くなりかけている
部屋へ戻りコートを羽織りブーツを履いて
雪の写真を撮る・撮る・撮る


IMG_0025.jpg



こどもも何人かいるのだけど
雪、嬉しくないのかなぁ?
外に出て遊ばはれへん




公共のお宿のようで
温泉が9時でおしまい
チェックアウトまで入れたらいいのに






IMG_5646.jpg





スポンサードリンク










神社は朝に行くものだろうと
天河神社へ向かう
雪はちらちらして気温はかなり低い


IMG_0045.jpg




境内に焚き火
手を清めてまずはお参り
神職の巫女さんではない女性がおられた



本殿前に映画で観た能舞台
やっぱり独特の雰囲気



先にお参りされている方が
お参り前に鳴らす鈴の縄を
くるくると回している



天河神社の鈴は見たことがないカタチ
丸い大きな鈴ではなく
三角形の角が丸くなっているような鈴



そこに縄が当たらないように
静かに回してください、と書いてあった
せっかくなのでやってみたけど難しい〜



こじんまりした神社で
ざっと見せてもらっても5分もかからない
久しぶりにおみくじを引く



末吉



せっかく来たのでお守りをいただいて
おみくじは大事に持ち帰る






IMG_0043.jpg









長くなってきた
もう1回書こうっと





いつかどこかで






スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0







地球交響曲(ガイヤシンフォニー)
天河神社が出てくるのは第八番です











水のきれいな天川村で
お豆腐とおあげを買いました
夕食の残り御飯も持ち帰りましたが
冬とはいえ車内は暖かく
一部傷んでしまいました


ドライブ旅は道の駅などで
現地の新鮮なものを買う機会が多いです
クーラーバックがあると便利です










2018年01月13日

山深くて寒い洞川温泉と天河神社へ*3年目を迎えた家族お正月温泉ドライブ旅vol.1

>今年も元気で
たくさん旅をしたいです



ちなみに
行きたい場所はモロッコ
日本やと東北や九州に行きたい






IMG_0001.jpg







さて3年目になったお正月温泉ドライブ旅
プランを決めるのはわたし
宿を抑えるのもわたし





スポンサーのいる嬉しい旅です





弟が車で連れて行ってくれるので
さほど遠くない関西圏で
温泉があるコト!が第1条件





以前新聞の切り抜きで読んだ洞川温泉
と映画「地球交響曲」で見た
天河神社





選んだお宿はこちら






蓋を開けてみたら
天川村や天川温泉ではなく
黒滝村で人工泉だったけど






スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0











1/2 山深い場所だから
雪の心配もあり
調べたら2時間ほどで着くが
念のため10時ごろ出発




高速道路もいろいろできていて
阪神高速京都線・京奈和道・第二京阪
と幾つもの道路を経由して




国道309号線へ
お正月で道の駅も閉まっている
だんだん里山のような場所になるので




食事やお茶の場所を探しながら走る
それがなかなかなかったりする



有名どころの温泉地は
年末年始はあんまりなお値段だったり
予約がなかなか取れなかったりする
確か今回も10月か11月に取った




1年目 那智勝浦温泉
2年目 宮津温泉




とちょっと外す感じで探すため
周辺観光が寂しい時もある
やっと見つけた地元のカフェレストラン



ボリュームたっぷりの定食から
軽食まであって
弟たちにも母やわたしにも良かった






IMG_5622.jpg







心配していた雪は
全く積もっていなくて
宿に着いたのは14時前だったか




チェックインまで時間があるので
宿の敷地内の吊橋へ行ってみる
お天気が良くて気持ちよく
人影はない




IMG_5623.jpg







まだ余裕があるので
天川村へと行ってみる




天川温泉街を抜けて奥へ行く
修験者の聖地と言われている場所で
怖いような修験道場があり




うっすら溶け残った雪があり
ごろごろ水があった





車1台がやっとの道
引き返すにも場所を探しているうちに
母公堂につく





大きな石碑に大きな文字で
「女人結界」とありビビる
遊び半分で来るところではないのだ





Uターンできないので先へ進むが
「女人結界」が気になり
早々に引き返してもらう





神さまに失礼があってはいけない





母公堂に人がおられて
聞いてみると
今は結界は2キロ先




女性が登れない山も一つだけに
なったそうだ




ごろごろ水を一口いただいて
その奥に鍾乳洞があるようだが
今はそこへの道も荒れ放題





夏に来る場所なんだなぁ







IMG_0006.jpg






スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0





いつかどこかで












冬のドライブ旅に重宝するのが
保温ポット
それも蓋がコップになるもの



どこにでも自販機はあるが
いつでも温かいお茶が飲めるのが
やっぱりいい









スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0






2017年01月24日

お正月はぽかぽかの温泉!蟹&絶景&パワースポット*寒い時期こそ外へ外へ いい年にするのだvol.2

道の駅、成相寺からの眺め
温泉、カニを堪能した1日目
夜中から雨の音・・・




朝方も強く降っていて
今日はどうするかなぁ・・・だったのですが
とにかく出発!




