2021年05月05日

販売絶好調!新型レクサスIS 2021年3月「一番売れたレクサス」に!

新型レクサスISの販売の勢いが止まりません。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a2f.jpg


なんと、2021年2月に続き、2021年3月も新型レクサスISのうち「IS300h」が単月で「915台」の販売(登録)を果たし、レクサスの3月販売台数「5857台のうち、最も販売数が多いクルマとなりました。

これまで、新車販売から3ヶ月程度のスタートダッシュ期間を除外すれば、単月での最販売車種は「UX250h」、「RX300/RX450h」、「NX300/NX300h」もしくは「ES300h」に限られていましたが、2021年2月は「IS300h」が「715台」、3月は同じくIS300hが「915台」と2ヶ月連続でレクサス車で最も販売された車種となりました。

----------------------------------------------------------

スクリーンショット 2021-04-30 22.14.53.png

*自販連、CG誌等のデータを元に当方集計

----------------------------------------------------------

IS300hのみならず、直4ターボエンジンモデルの「IS300」も「418台」を登録、これは「IS200t」の時代から含め、単月では最も多い販売台数です。
IS300 F SPORT ”ModeBlack"という人気限定車の影響も大きいとは思いますが、マイナーチェンジモデルでありながら人気爆発、といえます。

th_06ITGk1hR%+FBqD3oRcYbg_thumb_692f.jpg

希少な3.5L自然吸気エンジンを搭載する「IS350」も同様、「78台」を登録。これも30系ISでは過去最高の台数の模様。

IS全体でも2021年3月は「1,411台」を登録。なんと3ヶ月連続で「月販1,000台」を超えています!
2021年3月はレクサス車のうち約「25%」をISシリーズが占め、近年、レクサスといえば「SUV」といっても過言ではない販売状況の中、ISの存在感が際立っています。2021年3月は、新型ISにとって記録尽くめの月であったといえるでしょう。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67a7.jpg


レクサスISは「選択と集中」により限られた開発コストで限りなくフルモデルチェンジに近い2度目のマイナーチェンジを敢行。
内装に関しては価格の割にチープな点も見受けられ、当初はある程度妥協した「延命措置」でのマイナーチェンジと見られていましたが、とにかくかっこいい外観デザインと、先進予防安全装備の大幅なアップデートやナビゲーションシステムの刷新、熱望されていた電動パーキングブレーキ/ブレーキホールドの採用、足回りの軽量化やホイールのボルト締結、大幅なボディ剛性強化など、見えない部分の改良にこだわってFRスポーツセダンとしての本質を追求した改良により、SUVモデル全盛の中、多くのファンを得たことが販売台数からも明らかとなりました。


th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6753.jpg


残念ながら、現在レクサスISはオーダーストップとなっており、今秋に予定されている2022年モデルの登場を待つしかありませんが、30系IS「中期モデル」が一度もなし得なかった「月販1000台」を3ヶ月連続で記録するなど、ユーザーに寄り添った魅力ある改良が行われた場合、しっかりと販売につながることが証明されたのは喜ばしいことですし、「FRセダン」がまだまだ需要があることを示したといえるのではないでしょうか。

th_S9Xtkz6aSU6jiS%pvwjYfw_thumb_6777.jpg

2021年04月17日

新型レクサスIS サプライズの納車式にお邪魔しました!

4月最初の大安の日、新型レクサスIS(IS300 F SPORT)の納車式にお邪魔させていただきました。
ご縁があり、これで3度目の「IS」納車式立ち会いとなりますが、レクサスの納車式の立ち会いは自分のことのように嬉しくなりますね。

th_bgaAt%cpTXuAlnqa9ckzQw_thumb_69e1.jpg


各販売店舗での演出やおもてなしも様々でこういったところも魅力の一つと言えます。

th_hq3ZM6G5Rei8UwuYARrF4w_thumb_69eb.jpg


過去の納車レポートはこちら! 店舗により様々なスタイルがあります。

■レクサス新型「IS300 特別仕様車」納車式にお邪魔しました!(2020/11/23)
http://www.namaxchang.com/article/478638741.html


■新型レクサスIS300h 納車式にお邪魔しました!
http://www.namaxchang.com/article/480295684.html



まずは納車式!まだ改装前の店舗ですが、スタッフ勢揃いのアットホームな雰囲気でした。
音響とともにセレモニーが始まり、店長(ゼネラルマネージャー)から、巨大カードキーの進呈から始まります。


th_ffEMp2KTT0a13mBXdoqFrw_thumb_69fb.jpg


特注の巨大カードキー!(笑)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_69df.jpg


このあとは、サプライズの特別イベントが・・・(割愛)
そして、スタッフ勢揃いでの記念撮影が行われました。

th_5uJogMlXTwC5YK6VAqIPQQ_thumb_69fd.jpg


実はこの日お二人はご入籍!!(驚!)
店舗からもサプライズプレゼントが準備されていました。(この他にもあり)

IMG_2388.jpeg


入籍と、レクサス新車納車、なんて幸せな!

th_GUZyGsrZSyuWHxMJLkjEnw_thumb_69fc.jpg


このあとは、他社からの乗り換えということで1時間程度非常に丁寧な車両説明が。車両標準装備のみならず、メーカーオプションやディーラーオプションで追加された装備に関しても丁寧に説明されており、これもレクサスの丁寧なおもてなしのひとつと感じました。

th_VfwWJRkIQBmQexINr+i3jg_thumb_69e0.jpg


今回納車の車両は「IS300」。”F SPORT”専用ホイールもかっこいいですね。そして私が見たところ装着率100%のオレンジキャリパーもあいかわらず素敵。ディーラーオプションの「ホイールボルトキャップ」も皆さん装着されてるんですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_69e2.jpg


新旧車両を並べてのスペシャルショットも実現!(微妙に内側を向いているのもポイント、これもこの店舗ならではのサービスのようです)

th_cyQ0CglFTia7R7diTbWHTQ_thumb_69f3.jpg


約2時間に亘る納車式が終了、オーナー様はIS300のエンジンを始動させ、出発されました。
いや、ほんとにかっこいいぞ新型IS!


th_LxgaZ5b9SdGsxmJ+G01uxw_thumb_69fe.jpg


最後は店舗スタッフの方に勢揃いで見送りされ、お店を後にされました。
このあとご入籍手続きということで、多忙な1日をすごされたようです。
素敵なイベントに出会えたこと、私にとっても非常に想い出深い1日となりましたし、新たなライフスタイルを彩る「新型IS」とともに、新生活をスタートされ、ぜひ末永くお幸せに! (私もそろそろクルマ購入したくなる・・・!)

th_08IZNUzBTM61Md1iBx1nEg_thumb_69ff.jpg

2021年04月06日

レクサス「IS500」ローンチエディション発表!(北米)新内外装カラー!

北米で発売されるレクサスISの「F SPORT performance」ブランドの第1弾、「IS500」の発売を記念した、「ローンチエディション」が発表されました。
レクサスでは初となる、グレー系のソリッドカラーの専用色をまとっているのが特徴。

2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_Launch_Edition_001-600x450.jpg



https://pressroom.lexus.com/2022-lexus-is-500-f-sportperformance-launch-editionis-500-performance-with-a-touch-of-distinction/


ニュースリリースによると、特徴は以下の点です。

■5.0L V8 delivers 472 hp and 395 lb.-ft. of torque
 →おなじみ、5L自然吸気V8エンジン。日本市場では最大出力は477psでしょうか。

th_スクリーンショット 2021-03-20 9.06.39.jpg


■Exclusive Incognito – All-new to the Lexus color palette
 →特別新カラー Incognito <インコグニト?> 今後SUVにも採用されそうなカラーですね。

th_2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_Launch_Edition_033-1.jpg

■Unique two-tone Black & Gray Ultrasuedeレジスタードマーク trimmed seats, door accents, and center console
 →専用2トーンインテリアカラー ブラック&グレー ウルトラスエード表皮(シート&センターアームレスト&ドアトリムアームレスト)

th_2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_Launch_Edition_016.jpg


■19-inch seven-spoke forged alloy Matte Black BBSレジスタードマーク wheels
 →特別仕様車でおなじみのマットブラック塗装の「BBS製鍛造ホイール」

th_2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_Launch_Edition_006.jpg


■Unique serialized Launch Edition badge included
 →500台限定、シリアルナンバー入りローンチエディションバッヂ。さりげなくシートベンチレーション(送風)機能がついていることも確認できます。

th_2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_Launch_Edition_019.jpg



もう少し詳細に見ていくと、今回のIS500 ローンチエディション は、日本で発売された新型IS 「F SPORT Mode Black」と同様、通常モデルに加え、インテリアパネルには「アッシュ(オープンフィニッシュ/銀墨)が使用されているほか、ローンチエディション専用の「専用メーターオープニング」も採用されています。

スクリーンショット 2021-03-20 9.02.41.png

シートに関しては、中央のメイン部分やアームレスト部分が「グレー」のウルトラスエードとなっているようで、この2トーン具合はいいですね!
新型IS、特にブラック系はちょっと質感の面で不満があるとの声もあるようですから、このような新素材を使用するのは今後のバリエーション展開にも期待がかかります。なお、レクサスでウルトラスエードが使用されるのは、「LS」に続き、2モデル目です。

スクリーンショット 2021-03-20 9.05.44.png


残念ながらシフトレバーは通常モデルとは変更ありませんが、ウルトラスエードシート表皮にもかかわらず、シートベンチレーション(送風)機能がそなわっているのは嬉しいところ。マークレビンソンオーディオが標準かどうかは不明です。

スクリーンショット 2021-03-20 9.01.55.png

新ボディカラー「 Incognito」は、ポルシェなどのハイパフォーマンスカーでみかけますし、日本でもSUVモデルに使用されているような明るいソリッドグレーでしょうか。
太陽光での色の変化にも注目。レクサスでは初の完全新カラーですので、今後「F SPORT Performance」のイメージカラーになるのでしょうか?

スクリーンショット 2021-03-20 9.01.30.png

さて、レクサス「IS500」、日本での発売の話はまったく聞こえてきませんが、日本では未だに長い納期待ちが続きます。
この「ローンチエディション」で使用されているパーツをみてもそれほど特殊なものはありませんので、需要さえあえば、日本での発売もまったく可能性がないわけではなさそうですが・・・

スクリーンショット 2021-03-20 9.08.28.png

2021年04月03日

新型レクサスIS 単月販売数「1100台超」、売れ行き好調!

レクサスの新型「IS」の販売(登録)状況です。
発売以降、長期の納期待ちが発生している「新型IS」ですが、2021年1月の販売数は、2016年秋のマイナーチェンジ以後、単月で最高の販売数を記録したことが判明しました(当方調べ)

今までの最高は中期ISがマイナーチェンジ後の年明けの2017年1月に記録した「881台」でしたが、新型ISが2021年1月に記録したのは、一気に1000台を超過し、「1137台」です!
また、中期ISに比べ「IS350」の販売割合が増えているのも注目。(特別仕様車の影響もあるのでしょうね)

th_スクリーンショット 2021-03-16 21.31.55.jpg

新型ISのこれまでの販売状況(2021年11月〜1月)を見ても、2016年10月の中期ISマイナーチェンジモデルを常に上回る販売台数を記録していますので、今回後期ISマイナーチェンジはひとまず「成功」といえるでしょう。
この調子で、2021年2月、3月も「1000台超」であればこの人気は本物と言えますが、当面の目標「800台」をどれだけ長期間キープできるかを見守りたいところです。

th_eZqX8PRYRHS+71YWHcEIng_thumb_692e.jpg

なお、特別仕様車(F SPORT”Mode Black")を除けば、発売直後の11月にご契約された方で早い方は3月下旬〜4月頃に納車を迎えるようです。
昨今の半導体不足に伴い、新型ISの納期はまだまだ解消されない見込みですので、初年度の年次改良(2021年)は行われない可能性が高そうです。

----------------------------------------------------------

久々の新型ISご契約者一覧です。
新型IS発売後にご契約の方についても徐々に納車時期が確定しているようですね!
当ブログに情報をいただける方の大部分が「F SPORT」系、そして特別仕様車の比率が高いのも特徴です。
ボディカラーでは、「ホワイトノーヴァガラスフレーク」が大人気ですが新色「ソニッククロム」が大健闘しているのも特筆すべきところ。

■新型IS納車情報一覧 2021/3/16ver

th_スクリーンショット 2021-03-16 22.16.39.jpg

↑クリックで拡大します。

2021年03月13日

新型レクサスIS300h 納車式にお邪魔しました!

昨年11月のドラヨスさんのIS納車式に続き、知人の方のレクサス 新型「IS」の納車式にお邪魔しました。

当時の記事はこちら
■レクサス新型「IS300 特別仕様車」納車式にお邪魔しました!(2021/11/23)
http://www.namaxchang.com/article/478638741.html

正式発表前の10月のご契約ということと、特別仕様車ではない「IS300h F SPORT」のため、約4ヶ月での納車。
なお、2021年2月18日から、新型ISは半導体不足等の問題もあり、受注停止、現在の納期は2021年10月以降となっています。

th_G5cfLlyIRk2VIFS3vEn33w_thumb_6941.jpg



プレゼンテーションルームにはすでにヴェールに包まれた新型ISが!

th_8Z6H1IxMQ66PepomVIOoxw_thumb_6904.jpg


まずはスタッフの方による手際のよいアンヴェールが行われました!

th_1IyF4HaITAm0ZtvxKW13QA_thumb_6948.jpg

ついに登場、4ヶ月待ちの新型IS300h F SPORT!いや〜!お待ちいただきましたね!

th_7lx3X%bzR3y3Bs0hounOUg_thumb_6949.jpg

アンヴェール後、オーナーさまご夫妻にはシャンパン(ノンアルコール)が振る舞われました。そしてスタッフの方勢揃いで乾杯!

th_PRNnb2FYQDyKtNG4JPcYcw_thumb_690c.jpg


イケメンのIS F SPORTです!無塗装樹脂がなく、クリアブラックの各種ブラックパーツがホワイトノーヴァガラスフレークのボディカラーとマッチしていますね!かっこいい〜!!

th_DI1TLi9pSsG0b2K+ek10Zw_thumb_692d.jpg


可変ハイビームシステムは非装備ですが、とてもかっこいい新世代のヘッドライトデザイン。新型「NX」も同系統のデザインの見込みです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6919.jpg


足回りには、メーカーオプションのオレンジキャリパーを装備。
F SPORTの場合、これは必須オプションですね!(非装備だと、フロントはブラック、リヤはシルバーのキャリパに)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6911.jpg


インテリアは、最近選択率が低いと言われる「ホワイト」内装。ブラックのアクセントが良いですよね!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6928.jpg


ドアトリムはアームレスト部分のみがホワイトです。私的にはエンボス加工部分もなどもホワイトであればより良かったのですが・・・

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_691a.jpg


その他、「カップホルダープレート」(DOP)が装着されていました。少々割高ですが、黒系のインテリアに彩りをあたえます。
なお、RCと内装が共通化したたため、助手席の方もちゃんとセンターアームレストが使えるようになったのは嬉しいですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6923.jpg


足元のブレーキペダルは既報通り、新意匠に。ISとしては待望のフットレストも嬉しいですが、残念なのはフットランプの「電球」ですね。電球のため、LEDと異なり、走行中も非点灯ですから、LEDに換装したとしても走行中は減光しての点灯が行なえません。コストの選択と集中は理解できるのですが、せめてこここ(とリアウィンカー)はLED化してほしかったところ。

th_th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6927.jpg


少し上からのアングル。多くの方がブラックやフレアレッドの内装を選択されている中、ホワイト内装は珍しいですね!(当方も白内装派なので嬉しい!)

th_36AvY8BSQi6nMkUFoNAjcA_thumb_692f.jpg


このあといったんシャッターを締めて、小一時間ほど車両説明が・・・
2013年式の前期ISと2021年式の後期ISは全然違いますからね・・・説明も念入りです。

th_z6X4sbD6SZKZh2pjSDS+fw_thumb_6916.jpg

そして都内の駐車場ではなかなか難しいですが、新旧IS 2台並べての記念撮影!これは思い出に残りますよね〜

th_4HI9Cr9JRXuc6tLjIRgrGA_thumb_6937.jpg


オーナーさんには販売店から豪華な花束も進呈されて、再度記念撮影!

th_Tol6ZxLtRkyXzMHKiBDcQg_thumb_693b.jpg


「黒×黒」のISから「白×白」のNewISへの乗り換えは珍しいかもしれませんね!

th_0kEJ1IMfRDecIoiZqv8rFw_thumb_693d.jpg


この後、スタッフ総出で見送られたあとは(約2時間少々の豪華な納車式となりました!)
この後、食事も兼ねて大型商業施設で移動し、愛車を愛でる会に。
ISのライバル、新型BMW3シリーズとの共演です。

th_B%QfMAbISAW5CaUaRnxRbA_thumb_6943.jpg


太陽光の下でのホワイトノーヴァガラスフレークの「新型IS」は白さが際立って、非常にかっこいいですね・・・カクカクさがたまらん。

th_z%Jpj5xqQC2q+cn7oC3qyw_thumb_693e.jpg


きれいな景色と素敵なバックショット!

IMG_2114.jpeg


まだまだ多くのISオーナーさんは納車待ちの状態と思いますが、オーナーさんも非常に満足されていました。特別仕様車でなくても「待つ価値ある1台」といえるのではないでしょうか?

新型Cクラスのような先進性の高さやインテリアの見栄えの変化はありませんが、質実剛健な作りと、なによりもそのスタイリングの良さは同クラスのセダンでも指折りのクルマではないでしょうか?一般道でも十分感じられる足回りの進化、そしてパフォーマンスダンパーの追加により微振動を低減し、さらにしっとりとした乗り心地が実現されます。納車待ちの方は今しばらくお待ちいただくとともに、ぜひご期待ください!

オーナー、Kさまこの度は納車誠におめでとうございました!

th_FkBWk+43TNydhR41kfW6ZA_thumb_6933.jpg

2021年02月23日

ついに北米発表!5L V8「IS500」(新世代レクサスF SPORT)

2021年2月23日、ついに北米市場で発表された、レクサス「IS500」!新世代のF SPORTです。

th_スクリーンショット 2021-02-23 1.04.47.jpg

かねてから噂の「IS500」が現実のものとなりました。
なお、プレスリリースに「special exclusively for the North American market.」とあるように、北米専用で日本での展開は予定されていない模様。
日本での展開は今後の要望次第・・・ということでしょうか?

HERO-1500x1000.jpg

----------------------------------------------------------

【YouTube】 A New Era: The #LexusIS​ 500 | Lexus


----------------------------------------------------------


一番の注目はパワートレーンでした。
予告での「新世代(A New Era)」が気になるところでしたが、結局はおなじみ、「5L・V8 自然吸気エンジン」に、8速ATトランスミッションを組み合わせた仕様でした。これで3.5L V6ツインターボ+10速ATであれば新世代という感じでしたが・・・。

th_スクリーンショット 2021-02-23 1.05.56.jpg


エンジンは、RCF/GSFと同様の2UR-FSEと思われますが、エンジンカバーが異なるほか、カラーリングも異なります。

th_2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_033.jpg


外観は「IS350」からあまりかわっていませんが、若干隆起したボンネットは「IS500」の特徴です。
フェンダーも若干拡大されている模様。

th_スクリーンショット 2021-02-23 1.08.02.jpg


特別感ある、ブラック仕上げのウィンドウモール。

2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_032.jpg

配色を変更した新「F SPORT」(Performance)エンブレム。

th_2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_002.jpg


そして、19インチ鍛造ホイールはBBS製ではなく、エンケイ製を採用。複雑な形状の専用ホイールを装備。

2021-02-21-lexus-is-500-wheels.jpg


マフラーは「RCF」と類似の4本出しマフラーを装備。

th_スクリーンショット 2021-02-23 1.06.38.jpg


リヤビュー。
「F」モデルのような専用のエアロパーツやカーボンパーツは使用しておらず、あくまでも「F SPORT」仕様ということがわかります。
IS500と、ブラックの「F SPORT」ロゴが識別ポイントでしょうか。

th_2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_020.jpg


リアディフューザーは大型フィンをもつ専用形状であることがわかります。ウィンカーも引き続き電球を採用。

th_2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_026.jpg


内装に関しては、ごく僅かな変更のみ。ここは「F」モデルと大きく差が出ています。
スピードメーターの演出は専用。

th_スクリーンショット 2021-02-23 1.05.43.jpg


シート類やインテリアパネルにも特段専用意匠はない模様。本当に最小限の差別化だけですね。
内装カラーもブラック以外は不明です。

2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_040.jpg


シフト周りも通常モデルとの区別がつきません。
「F」モデルに採用された「TVD」は不採用。

2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_038.jpg

スカッフプレートは専用のものが使用されています(通常のF SPORTとは配色違い)

th_2022_Lexus_IS_500_F_SPORT_Performance_041.jpg


レクサスJPのウェブサイトでは沈黙を保っていますので、当面は北米専用モデルと考えられますが、ファンの声援で国内展開もありえるかもしれません。
その場合、価格帯や既存の「F」ブランドとの棲み分けの難しさなどいくつかの課題がありそうです。

<主な特徴(推定)>

・5L V8自然吸気エンジン (0-100km加速 約4.5秒)
・8速AT(8-speed SPDS)
・専用鍛造アルミホイール(エンケイ製)
・4本出しマフラー
・専用F SPORT Performanceエンブレム
・専用ボンネット
・専用F SPORT Performanceスカッフプレート
・専用リヤディフューザー
・ダーククロムウィンドウモール
・トルセンLSD
・大口径専用2ピース ブレーキローター(フロント355mm、リヤ322mm)
・リヤ パフォーマンスダンパー追加
・重量はIS350よりも143ポンド(約65kg増)


th_スクリーンショット 2021-02-23 1.04.47.jpg


IS500を「F SPORTの新世代」・・・と呼ぶのであれば、やはり噂通り、今後の「F」モデルの新開発はないのかもしれませんね。
北米では2021年秋に発売、内外装カラーなど詳細を待ちたいところですね。

2021年02月21日

北米で「IS500」発売か?急遽「F SPORT」モデルをチラ見せ!