天橋立駅付近で車を止める頃には
雨が止んで時々日も差していた




なんとなくぶらぶら
お土産屋さんを冷やかしているうちに
廻旋橋に来ていて渡った途端




橋が動き出す!
目の前で動くので思わず
「おぉ〜」と声が出る




IMG_0168.jpg





のんびりと船が通り
観光船の後ろには餌を狙うカモメの群れ
そして何艘かの船が行き交い橋が動く



IMG_0164.jpg





弟夫婦が「天橋立パワースポット」の看板を
見て「行こう行こう」というので
雨も止んだ天橋立を歩く




昨日は山の上から見下ろした天橋立
今日は歩く
細くなっているところや松林が切れているところ




宮津湾内なので海も静か
だけど寒い!
海からの風が骨身にしみる




歩くとは思っていなかったので
車にマフラーを置いてきた
冬の日本海さすがに冷える!




IMG_0028.jpg






パワースポットひとつめ
天橋立神社のそば磯清水
海に囲まれた場所なのに真水が湧き出ている




飲用には向かないとのこと
寒さもあって指先だけひたひたして
お顔に塗っておく




そばには梅がほころんでいた
昨日のふきのとうと言い
春は静かにそっと来てるみたい



IMG_0036.jpg





そのあと延々寒い中を歩く
全長3.6キロ
よく歩いた




IMG_0031.jpg






JRの駅側から渡った先にある
元伊勢籠神社がパワースポットふたつめ



IMG_0043.jpg





立派な神社で参拝客も多い
だいぶ疲れてたけどお参りして
ケーブルで傘松公園に行くことにする



IMG_0046.jpg




並んで待ったおかげで最後尾の席に
座って眺めが変わってゆくのを
見ることができた




日も差してきて天橋立や海がきれい
雲が多いので刻々と眺めが変化する




IMG_0047.jpg





ケーブルカーを降りて「うわぁ」
昨日の成相寺に負けず劣らずの眺め




IMG_0050.jpg





ここへ来たらお約束〜股覗き
天橋立が天へ登る龍のように見える
ちゃんと”お立ち台”がある(笑)




IMG_0055.jpg





そしてこどもの頃以来
かわらけ投げをする



お正月の和やかなムードで
よその人が入れてもみんなで拍手喝采!
わたしや義妹は入れられず弟はバッチリ



ちょっとコーヒーでも飲もうと
お店に入り
バッチリ天橋立が見える席に陣取る



混んでいたが
わたしたち4人が座れるように
さっきかわらけ投げでご一緒したご家族が
譲って下さった




旅は道連れ 世は情け




新年早々いいことばっかりやね










またケーブルの真ん前近くで
スリリングな感じを楽しみ
降りたところで



最後のパワースポット真名井神社へ



ちょっと奥へ歩くので見つけにくく
元伊勢籠神社の境内に末社としてあったので
アレかと思っていたが



ちゃんとした神社があるらしく
いい加減歩き疲れていたが
とにかく歩いてみる



工事中だったが
特別な氣を感じた(寒さだったりして)
訪れる人も少ないので静かだった



IMG_0060.jpg






反対側の車まで観光船で戻る
ちなみにケーブルカー往復と観光船片道で
ひとり1000円はお得



カモメの餌に
小さなかっぱえびせんが売られていた
半分ほどわたしたちのおやつに消えたが



観光船の後ろのデッキで
カモメにえさをやる
待合室で見たビデオには
人間の手から直接えさを食べるカモメを見たので
粘ってみるが



義妹が成功した




IMG_0110.jpg






駅の駐車場に戻る頃雨が降り出し
さぁどこへ行く?




ここまで来たら伊根の舟屋を見て行こう
と海岸線を走る





そろそろお昼だ





スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0







雨が降ったり止んだり
明るくなったり暗くなったり
ふと前方に虹を見つける




アーチの端から端まで見えたり
端の根元が海の中だったり
虹を楽しみながら伊根へ



IMG_0175.jpg





途中「餅入りアンパン」の看板に惹かれて
お買い上げ〜
お昼ご飯を食べてからにしようと
わたしは後にする




静かな漁港で車を止め
雨も止んだのでぶらぶら
新年早々釣りをしている人がいる



IMG_0178.jpg





ひっそりとした舟屋の眺め
のんびりとカモメが数羽



IMG_0184.jpg





お腹が空いている私たちは
道の駅に行けば美味しいものが
食べられないかと道を急ぐ




残念ながら15時で閉店になっていて
間に合わなかった




トリップアドバイザーで
全国の行ってみたい道の駅3位に
入っていると書いてあった




山の上からの舟屋の眺めを堪能して
降りてくる




IMG_0207.jpg





お正月なので閉まっているお店が多い
お宿があった宮津まで戻り
ミップルなら
空いているだろうと目星をつける




イオンの宮津バージョン的な
ショッピングセンター




そこで海鮮のご飯を食べる
もう夕方5時前なのにランチメニュー
帰りに綾部の親戚に寄ることにして




お土産を見ようとエスカレーターを
降りている その時!