バレンタインデーに、レクサス北米から突如入ってきた1枚の写真が話題を呼んでいます。
予告なしに公式サイト(ニュースリリースサイト)に投稿されたのがこの画像。エンジンカバーに「F SPORT」のロゴ。

2021-02-14-lexus-f-sport-teaser.jpg


https://pressroom.lexus.com/a-new-era-of-f-sport-performance-vehicles-is-coming/

ちなみに、「RCF/GSF」のエンジンカバーはこちら。見た目はロゴが違うだけ、とも言えます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_30f3.jpg

さて、では今回のこのモデルは「一体何なのか」?というところを考察してみたいと思います。

まず、ポイントとなるのが、レクサスのティザー画像ではおそらく初の「エンジンカバー」という部分です。
これまでもフェンダーやリヤバンパーの「エンブレム」が先行公開されたことはありましたが、「エンジンカバー」というのは初めてです。
ということは、パワートレーン系を主眼としたモデルであることがわかります。

次に、クルマのボディにフォーカスしていないこということは、目新しいモデルではない(つまり新型車ではない)ということが考えられます。

最後に、「F」モデルではなく、「F SPORT」という部分です。
「Fモデル」の開発には多大なコストがかかりますので、今の時代に新規開発する可能性はかなり低いと思われます。「F SPORT」であれば、既存のモデルに部分改良して搭載が可能ですから・・・
「F SPORT」で考えられるのはやはり「IS」でしょう。北米ではご存知のとおり、IS350には「F SPORT」グレードしかありません。ここまで割り切ったグレード構成なのは「IS」のみですから、「IS=F SPORT」というイメージがかなり強まっています。

th_スクリーンショット 2021-02-16 21.45.31.jpg


モデル末期である「CT」や「NX」、「LX」の可能性はほぼゼロですし、「RCF」が存在するため「RC」も除かれます。既に十分なパワーを持つ「LS」や「LC」であることもないでしょう。
残すところは、レクサスで最も売れている「ES」と「RX」そして「IS」ですが、「ES」と「RX」ではカーボン柄の樹脂製エンジンカバーを装着するようなスポーツイメージは現時点ではありませんので、これも除外と考えて良さそうです。
・・・となると残るのは、いまもっとも旬なモデルである「IS」が最有力候補でしょう。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6738.jpg

もともと、北米では「IS500」が商標登録されていたという話題は、2020年7月に話題となっていましたから、いよいよ・・・・という感じです。(コロナ禍で開発中止と思っていましたが・・・)

th_スクリーンショット 2021-02-16 21.22.01.jpg

そして最も気になるのは、どんなエンジンを搭載してくるのか、ということですが、「IS500」というネーミングからは、RCF/GSFに搭載済の「5L・自然吸気V8エンジン」(2UR-FSE)と、レクサスLSに搭載済の「3.5L・V6ツインターボエンジン」(V35A-FTS)のいずれかに絞られるのはいうまでもありません。


これはさまざまな考察が考えられますが、新型レクサスISの開発主査である小林氏が苦心して軽量化を実施してきたこと、現時点では北米市場でも「RCF」や「LC500」を販売していること、ボンネット内のスペースや価格設定(60,000 ドル以内に抑えてくると考えられる)を考慮すると、「3.5L・V6ツインターボ」(V35A-FTS)を搭載してくるのではと考えます。

th_スクリーンショット 2021-02-16 22.12.59.jpg

----------------------------------------------------------

さて、北米でこの新「F SPORT」搭載モデルが発売するのは確定ですが、日本市場ではどうでしょうか?現時点での日本国内の情報では当方の知る限り、以下のとおりです。

・2021年のレクサス(日本)販売予定には「IS系のニューモデル」は存在しない模様。

・「IS500」は商標出願されていることが確認できない(2021年2月15日現在)

・「F」モデルは開発自体が(おそらく)中断しているため「IS F」として発売する可能性は低い。

ということで、北米での販売が絶好調であり、「IS500」としてモデル追加されるとしても、2022年以降ではないでしょうか。
しかし、もし仮に「IS500」とすれば、素人考えでは、到底開発費がペイできるほどの販売数は確保できないように思うのですが・・・それほどまで北米市場でのニーズが高いのでしょうか。

ともあれ、コロナ禍で電動化まっしぐらであると考えられる中、まずは北米市場とはいえスポーティモデルが新設定されるというのは、ワクワクさせられますし、こんなことができるのも「トヨタ/レクサス」ならではなのでしょうね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a48.jpg

2021年01月24日

北米レクサス「新型IS」のコマーシャルが非常にかっこいい!

そういえば、日本においてはレクサス「新型IS」のTVコマーシャルは放映されていないようです。(LXとESもなかったですよね?)
しかし、北米ではレクサス公式の、広告用のプロモーションビデオが6種類も公開されているそうです。
どれも新型ISの魅力が引き立つものとなっていますので、動いているかっこいいISをイメージするのにはバッチリです。レクサスエンスージアストにて紹介されていますね。

th_スクリーンショット 2021-01-05 22.56.39.jpg

https://lexusenthusiast.com/2021/01/04/updated-lexus-is-sedan-features-in-new-advertising-campaign/

そのうち当方が特に良いとおもった2つを紹介させていただきます。

----------------------------------------------------------
【YouTube動画】2021 Lexus IS: Names | Lexus



多国籍、多種多様なライフスタイルの人物がISを華麗に乗りこなしています。

----------------------------------------------------------


----------------------------------------------------------
【YouTube動画】2021 Lexus IS: The Whole Package | Lexus



IS350を主体とする、まるで映画のワンシーンのようなテンポよいカットシーン満載でかっこ良い!
----------------------------------------------------------

このまま日本国内で放映してもいいのでは・・・と思いますねぇ〜
日本国内ではまだまだ5ヶ月を超える納車待ちが続くようなので、CMの放映は自粛しているのかもしれませんが、ぜひ新型ISを幅広く知ってもらう意味でもTV-CM放映も行ってほしいものですね。

th_Xz23NH0qT5SEbareHXH35g_thumb_679e.jpg

2021年01月12日

新型レクサスIS 発売月の販売(登録)状況判明!

2019年度は過去最高の販売台数を記録したレクサスですが、2020年はコロナ禍の中、他のブランドと同様に販売数が落ち込んでおり、2020年は年間販売台数5万台にわずかに及ばない台数(2017年を少し超える同程度)となりそうです。

下期に入り販売数は復調傾向にありますが、満を持して11月に発売された「新型レクサスIS」の登録台数が判明しています。

th_スクリーンショット 2020-12-30 10.20.47.jpg

※数値は、自販連、CG誌データをもとに当方で集計

上記台数は「登録」ベースですので、ディーラーに配備された「試乗車」やメーカーが使用する「広報車」なども含まれています。そのため、実際にユーザーに届けられた台数は、配備数が多いと考えられる「IS300h」では200台、「IS300」では100台、「IS350」は30台程度をそれぞれ控除した台数ぐらいではないかと推測されます。それでも11月末までの段階で、「500台以上」のオーナーに新型ISが届けられたものと推測されます。

なお、この数値は2016年秋に、中期ISがマイナーチェンジした段階の数値(890台)と「概ね同程度」であり、順当といったところのようです。


さて、レクサスの販売を支えるSUVモデルの11月の登録台数は以下の通り。
主要3モデルだけで、11月のレクサス販売台数(5630台)の60%以上の台数を占めています。


NX・・・1111台
RX・・・1357台
UX・・・1025台
LX・・・  94台


ISは未だ約半年程度(5月〜6月)の納期待ちとのことですから、しばらくは「月/500台超」の販売台数をキープするものと思われますが、納期が解消する2021年夏頃からの販売がどれだけキープされるかが注目です。
このモデルがどれだけ売れるかで、次期ISの存続に関わると思われますので、レクサスESのように、発売から2年が経過しても、安定して「月/500台前後」の販売をマークするのであれば、希望が見えてくるのではないでしょうか。

th_IevjFEu9QhS+0yL2746TfA_thumb_6792.jpg


レクサスIS、12月の登録データは、全数がオーナー向けのものと思われますので、果たしてどれぐらいの台数となるのか楽しみです。
中期モデルMC後の販売台数「月/800台」を超えてくるかどうかが一つの指標と言えます。

----------------------------------------------------------

レクサスISオーナー様 納車状況一覧 (2020/12/28 ver)

th_スクリーンショット 2020-12-30 10.11.06.jpg

2021年01月09日

新型レクサスIS/LS 公道試乗会レポートが続々!

12月18日に、レクサス公式の「オールレクサスラインナップ試乗会」が開催されたようで、モータージャーナリストやウェブメディアなどのレポートが公開されています。今回の目玉は新型レクサス「IS」および「LS」ですね!
メーカー試乗会なので、ある程度忖度ある表現が多いのはやむなしですが・・・・それを割り引いても新型「IS」と「LS」に関しては従来モデルより商品力が大きく向上しているのがよくわかります。
(ワンダー速報(ワンソクTube/ドラヨス)さんも参加されたそうで、情報公開が楽しみです!)

th_lLRdJ45fTECv5M1b4yDLfg_thumb_6736.jpg


富士スピードウェイ周辺の周回道路を用いた一般道を中心としたレポートや、今まであまり語られなかった「IS350」についてのレポートが多めとなっている印象。また、先般マイナーチェンジした「LS500/LS500h」のレポートも徐々に登場していますので要注目です!

▼ Impress Car Watch 西村直人「IS300」とハイブリッド「IS300h」乗り比べ
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1296316.html


▼島下泰久 V6 NAエンジン+FRの走りは?! レクサス IS350 F SPORT 試乗レビュー



▼木下隆之 【初公道試乗】新型レクサスIS ボディ剛性に大胆施策



▼ワンソクTube 【レクサスIS300 F SPORT Mode Black 納車後ドライブ評価】



新型LSについてもレポートが。
3年前の厳しい評価から、乗り心地、足回りの改善など、基本性能が大きく進化しているのがよくわかります。
当方は未試乗ですが、ツインターボの「LS500」はエンジン/トランスミッションの制御に手が入ったのでこちらの評価も高い模様。
LS500hに関しては、「ミライ」との比較がないのは忖度かな(もちろん絶対的な質感の良さや後席居住性など、LS500hの良さはありますよ!)。

▼LoveCarsTV レクサス LS500h は世界と並んだ?


▼島下泰久 新色「銀影ラスター」の輝きがスゴい! レクサス LS 500 F SPORT 試乗レビュー


▼今井優杏 【レクサス LEXUS/LS500h EXECLUTIVE】試乗!商品改良で新型になったレクサスのフラッグシップセダンLS



まだまだ各メディアからレポートが出てくると思いますので、今後新型IS/LSをご検討される方、納車待ちの方はこれからのステイホーム期間にじっくりチェックなさってください!

----------------------------------------------------------

▼楽天ブックス レクサスISのすべて




----------------------------------------------------------

【新型IS ご契約/納期予定情報】2020/12/22更新!ver1

初回オーダー期間内にご注文された方はご納車が完了した感じのようですね!

th_スクリーンショット 2020-12-22 23.55.12.jpg

----------------------------------------------------------

2021年01月04日

新型レクサスIS リヤウィンカーの電球を「LED」換装してみよう!

新型レクサスISはとてもスタイリッシュなのですが、リヤのウィンカーが「電球」なのが惜しい!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6738.jpg

開発陣のコメントが豊富に掲載されている「レクサスISのすべて」でも、「とにかく値段を上げたくなかった」、「少しでもコストを下げれる部分を探した」ということですから、常時長時間使用するわけではない、リヤのウィンカーも中期モデルの「LED」から、後期ISではやむなく「バルブ」になってしまったものと推測されます。(※純正で使用されているのは、ごく汎用的なバルブでした)

th_CMAVNSGHSvGsBSyrYamz+g_thumb_673b.jpg

----------------------------------------------------------



----------------------------------------------------------

さて、新型ISのデモカーが納車となった、レクサス専門カスタマイズショップでおなじみの「シンクデザイン」さんで、新型IS用のLEDリヤウィンカーの適合と取り付け作業のメニューが2020年12月18日に追加されています。


LEDウィンカー換装後の点灯動画です
----------------------------------------------------------
【YouTube】新型レクサスIS LEDウィンカー装着!(ThinkDesign)


----------------------------------------------------------

換装すると、テールランプのオレンジ部分がなくなり、とてもすっきりしますよね!

267138006_624.v1608292462.jpg


さて、「交換手順書」が親切にも早速ブログにアップロードされています。
これを読めば、DIY作業できる方も多いと思いますが、ハイフラッシャー(ハイフラ)を防止するための抵抗器の取り付けが手間取るかもしれません。
熱を持つ部分があること、若干の配線加工がありますので、心配な方はプロにおまかせするのが良いでしょう。

https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/44678886/


LEDおよび抵抗器の形状を見る限りは老舗LEDメーカー「ベロフ」のものが使用されているようです。
ベロフ社のものは不具合も少ないですし、純正に近い光り方をするのが好印象。当方も以前レクサスRC Fで愛用していました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_68c4.jpg


気になる価格は以下の通りとのことです。
作業時間はだいたい45分程度を見ておけばよいでしょう。

■LEDウインカーバルブキット[バルブ2個・抵抗2個] ¥12,100(税込)
■取り付け工賃 ¥11,000

まだ最新情報のため、シンクデザインさんの公式webサイトには掲載されていないとのことです。
予約作業依頼は、直接「メール」でということですので、気になる方はぜひチェックを!作業予約の都合上、お早めをおすすめします。
あわせて、「ワンタッチウィンカー」、「オートブレーキホールド」などの付帯パーツ取り付けもおすすめです!(特に輸入車からお乗り換えの方は必須アイテムといえます)

シンクデザイン株式会社
メール: info@think-design.jp
URL:  http://www.think-design.jp


↓左が純正、 右が換装後のLEDウィンカー。
th_スクリーンショット 2020-12-18 22.20.57.jpg


ご自分で取り付けされる方は、ハイフラ防止の抵抗器とセットでLEDバルブを購入し、配線加工を適切に行うよう注意してください!(抵抗器は熱を持つこと、配線の接触不良がないようご注意を)

2020年12月20日

レクサス新型IS ブルーバナナ ナビTVキット「SNTC-M21」適合!

クサス新型ISのカスタマイズパーツ情報です。

レクサスISは運転の楽しさを味わえるスポーツセダンですが、助手席に家族やパートナーを乗せてのんびり楽しいドライブをすることも多いと思います。その際に大変役にたつ、「bluebanana99 ナビTVコントローラー」の適合確認がとれたそうです!
レクサス専門のカスタマイズショップ、「シンクデザイン」さんのHP/ブログで公開されました。

https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/44628881/

パーツは、タッチパネル対応の「SNTC-M21」が適合するとのこと。新型RXと同じですね。

267036804_624.v1607073826.jpg


新型ISの車両分解情報を見る限り、基本的な構造は、前期/中期ISとほぼ「同じ」です。
センターコンソールのパーツが「RC」と共通になっていますが、基本的な構造は変わらないようで、交換難易度はレクサス車でもっとも簡単な部類と思われます。ある程度レクサスのセンターコンソール部分の分解経験ある方なら1時間もかからず作業は完了するのではないでしょうか。

267036905_624.v1607074566.jpg


▼販売元、ブルーバナナさんの通信販売(ヤフーショッピング)
----------------------------------------------------------
SNTC-M21 レクサス TV/ナビコントローラー



----------------------------------------------------------


なお、その他、「アクティブブレーキホールドキット」と、「ワンタッチウィンカー」の同時取り付けもおすすめです!
「TV/ナビキット」とあわせ、レクサス車において、新車納車後の「3点セット」といっても過言ではありません。
特に、「アクティブブレーキホールド」は説明が難しいのですが、これは全ユーザーにオススメといって過言ではありません。

img_03-2.jpg

「いちいちブレーキホールドボタンを押下しなくても作動」
「ブレーキを強く踏み込むことでブレーキホールドを機能させる」
ということが実現できる地味ながらとても有用なパーツ。

▼LEXUS アクティブブレーキホールド全車種適合確認完了
https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/42826872/

▼これは凄い!ブルーバナナ社「アクティブブレーキホールド」!
http://www.namaxchang.com/article/463769610.html


また、「ワンタッチウィンカー」は、説明不要と思いますが、ウィンカーレバーを「ちょん」と入れるだけで、ウィンカーを3回、または5回点灯させる機能。車線変更の際に非常に便利です。(当方は”5回タイプ”を愛用しています)

新型レクサスIS(およびレクサスGS)に装備される電子ウィンカーは、ちょっと癖があり、ウィンカーレバーが特定方向に入れっぱなしにならず、中立位置に戻る方式を採用していますが、その割になぜか「ワンタッチウィンカー」機能が備わっていません。
そのため、ワンタッチウィンカー機能をあと付けすると、ドイツ製輸入車のように、非常に使いやすくなります。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67c0.jpg


いずれもレクサスISの場合は取り付けが比較的容易ですが、新車ということもあり、傷をつけては・・・という方は素直に業者さんにご依頼するのが良いでしょう。関東近郊であれば、施工実績業界No1といえる、「シンクデザイン」さんがオススメですので、ぜひwebサイトからご予約を。


http://www.think-design.jp

2020年12月17日

ニューモデル速報「レクサスISのすべて」ついに発売!

2020年12月2日、レクサス車、久々のモーターファン別冊「ニューモデル速報」、「レクサスISのすべて」が発売となりました!
(レクサスUXのすべて以来、約2年ぶりの発売!)

cover.jpg


https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=11653

さて新型レクサスIS、発売後は自動車評論家からの試乗記も全然でてこなくてちょっとさみしい感じ。
カタログや取扱説明書にはにないマニアックな情報もありますので、新型ISのオーナーさんは要チェックですよ!(当方ももちろん購入済!)

▼楽天ブックス(送料無料)




▼Amazon

ニューモデル速報 第604弾 レクサスISのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥800から
(2020/12/3 01:16時点)




----------------------------------------------------------

【新型IS ご契約/納期予定情報】2020/12/2更新!ver1

各ディーラー1番納車の方は概ねご納車が完了した感じでしょうか?

th_スクリーンショット 2020-12-03 0.21.05.jpg
----------------------------------------------------------

2020年12月08日

レクサス新型「IS300 特別仕様車」納車式にお邪魔しました!

天候に恵まれた連休でしたが、観光地には出かけず(笑)最終日はレクサスディーラーでの納車式にお邪魔しました。
オーナーさまより一足お先に到着したので、こっそりプレゼンテーションルームを覗き見!
かっこいい「BBS製マットブラックホイール」と「オレンジキャリパー」で、新型IS「特別仕様車」であることがひと目でわかります。

th_fQGV87WOTLyNJJTL0elIaQ_thumb_67f8.jpg



初期発注の方でもなかなか納車日が確定していないようですが、もう特別仕様車が納車されるのは凄いですね・・・
さすがクルマ買うTuber!(コレで誰だかわかってしまう!)

th_E0SVuDgBRBqT2GCuQOxxIA_thumb_67f7.jpg

オーナーさまがご来場!
当然ですが、ディーラー関係者による手厚いお迎えが行われていました。

th_LxmqZsVuS4CYPHFOrlH5Eg_thumb_680e.jpg

オーナーズラウンジで休憩後、オーナーさまはしばし書類手続き。ちゃんと控室が用意されていました。

th_g713gin+RVyecNrFCLbvUA_thumb_67f9.jpg


しばらく時間があったので、ディーラーに置いてあった、結構貴重な新型ISの「モデリスタエアロ」装着車をチェックしてきました。
エアロパーツ、新世代店舗では「バーチャルショールーム」で確認できるんでしょうけど、やはり実物が見たいところ。もっと展示して欲しい。

----------------------------------------------------------

【YouTube】レクサス新型IS モデリスタエアロ装着車!