母のバックが
手すりの外側の何かに引っかかって
体はエスカレーターで運ばれる




カバンを持っている腕は
引っかかって動けない
後ろに反った状態になった




母の後ろにいた私は夢中で
バックを外そうとして
前にいた気づいた弟が体を支えて
転ばずに済んだ




どこも打ってない痛くないと言うが
まだ混乱状態でわからない
あくる日以降に出てくるかもしれない




とにかく頭を打たずに
大事にならずに良かった良かったと
胸をなでおろす




高齢になった母は(76歳)
元気といえば元気だが
判断や認識、注意力など
落ちてきているので



2016年も道路で転んで骨折をした




危ないところでは声をかけたり
手を繋ぐようにしているが
気を抜くとこういうことが起こる




家族全員ヒヤヒヤした
本人も後からぞっとしたらしい





スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0








とにかく無事に綾部へ着き
親戚を電撃的に訪ね(笑)
元気そうな叔母夫婦とおしゃべりをして




あっという間に京都に戻ってきた




今回良かったのは移動距離が短く
運転してくれる人に負担が少なかった





また来年、元気で温泉に行けるといいなぁ





IMG_0203.jpg







いつかどこかで













*丹後のお土産




丹後と言えば黒豆もの





素朴なお味





ここのお酢 人気です









2017年01月11日

お正月はぽかぽかの温泉!蟹&絶景&パワースポット*寒い時期こそ外へ外へ いい年にするのだvol.1

ここ数年
お正月に温泉旅行をしている




父が亡くなって4年が経った
関東に住む弟夫婦が帰ってくる年末年始
家族で一緒に過ごす




こどもの頃はいつも親と一緒
そしていつの間にか親から離れ
また親に戻ってくる











去年の秋から探して予約しておいたのは
宮津温泉
http://kitakinki.gr.jp/spot/993




車で連れて行ってもらうので
去年の那智勝浦は良かったけど
ちと遠かったかな、ということで




高速に乗って2時間弱で着く宮津!
温泉はマスト
カニがあればいいなぁ、で探した





探した中では
リーズナブルで温泉があって
ごはんがおいしそうな純和風な旅館







こちらにしました








スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0







1月2日お昼前に出発
道が混むこともなく京都縦貫道をスイスイ
宮津まですぐな感じなので




道の駅 京丹波 味夢の里に寄る
http://ajim.info/
大きくて広いし




おいしそうなものが山盛りで
毎回テンションが上がる
軽く昼ごはん




鯖のそぼろが入ったばらずし
炙ったブリのかぶらずし
黒豆パン 黒豆あんぱん




小アジの唐揚げ
美山のシュークリーム
みんなでシェアしあって食べる





お正月だというのに
新鮮そうなお野菜がいっぱい並んでいて
帰りに買おう!と先へ進む






IMG_0001.jpg








なんだかんだしゃべっているうちに
海が見えてきて
宿の近くまで来たがまだ15時にもなってない




まずは天橋立を上から見ようと
成相寺へ
http://www.nariaiji.jp/




バイクに乗ってた頃来たことがあって
おっそろしく急坂
でも上からの眺めは素晴らしかった記憶





スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0








上がり始めると車でもビビる傾斜度!
母が怖がっていた




駐車場に車を止めて
まずはお寺さんへお参り
歩いて展望台へ・・・




案内板には”車で5分歩いて40分”とある!
ウチのお正月は「歩く」のが暗黙の了解
元旦は2年ぶりに伏見稲荷へ行き
お山をぐるり歩いてきた



IMG_0021.jpg





サァー歩くぞー!!
いきなりの急坂・・・




丹後は雨の多いところで
雲が多く時折日は差してくるが
ポツポツ来てもおかしくない感じ




写真を撮ったり喋ったり
だらだら歩いていたら!
見つけてしまった!