----------------------------------------------------------

さて、準備が整い、いよいよ納車式です!
電動シャッターが開き、いよいよ新型IS300 特別仕様車「F SPORT Mode Black」が姿を現します!

th_Jom0BD1pTK6t9Y7ngG8P1Q_thumb_6806.jpg


コロナ禍中ということもあり全員マスクをしての納車式・・・これも今だけの思い出になるといいのですが。
それにしてこのディーラー、撮影用のLED照明機材などを準備しているなどすごいです。

th_hvuX9tI8T0a9N9NfXIaDhg_thumb_6811.jpg


なんと愛車の前で、テープカット!!
(*注*店舗により異なります)

th_qdMX0gwNRlif%ydI2g0e%w_thumb_6807.jpg

花束贈呈後、ご夫婦でのお写真も・・・
結婚式みたいな素敵な式典でした!!お二人の笑顔も最高!

スクリーンショット 2020-11-23 21.39.15.jpeg


納車式の様子は、後ほどYouTube公式チャンネルで公開されるかと思いますので楽しみです!

クルマ買う系チャンネル「ワンソクTube」
https://www.youtube.com/channel/UCo150kMjyLQDsLdudoyCqYg/featured



さて、まだまだ新型IS、特に「特別仕様車」の納車はまだごく少数のようですが、特別仕様車以外であれば2020年3月までには納車、特別仕様車は2020年4月以降(時期未定)の状況のようです。実車に試乗されてからご契約いただいた方も増えてきているようですから、ぜひぜひ早くオーナーさんの手元に届くよう生産を勧めて欲しいところですね。


----------------------------------------------------------

【新型IS ご契約/納期予定情報】2020/12/10更新!ver1

th_スクリーンショット 2020-12-08 20.11.40.jpg

----------------------------------------------------------

2020年11月27日

レクサス 新型IS 特別仕様車「動画」&version.Lもチェック!

さて、先週末はレクサス期待のビッグマイナーチェンジを果たした「IS」をチェックしにディーラーで足を運ばれた方も多いのではないでしょうか?

人気が集中している特別仕様車「F SPORT Mode Black」については、想定以上に試乗車・展示車が配備されている印象ですが、まだまだ配備されていないエリアも多いようです。まだ実車をご覧になっていない方はぜひ動画でチェックしてみてください!

----------------------------------------------------------

【YouTube動画】新型レクサスIS 特別仕様車 「FSPORT Mode Black」BBSホイールかっこいい!



----------------------------------------------------------

さて、F SPORTの人気が凄い新型ISですが、今回は上質な"version.L"のレポートです。
お世話になっている販売店さんで、内外装をチェックしてきました!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67ba.jpg


今回レポートさせていただくのは、「IS300h」"version.L"。
新ボディカラーの「ソニックイリジウム」、内装カラーは「オーカー」。
環境にも配慮した「IS300h」"version.L"にふさわしい新規内外装カラーの組み合わせですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67bb.jpg


ホイールは、「シャインシルバーメタリック」という新カラーです。標準の18インチホイールよりもメタリック成分が強く、上質な印象で、スポーク数の多さから、ラクジュアリー感が漂います。(ただ、ダストの清掃は大変そう・・・)

IS300h "version.L" でも、フロントは 4potの見栄えのよいキャリパーを装備。
ディーラーオプションボルトキャップとロックナットが装備されています。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_678f.jpg


リヤ。ブレーキキャリパは型押しタイプ。フロントと異なり汎用的なシルバータイプ。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67a9.jpg


中期モデルほど目立ちませんが、従来でいうフォグランプガーニッシュ周りは無塗装樹脂。
”F SPORT”はここがピアノブラック塗装されているため、せめて"version.L"は塗装品を使用して欲しいところですが・・・
ただ、意匠自体はスポーティでカッコよくなったと思います。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67b8.jpg


グリルの形状も”F SPORT”とは異なります。
パノラミックビューモニター[PVM]のカメラですが、エンブレム下ではなく、上部にあるためちょっと目立つ気がしますね。
”F SPORT”ではそれほど気にならなかったのですが・・・

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67bd.jpg


サイドシルの下部にあるパーツも無塗装なんですね。ただ、ここはそれほど気にならないかな。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67b7.jpg


リヤディフューザーも無塗装樹脂ですが、デザインはF SPORTに比べスッキリしている印象。こちらのほうが好みという方もいらっしゃるでしょう。
面積が広大なだけに塗装すると結構コストが掛かりますね・・・

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67b6.jpg


インテリアに移ります。
"version.L"では、スカッフプレートが装備されますが、前期・中期から引き続きロゴがありません。
せめて「LEXUS」のロゴぐらいは入れて欲しいところですが・・・”F SPORTは専用ロゴがありますから、ここはなんとかして欲しかったですね。
気に入らない方はディーラーオプションの「スカッフイルミネーション」を導入されることをおすすめします。(雰囲気が一気に良くなりますし!)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67ab.jpg


新型IS目玉の2トーンカラーインテリア。
ご契約者さまからの情報でも、"version.L"では「オーカー」の人気が高いだけあり、魅力的なインテリアです。
今回取材した個体では、インテリアパネルに、レスオプション扱いの「ブラックジオメトリーフィルム」が装備されていました(▲53,900円安くなる)
グレー系のインテリアパネルで目新しさはありますが、フィルム素材ということもあり、少々傷が付きやすいことに注意です。
ドアトリム中央のエンボス入り部分は「ブラック」です。私的にはここがオーカーだとさらに魅力的と感じましたが・・・

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67b2.jpg


ドアアームレストの色使い、ステッチなどなかなか魅力的なカラーですね!
ドアポケットには、イルミネーションが欲しいところです。DIYカスタマイズでなんとかしましょう!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67ac.jpg


ステアリングは、「ブラックジオメトリーフィルム」を選択すると、上部部分も「本革」となります。本木目系の「墨ブラック(アッシュ)」も魅力的ですが、好みでない場合はこちらのほうが良いかもしれません。
なお、内装色「オーカー」を選択しても、ステアリングのステッチ色は変わらないようですね。
ワイパー、ウィンカーともに「電子式」で、私的にはこの世代のものが一番好みです。
中央のインフォメーションディスプレイは、"version.L"であっても、旧式の4.2インチタイプで、2013年デビュー時と変わらないのが残念です。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67c0.jpg


前席。ダッシュボードのオーカー色は素敵ですねぇ!
助手席前のオーナメントパネル廃止は残念ですが、オーカー色だとあまり気になりません。センターアームレストの側面部分がブラック仕上げなのもおしゃれ。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67aa.jpg

後席ドアトリム。
"version.L"であっても、ドアトリム中央部のエンボス加工や、ドアノブ上部のイルミネーションはありません。ここは前席と差別化されている部分ですね。
しかし、ブラック1色ではなく、カラーが入ると高級車感が出ていいですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67b1.jpg

後席。オーカーなので室内が明るく広く見えます。
また、「セミアニリン本革」を使用しているので、他のグレードと比べシートの上質感が違いますね。座ったときの肌触りや柔らかさなど、やはりレクサスのセミアニリン本革はいいですね。セミアニリン本革が装備されるのは"version.L"のみとなります。
なお、「NX」や「UX」、「CT」にはセミアニリン本革の設定はありません。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67af.jpg


静的質感をチェックしてしまうと厳しい意見も出てきてしまう新型「IS」ですが、みなさんから寄せられる意見でも「試乗インプレッション」がとても良いのが特徴ですね。この時代にFRセダンを選択される方は、こだわりをお持ちの方が多いでしょうから、気になる部分は純正品や社外品でカスタマイズして個性的な1台を作り出すことも可能です。

プラットフォーム、パワートレーンは継続ですが、走りの質感の「熟成」は多くの方の共感を呼んでいるようです。気になる方はぜひ試乗でチェックされることをおすすめします。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67b5.jpg

2020年11月24日

レクサス新型IS試乗レポート[1]&公式動画もオススメ!


レクサス新型「IS」発売から1週間以上が経過しました。
試乗車で実際体験され、実際ご契約された方も多いのではないでしょうか。

なお、先日公開されたレクサス公式動画「New IS Live Session」は非常にオススメです。!
オーナーさまおよび今後ご検討される方は必聴!

----------------------------------------------------------
【New IS Live Session】


----------------------------------------------------------

チーフエンジニアの小林氏は以前から独特な個性をお持ちの方で面白いと思っていましたが、このLive Sessionでも語れる範囲内でかなり本気を語ってくれているなと感じました。これはいい車の仕上がりになっていると期待させられます。

「Q&A」セッションでも通常ではあえて触れないと思われるタブーの質問をチョイスするあたり、(いい意味で)割り切ったものを感じます。

今回の新型ISはとにかく外観のデザインがかっこいい。そして開発陣のコメントではとにかく走りの進化に期待せざるを得ません。
そして、レクサス開業時からマニアックかつ素人目線でクルマを見てきた私からすれば、今回の改良では、「内装の質感や装備」などツッコミどころは無数にあります。
あえて本ブログでそういう点もお知らせしているわけですが、開発陣としては、限られた予算からなんとか良いものを作り出すために頑張っており、決して手抜きの結果ではないことがひしひしと伝わってきます。特に、現行モデルから通常は「20〜30万円」は確実に価格がアップせざるを得ないのにかかわらず、実質値上げを「ゼロ」としたことは大きく評価する必要がありますね。

----------------------------------------------------------

さて、今回は試乗第1回めとして、「IS300h」(ハイブリッド)の”標準”グレードを試乗する機会を得ました。

th_ccmwOeMaQ%uEQWMjAGrABg_thumb_6789.jpg

標準グレードでは、ホイールは18インチに大口径化しており、ブレーキキャリパーも4potであり、見栄えが良くなっています。
ただ、ホイールのデザインとカラーリングの面では他のホイールと比べ、ちょっと安っぽい印象があるのが残念です。(もうすこしダーク系の塗装であればよかったのでは・・・)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6787.jpg


リヤのブレーキは一般的な型押しタイプでシルバー仕上げということでフロントとのカラーが合致していないのは残念に感じました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6788.jpg


今回は「IS300h」標準ということで、減衰力調整を行う「AVS」は非装備で、その代わりにレクサスESから採用された「スウィングバルブショックアブソーバ」を装備しており、乗り心地に期待がかかります。

ただ、ドアの開閉音や着座感はマイナーチェンジということもありファーストインプレッションとして、高揚感はありませんでした。
また、コメントでもいただきましたが、レクサスが採用していた、ウィンドウを開閉する際に、日本家屋でふすまを閉めるときに一瞬動きをやわらげるような、「ウィンドウスロー制御」が採用されていないのは残念です。(いつからなくなったのでしょうか?)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_678a.jpg


さて、ドライブを始めると、当方は以前「RCF」を所有していたので、使い勝手の面ではほぼ変更はありませんが、ISオーナー
今回、RC系のオーナーさんであれば、ナビディスプレイを除けば、ほとんどの部分でRC系と共通になっていることに気づかれると思います。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6744.jpg


ステアリングを握ると、ステアリングの大きさに比べ少し「細い」印象があります。
F SPORT系のディンプル本革でないことにも理由があるのではと思いますが、最近流行りの小経ステアリングではないため、2020年代のスポーツセダンとしてはちょっと違和感がありました。もっともこれはすぐ慣れるでしょうが、BMW車などと比較すると違和感は残りそうです。


「標準」に関しては、合成皮革の「L-tex」シートを採用しています。
表皮の手触りや厚みなどの質感は問題ありませんが、スポーツセダンとして考えると、若干の「滑り」があります。
感じ方には個人差があると思いますのでぜひチェックしてみてください。(シートヒーターが標準装備されているのは嬉しい)
なお、「F SPORT専用本革シート」では、表皮一体発泡シート+本革シートということで、フィット感あるシートになっておりますので不満はありません。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_678b.jpg


試乗に関しては、当方が毎回試乗している渋滞の殆どない東京湾岸部の決まったテストコースで実施。

IS300hではパワートレーンに変更がありませんが、ニュースリリースなどでも紹介されているとおり、ハイブリッドの制御が変更されていることに気づきました。
従来は坂道を勢いよくアクセルを踏んで登るときに、パワー感がそれほど強まらないのに、「直4エンジン」ががんばっているサウンドが先行しており、車速とパワー感、サウンドが連動していない印象がありましたが、新型IS300hでは、ここが払拭されており、安っぽい直4エンジンサウンドの部分が相当に気にならなくなっています。

そして、今回の新型ISで影の目玉の一つである、「スウィングショックアブソーバー」はやはりいい仕事をしており、荒れた路面やアンジュレーションで従来はボディがはねたり、微振していた部分についてサスペンションが路面に追従して、不快なボディの上下振動を抑えています。

20201105_01_21_s.jpg

しかし、新型ISのサスペンションは、路面の基本的な情報はしっかり伝えてくれるので決して「ふわふわ」した快適性重視の乗り心地ではありません。
しっかりと路面の情報は伝えてくれますし、大きなギャップはしっかりボディに伝わってきますが、比較的ボディに伝わる振動の収束が早いのが印象的で、これは従来のISから大きく進化しており、これはもう少し大型の上級セダンやボディ剛性が高いクルマで味わえる領域です。
この点は「バネ下重量の低減や足回りの剛性強化」に依る部分もあるのでしょうが、短時間の郊外試乗ではまだ体感できない部分かと思います。

クラウンとかESなどの乗り心地の良さとはベクトルが違い、「芯はしっかりあるが、不快な領域の振動を低減した」という感じで、非常にいい印象の足回りでしたね。

20201105_01_17_s.jpg

なお、基本的なパワートレーンやハイブリッドバッテリーに変更はありませんので、やはり時速60km/hを超えての「EV走行」はできません。ここは本当に残念な点なのですが、自分が想像している以上に、エンジンとEV走行時の切り替わりがよりスムーズになっていることに気づき、試乗を終えたあとは、この点についてのネガティブ面は大きく改善されました(ただ、高速試乗ではどうなんでしょうね・・・後日試してみます)

そのため、タコメーターをしっかり見ていないと「EV走行なのかエンジンを併用しているのか」気づかないほど、エンジンからの振動やサウンドが自然にチューニングされていることに好感を持ちました。

今までは「なぜここでEVにならない?」、「うーん、なんでここでエンジンが起動するかなぁ・・・?」というふうに自分の感覚とハイブリッドシステムの制御にずれがあることに違和感があったのですが、新型ISではそういった点がほとんど気にならなくなっており、ドライブに集中できていることに気づきました。具体的には、都市部の走行では頻繁にエンジンオン/オフを繰り返しますが、その切り替わりが不快にならず、かつモーターアシスト量が増えているので、信号待ちのあとの加減速の「ストップ&ゴー」がとても気持ちよくなっています。

20201105_01_16_s.jpg

また、スポーツモードに切り替えることなく、ノーマルモードでも軽快感ある走行ができるようになり、積極的にドライブを楽しみたくなるパワートレーンになっていますね。特に、当方はここ10年ほどずっと重量級のセダン・クーペを乗り継いでいるので、モーターの使用領域を増やした軽量な「IS300h」の街乗りの低速度領域(時速30km/h〜60km/h)の軽快さには驚きを感じました。

2013年に発売した初期IS300h、そして2016年に改良された中期IS300hでは試乗後、「もっと乗っていたい」と感じることはなかった記憶ですが、新型ISに関しては、「”標準”グレードでこれだけ良いのであれば”F SPORT”はもちろん、他のパワートレーンの新型ISもぜひ体験してみたい!」と感じ、非常に良い気持ちで試乗を終えました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6755.jpg

なお、燃費はWLTCモード燃費を上回る「18.0km/L」をマークしました。
ES300hなどのように常時20km/L超えは困難かと思いますが、積極的にエンジンを使用している割には燃費効率も良くなっているのではないでしょうか。
(だからこそ、ES300hのように「リチウムイオン電池」に換装し、さらなる燃費向上、重量減を果たしてほしかったところではあるのですが・・・)

20201105_01_16_s.jpg

ところで、走行時は、大型化した「ナビゲーションディスプレイ」が、ちょうど視界の妨げにならない位置にあることに好感を持ちました。
従来のモデルでは着座位置によりナビ画面の一部が見づらかった点がありましたが、新型ISでは着座位置にかかわらずモニターは見やすい位置にあり、また前方視界を妨げないように工夫されていると思います。違和感なくドライブできたのは好印象ですが、もう少し「枠」が狭いとよりスタイリッシュですね。

th_Y9xj%7qBT+ut8FW0FyQwGA_thumb_678c.jpg

残念なのは”F SPORT”以外のモデルでは、「マルチインフォメーションディスプレイ」の改良がないこと。
解像度や情報量ともに2020年代の新型車としては不満の残るところで、スポーツセダンならではのエンジン回転数や車速、ギア段の変化などもっと明確にドライバーに示してほしいですし、せめてヘッドアップディスプレイ(HUD)の設定がほしいところでした。
一方、”F SPORT”の専用メーターでは、そういった情報が7インチTFT液晶に表示されるため、特に問題にはならないでしょう。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_678d.jpg


----------------------------------------------------------

【ご契約者情報一覧】

全体的に納期が早まる傾向があるようです(変更があった方を「赤字」としています)。
すでにご納車された方も出てきています!

----------------------------------------------------------

【新型IS ご契約/納期予定情報】2020/11/23更新!ver1

th_スクリーンショット 2020-11-23 20.37.22.jpg


----------------------------------------------------------

2020年11月20日

レクサス新型IS ムーンルーフ(インナースライド式)&フレアレッド内装!

レクサス新型ISの「ムーンルーフ」は、ここ最近のレクサス車では珍しい、「インナースライド式」を採用しています。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_66f4.jpg


インナースライド式ででも、ちゃんと「チルト」機構はありますので換気の際も一安心!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6783.jpg

ムーンルーフを開けると、次のような感じです。
ガラスルーフが、ボディの外ではなく、ルーフ内側に格納されます。(その分、車内の室内高が低くなっていると思われます)
しかし、アウタースライド式に比べ、空気抵抗の面では有利なのでしょうね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6784.jpg


室内はこんな感じで・・・とくにインナースライド式だからといってルーフが低いという感じはしませんでしたが、気になる方は要チェックです!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6785.jpg


さて、「F SPORT」専用のインテリアパネル「サテンクロム」の質感は高いですね〜
歴代のISインテリアパネルでも一番クオリティが高いように感じます(無償ですし)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_676e.jpg

ただ、対指紋性発油コーティングなどはされていないようで、シルバーの金属パネル部に手指の油が残りやすいようですから、こまめなお手入れが必要ですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6772.jpg


今回チェックした他展示車はF SPORTの「フレアレッド」内装でしたので、樹脂も赤でいいですね〜
従来はシルバー塗装されていた内装パーツもダークグレー塗装に変更されているのがポイントですね!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_677a.jpg

エアコン吹出口はブラックが定番でしたから、ここがレッドになるだけでも相当なインパクトがあります。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6771.jpg


フレアレッド内装は「ダークローズ内装」と比べても圧倒的に「赤系」の面積が拡大していますので好みが分かれるかもしれません。(私的には今は亡きSC430を思い出し、非常に好みですが)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_677e.jpg


ところで、19インチ「F SPORT専用」ホイールを見ていると1点気になる点が・・・

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6779.jpg


なんだか目立つ部分に、黒い樹脂ケーブルカバーが・・・これはいったい?(いままでありましたっけ?)
耐久性など大丈夫なのでしょうか?


th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6781.jpg


----------------------------------------------------------

【ご契約者情報一覧】

全体的に納期が早まる傾向があるようです(変更があった方を「赤字」としています)。
すでにご納車された方も出てきています!

----------------------------------------------------------

【新型IS ご契約/納期予定情報】2020/11/14更新!ver1

th_スクリーンショット 2020-11-14 21.28.22.jpg

----------------------------------------------------------

2020年11月16日

レクサスIS特別仕様車 ”Mode Black"チェックしてきました!納期も短縮に!