IMG_0005.jpg





新春の神さまからのプレゼント



もうそのあとは
ふきのとう探しの鬼となり
下ばかり見て歩いていた(笑)




あるわあるわ
あっちにもこっちにも
まだかたい蕾のようなふきのとう




そんなことをやってるもんだから
おそらく1時間はかかった???
でも待っていたのはサイコーの眺め



IMG_0012.jpg





下りはスピードアップしたが
やっぱりわたしの目はふきのとうを
探してしまう




IMG_0007.jpg






車に乗るといい時間となり宿へ向かう
予約の時に見落としていたけど
なんと享保から営業している有形文化財



佇まいが素晴らしく
お部屋は次ノ間があるつくりで
床の間があり



欄間には富士山のくりぬき
床の間の天井は網代編み




IMG_0019.jpg



IMG_0021 (1).jpg



享保に建てられたものだから
天井は低いし廊下も狭く
全体的にこじんまりしているけど



火鉢があったり
鏡餅のお供えがきちんとしてあったり
実に正しい日本のお正月な感じ




IMG_0714.jpg





ごはんの前に温泉へ
女湯は湯船が狭くて3人も入れば
いっぱいだったけど
いいお湯でポカポカに温まる




お待ちかねのごはんは
もちろんカニ!




焼きガニ
お鍋
天ぷら(カニの天ぷらは初めて)




食堂で他にご家族やカップルが
いらしたがみなさん静か〜




ウチだけがこれ美味しい!
テレビのブラタモリと家族に乾杯コラボ
にあーだこーだとワイワイ




食材はすべて宮津のものだとか
お米はコシヒカリと言ってらしたが
あっさりした甘いご飯だった



IMG_0709 (1).jpg




食べるのに夢中で写真はこれだけ・・・




熱々で出してくださり
焼きガニの香ばしい香りはたまらなかった!




こちらいいお宿でしたよ
お料理少なめプランでも
わたしは良かったかなー!




ご家族でやっておられる感じで
チェックアウトは
みなさんで見送って下さいました
















いつかどこかで



スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0









2016年12月21日

憧れの富士山が見える温泉へ〜2016年もお疲れさん 静岡名物をたっぷり味わった1泊2日*母とふたり 行き当たりばったり旅 後編

静岡で富士山を見て大興奮した後は
JRで焼津に向かう





わずか10数分で焼津に到着
ちょうどホテルのシャトルバスの時間
10分ほどでホテルに着く
このアクセスの良さは本当にありがたい





駿河湾に面した山手にあり
ロビーに入るとドーンと駿河湾が見える
太平洋ってホンマに明るい





お部屋へ入ると母もわたしも
窓辺へ一直線
「わー!富士山が見える!」





なんてゴージャスなんだろう
お部屋も綺麗で広い
ホンマ当たりやったな、このホテル








http://www.syofukaku.com/
(こちらのページで眺めがどんなのか確認できます)



いつだったかの楽天アワードで
何位だったかに入ってたのね
(ものすごいあやふやですが)



それだけ人気があるのがよくわかった




スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0







スタッフの対応も人間的で
温泉は常に清掃スタッフがいて
綺麗にしながら気持ち良く挨拶してくれる



施設は綺麗であちこちに生花が生けられ
造花も本物と見間違うレベルだったり



1泊朝食付きのプランだったけど
朝食の会場も駿河湾がドーンと見えて
テーブルとテーブルの間が広くてゆったりでき



ビュッフェ形式も出来たて感いっぱいで
静岡名物いっぱい




夜ご飯は駅前に食べに出たけど
シャトルバスも30分おきにあって
何度も利用させてもらった




伊豆半島から昇る朝日も見られて
露天風呂の大きな岩もフェイクではなく
リアルな岩石




人気のお宿というのは
なるほどなるほど、だらけ
ホテルアンビア松風閣さん!







IMG_0581 (1).jpg










しばし窓辺で足を投げ出して
眺めに見とれながらお茶タイム



晩ごはんに考えていた
静岡出身のお友達に教わったお店が
あいにくの定休日で必死の検索




決めかねてとにかく温泉だ!と
ロマンチックな夕暮れ時に露天風呂へ



明日は天気が崩れそうだから
最後の富士山かなぁ?と
じっくり見ておく



露天風呂でご一緒した県内からみえた
4人組のお姉様方に今晩のお店を相談
「”寿司”で探してみたら?」



なるほど!
”海鮮料理”で探してた





IMG_0642.jpg







ぽっかぽかに温もって
(静岡は京都よりあったかいが)
お寿司屋さんで検索して予約したお店へ



駅から10分ほど歩く
地元の人に人気があるらしく
庶民的な感じ



メニューよりも黒板に書かれたものを
オーダーしてゆく



桜海老のかき揚げ
サザエのお造り
白子のポン酢和え



今日の地魚の煮付け
地魚の握り寿司
伊勢海老のお味噌汁



ふたりで夢中で食べて飲んで
ひとり4千円ちょっと



美味しそうにぱくぱく食べるから
シャイな板前さんも嬉しそうだった
煮魚も猫みたいにきれいに食べた






IMG_0646.jpg









暗いうちから起きてお風呂へ
明るくなってゆく海と雲の切れ間を
じっと見ていた



こんな気持ちのいいところで
朝から職場の愚痴をずーーーっと
話してるお姉さま二人がいて



辟易して退散する
(昔、ワタシモやってたけど




もうちょっとで
太陽が顔を出すタイミングで母を起こす
(母娘はとっくに逆転している)




夜明け 海に一本の道が走る




一瞬たりとも同じじゃない
刻々と変わってゆく






IMG_0597.jpg









のんびり朝ごはんを食べる



静岡名物黒はんぺんを
そのままとフライで食べ比べたり



しらすと桜えびの焼きたてオムレツを
もらったり



大根おろしとしらすに
ちょっぴりのお醤油でご飯にのせたり



お味噌汁にメカジキという海藻を
スプーンに1杯入れたら
とろっとして美味しくなったり



朝からまた静岡の食満喫





IMG_0608.jpg








ホテルで雨は降っていなかったが
予報は絶対の雨!
傘を出しやすいところに準備する



焼津駅で思いついて漁港まで散歩する
今朝海を見ていたら
帰ってくる漁船があって



それを見たくなったのと
海の近くへ行きたくて






IMG_0611.jpg







どこもそうだけど活気がない
シャッターが閉まったお店や会社が
ほとんど



歩いているのもわたしたちくらい



途中からポツポツ降ってきて
静岡行きの電車に乗る頃には本降り
この雨の中どうする???






IMG_0610.jpg








ホテルでも散々考えていたが
富士山の近くへ行くにしても雨!
静岡の駅前から出ているバスに乗って
ぐるりと巡るぐらいしか思いつかず



またもや観光案内所へ相談に行く



静岡を愛してやまない素敵なおじさまが
静岡おでんや
静岡茶の淹れ方を教えてくれる施設
美味しいスイーツのお店



などなど教えてくれる
こういう愛あるお仕事をされる人に
出会うとわたしはとても嬉しくなる



まずはちょっと休憩もしたくて
駅からすぐの「しずおかO-CHAプラザ」へ
https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-340/ocha_plaza.html



最初険しい顔をしてはったが
観光案内所で聞いて来た、というと
打ち解けて下さって





IMG_0656.jpg







丁寧にお煎茶の淹れ方や
静岡茶の特徴などお話しして下さった
ままごとみたいなお煎茶の茶器で
自分でお茶を淹れてみる



三煎とも違う香りと味!
お茶どころ宇治がある京都人なのに
こんなに丁寧に淹れたことがなかった



お腹的に
静岡おでんが食べられそうにないので
抹茶スイーツのお店をここでも教わって



こんなに良くしてもらって
おいくらですか?と聞けば
「公共の施設ですから無料です」



恐縮するレベルぐらい
ゆっくりお茶を味わって
質問いっぱいしました








http://www.justline.co.jp/roman/
そして市内をぐるり廻るバスに乗り
車中から駿府城公園や浅間神社
昔の東海道など見る




約1時間どこまで乗っても100円



スイーツのお店の近くで降りて
http://www.ochanomachi-shizuokashi.jp/recommend/8002/
(パルコからセノバへ移転しています)
お抹茶スイーツを食べる!





IMG_0658.jpg








母は和菓子かお抹茶系が好きで
抹茶ぜんざい



わたしは抹茶チーズケーキが乗っかった
ゴージャスなパフェにする









時間的にもそろそろとなり
駅へ戻りお土産屋さんをぐるり見る
見ているだけでも楽しい!



到着した時から目をつけていた
ようかんパン白いようかんパン
しっかり買う




Untitled.jpg

(思ったより美味しかったー!)


ようかんパンが気になった人はこちらも
http://www.youkanpan.com/youkanpan/








帰りの新幹線ひかり号も
空いていて余裕で3席をふたりで使う



疲れた母はぐっすり



元気でこうして旅に行けて
良かった良かった



若干わたしが振り回してる感が
なきにしもあらず



いつまでこうして楽しくやれるか
わからないけど
また一緒に旅に行こうな












いつかどこかで






スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0













*静岡のお土産



可愛い富士山スィーツいっぱいありました





クラシックだけど、やっぱり美味しい





やっぱりお茶どころですから

2016年12月19日

憧れの富士山が見える温泉へ〜2016年もお疲れさん*母とふたり 行き当たりばったり旅 前編

富士山が見える温泉へ行きたい
母がずーっと言ってたこと




いつか、いつかと思っていて
弟夫婦も一緒に、とかいろいろ思ってると
そら なかなか行けません




いつも暮れ近くになると
「温泉行こか」と母が言います
その頃探してもなかなか見つかりません




近くて便利でリーズナブルで
ま、誰もがそう思います




足がないわたしはバスツアーなんかが
便利で楽ちんですが
結構長い乗車時間で疲れ
団体客向けの食事にがっかりします




なので今年は思い切って!
思い切って
新幹線で富士山が見える温泉へ行くことにしました!