すでにご覧になった方も多いと思いますが、レクサスIS特別仕様車 ”F SPORT Mode Black"をチェックしてきました!
なお、特別仕様車は先日まで受注停止状態でしたが、現在(11/7)時点では発注可、納期も2021年4月頃〜ということで、大幅に納期が改善されているようです。(すでに発注済の方はそれ以前に納車されることは確実)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6752.jpg



またカタログではわからなないマニアックなポイントもいくつかチェックしてきました。
また新型レクサスISをご覧になっていない方の参考になれば幸いです

■IS300 特別仕様車 ”F SPORT Mode Black" 

特別仕様車は新カラー、「ソニッククロム<1L1>」がとても似合いますね!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6754.jpg


特別仕様車は、「3眼フルLEDヘッドランプ」を標準装備します。
クリアランスランプがとても長く、メインのLEDがランプが四角い形状なのが目新しいですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6752.jpg


特別仕様車の目玉のアイテムはなんといっても「BBS製鍛造ホイール」(マットブラック塗装)ですね!
メーカーオプションの新オレンジカラーとの組み合わせが非常に映えますね!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6728.jpg

新採用のハブボルト。オプションのキャップを付けないとこのような感じ。レーシーですね!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6729.jpg


新オレンジキャリパー!従来よりもレッド成分が強くなっています。このカラーならロゴは白文字でも良いのでは?と思いました。しかしかっこいい!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_672a.jpg

スポークの側面の仕上げも大変きれいですね!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_672b.jpg

リヤキャリパーもしっかりオレンジ塗装されています。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6732.jpg


ドアミラー下部は、通常はボディカラーと同色ですが、特別仕様車ではブラックとなっています。
パノラミックビューモニター(PVM)ありの場合はカメラが装着されるようです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_672f.jpg


ソニッククロム、スポットライトの当たり方で色の変化が非常にキレイですね!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_672e.jpg


何度見てもサイドビューのルーフからトランクの流れが美しい!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6751.jpg


特別仕様車でもリヤスポイラー(ピアノブラック)は変化ありませんが、ソニッククロムとのマッチングは良好!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6758.jpg


リアディフューザー部分も変更はありませんが、とにかく新型ISのF SPORTは、リアディフューザーの仕上げの品質が高いですね。

th_lLRdJ45fTECv5M1b4yDLfg_thumb_6736.jpg


テールランプ。ウィンカー部分はいかにも電球でコストダウンが見えるのは残念。せめて日本市場だけでもLEDにしてほしかったですね。

th_CMAVNSGHSvGsBSyrYamz+g_thumb_673b.jpg

しかしこういう角度でみると非常にテールランプはかっこいいですなぁ・・・

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6738.jpg


----------------------------------------------------------

インテリア編


前席は新F SPORTロゴが刻印されたステンレス製のスカッフプレートが目新しいです。
特別仕様車ならではの変更は特にありませんが・・・

th_zkDznHEyS52aYeIPbe7VzA_thumb_6739.jpg


特別仕様車はオーナメントパネルに「アッシュ(オープンフィニッシュ/銀墨)を使用してますが、銀部分は思ったより強くなく控えめですね。(昔、ニッサン フーガであったような銀粉を刷り込ませたものとは全然違いました・・・)
また、パワーウィンドウスイッチパネルの金属加飾がないのは(知ってはいたものの)やはり残念。
なお、前席に関してはインナードアハンドル上部に、控えめなイルミネーションがありました。
しかし肝心のインナードアハンドルの塗装は従来どおり、樹脂感が強いものが採用されていて、ここのアップデートがなかったのは残念。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6740.jpg

特別仕様車は「F SPORT専用本革スポーツシート」を備えていますが、ステアリングの一部にも「アッシュ(オープンフィニッシュ/銀墨)」が使用されています。好みは分かれると思いますが、ブラックの室内にはワンポイントあって私的には好みのアイテムです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6730.jpg

特別感のあるオープンフィニッシュ仕上げのアッシュ材を使用したステアリング!

th_スクリーンショット 2020-11-07 21.59.09.jpg


前席ルームランプはようやくタッチスイッチ式&LED化を果たして一気に質感が向上!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6741.jpg

後席ルームランプも新意匠&LED化されてこのクラスにふさわしい質感となりました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_674b.jpg

センターコンソール部分は、RCと完全に同一になりましたね。従来のISにお乗りの方は結構デザインや使い勝手が改善していることに気づくと思います。
しかし、パネル自体の質感やカラーは変化がないのが残念。このパネルがピアノブラック塗装されればだいぶ変わった感があるのですが・・・
またタッチパッド周辺にはイルミネーションがないのもこのクラスの車としては不満が残るところ。(アームレスト内のコンソールBOXにも照明がない)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6744.jpg


以下は残念なポイントです。
チーフエンジニアの方が動画でコメントされていたように、今回のISは大きく改善した点と変更していない点がはっきりしており、以下はちょっと残念な点で、将来的な改善は可能である部分ですが、おそらく今後も改良されないと思われる部分です。

「フットランプ」
ここは2013年、IS発売時にコストダウンされた点ですが、2021年モデルも残念ながら電球・・・
おーい! という感じですが、このあたりはなんとかならなかったものでしょうか?
(社外品に交換するのは簡単ですが・・・)
これにより、走行中は「ほんのり点灯」しないというのも残念なところ。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_675b.jpg


「ドアカーテシランプ」
こちらも引き続き電球・・・ささいな点ではありますが、兄弟車のRC/RCFはLEDになってるんですけどねぇ。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_675f.jpg


「バニティランプ」も従来どおり電球・・・
まぁ予想通りというところですが、使用頻度が少ないところはコストをかけずあえて換装していないのでしょうね。

th_スクリーンショット 2020-11-07 21.56.52.jpg


「ルーフ/ピラー」素材もコストダウンされて、質感が1ランク下がっています。
手触りが一般的な内装素材に変更されていますね。(こっちのほうが経年劣化しないのかもしれませんが)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6742.jpg

後席ドアトリム&スカッフプレート

前席にある、インナードアハンドルのイルミネーションは後席にはありません。
スカッフプレートも後席にはないですし、必要以上の追加装備を施すなどの改良は行われていないようです。まさに選択と集中でしょうか。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_674a.jpg

----------------------------------------------------------

とはいうものの、今回のISの魅力はとにかくかっこいいエクステリア!
インテリアでは思ったより特別仕様車感はありませんが、特別仕様車の目玉は「BBS製鍛造アルミホイール(マットブラック加工)」でしょうから、このホイールの好きかどうかで大きく好みは分かれると思います。

th_IMG_1032.jpg



----------------------------------------------------------

【ご契約者情報一覧】

全体的に納期が早まる傾向があるようです(変更があった方を「赤字」としています)。
すでにご納車された方も出てきています!

----------------------------------------------------------

【新型IS ご契約/納期予定情報】2020/11/14更新!ver1

th_スクリーンショット 2020-11-14 21.28.22.jpg

----------------------------------------------------------

2020年11月10日

マガジンX 新型レクサスNXをスクープ! クラウン&MIRAI情報も!

ニューモデル「マガジンX」 2020年12月号が発売されました。
今月号の話題は、商標出願状況からも明らかになっているレクサスの主力車種、レクサス「NX」のプラグインHVなどについての記事が!





詳細は是非雑誌を購入してチェックしてみてください!

th_nzQ24fYPRTiAg0CK0c2Txw_thumb_66e8.jpg

「NX450h+」(プラグインハイブリッド)の他、「NX350」、「NX350h」についての予想パワートレーンについても記載されています。
しかし、トヨタ・レクサス陣営ともに、しばらくターボエンジンの刷新はありませんんでしたが、かねてから噂になっていた「2.4L直4ターボ」の登場は本当にあるのでしょうか、楽しみですね。


その他、11月初旬に発表されるトヨタ・「クラウン」マイナーチェンジ情報も。
目玉の12.3インチナビゲーションシステム採用のほか、なんとレクサスのあの車種のホイールデザインを流用?など驚愕の話題や、プラットフォームを一新し、TNGA化とともに駆動方式がFRとなる、「MIRAI」(第2世代目)の詳細スペック情報なども。
これらの技術は、後ほどレクサス車にフィードバックされることも考えられますので注目です。

th_TSsDZI22Ry2ptImrNTvpNQ_thumb_5fe3.jpg

ただ、レクサスIS、LS関係の記事がないのはちょっとさみしいところ。

2020年11月09日

北米webサイトで新型レクサスISの価格や装備をシミュレーションしてみよう!

すでに北米で新型レクサスISが発売、公式サイトが更新されていることを紹介させていただきましたが、実際にどれぐらいの金額になるのか、仕様になるのか見積もってみると面白いと思います。
いわゆる「コンフィグレーター」ですが、レクサス公式サイトでは「BUILD」ボタンから確認することができます。

https://www.lexus.com/build-your-lexus/#!/series/IS/

th_スクリーンショット 2020-10-22 0.45.21.jpg

いきなり、「ZIPコード」(郵便番号に相当?)を入れないといけないのですが、ここは適当に著名な都市のZIPコードを入れても大丈夫です。
たとえば、ワシントンDCのZIPコードは「20008」なのでこれを入力してもOK!

th_スクリーンショット 2020-10-21 23.57.22.jpg


そのあとは「IS300」か「IS350 F SPORT」のどちらかを選んで、ボディカラー、インテリアカラー、オプションなどを順番に選択していきます。

北米では「F SPORT」は「IS350」にしか設定がないので、まずは「IS350 F SPORT」を選択してみます。
そうすると、すっぴん状態の金額は「43,925ドル」と表示されています。
ボディカラーはISとしての新カラー「セレスティアルブルーガラスフレーク(Grecian Water)としています。

th_スクリーンショット 2020-10-21 23.52.28.jpg

しかし、日本でも一番人気の「ホワイトノーヴァガラスフレーク」(Ultra whaite)を選択すると、なんと金額が「44,350ドル」に。
つまりパールホワイト系は「425ドル」の有償オプションなのです!
日本のレクサスでは無償カラーですが、北米では有償オプションということで、価格が上乗せされるという仕組みなのですね。

th_スクリーンショット 2020-10-21 23.59.36.jpg


そして、日本でも人気の高級感ある有償オプションボディカラー、「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」(Infrared)を選択すると、なんと価格が「44,520ドル」に。
つまり、「595ドル」の有償オプションなのです!
日本では、「150,000円」+消費税の有償オプションなので、こちらは逆にかなりお安い価格設定ですよね。(ちなみに、ヒートブルーコントラストレイヤリングも同価格)
・・・ということで、日本の有償オプション価格はかなり高価に設定されている印象が否めませんね。

th_スクリーンショット 2020-10-22 0.02.36.jpg


そして「F SPORT」のインテリアカラーですが、日本と同様、北米では「ブラック」、「ホワイト」、「フレアレッド」の3色が選択可能です。
しかし、実はボディカラーに制約があり、「フレアレッド」は、「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」や「セレスティアルブルーガラスフレーク」との組み合わせはできません。(ホワイト、ブラックはどのボディカラーとも組み合わせ可)

th_スクリーンショット 2020-10-22 0.08.52.jpg


メーカーオプション(PACKAGE)については選択肢が少ないですが、以下の主要装備を加えると「52,870ドル」となります。
これでもずいぶん日本の「IS350 F SPORT」の価格とはかなり差がありますよね!

・ナビゲーシヨンパッケージ(1,670ドル)
・ダイナミックハンドリングパッケージ(4,200ドル)
・フル3眼ヘッドランプ(1,250ドル)
・パノラミックビューモニターセット(1,400ドル)

th_スクリーンショット 2020-10-22 0.19.14.jpg


ディーラーオプション(ACCESSORIES)については日本とずいぶん仕様が異なりますが特徴的なのは以下のオプションでしょうか?

■キーケース(F ロゴ) 25ドル

シンプルなデザイン。本革ではなく合皮ですが、耐久性に優れます。
お手軽価格なので日本でもぜひ設定してほしいところ。

72d0fdfe196b850eb632ef3243ce7e68560685415b16645779b8e8b169505615_Lexus-IS-fsport-key-gloves-accessories-768x710_BYL.png


■スカッフイルミネーション 425ドル

ロゴがきらりと光るイルミネーション。写真ではLEXUSロゴですが、表記を見る限りどうやらF SPORTロゴらしい?
日本でもぜひ設定してほしいところです。

65ff1f0be252e0ae6d316fa47355ed1a38e518c8_illuminated-door-sills-byl-768x710-ACC016.png


なお、先日の記事でも紹介しましたが、コンフィグレーターで見る限り、日本市場とは異なり「本革シート」はやはり存在しません。(合成皮革のL-texのみ)

20200616_04_13_s.jpg

また、インテリアパネルの「F SPORT専用サテンクロム」も北米では存在しません。

th_DahHMqE4SRKIfxX7noL0Xw_thumb_668f.jpg

・・・というわけで新型ISで「F SPORT」を選択される方は、「本革シートセットオプション+サテンクロム内装」だと、北米にはない仕様ですので密かに満足度があがるかもしれません!

新型ISの日本発表まで待ちきれない方はぜひ北米のコンフィグレーター(BUILD)をチャレンジしてみてください!

https://www.lexus.com

2020年11月04日

レクサス新型IS ひと足お先に北米で発売!オーナーは要チェック!

新型レクサスIS、日本でも超極秘ですでにバックヤードに入庫している販売店もあるようですが、正式発表の11月5日まではヴェールにつつまれたまま・・・

th_vboQzVMHT0Szn1Da3EByxw_thumb_66e7.jpg



さて、北米ではついに「IS」が発売、公式サイトがリニューアルされています。
新型ISをご検討されていらっしゃる方、すでにご契約された方は北米の公式サイトをぜひチェックしてみてください!

https://www.lexus.com/models/IS


カラーシミュレーションももちろんできます!

▼ISとしては新色の「セレスティアルブルーガラスフレーク」

large-1-3.jpg


▼新カラー ソニックイリジウム(+ BBS鍛造ホイール)

large-2-2.jpg

▼定番カラー ホワイトノーヴァガラスフレーク (+ F SPORT標準ホイール)

large-3.jpg



▼初公開? 「ダークローズ」内装(標準、"version.L"専用カラー)
 なんと、ダッシュボード下部やドアトリムやセンターコンソールサイド、前席シートバックが「ブラック」!

large-2-3.jpg

▼「フレアレッド」内装 (F SPORT専用カラー)
 こちらは既報通り、ダッシュボード下部やドアトリムなども「レッド」で鮮やかなカラー。

large-2-4.jpg

▼「ホワイト」内装 (F SPORT専用カラー)
 ダークローズの部分を「ホワイト」にした感じですね。こちらはあくまでも「L-tex(合成皮革)」仕様のカラー配置となりますので、メーカーオプションの「本革シートセットオプション」の配置とは異なる可能性があります。

large-2-5.jpg


なお、北米仕様はだいぶ割り切った商品展開となっており、たとえば日本でいう"version.L"に相当するグレードは存在しません。また、「セミアニリン本革」や「F SPORT本革シート」に相当するものもなく、全車「L-tex(合成皮革)」シートのようです。

ISはスポーツセダンということもあり、ノーマル仕様かF SPORTかの2グレード展開。

一方、「3つのエンジン」、「3つのグレード」から選べ、シート素材も豊富な日本市場は優遇されているといえます。(その分価格も高めですが、MCからの値上げがないことを考えれば十分でしょう)欧州ではこの新型ISはそもそも導入されませんし・・・。


以下、北米でのパッケージオプションです。


■コンフォートパッケージ (IS300専用、1950ドル)

日本市場でいう"version.L"は存在しませんが、このオプションで一部快適装備がアップグレードされます。
ただし、シート素材は変わりません。

th_スクリーンショット 2020-10-19 21.39.46.jpg

・ステアリングヒーター
・ムーンルーフ
・シートヒーター&ベンチレーション機能
・ブラックジオメトリーフィルム(インテリアパネル)



■ナビゲーション・パッケージ (全グレード 1670ドル)

北米ではナビゲーションシステムはオプションです。しかし安いですね・・・

th_スクリーンショット 2020-10-19 21.49.42.jpg

・10.3インチナビゲーションシステム&リモートタッチ


■プレミアムオーディオパッケージ (全グレード 2750ドル)

上記のナビとマクレビをセットにしたもの。
なんとマークレビンソンがわずか「1080ドル」の追加で済みます。なんと日本の半額程度ですね・・・この価格なら付けたいという方も多いのでは。   

th_スクリーンショット 2020-10-19 21.46.47.jpg

・マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム
・10.3インチナビゲーションシステム&リモートタッチ


■F SPORT ダイナミックハンドリングパッケージ (4200ドル〜3800ドル)

日本でいうF SPORTの「限定車 ”Mode Black"」近似仕様ですが、この価格の安さにも驚きですよね。

th_スクリーンショット 2020-10-19 21.52.57.jpg

・ドライブセレクトモード(Sport S+ and Custom)
・ステアリングヒーター
・AVS
・19インチBBS製鍛造ホイール
・カーボンリヤスポイラー
・トルセンLSD(AWDは非装備)
・アッシュ(銀墨)インテリアパネル
・カードキー



その他、以下のオプションについては逆に日本よりずいぶん高価な設定です

・3眼フルLEDヘッドランプ(1250ドル)
・パノラミックビューモニター(1400ドル)


さて、ご契約者一覧ですが、納期が少しずつ確定した方も出てきています。
最新情報では、やはり増産が効いているのか(特にハイブリッドの「IS300h」)先週末時点(10/17〜18頃)でご契約の方でもIS300hであれば「2021年2月頃」の納車見込みとなるようですので、8月〜9月にご契約された「IS300h」オーナーの方はこれより納期が早まるかと思います。

一方、特別仕様車「F SPORT Mode Black」はまだまだ納期未定の方が多く、なんとすでに2021年度生産枠も終了しているとのこと!正式発表後だと特別仕様車の納車時期は1年を超えることが予想されます。

----------------------------------------------------------

【新型IS ご契約/納期予定情報】2020/10/19更新!ver1

th_スクリーンショット 2020-10-19 22.06.48.jpg

----------------------------------------------------------

2020年10月18日

新型レクサスIS 特別仕様車「Mode Black」納期が未定に?