11月のアタマから計画して
  • 平日
  • 温泉
  • アクセスのいいトコ





この条件で探しました



76歳の母を連れて行くので
できるだけ近くて便利でないと動けません



富士山って
浜松過ぎたら見えてくるんやっけ?
ということは静岡へ行けば見える???



まず静岡駅周辺で探す
富士山は見える、でも温泉がない



で、たどり着いたのが焼津





http://www.syofukaku.com/




こちらの施設を見つけ
全ての条件をクリアしたので決定
(しかもリーズナブルなプランでした!)








スポンサードリンク















静岡までの新幹線は「のぞみ」ではなく
「ひかり」
きっと予約はいらないだろうと
当日窓口で購入しました



そして混雑は考えられないので
自由席で



わたしのヨミは大正解!
ガラガラの車内でのんびり座って
約1時間半で静岡に到着



IMG_0570.jpg




お昼過ぎだったので
富士山が見えるとこでランチをと思い
ガイドブックすら持たないわたしは
速攻観光案内所へ



待ち構えているかのように
前のめりで教えてくださったのは
県庁のタワー20階のレストラン

http://www.at-s.com/gourmet/article/washoku/all/125681.html


間違って駅の反対方向へ出てしまい
思いの外歩き
タワーも別館やなんやかんやあって
やっと到着



展望タワーから富士山は見えず・・・
(見る方向を間違えていたことが
 後で判明する



静岡の名産品を使った定食のセットが
幾つかあって
しっかり目のランチとなりました



IMG_0571.jpg




食べ終わって
もう一回移動して窓の外を見てみました
端から端までジロジロと


そしたら
なるほどぱっと見では見つからない位置に
ドーンと富士山が!



IMG_0573.jpg





母とふたり必死に右に寄ってやっと見えた
「見えたー!富士山!」大騒ぎ
他のお客さんがびっくりしてた



関東の人には珍しくもないでしょうが
関西人にすればやっぱり
めったに見られないお山



しかも日本で1番高くて
その姿は美しく・・・
憧れの存在です



テンションが上がった母とわたしは
もう一度展望階へ
よかったよかった やっと見えた!




IMG_0577.jpg











歩いて駅に戻る途中
すでにお土産チェックが始まっていました



三ケ日みかん
清水のマグロ
静岡のお茶




女子ふたりは食べることに熱い










後編へ続く








いつかどこかで








スポンサードリンク


















2016年08月19日

お盆の京都から四国へドライブ旅*ダイナミックな太平洋と美味しいもの 親戚・お寺さんへ挨拶回り 後編

行き当たりばったりの家族ドライブ旅
泊まるところも成り行き任せ
「なんとかなる」と思っていて



3軒親戚を訪ねて
その日のミッションは終了



高知市内へ向かう車の中から
手当たり次第にホテルへ電話する
ところが!ところが!である















軒並み
「本日は満室を頂戴しております」
えーと14日よね?



お盆っていつまで?
京都だと16日までなんだけど
明日から月曜だからみんな仕事じゃないの?




わたしと義妹で10軒ほどかけて
みーんな満室なので
「何かあるんですか?」と聞いてみた




大学生の体育大会があるようなんですと




高知市内から離れて四万十まで当たる
場所がいいだけにそちらも満室
これはマズイとさすがに焦りだしたら



義妹がかけたホテルが
ダブル1室シングル2室ならいけると



来た来た!
それも高知市内
中心部から少し離れるけど



やっぱりなんとかなった





スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0










以前ツーリングしてた頃のこと
書いたと思うけど
その頃もそうだった



困った時 道に迷った時
必ず誰かが助けてくれた
全く知らない人が



困った時や自分で対応できない時は
誰かに助けてもらってもいいねんナー



わたしもどこかで誰かに
何かしてお返し出来てるやろし



自分でギリギリまでやってアカン時は
誰かに頼ってもええねん
お金を払ってお願いしてもええねん



そうやって世の中は回ってる











着いたホテルは
ちょっとオシャレでびっくりする
ひとり6000円までで泊まれたのに!



フロントの人は部屋やら設備の説明
わたしが聞きたいのは
この時間からでもカツオのたたきが
食べられるお店



22時になっていた・・・







路面電車が走る街をぶらぶら歩いて
まだ明るい一帯へ



12時まで開いている居酒屋で
四万十地鶏
カツオのたたき
高知野菜



などなどを食し
冷たいビールを飲み
長時間運転してくれた弟をねぎらう







ホテルに帰って気絶するように眠る
ベッドマットと枕はテンピュール!
ウォーターサーバー付き







↑ Hotel Ko's Style




IMG_0044.jpg






翌日9時フロント前集合
朝ごはんを目指して出発!
(あ、香川県の坂出の親戚目指して)




高知自動車道に乗り
南国SAで朝ごはん




和定食にしたら
焼きたての鮭と揚げたての天ぷら
天ぷらってのはさつま揚げのような
練り物ね




しっかり食べて満足




高知自動車道から高松自動車道へ
高松西で降りて親戚の家に
どうやら仕事のようで職場まで押しかける



毎回突然行くのでびっくりされるのだが
また今回もいとこのお兄ちゃんと奥さんは
一瞬固まるリアクション




しばらくしゃべって
みんなで写真を撮って
「またね」と別れる




弟が
「オカンが元気なうちは
 こうしてまた来ますので」




あー、そうやなぁ
母が元気でいてくれるから
こうして出かけられるね





IMG_0048.jpg






下の道で徳島のお寺さんへ向かう
そろそろどこか素敵なカフェで休憩したい
辺りは国道沿いのチェーンならある感じ




山の中の家具屋さんに併設されたカフェを
見つけて
川のそばで風が通り抜ける半野外で
コーヒータイム




天井から吊るされた籠の椅子もあり
しばしぼーっとのんびりする





少し走ると道の駅塩江があり
川を挟んでおそば屋さんやスイーツ屋さんがある
川ではたくさんの家族連れが水遊び



母とわたしはお野菜やお土産のお買い物
弟夫婦はおそばを食べに行き
のんびりする



もう梨を売っていて秋の気配




IMG_0050.jpg





父の法事でお世話になっている
お寺さんに到着




本堂でお焼香とお参り
こちらのお寺は地域のコミュニティとして
新しい取り組みをいろいろなされている




最近つくられたカフェに上がらせてもらい
徳島の街を見下ろす眺めを楽しみ
ご家族で歓待して頂いた




わたしはむかごを発見
(山芋の赤ちゃん)
手のひらいっぱいもらってくる
後日玄米を炊くときに一緒に入れた




山芋に比べ小さい分
味が凝縮して濃い感じ




IMG_0072.jpg






徳島自動車道に乗り
ミッションすべて終了した私たちは
もう何も慌てることもないので



渦潮の観光船に乗る?なんて言いながら
鳴門大橋に向かうが16:20で終了していた



徳島側でPAかSAに入るが
建物の屋上で見る夕暮れの景色が素晴らしかった
ただものすごい混雑



IMG_0073 (1).jpg




わたしと母はお腹が空いていて
最後に鰹のたたき食べたい義妹も



検索していると
やっぱり行きしに見ていた道の駅うずしおが
眺めもご飯も素晴らしいらしく



お盆期間で時間も延長しているようだから
慌ててそっちへ向かう




高速を降りて下り道
どんどん海と鳴門大橋に近づく
海に沈む太陽がグレーがかった紅色





IMG_0083 (1).jpg






レストランに入ると
すぐ窓際の席が空いてそこに移らせてくれる
生しらすや鯛、ハモ、淡路牛を使ったご飯


IMG_0079 (1).jpg




わたしは生しらすと鯛の漁師丼にした
おすまし(汁)のお出汁が美味しい!
生しらすも初めて食べた



IMG_0078 (1).jpg




海の景色はどんどん変わってゆく







ご飯の後は橋の根元近くまで
歩けるように整備されていて
淡路島たまねぎソフトクリームを
食べながら歩く




潮風が強くてソフトクリームが
どんどん溶ける




ゆっくり薄暗くなってゆく
橋の下にも入れたがもう閉まる時間
それでもどうぞとお兄さんは入れてくれた




IMG_0089 (1).jpg







親戚にも会えて みんな元気で
お寺さんにもご挨拶できて




いい景色と海を楽しんで味わって
いい旅だった




いつまで家族でこうしていられるか
わからないから
この時を存分に楽しめたこと
すっごく良かった



毎回車で連れて行ってくれる弟夫婦に感謝
おかげで荷物を気にせず楽に行ける



電車やバスの旅もいいがドライブ旅もいい!




IMG_0096.jpg






いつかどこかで




*淡路島のお土産


道の駅で見かけた美味しいもの色々






























                                     





*呼吸を音声で学びませんか?