新型レクサスIS、ついに愛知エリアにおいて、積載車で工場から運び出されている姿が目撃されるなど、正式発表の11月5日以前に販売店の車庫など新型ISを見かけることができるかもしれません。
(すでに一部販売店でひっそり見れた販売店ありとの噂あり!)

th_ZACmSWzy.jpg-medium.jpg
<画像提供 @oriba080さん https://twitter.com/oriba080?s=20 )

標準グレード(上部)、version.L 仕様のホイールが確認できます。

しかしながら、かねてから話題となっていた、お買い得仕様の「新型IS F SPORT Mode Black」に関しては、ご契約車さまの情報からも、年内納車の方はほんのごく一部のようで、大多数の方は「納期未定」または「2021年4月以降」の納期となっている模様です。
当初は納期予定が「11月、12月頃」予定とされていた方が「納期未定」に変更となったとのコメントが複数見受けられます。

----------------------------------------------------------
【新型IS ご契約/納期予定情報】2020/10/15更新!ver1

th_スクリーンショット 2020-10-15 22.08.39.jpg


↑クリックで高解像度版に拡大します
*いただいたコメントを元に集計しております。
 追加・訂正・削除などございましたら再度コメントいただければ幸いです。
----------------------------------------------------------

現在情報をいただいた「41台」のうち、IS300特別仕様車が「10台」、IS350特別仕様車が「4台」。
つまり、全体の「約35%」が特別仕様車という高い比率となっています。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_66a8.jpg

納期遅延の要因としては、日本での予想以上の「新型IS」(特別仕様車)自体の人気に加え、主力の北米でラインナップされる「IS350」”F SPORT”において設定される見込みのパッケージオプション、「Dynamic Handling Package」の存在が挙げられます。
皆様御存知のとおり、北米での主力モデルはIS350ですし、F SPORT自体、IS350にのみラインナップとなっています。
そして、パッケージオプションの「Dynamic Handling Package」(DHP)を装着することで、マットブラックのBBS製鍛造ホイールなどがセットされます。


th_2021_Lexus_IS_350_F-Sport_Ultrasonic_Blue_Mica_2.0_059.jpg


<DHP追加装備>
 ・19-inch forged-alloy BBS wheels finished in matte black(BBS製鍛造アルミ)
 ・ Torsenレジスタードマーク limited slip differential (トルセンLSD)
 ・drive select mode Sport S and Sport S+(ドライブセレクトモードS+)
 ・carbon-fiber rear spoiler(カーボンリヤスポイラー)
 ・Lexus Smart Access Card Key(カードキー)

2021_Lexus_IS_350_F-Sport_Infrared_050-2048x1365.jpg

ホイール1本あたり「4ポンド=約1.8kg」の軽量化が図られるとニュースリリースでは記載されていますので、バネした重量の削減とレーシーなイメージのマットブラックホイール装着車は北米でも人気なのでしょうね。


BBS製鍛造ホイールの納期遅延はレクサスの「F 」モデルで過去なんどか発生していましたが、その製造工程上と工場のキャパシティを考慮すると、製造できる数量に限りもあるため大規模な増産体制も望めません。

ハイブリッドモデルの「IS300h」には特別仕様車の設定がないだけにここまでの人気となるとは開発陣も想定外なのでしょうが、実車も見ずにご契約された方のマインドを冷やさないよう、メーカーには継続的な情報提供や少しでも納期が早くなるような改善策や日本市場への割当増などの対応を図っていただきたいところです。

2020年10月06日

新型レクサスIS 特設サイトが一般公開!&契約者さま情報(10/4版)

レクサスISご契約者さまに先行配信されていた情報が特設サイトとして一般公開されています。
試乗インプレッション、新型車の改良ポイント、デザインインプレッション編となかなかのボリュームで、開発陣自ら語る内容は見ごたえがあります。
その内容はまさに今後ISを検討される方に興味を引く内容となっていますので、ご検討中の方はぜひ視聴をおすすめします。

https://lexus.jp/models/is/secret/


■試乗インプレッション編




この動画ではリアウィンカーのバルブが点滅している状態が確認可能です。

th_スクリーンショット 2020-10-03 8.58.12.jpg

ご契約者さまからの情報でも新カラー「ソニッククロム」の人気が高いようですが、この動画でもソニッククロムの”F SPORT”が活躍しており、イメージカラーとして大きくPRされています。

th_スクリーンショット 2020-10-03 9.00.44.jpg


■新旧IS比較編



しっかり、パワートレーンはキャリーオーバーしていることを最初に伝えていることは好印象。
よく動くサスペンションが注目ポイントとしてあげられています。

th_スクリーンショット 2020-10-03 9.43.58.jpg

ドアミラーの位置を少し下げてサイドの視界を確保しているという情報もありますね。
LCから採用されている新意匠ミラーは視界の確保がしやすいことも特徴といえます。

th_スクリーンショット 2020-10-03 9.06.54.jpg


■デザインインプレッション編




フロント、サイド、リヤ、それぞれのこだわりポイントを丁寧に解説しています。
私的には特にサイドビューの4ドアクーペ的なシルエットが好みです。乗降性などは多少犠牲になっているものとは思いますが、ルーフからトランクにつながるきれいなラインは数あるスポーツセダンの中でも際立って美しいのではないでしょうか。

th_スクリーンショット 2020-10-03 9.21.09.jpg


実は今まで実車でテールランプが一文字にキレイに光った映像は少なかったですが、この動画では堪能できます。
これは確かに夜の状態が楽しみですし、ひと目で新型「IS」と識別できますね!

th_スクリーンショット 2020-10-03 9.24.09.jpg

デザインスケッチも確認できます!

th_スクリーンショット 2020-10-03 9.30.02.jpg


前期ISをお乗りだった方で他のブランドをご経験された方もいらっしゃると思います。他のブランドの良さも経験された方が再びこの新型ISにお乗りになり、確実な進化を感じ、そして魅了される。そんな1台に仕上がっていることを期待したいです。

th_スクリーンショット 2020-10-03 9.10.57.jpg


----------------------------------------------------------
【新型IS ご契約/納期予定情報】2020/10/4更新!ver2

th_スクリーンショット 2020-10-04 22.58.50.jpg

↑クリックで高解像度版に拡大します
*ラインオフ日の項目を独立させました
*いただいたコメントを元に集計しております。
 追加・訂正・削除などございましたら再度コメントいただければ幸いです。
----------------------------------------------------------


今後ご契約情報をいただける方は以下のフォームにのっとりコメントいただければ幸いです。
データは定期的に更新させていただきたいと思います。

特に特別仕様車の納期が長期・または未定の状態のようですが、少しでも早く皆様に納車されることを心より祈念しております。

----------------------------------------------------------

■新型ISご契約情報ご報告フォーム

・車種   [IS300h・IS300特別仕様・IS300・IS350特別仕様・IS350]
・グレード [標準・"version.L"・”F SPORT”]
・契約日
・ラインオフ日
・納期予定日
・ボディカラー
・内装カラー
・コメント等

----------------------------------------------------------

プレカタログ・見積もり例などはこちら

【YouTube】新型LEXUS IS (2021 MCモデル)プレカタログ解説+価格見積りなど


2020年10月05日

北米で新型レクサスISニュースリリース! & ISご契約者さま納期情報(10/1)

2020年9月30日、最大市場である北米において、新型レクサスIS(MCモデル)のニュースリリースが行われました。
価格もあわせて発表され、毎度のことですが、その日米価格差には驚かざるを得ません。

https://pressroom.lexus.com/vehicle/2021-lexus-is/

2021_Lexus_IS_350_F-Sport_Ultra_White_044-scaled.jpg


価格ですが、「IS300」が「39,000ドル〜」と驚異的な価格。
もちろん、日本とは異なり消費税などの諸税は含まれていませんし、「ナビゲーションシステム」などがオプションであることを考慮しても「安い!」と思わせる価格。詳細なパッケージオプションはまだ不明ですが、「本革シートセット」や「マークレビンソンオーディオシステム」なども日本市場より大幅に安い価格であることが推測されます。

スクリーンショット 2020-10-01 21.57.25.png


ただし、日本市場がすばらしいと思うのが、3種類のパワートレーン(IS300、IS300h、IS350)を擁すること、そして人気の”F SPORT”がどのパワートレーンでも選べることでしょうか。(特に日本では「IS300h」が選べるのが大きいですね!)

2021_Lexus_IS_350_F-Sport_Ultrasonic_Blue_Mica_2.0_059-scaled.jpg


なお、上記ニュースリリース先には高解像度の新たな画像も公開されています。
特に、日本では特別仕様車に装着される「BBS製 19インチ鍛造ホイール」と、MOPのオレンジブレーキキャリパーを装着しない場合の組合わせが高解像度で確認できますので要チェックですね!

2021_Lexus_IS_350_F-Sport_Ultrasonic_Blue_Mica_2.0_060-600x400.jpg


さて、先般募集させていただきました、新型レクサスISのご契約者さまの情報は、ありがたいことに、早速30名超のコメントをいただき、新型ISの予想を超える人気ぶりに驚かざるを得ません。

現時点で特徴的なのが、その”F SPORT”率の高さ
やはりそのスタイリッシュなデザインとFRスポーツセダンということで”F SPORT”人気の高さが伺えます。
そして、高品質なセミアニリン本革や本杢ステアリングなどを擁するラグジュアリーグレード、”"version.L"を選択された方は、絶対数は多くありませんが、皆さん「オーカー」を選択されているということ。プレカタログでも大きくPRされている、ダッシュボードやドアトリム部分にも及ぶ「2トーン」の内装の魅力でしょうか。

th_IMG_0497 2.jpg

【新型IS ご契約/納期予定情報】2020/10/4更新!ver2

th_スクリーンショット 2020-10-04 22.58.50.jpg


↑クリックで高解像度版に拡大します
*ラインオフ日の項目を独立させました
*いただいたコメントを元に集計しております。
 追加・訂正・削除などございましたら再度コメントいただければ幸いです。
----------------------------------------------------------


今後ご契約情報をいただける方は以下のフォームにのっとりコメントいただければ幸いです。
データは定期的に更新させていただきたいと思います。

特に特別仕様車の納期が長期・または未定の状態のようですが、少しでも早く皆様に納車されることを心より祈念しております。

----------------------------------------------------------

■新型ISご契約情報ご報告フォーム

・車種   [IS300h・IS300特別仕様・IS300・IS350特別仕様・IS350]
・グレード [標準・"version.L"・”F SPORT”]
・契約日
・ラインオフ日
・納期予定日
・ボディカラー
・内装カラー
・コメント等

----------------------------------------------------------

プレカタログ・見積もり例などはこちら

【YouTube】新型LEXUS IS (2021 MCモデル)プレカタログ解説+価格見積りなど



新型レクサスIS(IS350 AWD) 海外実車レビュー サウンドがいい!

北米では実車が徐々に公開されているレクサス新型IS。

日本国内ではIS300hとIS300が主力車種となりますが、北米ではIS300hは販売されないため、IS350/IS300が販売されるようですが、今回紹介する動画はIS350のAWD仕様。日本には導入されない仕様ですが、AWDのため、トランスミッションは8速ではなく6速を搭載している模様。

----------------------------------------------------------

【YouTube動画】2021 Lexus IS 350 – POV First-drive Review



----------------------------------------------------------


日本とは環境が異なりますが、V6/3.5L 2GRはやはり名機ですね〜
動画後半では、しっかりとエンジンを回してくれているので2GRサウンドが堪能できます。
Mモードでのスピードメーターの動きとサウンドのリンクが心地よいですね!

th_スクリーンショット 2020-09-26 10.45.30.jpg


さて、評判の良いデザインに関しては「IS350」と認識できるのはリヤのエンブレムのみとなっています。
フロントデザインについては全車共通で、とても安心して見ることのでできる非常に格好良いデザインですね。

th_スクリーンショット 2020-09-26 10.55.35.jpg


分割したり、でこぼこだったりした異型のヘッドランプから決別し、新型RXのような王道の吊り目型のヘッドランプに回帰しましたが、結局このタイプが一番かっこいいように思います。また、3眼ヘッドランプの四角いLED光源も目新しいです。

th_スクリーンショット 2020-09-26 10.33.04.jpg


最初に公開された大型のリヤクォーターの大型ステンレスモールは車格感があがった感じがして新型ISで「いいな!」と思う部分の一つです。

th_スクリーンショット 2020-09-26 10.37.53.jpg


ピアノブラックに塗装されたリヤスポイラーの形状がよくわかります。
今までにない形状で好みが分かれるかも知れませんが、純正としてはなかなかアグレッシブな形状ですね。

th_スクリーンショット 2020-09-26 9.21.17.jpg


トランクの開閉については、レクサスRCで搭載されていた「フルオープン機構」が導入されたようです。
ワンタッチでフルオープンになるようです。(前期、中期ISでは非搭載だったはず)
ただし、閉じるときのオートクローズ機能はありません。(GSオーナーからの乗り換えだとMOPでの設定がほしかったように思います)

th_スクリーンショット 2020-09-26 9.26.25.jpg


リヤバンパーロアガーニッシュはピアノブラックで塗装されているのが「F SPORT」の特徴ですね。
無塗装樹脂パネルがほぼ見当たらないので大変見栄えが良いです。

th_スクリーンショット 2020-09-26 10.42.04.jpg



フロント席に関してですが、動画でインプレッションされてる個体は、フレアレッド内装。
日本でのモータージャーナリストの試乗会ではなかったカラーリングなので新鮮です。ドアトリムオーナメント表皮の「エンボス加工」が見当たらないと一瞬思いましたが、光の加減で実際はしっかり入っているようです(が、結構彫りが控えめな軽いエンボス加工のようです)


th_スクリーンショット 2020-09-26 10.11.09.jpg


角度を変えるとしっかりエンボス加工が!
しかし、パワーウィンドウスイッチパネルはやっぱり加飾なしで確定ですかね・・・

th_スクリーンショット 2020-09-26 10.30.09.jpg

リヤ席に関してはほぼ変更がない模様。しかしフレアレッドの樹脂パネルは斬新ですね!(個人的には好みです)
ドアトリムのエンボス加工は見えない・・・角度の問題?

th_スクリーンショット 2020-09-26 10.03.33.jpg


動画でも触れられていますが、センターコンソール後部のエアコン吹出口付近およびリヤのセンターアムレーストには、現代モデルではほび必須となりつつある、USB充電端子や、アクセサリーソケットなどの装備がありません。
走りには全く関係のない装備ではありますが2021年の新型車として考えると不満の残る点かと思います。
カスタマイズ志向の方は、後付のUSBソケットを前席から引き込むことで対応は可能ですが。

th_スクリーンショット 2020-09-26 10.05.58.jpg


操作系に関してですが、北米仕様ではウィンカーレバーを入れると3〜5回程度ウィンカーが点滅する「ワンタッチウィンカー」(ユーロウィンカー)が標準搭載されているようです。日本市場のレクサス車では未導入ですが、トヨタ/ヤリスから搭載されているので、今後の導入はあり得るかもしれません。
(個人的には3回では短いので5回を希望)

th_スクリーンショット 2020-09-26 10.17.47.jpg


ADAS関係では、IS初採用となるレーンキープ機能(LTA)は、車線がしっかり認識できる範囲ではしっかり追従走行ができていますが、車線が拡張したり白線が一瞬消失するような状況ではレーンをはみ出す挙動が生じていますので、まだまだ完璧な装備ではありません。(上記動画では10分20秒前後)
しかし、かつてのレーンキープアシスト(LKA)に比べると実用性のある機能になっている模様。

th_スクリーンショット 2020-09-26 10.24.51.jpg

日本での新型レクサスIS発表まではまだ1ヶ月超の期間があります。
東京都でも「GO TO」解禁がアナウンスされましたが、感染対策をした上での限定公開ぜひお願いしたいところ。
ご契約者向けの専用サイト優先でさらなる情報解禁を勧めていただくと、オーナーの方の満足度も高まりそうですね。

2020年09月27日

【朗報】新型レクサスIS 増産が確定した模様!ただし特別仕様車は・・・

今巷で話題のレクサス新型ISの話題。
新型レクサスIS、現時点では既存オーナーを中心とした販売活動がひっそりと行われていますが、一部の販売店ではISの「プレカタログ」が既に配布終了となるなど注目度の高さは販売店やメーカーの予想を超えているようです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_66a9.jpg


なお、新型ISについては、既に半年(2021年4月)を超える納期待ちとなっていましたが、つい先日「増産」が確定したそうです!

8月末までにオーダー済の方については概ね「2020年11月下旬〜1月」には納車される見込みとのこと。
ただし、特別仕様車(”F SPORT Mode Black")に関しては、納車予定日はまだ不透明な模様です。

現時点の情報ではパワートレーンによる納期遅延ではなく、「特別仕様かどうか」で納期に差が出ているようです。

ということで、プレカタログをまだお持ちでない方向けに(今更ですが)ポイントを勝手に動画解説してみましたので、未閲覧かつお時間に余裕がある方はご参考いただければ幸いです。

----------------------------------------------------------
【YouTube】
新型LEXUS IS (2021 MCモデル)プレカタログ解説+価格見積りなど




----------------------------------------------------------


ご契約者の方の納期が少しでも短縮することを祈念しております!
そして、限定公開でもいいので早く実車お披露目をお願いしたいですね〜!




2020年09月10日

新型レクサスIS 開発者インタビューなかなか面白い!(山本シンヤ氏


初期オーダーがかなり多くなっていると噂の新型ISですが、2020年9月2日、貴重な「開発車インタビュー動画」が新たに公開されています。
自動車研究家、山本シンヤ氏による チーフエンジニア「職人:小林氏」へのインタビューは受け答えも含め、聞いていて面白いですね。

th_スクリーンショット 2020-09-02 20.10.54.jpg

【YouTube】「新型ISは、進化と言うより刷新!!」チーフエンジニアの小林直樹さんに聞いてみた。【自動車研究家 山本シンヤの現地現物】




・なぜマイナーチェンジなのか

・なぜデザインをここまで変えたのか

・内装の改良を控えめにした理由は

・エアコンレジスターを変更した理由は

・ばね下を軽量化した理由

・ハブボルトに変更した理由

・プラットフォームを現行通りとした理由

・LDHを廃止した理由


なかなか聞きにくいことも切り込んでインタビューされているのが好印象!

ちょっと苦しい回答もありますが、ここ数年のレクサスの改良の中でもまさに「選択と集中」にこだわったといえるのがこのクルマの特徴。
デザインの評判は非常に高いですが、モータージャーナリスト各位から、走りも「激変」と評されている、新型レクサスISを検討中の方はぜひご視聴を!

2020年09月08日

新型レクサスIS 初期オーダー終了、納期はどうなる?

販売店からメーカーへの初回オーダーが完了した新型レクサスIS。

先行発注の方の納期目安は「9月上旬」以降判明の模様ですが、発売は「11月5日」以降ですから最速の方で「11月中旬〜下旬」頃でしょうか?
これから注文される方の納期は確実に年明けとなると思われますが、将来的なリセールバリューを考えると年明け納車の方が有利とも考えられます。

※すでに納期が「来年3月頃」になっているとのコメントもいただきました。今後生産調整が行われると思いますが初期オーダーが想定より多いのかも知れません。また、グレードや車種により納期差がある可能性がありますね。
判明次第レポートさせていただきたいと思います。

20200616_04_06_s.jpg


現時点では特別仕様車「F SPORT Mode Black」に注目が集まっているようですが、実際の受注割合も気になるところです。
気になるのは、「BBS製鍛造ホイール(マットブラック塗装)」の納期でしょうか。このホイールの供給がうまく行けばいいのですが。

th_スクリーンショット 2020-06-16 20.13.19.jpg


さて、新型ISですが、あまりにも情報がないので、モータージャーナリストの試乗動画等を閲覧して改めて気づいた点をざっと上げてみました。


■リヤウインカーは電球で確定

 点灯画像は見えませんが、モータージャーナリスト島下泰久氏の試乗動画で、リアウィンカーが電球であることが確認できます。

【YouTube】世界最速試乗!レクサス IS 300h F SPORT by 島下泰久




静止画では明らかにオレンジ色のバルブがクリアレンズの奥に見えます。500万円を遥かに超える新型車でリアウィンカーが電球の車を見つけるのは難しいかもしれません。もっとも、走行性能にはなんら問題はありませんが・・・

th_スクリーンショット 2020-08-30 9.40.52.jpg


■ルームランプはタッチスイッチ式にアップデート

プレカタログ(リーフレット)では、特に記載がありませんが、RC/NX以降採用されているLEDのタッチスイッチ式にアップデートされているようです。
現行ISでコストダウンを感じる部分でしたのでこれは嬉しいですね。
ただしルームミラーはRCやLCで採用しているスタイリッシュな「フレームレス」タイプではないようです。

th_スクリーンショット 2020-08-30 9.55.50.jpg


■ハブボルト式への変更による従来のホイールとの互換性

モータージャーナリスト清水和夫氏の動画の中「今まで変更をしなかったのか」という問いに対し、開発主査が以下のように回答しています。
推測するにPCDが「114.3」から、LSやLCのように「120」に変更されている可能性もありそうです。

 ・信頼性に自信が持てなかった
 ・ずっとこれでやってきたから
 ・今までのホイールが使えないから
 ・今後のレクサス車もハブボルトへ変更予定


【YouTube】レクサスIS プロイトタイプ 速報!! 熟成の新型(マイナーチェンジ)【新車試乗】2/2




ちなみに、ボルトはこういう仕様のようですね。
見た目は輸入車で使用されているものと同じに見えますが・・・

th_スクリーンショット 2020-08-30 10.21.34.jpg

ボルトはしっかりブラック塗装されているようですが、むき出しのようですから、ディーラーオプションに設定されているキャップを装着するのも良さそうです。また、アフターパーツメーカーから「チタン製ボルト」などが出てきそうですね。

th_スクリーンショット 2020-08-30 10.21.54.jpg


■重量増は10kgに留まる

プレカタログ(リーフレット)には記載のない車両重量は、広報用に公開されたようで例えば、IS300h F SPORTは現行モデルより「10kg増」。
足回りを中心に軽量化を図った新型ISですが、F SPORTモデルに関しては「19インチホイール」を装着したことで、最終的には若干重量増加となっているようですね。

th_スクリーンショット 2020-08-30 9.48.39.jpg


■「レクサスクライメイトコンシェルジュ」がない

試乗動画であらためて気づいた点ですが、「シートヒーター/ベンチレーションスイッチ」に「AUTO」がありません。
これは、レクサスクライメイトコンシェルジュ機能がないことを示しています。
エアコンやシート空調、ステアリングビーターを統合制御する「レクサスクライメイトコンシェルジュ」は、かつては「LS・GS」などのハイクラスのクルマ用の装備でしたが、その後新型RXへの採用、そして第3世代レクサスでは「LC」、「UX」、「ES」へ採用するなど幅広い車種に採用されていますが、フルモデルチェンジを実施していないレクサスNX、RC、そして今回ビッグマイナーチェンジをする「IS」でも設定はありません。
レクサスGSから乗り換えされる場合はネックになる部分といえます。
完璧な制御をするわけではありませんが、意図せず自然に空調が統合制御されているのは季節の変わり目などで特に気持ちの良いものです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_637b.jpg


■イルミネーションも消滅か?

最近のレクサス車のインテリア上の課題とも言える「室内イルミの少なさ」に関しては新型ISも期待できなそうです。
今回のマイナーチェンジに伴い、「RC」とセンターコンソール、シフトパネル周りを共通化していますが、同時にそれはイルミネーション機能がないことになります。ドアトリムにもイルミはありませんし、カップホルダー、リモートタッチ周りにもイルミはないでしょう。
もっとも、LEDルームランプ/スポットランプはあるのですが・・・

th_スクリーンショット 2020-08-30 20.52.57.jpg


新型IS発売まであと2ヶ月・・・
レクサスISについては新情報が全然入ってこない状態ですが、新型レヴォーグのようにぜひ先行展示を実施してほしいところですね・・・
もう少し試乗動画や試乗レポートが出回るかと思ったのですが・・・

th_スクリーンショット 2020-08-30 20.18.05.jpg

2020年08月23日

新型レクサスISは熟成された玄人好みの1台か?

新型レクサスISに関する試乗レポートが続きますが、どのレポートを見ていても、新型ISは劇的な進化を遂げたというよりは、熟成された素材を職人がこだわりを追求して改良した「玄人好みの1台」であるということではないかと感じます。

th_SCN1596250830324.jpg


カー雑誌「GENROQ」web版でのレポートは、CG編集長の渡辺慎太郎氏。
最近少なくなってきたインテリジェンス感あふれる記事は大変読み応えあります。なお、今回のレポートでも「IS300」の評価が高いようです。

https://genroq.jp/2020/08/13/87343/


<以下引用>
----------------------------------------------------------

「従来型のISに乗った経験がある人が新型を試したら、おそらく「なんとなく全体的によくなったかな」という第一印象を持たれるだろう」

「新型は「自分の足の形状に寸分違わずピッタリ合った靴を、きちんと靴紐を締めて履いている」ような感覚である。

----------------------------------------------------------

GQW_Lexus_IS_shintaro_081222.jpg



上記レポートでは、以下の点が判明します。

■(F SPORT)車両重量が従来比「+10kg」

  →ホイールを19インチに変更し、ボディ剛性強化パーツを盛り込んでこの重量増にとどめたのは、凄いですね。

GQW_Lexus_IS_shintaro_081225.jpg
https://genroq.jp/2020/08/13/87343/gqw_lexus_is_shintaro_081225/


■(IS300h)ハイブリッドバッテリーは「ニッケル水素」

  →パワートレーンは変更されていないので引き続きニッケル水素を。
  しかし、「ES300h」がリチウムイオン化で重量も、燃費も効率化されたので、ISも「もし換装されていたら・・・」と感じますね。

th_スクリーンショット 2020-08-15 12.18.29.jpg
https://lexus.jp/models/is/features/hybrid_drive/


■全高は5mm高くなっているが、ヘッドライト、Cピラー、トランク上部の付近は43mm、15mm、31mm低くなっている

  →ボディサイズが全般的に大きくなっていますが、すべてスタイルの変更にあてられ、全体的「ワイド&ロー感」が強調。
   昨今の居住性を重視したSUVやミニバンなどとは真逆の進化です。

GQW_Lexus_IS_shintaro_081230.jpg
https://genroq.jp/2020/08/13/87343/gqw_lexus_is_shintaro_081230/


レポートの最後の締めくくりは以下のフレーズ。

<以下引用>
----------------------------------------------------------

洗練や熟成や成熟という言葉が新型ISには相応しいものの、前述のように従来型から劇的に様変わりしたわけではない。一方で、新型ISに試乗していろんな場面で改善の痕跡を見つけられたとしたら、相当の運転スキルと解析能力をお持ちだとお見受けする。しいていえば新型ISは“玄人好み”のコンパクトスポーツセダンかもしれない。

----------------------------------------------------------


なるほど・・・
現時点でのさまざまなメディアのレポートや、リーフレットを見る限り、新型ISにはみんなが「おおっ!」と点はありません。
マイナーチェンジの記者発表をしても一般的な全国紙やTVメディアに取り上げられることはないでしょう。

「安全装備」はようやくこのクラスの標準レベルに到達したのみで抜きん出たものはありません。

「燃費」や「環境性能」も従来モデルと比べても進化は見られず、カタログ見栄えのある変化はわずか。

「自動運転技術」や「電動化技術」は(求められていないでしょうが)進化なし。

「華美なイルミネーション」はまったく見当たらず。

「快適装備」もほとんど変更なし。 (UXにも装備されている”レクサスクライメイトコンシェルジュ”が非搭載なのは残念)

ボディサイズ拡大にもかかわらず、「居住性」には変化なし。

「乗り心地」の良さ「静粛性」の強化など高級セダンの指標である「わかりやすい進化」も見受けられない。


限られたコストで徹底的に手が入れられたのは「外観のデザインとボディ構造・足回りなど目に見えない部分」が中心。

当初、「廃止されるGSユーザーをも視野に入れた快適性向上のためのマイナーチェンジ」と予想する声が多かったですが(私自身もそう考えました)、結果的には従来の「IS」の路線から変わらずマニアックとも思える改良となったのは意味驚きでもあります。


レクサスでは「指名買い」ではなく、セールスマンのコンサルティングを受けて自分にあった車を選択される方も多いと聞きます。
しかし、新型「IS」は今の時代のムーブメントに迎合した改良ではなく、「ISの方向性はかくあるべき」とこだわって開発された方向性やデザインに共感された方が「指名買い」する1台であり、レクサス車でも特徴のあるクルマとなりそうな予感がします。

GQW_Lexus_IS_shintaro_081220.jpg
https://genroq.jp/2020/08/13/87343/gqw_lexus_is_shintaro_081220/

2020年08月14日

レクサス新型IS 2種類の新ボディカラーとシート素材、新パネルをチェック!

新型ISでは既報の通り2色の新ボディカラーが採用されます。

まずは「ソニッククロム」<1L1>
新型ISリーフレットの表紙を飾るイメージカラーの1つです。
9月改良の「RC/RCF」で先行導入されますので、IS専用カラーではなく、今後他のレクサス車にも続々採用される模様です。

20200616_04_23_s.jpg


カラーサンプルを見ると、色合い的には「マーキュリーグレーマイカ」とほぼ同系統。
マーキュリーグレーマイカは少し「紫」っぽさがありましたが、それを抜いた感じでしょうか。

▼左が「マーキュリーグレー」、右が「ソニッククロム」

th_zXrkyfRqQhKAQ3u8SUrp2w_thumb_6593.jpg


もう一つの新カラー、「ソニックイリジウム」<1L2>

こちらは青白系かとおもいきや(と私は思っていた)実際は、「プラチナムシルバーメタリック」に近似のシルバーです。
現時点ではレクサスIS専用カラーですが、ほどなくして他車種にも採用されそうな雰囲気ですね。

▼左が「プラチナムシルバーメタリック」、右が「ソニックイリジウム」

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6598.jpg

もうひとつ、プレミアムクラスの車を中心に設定されている「ソニックシルバー」との比較
ソニックシルバーは金属感があり、非常に粒子が細かいですが、ソニックイリジウムは結構ガラスフレークのキラキラが目立ちますね。

▼左が「ソニックシルバー」、右が「ソニックイリジウム」

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6594.jpg

ということで、「ソニッククロム」、「ソニックイリジウム」は、それぞれ「マーキュリーグレーマイカ」、「プラチナムシルバーメタリック」かなり近い色合いとなっているといえます。

----------------------------------------------------------

カラーサンプルといえば、「シート内装のサンプル」が確認できるのもトヨタブランドにはない特徴です。
ISの場合は ”F SPORT”グレードを選択される方が多いと思いますので、標準スポーツシートの「Ltex」とメーカーオプションの「本革」で迷われる方が多いのではと思います。本革シートセットの価格が「269,500円」と以前より安くなったものの高額です。

快適装備の「ベンチレーション機能」を重視するのであれば「本革シートセット」を選択するしかありませんが、それほど重視しないのであれば本革の分価格を抑えることができますね!
気になるのはシートメイン材の「Ltex」の質感ですが、「ES」などと同様、本革と遜色ないタイプの仕上げでしたので、質感的には問題ないかと思いました。

ぜひカラーサンプルで手触りや生地の厚みをチェックしてください。(サイド材に使用されている「Ltex」は厚みも薄く質感は今ひとつです)

th_trjHcujfT+CKoK9FAP9wfw_thumb_6589.jpg


ISで継続採用されることが決まった「ダークローズ」と「フレアレッド」との違いもバッチリ確認できます。

▼左が「ダークローズ」、右が「フレアレッド」

th_87GYbClZQz2+xpN67wX0bQ_thumb_658b.jpg

----------------------------------------------------------


そして、「インテリアパネル」もすでに確認ができます。
(F SPORT専用パネルの「”F SPORT”専用サテンクロム」は到着が遅れている模様)

20-06-14-lexus-2021-is-reveal-24-4.jpg


"version.L"専用インテリアパネル、「アッシュ材のオープンフィッシュ仕上げ」(墨ブラック)は質感もGood!
ただ、ちょっと古典的なパネルなので好みはわかれそうですね。

th_RyjeVvjKSc2eIHNEPaVNaw_thumb_658c.jpg

一方、「ブラックジオメトリーフィルム」は、幾何学模様でこちらも好みの分かれそうな質感。使い込むと爪先などで傷が付きそうな感じです。カラーも、ブラックと言うより、ダークグレーという感じですかねぇ。

th_oRyXbZVbSgySB3ZCmG5%Dg_thumb_658d.jpg

定番の「ブラックメタリック」の方が好みという方も多そうです。しっかり、クリア塗膜があるので耐久性もあり、十分な質感を保っていて安心できるインテリアパネルといえます。”標準”グレードの方は「ブラックメタリック」にするか「ブラックジオメトリーフィルム」にするかぜひサンプルチェックしてくださいね。

th_OMY%wkD2QO2Bu8mkILN25Q_thumb_6588.jpg

2020年08月13日

速報!レクサス 新型IS 特別仕様車 ”F SPORT Mode Black" 見積もり例


レクサスLCコンバーチブルに続く新型車(または派生車種)登場とともに「特別仕様車」を設定する手法は最近の輸入車の定番ですが、レクサスでも今後定着しそうですね。
「F SPORT ”Mode Black"」は、ガソリンエンジンモデル「IS300」と「IS350」に設定されますが、この特別仕様車は価格を考えるとかなりお買い得な1台(特に「IS300 特別仕様車」)です。

th_gW+Id43sQbi3ZKsv9WFRgQ_thumb_65ae.jpg


価格は以下の通りベースとなる”F SPORT”の+500,000円高です。

th_スクリーンショット 2020-08-01 16.18.06.jpg

これが「高い!」かどうかは「19インチ鍛造アルミホイール(BBS製マットブラック塗装)」の価値をどう見出すかどうかによります。

th_iVQLybFvSpaQjXEj2bImyg_thumb_65af.jpg


特別仕様車に「標準装備」される装備の価格換算(予想)は以下の通り。
このBBS鍛造ホイールは「ディーラーオプション」でも準備されますが、単純にオプション価格を上乗せするするのではなく、もともと純正で装備されている19インチブラックスパッタリングホイールとの差額を換算する必要があると考えました。この純正ホイールも4本で20万(1本あたり5万円程度?)ぐらいはするでしょうから、ここでは仮に「40万円」の差額としておきました。


th_スクリーンショット 2020-08-04 0.39.51.jpg

・・・ということで、ホイール以外の追加装備で約40万円ほどかかっていますから、「+10万円」程度で、BBS鍛造ホイールが装着されると考えると、将来的に運動性能の高いホイールに換装を考えている方には非常にお得に感じますしね。


th_Y%4ULlqbQzGJLATiMtUSvA_thumb_65b1.jpg

以上を踏まえての「IS350 ”F SPORT Mode Black”の見積もり案です(フルオプション)

----------------------------------------------------------

th_FD6RkTojQwKOwH2q%IUf2Q_thumb_65ab.jpg

*IS350に「LSD」は標準装備の模様
----------------------------------------------------------

それにしてもIS350から本当に「LDH」や「VGRS」など3.5Lモデル専用装備が廃止されたとすると本当に残念。
共通部品使用によるコスト削減とは思いますが、リヤブレーキサイズも縮小されて全車種同サイズになっていますし、プレカタログを見る限りIS350とIS300の差は単純にパワートレーンの差(+「LSDのMOP設定有無」)だけになっているみたいですね。

th_3iqsYbeMR+2Jv3djPOASRQ_thumb_65ad.jpg

「IS300」特別仕様車と 「IS350」特別仕様車の価格差は実に「1,150,000円」。
輸入車ではエンジン違いで100万円以上違うこともありますが、装備もその分上乗せされていることが一般的。
新型ISでは、ほぼパワートレーン違いのみですから、ここまで差があると、リセールも考慮した場合「IS300 特別仕様車」の方がコストパフォーマンスは高いと感じます。(とはいえ、V6エンジンと直4エンジンのフィーリングの違いも大きいのが事実・・・悩ましいですね。)


2020年08月11日

速報!レクサス新型IS(IS300・IS300h)MOP価格&見積もり例 

一部で話題沸騰?の新型IS。
私のようなスペックマニアは「パワートレーンが・・・」「プラットフォームが・・・」とついつい粗を見つけがちですが、扱いやすいFRセダンとして、最新の先進安全装備を備え、ユーザーの声に可能な範囲でしっかり手を入れてきていると感じます。
先般廃止された「GS」のラグジュアリー志向のオーナーの受け皿にはなりませんが、スポーティ志向派の方には選択肢の1つになりえると感じます。ただ、「助手席」や「後席」の快適性という面ではほぼ手つかずという点では配慮が欲しかったと感じます。


20200616_04_24_s.jpg


すでにご契約された方もいらっしゃると思いますが、まずは価格のおさらいです。

th_スクリーンショット 2020-08-01 16.18.06.jpg


主要メーカーオプション価格は以下の通り。
参考まで現行モデルのオプション価格も併記しています。

th_スクリーンショット 2020-08-03 21.14.22.jpg


注目ポイントは、「F SPORT 本革シートセット」が大幅に安くなっていること。
これは、現行モデルはシート素材の一部がファブリックだったのが、2021年モデルでは合成皮革の「L-tex」にグレードアップしたことにより、価格が引き下げされたものと思います。
販売店ではL texのサンプルが届いていますが、新型ISのL texのメイン素材は、「ES」や「RC」のLtexと同様、しっかりとした厚みがあり、本革とそれほど遜色ありません。しかし、本革シートセットにしないと、以下のアイテムが装備されませんので、悩ましいところです。

【F SPORT専用 本革シートセット】
 ・運転席・助手席ベンチレーション機能(冷風)
 ・運転席パワーイージーアクセスシステム
 ・運転席ポジションメモリー
 ・後席サイドエアバック (*単品装着可)
 ・ドアミラーメモリー機能

また、マークレビンソンオーディオも価格が上がっていますね。
これは北米でのニュースリリースのとおり、「17スピーカー1800W」へとシステム全体のレベルアップが図られていることが理由でしょう。
(17-speaker system with a new amplifier offering an impressive 1,800 watts)

th_スクリーンショット 2020-08-02 21.49.16.jpg

さて、以上を踏まえて、「IS300」の見積もり例。
ISというモデルの性格上、ガソリンエンジンを選択される方はコンフォート志向ではなくスポーティ志向と思いますので、”F SPORT”をチョイスしました
メーカーオプションは「全部あり」仕様です。

----------------------------------------------------------
■IS300 ”F SPORT”

th_V8uvASOBTWy0Afqj+5rnVQ_thumb_65ac.jpg

*諸費用・税金は、おおむね25万円前後を見ておけばいいでしょう。
----------------------------------------------------------



次は、売れ筋の「IS300h」の見積もり例。
こちらはコンフォート志向ということで、"version.L"をチョイス。あえてインテリアパネルは「墨アッシュ」ではなく、”標準”でも選択できる「ブラックジオメトリーフィルム」を選択しています。価格が安くなりますが、ステアリングからも「墨アッシュ」がなくなりますので要注意です。

----------------------------------------------------------
■IS300h "version.L"

th_8y3xVfzVRH6%Usqxf6Tavw_thumb_65aa.jpg

*諸費用・税金は、HVのためおおむね15万円前後を見ておけばいいでしょう。
----------------------------------------------------------

IS300”F SPORT”とIS300h"version.L"のメーカーオプション「全部つけ仕様」ではその性格はことなりますが、結果的に価格が同価格帯になるのが面白いですね。

特に、"version.L"仕様はほとんどの装備がついているので、追加するのは「パノラミックビューモニター」のみの装備でも十分です。
「NAVI AI-AVS」を装備すると、評判のよい「スウィングバルブショックアブソーバ」が非装備となりますので、あとは好みで「ムーンルーフ」、そして「マークレビンソン」を装着するかどうか・・・というところでしょうか?

th_IMG_9523.jpg


なお、新型ISはすでに契約が可能となっています。早期納車を狙う場合は遅くともお盆明けには契約が必要と思われます。

東京都内店舗においては、「紹介特典」がありますので、初レクサス車の方で「新型IS」の商談をスムーズに進めたい方はお気軽にメッセージ・またはコメント欄からご連絡下さい。

速報!レクサス新型IS 価格&プレカタログ公開 実質値下げか?

2020年11月初旬に発売予定のレクサスのFRセダン「IS」について、日本仕様のリーフレットの配布が開始。
商談も8/1から解禁となっています。

表紙は新ボディカラー「ソニッククロム」のIS F SPORT。

th_SCN1596250215697.jpg


新型ISは既報通りパワートレーン、プラットフォームは刷新されていませんが、ターボ(IS300)、ハイブリッド(IS300h)の制御にはだいぶ手が入っているとのこと。旧パワートレーンをチューニングすることで、ある意味、新型クラウンやレクサスESなどとも違った味に仕上げているのかもしれませんね。
例年ですと、セールス担当者が研修して試乗の上商談に臨むのですが、コロナ禍ではそれができないため、どれほどフィーリングが変化しているのかわかりませんね。

th_SCN1596250680003.jpg

さて、気になる価格ですが、大方の予想を覆し、ほぼ「値段据え置き」。
最新の先進安全装備や電動パーキングブレーキ等が追加されるなど、標準装備のアップデートを考えると、実質「値下げ」とも言える仕様となっています。
価格は以下のとおりですが、モデルチェンジにあたり、消費税増税でバラバラになった金額が、「キリのよい数値」に補正されているのがレクサスらしいですね。

----------------------------------------------------------
th_スクリーンショット 2020-08-01 16.18.06.jpg
----------------------------------------------------------

従来はメーカーオプションであった以下の装備を「標準化」、また「ホイール&タイヤサイズの大口径化」を実施していますので、本来であれば、約11万円〜12万円程度値上げしても差し支えありませんが、セダン冬時代の中、販売数を維持するための戦略的結果でしょうか、価格は据え置き、実質的に値下げといえるでしょう。なお、”version.L"については、他のグレードより価格上昇が大きいですが、「アッシュステアリング」を採用しているのでこの分のコスト転嫁が考えられます。

・ブラインドスポットモニター&RCTA (約66,000円)
・クリアランスソナー&バックソナー (約44,000円)
・ステアリングヒーター(約11,000円)※ただし”標準”は非装備


さて、以下は「リーフレット」のポイント解説です。

■エクステリア1

 全車メッシュ型のグリルになったこと、LEDヘッドランプが確認できます。ウィンカーの光り方はまだわかりませんね。特別な表記がないので、おそらくシーケンシャル式ではないのでしょう。「流れるウィンカー」はブームがすでに去った感じでしょうか?