イマココジブン呼吸

IMG_0005 (1).jpg



ご自身のペース、都合のいい場所
時間で受けられる呼吸レッスン

1回5分前後の音声を聞きながら実践する形式

約3ヶ月で日常で呼吸を意識できるようになります







2016年08月18日

お盆の京都から四国へドライブ旅*ダイナミックな太平洋と美味しいもの 親戚・お寺さんへ挨拶回り 前編

8月の14日、15日と
四国の親戚のお墓参りと
お寺さんへのご挨拶へ



弟夫婦の車で母と4人
ドライブ旅のスタイル
2、3年前にもこうして四国へ行った



父が亡くなって もうじき4年目に入る



四国は高知 室戸岬が父の故郷
室戸や徳島、香川に親戚がいる



父の法事でお世話になってるお寺さんは
徳島にある
ーという事でご縁の深い四国



こどもの頃は
夏休み中ずっとお世話になったり
家族で帰省したりと思い出深い場所





スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0










前回もだったけど
この四国ツアーは思いつき
行き当たりばったりで



14日の午後から出発して
淡路島から四国へと渡る



大阪から神戸で海が見えてくる
明石海峡大橋で「ワーーー」と大歓声
1番嬉しそうなのはわたし・・・



お昼も過ぎお腹がすいてきて
道の駅が大好きなわたしたちは
どこで休憩するかわいわい相談



「うずしお」淡路島の1番徳島よりの
ナイスビューなところにある道の駅へ
行こうと話していたら



高速を一旦下りないといけなくて
通り過ぎてしまう



橋を渡ってしまってから探すが見つからず
そのとき迷い込んだ道が
両手に静かな入り江 真ん中に道があって
その絶景に再び「ワーーー!」





IMG_0019.jpg





結局、徳島の国道沿いの
「うどん」という看板に車を停める
建物の上にタライが乗っかっている



徳島の郷土料理「たらいうどん」の
お店だった



お昼の2時半は回っていたが
店内は結構な混雑で



みんな大きなタライから
おうどんを食べている!




モチモチの太いおうどんで
京都人のわたし達からすると
お出汁は濃かった



それでも大満足なランチ







前回は徳島のお寺さんから訪ねたが
室戸の親戚のところに着くのが
夜8時頃になったので



今回は室戸から行くことにする
グーグルマップのナビは
高速を降りて徳島の海岸線沿いに



室戸に向かう方が近いと言い
下の道で室戸へ





こどもの頃
神戸からフェリーに乗って甲浦まで
そこからバスで室戸に帰った



甲浦あたりからずっと海沿いの道で
岩がゴツゴツした浜が多い
お盆の高い波が打ち寄せ



ダイナミックな太平洋らしい眺め
たまにある美しい砂浜では
サーファーがたくさん波に乗っていた





IMG_0025 (1).jpg






ようやく室戸岬にたどり着き
岬公園を少し歩く
大きな花火大会を見に来た場所



風はあるがベタベタの潮風
大きな波 磯の匂い
中岡慎太郎の像



あー室戸に帰ってきたなぁと実感





IMG_0039.jpg






この後、親戚を3件まわり
さて泊まるところを探そうかとなる
車の中からバンバン電話をかける



ところが・・・





スポンサードリンク





google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0









この続きは次回



いつかどこかで




IMG_0035.jpg

















*呼吸を音声で学びませんか?

イマココジブン呼吸

IMG_0005 (1).jpg



ご自身のペース、都合のいい場所
時間で受けられる呼吸レッスン

1回5分前後の音声を聞きながら実践する形式

約3ヶ月で日常で呼吸を意識できるようになります







*高知のお土産




ミレービスケットって高知なのよね





太陽を燦々と浴びた野菜は高知の美味しいもののひとつ!






小夏!本当はフルーツのまま食べて欲しい














プロフィール
いまいかおりさんの画像
いまいかおり
はじめまして いまいかおりといいます。 あなたのココロが満たされることは何ですか?  わたしの場合はやったことがないこと やってみたいことをやる「体験」 うまくできれば嬉しいし うまくいかなくても楽しければOK 「旅」も「体験」のひとつ  初めて見る景色 違う文化 現地の人と触れ合う  日常を離れて見るもの食べるもの すべてが変わることが わたしはおもしろくてたまりません  20代から30代後半まで250ccのバイクで 日本のあちこちをツーリング  今は高速バスや鉄道、車で あっちへこっちへ 以前は海外はツアーでしたが だんだん現地集合や エアチケットとホテルをとって というカタチに変わってきました カタチやスタイルは変わってきたけど ずーっとどこかに行きたくて 旅はわたしの身近なものです 小さな発見やヨロコビがわたしを満たします そんな旅のことを書いています わたしのメインサイト わたしで生きてゆく http://ki5.pw/
スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0
カテゴリアーカイブ
最新記事
写真ギャラリー
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。