th_SCN1596250324646.jpg


■エクステリア2

 リヤウィンカーの仕様が発表時から不明でしたが、どうやらウィンカーはLEDではなく電球のようですね・・・ちょっと信じがたいですが。
 これは新型ISのエクステリアの数少ない欠点といえます。何故なんでしょう。

th_SCN1596250440789.jpg


■インテリア1

 2トーンカラーが映える「オーカー」が使用されており、見栄えが良いですね。質素だったドアトリムもエンボス加工で雰囲気が向上していますが、高級車では当たり前となった「アンビエントライト」の追加はないようなのが残念です。夜間は「真っ暗」仕様でしょうね・・・

th_SCN1596250526634.jpg


■インテリア2

 最大の目玉ともいえる「電動パーキングブレーキ」が取り上げられています。その他、アッシュ本木目ステアリングの採用、丸型に意匠変更されたエアコンレジスター、そして「ナノイーX」の採用など、現行ISからの変更点が取り上げられています。
”version.L”の価格上昇が他のグレードより大きいのは「アッシュステアリング」を採用しているという点もあるでしょうね。

th_SCN1596250598235.jpg


■ボディ関係

新プラットフォームは重量増加がネックですが、ISの場合はあえて旧プラットフォームを継続しようというのは理解できる範囲と思います。レクサス量販モデル初のナットからボルト締結化への変更、サスペンションではフロントアッパーアームのアルミ可などの軽量化、そしてノーマルサスペンション採用車には、レクサスESでも評判の良かった「スウィングバルブショックアブソーバ」が採用されていることがPRされています。

th_SCN1596250745049.jpg


■F SPORT エクステリア

ISは”F SPORT”の比率が高いようで、エクステリアもバッチリ掲載されています。
各部ピアノブラック塗装が行われており、むき出しの樹脂部分がほとんど生じていないのは素晴らしいですね。
また、オレンジブレーキキャリパーが新設定され、カラーリングも2021年モデル用により色味を強めた新カラーとなっています(RCも同様)

th_SCN1596250830324.jpg

■F SPORT インテリア

インテリアはあまり違いがないように見えますが、「フレアレッド」の採用と「ホワイト」が新設定されたことによりスポーティさが際立ちます。
レクサスLCの2021年モデルから採用された「新意匠ブレーキペダル」のほか、ついにISにもアルミ製フットレストが採用されたのは嬉しいポイント。
そして、RCでも採用される”F SPORT”ロゴが入った新デザインのステンレス製スカッフプレートも明らかになっています。
標準装備のシートは「ファブリック+Ltex」から、「Ltex」にアップグレードされています。

th_SCN1596250899906.jpg

■セーフティシステム1

安全装備はせいぜい「ES・UX」レベルに留まると予想されていましたが、一気にアップグレードされ、現時点ではレクサス(LSを除く)最高水準のセーフティシステムが搭載されます。(レクサスRC2021年モデルではアップデートされませんので、ISとRCでは安全装備系の世代が異なることに注意です)
ただし、LC・RCなどと同様、可変ヘッドランプシステムの「AHS」は不採用となったのは残念です。軽量化という面もあるかと思いますが、ライバル車では走行性能を確保しつつ可変ヘッドランプシステムやより高性能なヘッドライトシステムを搭載しているので、この点はレクサスも頑張って欲しいところ。

th_SCN1596250990755.jpg


■セーフティシステム2

日常的に使用する「パーキングサポートブレーキ(PKSB)」の標準化、「ブラインドスポットモニター(BSM)」の標準化など、セーフティシステムが大きく強化されました。
またレクサスのセダン・クーペでは採用が珍しい「パノラミックビューモニター(PVM)」もオプションで設定されていることが確認できます。

th_SCN1596251051486-1.jpg


■IS350/IS300特別仕様車 ”Mode Black” 

北米での公開時に話題となった「BBS製 19インチ鍛造ホイール」や、RC特別仕様車”Emotional Ash"でも装備される「銀墨本杢」などが採用される仕様です。売れ筋の「IS300h」には採用がないのが残念ですが、”F SPORT”を検討される方はぜひ注目したい1台ですね。

th_SCN1596251139436-1.jpg


■ディーラーオプション

モデリスタ・TRDといったブランドのエアロパーツやホイールが掲載されています。TRDには20インチの鍛造アルミホイールも設定されていますね。北米で話題となった、「カーボンリヤスポイラー」の設定もある模様。


th_SCN1596251204391-1.jpg


■エクステリアカラー

ニュースリリースでもあったとおり、「ソニッククロム(1L1)、「ソニックイリジウム(1L2)」が新設定。
カラーコード的にはシルバー系に属しますが、ソニッククロムは「ダークグレーマイカ/マーキュリーグレーマイカ」の後継といえます。
「ソニックイリジウム」は、「プラチナムシルバーメタリック」の後継と言えるカラーです。
ニュースリリース画像ではもう少し白っぽく見えたのですが・・・
なおリーフレットのボディカラー名には一部誤字がありますが、見つけた方は相当なマニアです。

th_SCN1596251291929-1.jpg

販売店にはすでにカラーサンプルが届いていますのでご検討される方は確認してみてください。

th_FL8oi6vrTu2Q0rQR2G3Gtw_thumb_6595.jpg


■インテリアカラー

内装カラーは大部分が入れ替わり、コスト削減もあるのでしょうが最近のレクサス車の定番カラー「ブラック」、「オーカー」、「フレアレッド」、「ホワイト」に集約されました。すでにレポート済ですが、「ダークローズ」が継続採用されたのは一つのトピックといえます。

オーナメントパネルもブラックメタリック以外は刷新され、古典的なインテリアパネルは消滅していまいました。

th_SCN1596251355910-1 2.jpg

なお、「ブラックジオメトリーフィルム」はリーフレットのカラーと実物はかなり違うので”version.L”でレスオプション扱いされる方は注意ください。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_658f.jpg

”標準”の場合は引き続き「ブラックメタリック」が選択できますが、これはこれできれいなパネルです。
センターコンソール部分もこの仕上げであればよかったのですが・・・

th_OMY%wkD2QO2Bu8mkILN25Q_thumb_6588.jpg


■主要装備一覧

主要装備一覧はかなり細かいですが、やはり懸念していたことが実現となってしまいました。
具体的には以下のとおりです。IS350専用装備がほぼなくなってしまっており、エンジンぐらいしか差がなくなってしまいます。これだと、「IS350”F SPORT”」は22万円ほど値段を引き下げしてくれないと計算が合いませんが・・・?

【IS350】
・レクサスダイナミックハンドリングシステム(LDH)の廃止
・ギヤ比可変ステアリング(VGRS)の廃止
・リヤブレーキサイズ変更(全モデル290mmに統一)

【共通】
・リヤウィンカーは非LED

th_SCN1596251440622-1.jpg


次回は各モデルの見積もり・メーカーオプションについてレポート予定です。

2020年07月27日

日本版 新型レクサスIS (MY2021) 商品概要妄想チェック!

さていよいよ7月も下旬に近づき、新型レクサスISについての情報も漏れ伝わってくるようになりました。
新型ISに関しては、多少販売店により異なるものの、概ね次のスケジュールで商談がスタートする模様です。

■価格判明・・・7月30日(木)頃
■商談開始・・・8月1日(土)頃

20-06-14-lexus-2021-is-reveal-6.jpg


今まで販売員の方は、事前に集合研修や実車を試乗したうえで、新型車の商談を実施していましたが、今回はオンラインでの動画研修が中心のようで、実物を見ない中での商談となるため、なかなか難しい対応を迫られそうです。


気になる日本市場版「IS」の仕様ですが、以下はすべて「予想(妄想)」に基づくものですのでご参考程度に・・・


■グレード構成

 新型ISにおいては、「IS350」は1グレード ”F SPORT”のみの構成という割り切った仕様。
 ハイブリッドの「IS300h」、2L直4ターボエンジンモデル「IS300」は”標準”、”F SPORT”、”version.L”というおなじみ3グレードの構成となるでしょう。

 ”標準” / 18インチホイールを装備

  Lexus-IS-2021-1600-01.jpg

 "version.L" / 19インチホイール、3眼フルLEDヘッドランプ、ラグジュアリーな内装を装備
 
 Lexus-IS-2021-1280-11.jpg

 ”F SPORT”/ブラックスパッタリングの19インチホイール、ピアノブラック調リアスポイラーなど専用装備を備える

 Lexus-IS-2021-1280-0d.jpg

 
■パワートレーン

 トランスミッション、エンジンともに変更はありませんが、ニュースリリースの通り、「IS300」と「IS300h」に関しては、実用領域や低速時でのパワー感を強調したものになると考えられ、エンジン型式に変更はないものの、印象が随分異なるようチューニングされている模様。

 WLTCモードの燃費に関しては、クラウンなどより悪化するものの、その分力強さを感じるものになりそうです。

 IS350・・・9.7km/L程度?

 IS300・・・11.6km/L程度?

 IS300h・・・17.2m/L程度?


■ボディカラー

 既報通り、2つのレクサス初ボディカラーが追加されます。
「 イリジウム=白銀」と称されるようですから、イメージカラーのボディカラーが「ソニックイリジウム」と考えれます。

 ・ソニッククロム(1L1)
 ・ソニックイリジウム(1L2)

20200616_04_06_s.jpg
 

そのほか、UXで採用された以下のカラーも採用

 ・セレスティアルブルーガラスフレーク (8Y6)

有償オプションカラーは2種類設定される模様。

 ・ヒートブルーコントラストレイヤリング<8X1>
 ・ラディアントレッドコントラストレイヤリング<3T5>

その他のカラー
 ・ホワイトノーヴァガラスフレーク<083>
 ・ソニッククォーツ (085)
 ・ソニックチタニウム (1J7)
 ・グラファイトブラックガラスフレーク (223)
 ・レッドマイカクリスタルシャイン (3R1)
 
 残念ながら、有償カラーの「マンガンラスター」は廃止。このカラーのISは超レアですね!(当方は見たことない・・・)


■インテリアカラー

 ”標準”&”version.L”については、以下の3つのボディカラーをラインナップ。
 ”標準”は合成皮革の「L-tex」、"version.L"は上質なセミアニリン本革となるものと考えられます。
 最近のレクサス定番の「黒」、「赤」、「茶」の3系統に集約されました。「ダークローズ」の復活は意外ですよね。
 冒険したカラーがないのはやむを得ませんかね。

  ・ブラック

  ・ダークローズ

  ・オーカー

20200616_04_32_s.jpg

  
 ”F SPORT”については、以下の3つのボディカラーをラインナップすると考えられます。
 シート素材は合成皮革の「L-tex」が標準、本革はメーカーオプションとなるでしょう。
 「ホワイト」がラインナップされているのは個人的に嬉しいところです。みなさんぜひ選択しましょう!

  ・ブラック

  ・ホワイト

  ・フレアレッド

  20200616_04_33_s.jpg
 

■インテリアパネル

 4種類を設定しているものと予想されます。古典的な「本杢」タイプのパネルはないものと考えられます。

 アッシュ(オープンフィニッシュ/墨ブラック)
 ブラックジオメトリーフィルム
 F SPORT専用 サテンクロム
 ブラックメタリック
 
20-06-14-lexus-2021-is-reveal-24-3.jpg

■ホイール

 3種類のホイールを採用。かつてのように16インチ、17インチホイールのようなコンフォート志向の仕様はありません。
 「BBS製鍛造ホイール」は「特別仕様車」および、「TRDオプション」として準備されるものと思われます。


 標準・・・18インチホイール
 version.L・・・19インチホイール
 F SPORT・・・19インチホイール

20200616_04_09_s.jpg


■安全装備(LSS+2.5)

 現時点では、レクサスで最新の「Lexus Safety System+」を搭載。
 今後は、これと同等レベルに各車が年次改良またはマイナーチェンジでアップデートしていくものと思われます。

 以下の装備はレクサス初装備の模様

 ・プリクラッシュセーフティシステム検知範囲拡大(交差点右折前の対向直進車、右左折時に前方から来る横断歩行者)
 ・緊急時操舵支援
 ・低速時の事故予防をサポートする低速時加速抑制

 なお、その他従来はメーカーオプションで装備されることが多かった下記の装備を標準化しています。

 ・パーキングサポートブレーキ(PKSB)
 ・ブラインドスポットモニター(BSM)

 また、レクサスのセダンでは採用が珍しい「パノラミックビューモニター」(PVM)を全車でメーカーオプション設定。


■センターコンソールを「RC」と共有化

 公開された画像から想像できましたが、今回ついに「RC」とセンターコンソール部分・中央エアコン部分が共通化されました。
 なお、IS発売よりも一足先に「RC」が年次改良を実施、電動パーキングブレーキ&ブレーキホールドを採用します。
 

20200616_04_40_s.jpg

■ナノイーX を採用

 レクサスブランドとしては初めて「ナノイーX」を採用。(新型ハリアーで採用済)
 「OHラジカル」が従来の10倍超の濃度とのこと。助手席側に採用されますが、輸入車にはないきめ細やかな装備の一つと言えます。

mainimg_PC.jpg

https://panasonic.jp/aircon/nanoe_x.html

 
■パフォーマンスダンパー(フロント)を採用

 走りの上質感と微振動を解消するパフォーマンスダンパーを採用。レクサス車ではモデルライフ途中で追加設定されることが増えましたね。

index_key01.jpg

https://www.yamaha-motor.co.jp/pd/



さて、今後のISに関してですが、7月末には「プレカタログ」の配布も開始されるでしょうから、商品概要はその際にオープンになるものと思われます。
8月の週末からは商談開始、お盆中前までには仕様を決めておいて8月中には初回オーダーが締め切られるものと思われます。
とくに今回、新型ISに関しては「特別仕様車」も発売予定ですので、こちらの選択肢も悩ましいところ。

20200616_04_07_s.jpg

なお、東京都内店舗においては、「紹介特典」がありますので、初レクサス車の方で「新型IS」の商談をスムーズに進めたい方はお気軽にメッセージからご連絡下さい。

 


 

2020年06月25日

新型 レクサス IS(MC版)ちょっと心配なポイントは?

レクサスの新型「IS」に関する記事が続きますが、今回は日米のニュースリリースをチェックしてみてちょっと気になる点です。


■F SPORTは「IS350」にしか設定されない?

F SPORTs will only be offered on the IS 350 powered by the 311-horsepower 3.5-liter V6 engine.

北米市場では、F SPORTは「IS350」にしか設定されない模様です。
日本ではIS350の市場規模が小さいためなんとも言えませんが、IS300,IS300hでもF SPORTが設定されることを期待しましょう。

th_スクリーンショット 2020-06-16 19.50.29.jpg



■F SPORT リヤスポイラーはカーボン(CFRP)製なのか?

北米のニュースリリースでは、ブラックのリヤスポイラーはカーボン製であることが表示されています。

F SPORT models equipped with the DHP receive a unique carbon-fiber rear spoiler and side-view mirror caps, center console knee pad with contrast stitching, and a Lexus Card Key.

しかし、こんな小さな部品でわざわざ高額なカーボン製にするメリットがあるのでしょうか・・・
GSFやRCFでは、「F」の象徴としてカーボンを使用していましたが、もっと大型の面積でしたし、効果もあったものと思いますが・・・
日本市場での設定有無含め、リヤスポイラーの存在は気になるところです。

20-06-14-lexus-2021-is-reveal-4.jpg


■LDH(4輪操舵)は消滅?

日本・北米のニュースリリースともLDH(レクサスダイナミックハンドリングシステム)については言及なし。一方「LSD」については触れられていますが、果たしてどうなるのでしょうか。
単純なコーナリング時の制御でいえば、アクティブコーナリングアシスト[ACA]の標準化の流れもあり、重量のかさむLDHは廃止されてLSDのみに変更されても確かにおかしくはありません。

スクリーンショット 2020-06-17 23.33.09.png


■ヘッドアップディスプレイ[HUD]は非装備?

現時点では日本版、北米版どちらのニュースリリースおよび公開された内装のスイッチ類を見てもHUDは存在しません。
第3世代レクサスでは全車種HUDの設定があることを考えると、これは残念に思います。

th_スクリーンショット 2020-06-17 22.20.41.jpg



■イルミネーション類は消失?

室内を彩るアンビエントライトは同セグメントでは定番になっていますが、新型ISにおいてはまったく見受けられません。
リモートタッチの隙間やドアトリム上部、ドアハンドル内部にもほんのり光るイルミネーションが見られないということはこれらのイルミ類は存在しないのでしょうか・・・マイナーチェンジされたRCでも後期モデルはイルミが廃止されましたが軽量化の名の下、同じ運命をたどるのでしょうか。

th_スクリーンショット 2020-06-17 22.10.18.jpg


■カラードブレーキキャリパーは設定無し?

レクサスでも少しずつ採用が増えているカラードキャリパー(ブラック/オレンジ/ブルー)ですが、新型ISに関しては現時点で設定がないようです。
IS350はフロントに大型の4potキャリパを備えているようですが・・・
兄弟車である「RC」には設定あるだけに残念です。部品の流用という観点からも設定があってもおかしくなさそうですが・・・・

20200616_04_68_s.jpg



■パワーウィンドウスイッチ/パワーシートスイッチに加飾なし

パワーウィンドウスイッチに関してはUX/ESは金属加飾なし、一方兄弟車の「RC」には金属加飾あり、と車種によりまちまちですが、新型ISでは加飾なしという残念な結果に・・・地味ながら結構質感に違いがありますので不採用は残念です。

20-06-14-lexus-2021-is-reveal-24.jpg

また、パワーシートのスイッチについても第3世代のものは使用されていないので、これも残念なポイント。
こういうところの細かいパーツのアップデートのコストは別の個所に振り分けされていると思うしかありません。

スクリーンショット 2020-06-17 22.44.05.png


■パノラミックビューモニターは本当にあるのか?

日本版のニュースリリースには「パノラミックビューモニター」の記載がありますが、北米版には見当たりません。
と思ったら、グレーのボディカラーの画像に、ドアミラー下部のカメラが確認されました。細かく見ると、フロントグリルのエンブレム上部にもカメラがありますので、パノラミックビューモニターは設定あるようですね!
セダン系には設定ないことも多いのでこれは朗報です。

20200616_04_22.jpg

スクリーンショット 2020-06-17 22.17.54.png

2020年06月20日

ついに発表!新型LEXUS IS 公式情報からの新情報まとめ!

ついに2020年6月16日、LEXUS 新型IS(2度めのMC版)が正式発表!

ボディサイズやパワートレーン、プラットホームなど、概ね事前に漏れ伝わってきていた情報どおりでしたが、今回は、公式ニュースリリースおよびプレゼンテーション動画で判明したいくつかのポイントについておさらいしてみたいと思います。

20-06-14-lexus-2021-is-reveal-1.jpg



https://lexus.jp/pressrelease/news/20200616.html


【YouTube】新型「IS」を世界初公開



■3眼フルLEDヘッドランプ

しっかり「3眼フルLEDヘッドランプ」も準備されています。ただし、LCと同様、薄型の軽量ランプユニットを使用しているため可変ヘッドランプ(AHS)が搭載できなかった模様。最近のレクサスは車両の重心から離れた部分に重量物を置くのを嫌っていますから、クーペやスポーツセダンでは可変ヘッドランプとせず、あえて単純なアダプティブハイビームシステム(AHS)に留めているのでしょう。(まさに信者のコメントw)

このあたりはBMWやメルセデス、アウディなどのジャーマン3勢がスポーツタイプのクルマにも惜しみなく最新のヘッドランプテクノロジーを導入しているのとは路線が異なりますが、その他の部分においては最新のセーフティシステムを導入していますから、方向性の違いと言えるかもしれません。

ウィンカー位置は最上部となりますね。シーケンシャル方式(流れるウィンカー)かどうか注目!

20200616_04_26_s.jpg


■19インチ ブラッククロームホイール+軽量ハブボルト

ブラックメッキにも見えるし、角度によってシルバーにも見える19インチホイールは社外品でしばしば見られる「ブラッククローム」塗装のようです。
また、半年以上前から噂になっていた「軽量ハブボルト」採用が現実となりました。4本でばね下重量を「約0.9kg(2ポンド)」ほど軽量化しているとのことです。
また、ブラッククロームでコーティングされているのでボルトの存在が控えめなのが奥ゆかしい感じです。

th_スクリーンショット 2020-06-16 20.12.27.jpg


■19インチ BBS製 マットブラック鍛造ホイール

なんと、「F」モデル以外では珍しい「BBS製鍛造ホイール」をラインナップ!
デザインは好みが分かれると思いますが、マットブラックがレーシー。
標準の19インチホイールに比べ、ホイール1本あたり「約1.8kg(4ポンド)」の軽量化なので、4本合計では7.2kgの軽量化の模様。
日本ではメーカーオプションが濃厚ですね。

th_スクリーンショット 2020-06-16 20.13.19.jpg


■トルセンLSD採用(F SPORT)

F SPORTのFRモデルでは、トルセンLSDを採用。
しかし気になるのは後輪操舵の「LDH」(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)について言及されていないことです。
もしかして高コストである「LDH」は廃止なのでしょうか?

th_スクリーンショット 2020-06-16 20.24.03.jpg


■10.3インチ ワイドナビゲーションモニターは7cm手前に!

画面の大きさは10.3インチと公式発表。枠があるのでちょっと大きめに見えますね。(タッチ式のため、耐久性をつけたためでししょうね)

th_スクリーンショット 2020-06-16 19.53.04.jpg

また、モニターの位置は「約7センチ(3インチ)」手前に位置されたそうですから、現行ISオーナーの方はぜひイメージしてみてください。

th_スクリーンショット 2020-06-16 20.31.18.jpg


■ばね下重量の軽量化

2021年モデルのLCと同様、ISでもばね下重量の低減に手を入れています。見えない部分ですがこれは嬉しいですよね!
・「コイルスプリング」を20%軽量化
・「サスペンションアーム」アルミ化で 18%軽量化
・「サスペンションスタビライザー」を17%軽量化

20200616_04_53_s.jpg

■スウィングバルブショックアブゾーバーの採用

レクサスESで初採用されて評判のよい新機構をISにも投入
路面に対する応答性を高め、乗り心地の良さにも寄与しているようです。

th_スクリーンショット 2020-06-16 20.22.00.jpg


■”マークレビンソン”サウンドシステムの大幅な強化

オプションのマークレビンソンオーディオシステムは、従来の15スピーカー、総出力835Wから、17スピーカー 1800Wへと大幅に増強されています。
独特なオーディオノブの仕上げといい、ISのマクレビはおすすめかもしれませんね。

th_スクリーンショット 2020-06-16 20.23.15.jpg

1000W以上とは、数字だけみると凄いパワーアップです。

th_スクリーンショット 2020-06-16 20.23.36.jpg

Lexus Safety System+「2.5」の初採用

先進安全装備の「LSS+」は予想をいい意味で裏切り、2018年に発売された「UX」や「ES」を超える、新世代のものが採用されました。
具体的な追加機能は以下のとおりで、一部機能は「LS」にも搭載されていないもの(今秋で採用と思われますが)
前述のとおり、可変ヘッドランプがないのは残念ですが、セーフティシステムの進化は「IS」のトピックスの1つといえます。

・交差点右折時対向直進車・右左折時横断歩行者検知機能/[新型ヤリスで採用済]
・急アクセル時加速抑制機能/[新型LSの「LSS+A」で採用済]
・緊急時操舵支援PCS/   [新型LSの「LSS+A」で採用済]
・ドライバー異常時停車支援システム/(LTA連動型)[新型LSの「LSS+A」で採用済]
・車線認識性能向上型LTA/[初採用?]

20200616_04_72_s.jpg


■2種類の新ボディカラー

予想通り、「ソニック系」のボディカラーが追加されました。名称は以下の通りとされており、ティザー公開されたIS350は「ソニッククロム」と推測されます。なお、このカラーは2021年モデルの「RC」でも採用されると予想されます。

・ソニックイリジウム( Iridium ?)
・ソニッククロム(Grecian Water ?)

th_スクリーンショット 2020-06-16 20.24.45.jpg


■2トーンの内装

北米市場では、内装色はF SPORTが3色、F SPORT以外も3色のようですが、日本仕様は更に数種類追加される可能性があります。
特に「オーカー」と「フレアレッド」は、ドアトリムやダッシュボードにも色が加わり見た目にも鮮やかです。”ダークローズ”が復活している点もポイントです。

<F SPORT>

・ブラック
・フレアレッド
・ブラック×ホワイト

20200616_04_33_s.jpg


<F SPORT以外>

・ブラック
・オーカー
・ダークローズ

20200616_04_32_s.jpg


■新規インテリアパネル

助手席前のインテリアパネルが廃止されていますが、パワーウィンドウスイッチ部分には継続採用。
パネルはすべて入れ替えされており、F SPORTで多くの車種に使用されていた「本アルミ(なぐり調)」がディスコンとなっています。


・F SPORT専用「サテンクロム」

スクリーンショット 2020-06-16 22.13.34.png

・「アッシュ」(オープンフィニッシュ/墨ブラック)

スクリーンショット 2020-06-16 22.14.16.png

・「ブラックジオメトリーフィルム」

20-06-14-lexus-2021-is-reveal-24.jpg


新型IS、賛否分かれる部分も多いとは思いますが、個別に見ていくとなかなか頑張っている部分もあり、決してデザインだけのクルマではないことがニュースリリースから知ることができました。今後の続報にも期待ですね!

th_スクリーンショット 2020-06-16 19.50.29.jpg

2020年06月11日

キター! 新型レクサスIS 噂通り「一文字」テール!

新型レクサスIS(マイナーチェンジ)の公式情報がアナウンスされました。
かねてから「一文字テール」であることはわかっていましたが、正式なティザー画像が公開されました。
レクサスUXに続く「一文字テール」ですね!
(新型ハリアーは、厳密には中央にトヨタエンブレムがあり途切れていましたが、ISはUX同様、つながっていますね)

001-8.jpg


https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/32714640.html

昨今の事情を鑑み、モーターショーではなくオンラインで世界初公開予定とのこと。
このクラスのFRセダンの元気がない中、デザイン的には期待がかかるところです。


画像のカラーバランスを触ってみると、次のような感じ。
テールランプのうち、光る部分は完全な一文字ではありませんが、ランプの「上辺」は一文字みたいですね。

th_001-8.jpg


部分的に分解してみると・・・
「L字」のすぐ内側は「クリア」の大きな面積が見えます。順当にいけば、ここが「リアウィンカー」でしょうか?
現時点で推測する限り、一文字型にウィンカーが配置されることはなさそうです。

また、丸形の「3連LED」がなんとか確認できます。ここはブレーキランプ(赤色LED」)か、後退灯(白色LED)のどちらかでしょう。

スクリーンショット 2020-06-01 21.24.08.png

バンパー下部には、縦長のリフレクターが。レクサスでは珍しいスタイルですね。

スクリーンショット 2020-06-01 21.28.40.png

バンパーの一番下辺には、スポーツセダンらしく、空力フィンが7つほど配置されています。

スクリーンショット 2020-06-01 21.28.48.png

7月頃には商品概要が判明しそうですが、世界情勢によってはもう少し情報公開が遅くなることも想定されます。
商品力ではメルセデスCクラス、BMW3シリーズに大きく水を開けられていると言わざるを得ませんが、新型ISが2度めのマイナーチェンジでどこまで近づき、そして追い越すことができる部分があるのか?
純粋なガソリンエンジンおよびハイブリッドシステムを搭載した最後のミドルクラスFRセダンとなる可能性が高いだけに、惜しみない改良を施して欲しいところです。

2020年04月01日

ヒュンダイ新型「エラントラ」を見て次期ISのデザインを想像してしまった。

ヒュンダイの新型セダン「エラントラ」
デザインの好みは分かれると思いますが、ワイド&ローで、なかなかスタイリッシュな4ドアクーペルック。

Hyundai-Elantra-2021-1600-03.jpg

さて、レクサスが2020年秋頃発表予定と噂の次期「IS」(IS350/IS300h/IS300)では、デザインが大きく変わり、フロントは「ES似」、リヤはテールランプが「真一文字かつエッジは垂れ下がり」と噂されます。

先般発表された「エラントラ」まさにこれが「次期IS」のリヤビューのイメージに近いのでは・・・と思ったのですがいかがでしょうか?

Hyundai-Elantra-2021-1024-0c.jpg
https://www.netcarshow.com/hyundai/2021-elantra/1024x768/wallpaper_0c.htm


ところで、新型「エラントラ」は、内装は地一見味ですが、細部はしっかり作り込まれているように見えます。
レクサスのエントリーモデル〜ミドルクラスのモデルでは、各部に樹脂製のスイッチが使用されていますが、エラントラではメルセデスのように、金属調塗装が施されています。もちろん、電動パーキングブレーキ&ブレーキホールドは装備されています。

Hyundai-Elantra-2021-1600-1d.jpg

スピードメーターと、ナビゲーションモニターはメルセデスのようにツインモニター方式。
「10.25インチ」程度のガラスパネルを1枚に結合した仕組みで、インパクトのあるもの、これはレクサス陣営にはまだ導入されていませんね。(モニターサイズが複数あるようなので、オプションの可能性もあり)当然、Apple Car Playなどには対応しています。

Hyundai-Elantra-2021-1600-22.jpg

その他、Impress CarWatchによると、エラントラは以下の機能を備えているとのことで、いずれもトヨタ/レクサス陣営には未導入のもの。ここ最近のレクサスのコネクティッドサービスは完全にトヨタブランドの新型車に追い越されている状態ですので、プレミアムブレンドの一つであるレクサスならば多少リスクを犯してでも先進的な機能は導入して欲しいと感じます。

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1242091.html

・「Hyundai Digital Key」(Android対応のスマホや車両付属のNFC(近距離無線接続)カードを使い、物理的なキーが不要)

・ワイヤレスでの「Apple CarPlay」「Android Auto」対応

世界各地でのモーターショーも続々中止に追い込まれている中、次期「IS」「マイナーチェンジver)が事前にその姿を披露するときはあるのでしょうか?状況は厳しいですが、ぜひ期待したいと思います。

2020年03月04日

新型レクサス IS(ビッグマイナー)2020年秋発売決定か?


レクサスの主力セダン、「IS」がついに2020年秋に大規模な「マイナーチェンジ」を敢行ことが確定したようです。当ブログでも何度か記事にしていますし、カー雜誌やSNSでも様々な情報が出ていましたが、その情報もまちまちでした。今回は、(あくまで噂レベルでありますが)比較的、信憑性が高いものをまとめてみたいと思います。

th_fQBDcrY9QqiGdVuMZ4XJaA_thumb_5ee5.jpg



■ボディサイズの拡大が行われる

 マイナーチェンジとしては珍しくボディサイズの変更が行われる模様。
 全長は現行より25mm程度伸長し、「4705mm」程度になるものと予想されます。
 全幅も現行より30mm程度拡幅し、「1840mm」程度になるものと予想されます。
 全高についても現行モデルより多少高くなり居住性が向上すると予想されますが、ISでついに全長が4700mm超えなのは賛否分かれそうです。

 全長については前後バンパーの意匠変更で多少変更されることは珍しくありませんが、全幅の変更が行われるのはマイナーチェンジでは非常に珍しく、この点では実質的にフルモデルチェンジといって差し支えないでしょう。また、全幅を1850mm以内に抑えてきたのは機械式駐車場を利用するオーナーには嬉しいですね。

 ボディサイズが拡大するわけですが、現行GSがついに2020年8月頃に日本においても販売が終了するため、その受け皿としての役目もあるものと推測されます。(GS/GSFの販売終了についてはまた別記事レポート予定)

th_VbUby3WuToWkmPYb6PcHJg_thumb_5ee8.jpg


■F SPORTに「19インチホイール」採用、ホイールナットではなく「ボルト式」に変更

 今回のISは足回りをさらに強化し、剛性を高めるほか、F SPORTでは初めての19インチホイールを装着します。
 それに伴い、欧州車のようにホイールを固定するときはナットではなく、ボルト式に変更されるようで、見た目もレーシーな感じになりそうです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3fc5.jpg


■前後ヘッドランプは大きくリニューアル、特にリアは衝撃!

 一部で噂されていましたが、テールランプは「UX」やポルシェブランドのような「真一文字」のランプになるようです。ただ、UXのようにサイドが上に上がらない模様。セダン型へ採用となると、今後のレクサス車のデザインにも影響を与えそうですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_634d.jpg

■電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド採用

 よかったです!(笑)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5eea.jpg

■Lexus Safety System+のアップデート

 少なくともUX・ESと同等レベルのものは採用される見込みですので、先進安全装備面では大きくアップデートされます。
 ヘッドライトに「ブレードスキャン方式AHS」が採用されるかは未定。
 また、レクサスLS同等の(LSS+A)のシステムが導入されるかはまだわかりませんが期待・・・したい!


スクリーンショット 2020-02-25 11.42.24.png


■新ナビゲーションシステム+タッチパネルを採用

 採用が遅れていた新ナビゲーションシステムの採用が行われ、タッチパネル化する模様。当然クラウド検索に対応した「ハイブリッドナビ」、「ハイレゾ音源再生対応」、「Apple Car Play」等にも対応。なお、新型LS<MC版>もタッチパネル化するようですから、今後のレクサス新型車は「遠隔操作デバイス(リモートタッチ)+静電式タッチパネル」という複数の操作形態を備え利便性を高めることになりそうです。

 期待の「オンラインアップデート」に関してはまだ情報が入っていません。(新型LS<MC版>には採用される見込み)
 
スクリーンショット 2020-02-25 11.44.27.png


■ボディカラーに新色を準備
 レクサスISのマイナーチェンジにあわせ、新色が複数投入される模様。
 現行のISはボディカラーに偏りが出てきているので、新色に期待。「ソニック系」が複数リニューアルされる模様。最近元気がない新しいシルバー系に期待!内装カラーについても刷新が予定されているようです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3ec8.jpg

■しかしあくまでも「マイナーチェンジ」

 外観が大きく変わるにもかかわらず「マイナーチェンジ」という扱いなのは「プラットフォーム」や「パワートレーン」の変更がないためです。このあたりはトヨタ内部で規則があるのでしょうね。2012年のレクサス「LS」(LS460LS600h)のときと同様といえます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5ee7.jpg


■発売時点では「F」モデルはなし

一部メディアでは「F」モデルの存在が出てきていますが、発売時点ではラインナップされないようです。
当初は継続が噂されていたハイパフォーマンスな4ドアセダン「GS F」が2020年8月で生産停止になる見込みのため、4ドアの「F」モデルはしばらくブランクが空きそうです。「F」モデルの拡充という話も出てきていますので無理やりISに「F」モデルを設定する可能性も否定できませんが、仮に「ISF廃止」→「GSF廃止」→「ISF新設定」という流れになると、モデル間の継続性が乏しく、ブランドとしての迷走感が漂いますね。


th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_24b4.jpg


----------------------------------------------------------

さて、ようやく見えてきた新型IS、大きくデザインを変えてのビッグマイナーチェンジ。
セダン販売不振の中、ミドルサイズ最後のFR車となる可能性もあるだけに、惜しみない改良が期待されますし、新プラットフォーム「TNGA/GA-L」に移行した「新型クラウン」や現行「レクサスGS」との差別化も気になるところ。

発表時期は2020年10月〜11月頃と思われますので、今後も情報入り次第アップデートしていきたいと思います。

2019年12月27日

レクサスIS 密かに年次改良?新ボディカラー「マンガンラスター」追加!

2020年末にマイナーチェンジ実施が濃厚なレクサスのスポーツセダン「IS」。
このまま改良されずにモデル末期を迎えると思われましたが、なんとさりげなく2020年モデル(と思われる)に変更されています。


スクリーンショット 2019-12-20 16.47.10.png


現時点で判明しているのはボディカラーの変更のみ。
ボディカラーにLSで採用されている「マンガンラスター」<1K2>が追加されています。
メーカーオプションで「15万円+税」と高価ですが、最近流行りの奥深い輝きを持つグレー系のカラーです。
今回の改良でISは全体的に「白」「黒」「ダーク系」「赤」「青」など、白以外は濃いカラー色が中心なります。

スクリーンショット 2019-12-20 17.55.37.png

https://lexus.jp/models/is/spec_price/color/


レクサスディーラーに展示されているカラーサンプルでも確認できます。
なお、本変更についてはニュースリリースは行われておらず、かつカタログはまだ改定されていない模様・・・
謎の変更ではありますね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_609d.jpg


そして代わりに廃止されたのは「濃紺系」の「ディープブルーマイカ」<8X5>

2019年12月20日現在、ディープブルーマイカが選択できる車種は以下の通りです。
”F SPORT”系ではディープブルーマイカは原則選択できず、その代わり「ヒートブルーコントラストレイヤリング」<8X1>が設定されています。
レクサスISはスポーツセダン、ということもあり、F SPORTを選択される方が多く、必然的にディープブルーマイカの占有割合が低かったのかもしれませんね。

[”ディープブルーマイカ”設定あり車種]
・LS 
・GS
・ES
・LC
・CT
・LX
・RX

th_Mh%NMHrXQ7K83sNHn83b6A_thumb_17c4.jpg


濃紺系といえば、UXで初採用された「セレスティアルブルーガラスフレーク」<8Y6>。
現在はUX用のカラーですが、他車種への採用がどうなるでしょうか?どちらかといえば、コンパクト系に似合いそうカラーではありますが。

th_bI2xGAu3TnGpK8QI+T%FJQ_thumb_4291.jpg

ユピテル レーダー探知機オプション OBD12-M III OBD12M3[OBD12M3]

価格:5,540円
(2019/5/18 10:16時点)
感想(1件)

【送料無料】【2個セット】[TV紹介商品] リレーアタックガードポーチ2 カーボン【2個セット】リレーアタック対策 リレーアタック対策グッズ 盗難防止 電波遮断 電波遮断ポーチ スマートキー リレーアタックポーチ セキュリティ リレーアタック エムズスピード

価格:2,200円
(2019/10/14 18:19時点)
感想(0件)

協和興材 マイクロロン ガストリート【smtb-s】

価格:3,492円
(2019/5/18 10:15時点)
感想(0件)

■ES300h AXZH10 H30.11〜 レクサス純正・標準装備SDナビ対応■走行中 テレビが見れるテレビキット ナビ操作ができるナビキット(TVキット)【TV-088】■ケーズシステム社製 ハーネスキット

価格:9,936円
(2018/12/4 22:19時点)
感想(0件)

【只今 セール中/送料無料/即納!】レザーカーインテリオケアキット 150ml /Car Interior Care(カーインテリオケア)【smtb-ms】 【RCP】【sale5】 fs04gm

価格:5,335円
(2014/11/23 20:40時点)
感想(4件)

スポンサーリンク

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【海外×】【ポイント10倍/在庫有】【12/17】【あす楽】

価格:5,400円
(2018/12/4 22:16時点)
感想(11件)

ブルーバナナ99 SNTC-M18 ■ ナビコントローラー / ナビ キャンセラー ■ LC500h LC500 LS500H NX300 NX300hH29/9

価格:31,104円
(2018/1/12 23:51時点)
感想(0件)

スイッチ押し太朗【オートブレーキホールド用汎用接続タイプ】『オートブレーキを常時スタンバイ!!』 オートパーツ工房

価格:3,150円
(2017/8/21 00:19時点)
感想(0件)

ワンタッチウインカー 3回点滅用 配線切断不要 ネコポス送料無料!! オートパーツ工房

価格:2,800円
(2016/6/14 22:30時点)
感想(1件)

【送料無料&クロス付き】ホイールブラシ ムートン 洗車ブラシ ピカピカレイン リムも洗える 100%羊毛【送料無料】[TOP-BRUSH]

価格:1,980円
(2018/1/2 11:14時点)
感想(2件)

クリスタルガード・ホイールアーマー【正規品】(変色防止・簡単洗浄ホイールコーティング)

価格:2,600円
(2014/11/23 20:38時点)
感想(20件)

寺岡製作所:TERAOKA 導電性アルミ箔粘着テープNO.8303 10mmX20M 8303 10X20 型式:8303 10X20

新品価格
¥1,158から
(2018/1/12 23:57時点)

【お一人様1個限り】LED T20ダブル SMD24連 レッド/赤 T20シングル T20ピンチ部違いにも使用可能 【無極性】 テールランプ ストップランプ 等 12V-24V車 【T20ウェッジ球】 高品質3チップSMD【孫市屋】●(LM24-R)

価格:2,039円
(2017/9/12 00:54時点)
感想(21件)

ACDelco [ エーシーデルコ ] 輸入車バッテリー [ Premium EN ] LN3

新品価格
¥12,754から
(2019/10/14 18:36時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1013(014535-3370) DCP1013

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:11時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1009(014535-3360) DCP1009

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:14時点)

クルマはかくして作られる5 レクサスLSに見る高級車の設計と生産 (CG MOOK)

新品価格
¥3,024から
(2016/6/4 16:10時点)

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【送料無料】【s10】【海外×】【在庫有】【あす楽】

価格:4,860円
(2017/7/1 21:57時点)
感想(10件)

AESOP/イソップ レバレンス ハンドウォッシュ 500ml (B500BT17)

価格:4,428円
(2018/5/27 02:12時点)
感想(1件)

イソップ Aesop リンスフリーハンドウォッシュ 50ml [003024]

価格:1,020円
(2018/5/27 02:14時点)
感想(2件)

積水化学工業 レアルシルト RSDB 4枚セット デッドニング用超・制振シート【REAL SCHILD 30cm×40cm/厚さ1.9mm・バラ売り4枚セット】

価格:5,430円
(2015/6/21 00:05時点)
感想(20件)

積水化学工業 REALSCHILD レアルシルト・ディフュージョンESDB デッドニング用拡散シート1枚バラ売り【14cm×42cm/厚さ1.2cm】

価格:1,290円
(2015/6/21 00:07時点)
感想(17件)

<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ファン
プロフィール
なまっくすさんの画像
なまっくす
LEXUS車の話題を中心になるべく独自の視点でのんびり気ままにコメントしております。(車のメカニズム等の知識は全然ありませんのでご容赦願います)
プロフィール
QRコード