広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年09月27日

朝に自分の時間を作りましょう【2】

こんにちは。庶民xです。
前回からの続きで、朝にゆったりとした時間を過ごす事についてです。
30分くらい早く着いて、珈琲ショップでゆっくり過ごすのがお勧めです。
とはいえ、朝は忙しいし、頭の切替もできないよ~と言う方もいるでしょう。
私も始めはそうでした。

きっかけはただのヤケクソでした

そうなんです。頭の切替とか自己啓発とは程遠いです。
ただ単に、電車の遅延が打合せに影響したからなんです。

電車が遅れた事で、事前準備の段取りが狂い、ドタバタしたまま打合せのテーブルに
ついてしまいまして。
最初にトチるとあとはもうズルズルとそれに引きずられ、結局言いたいことが伝わり切らないまま
終わってしまいました。
電車の遅延は仕方ないです。誰も責められないです。
そもそもテンパるのが良くないんです。そんな性格を見直すのが先ですが・・・
でも、当時の私は思いました。「明日から早く家を出れば良い。今日30分遅れたから30分だ!」って。
1時間遅延してたら1時間早く出てたのかもしれません。単純でした(笑)

ちょっと(だいぶ?)ズレた考えから始まってますが、何度か珈琲ショップで過ごす内に習慣づいて、
気が付くと仕事の効率が上がってました。
貯金のペースも上がってきました。
朝でも落ち着いて過ごす人達を見て、物の見え方が変わったんだと思います。
zu1.png

まずは試してみませんか

はっきりいって朝は眠いです。私は低血圧なので余計に朝は辛いです。
でも、早く家を出られるように工夫して準備して、職場に着く前に一息つく時間を作ってみては
いかがでしょうか。効果に個人差はあると思いますが・・・

次回に続きます。
お読みいただき、ありがとうございました。




人気ブログランキング

2019年09月25日

朝に自分の時間を作りましょう【1】

こんにちは。庶民xです。
前回までは家を買う時のお金のやり取りについて書きましたが、
今回はお金が溜まりやすい習慣について、私が気づいた事をお話します。

30分早く家を出ましょう

いや、朝は忙しいんだから30分なんて無理・・・
そう思われるかもしれません。
でも、この30分ってとても大事なんです。

家でもない、職場でもないところで時間を過ごすのです。
私の場合は職場の近くの珈琲ショップです。
今は子育てをしながらパートをしてますが、それでもこの習慣は続いています。

zu1.png
珈琲ショップで何をするの?

何でも良いのです。
好きな音楽を聴いてのんびりしたり、気になっていた本を読んだり、
仕事の段取りを考えるたり、資格の勉強をしたり、などなど。

そして周りを見渡しましょう

朝は忙しいです。
でも、店内を見渡せば、忙しくても工夫して時間を作った人がいます。
店によっては、徹夜明けでバテている人が多い、なんて事もありますが、
そういう店は避け、次回は新しい店を探しましょう。

私の場合は、運良く1件目で落ち着いた人が多い店に当たったので、
この30分が有効に使える事に気づきました。
ドタバタしていた朝の家事の続きにいた自分に切替えスイッチが入り、
今日やらなくてはいけない事の優先順位や、自分が困っている事の対策など、
頭をすっきりと整理させてから職場に行く事ができました。

家から職場に直行すると、家のゴタゴタを持ち込んでしまいがちですが
(さすがに表面には出さないようにしてます、多分)
ワンクッション置く事で、朝からベストな状態を作る事ができるんじゃないかと思います。

次回に続きます。
お読みいただき、ありがとうございました。




人気ブログランキング




2019年09月23日

個人から借入れ【2】

こんにちは。庶民xです。
前回は、借用書の書き方について話をしました。
今回は、書ききれなかった注意点についてお話します。

借用書を使う時の注意

税務署に行って相談した際、「要はこの3つが守られていれば大丈夫です」と言われました。

   @返済期間が明記されている事
   A銀行で通常取り扱われている利息である事
   B振込事実を第三者が確認できる事

これらに該当すれば借用書と判断するそうです。
(@Aについては、前回お話した書き方を参照して下さい)

Bは、つまり支払履歴を残す事です。
※ネット銀行ならプリントアウトしたもので良いそうです。
※通帳記入はこまめにします(半年分がまとまってしまうなんて悲劇は避けましょう)。
※貸主側の「振り込まれた」証明は不要だそうです。

重要なのは借主が振り込んだ、という事実が証明できる事です。
また、当時と決まり事が変わっているかもしれませんので、
借入れ前にサンプルを税務署でチェックしてもらうと良いと思います。
zu5.png


借用書にサインした後は

原本は貸主が保有します。
必要な場合、借主はコピーを保管して下さい。

また、本来は不要ですが、公証役場で確定日付を付与してもらう事もできます。
ちなみに、手数料は1通700円です。これで「私文書」から「公文書」になります。
トラブルが起きた時に効果がありますが、私文書でも効力はありますし、
信頼関係があるなら不要だと思います。

あとがき

借用書って個人で作れるんです。
何年も前の事なので、今は変わってしまった部分があるかもしれませんが・・・。
社会人になると家だけでなく、車・結婚・介護などお金が必要な場面がいくつもでてきますので
資金調達の際に役に立つかもしれません。
お読みいただき、ありがとうございました。




人気ブログランキング

2019年09月21日

個人から借入れ【1】

こんにちは。庶民xです。
家を購入するとなると、お金のやり取りが色々と出てきます。
そんな時に個人から借入れる方法を知っておくと、資金調達の際に役に立つかもしれません。
今回は、借入れの際に必要な「借用書」の作り方についてお話します。
zu1.png

借用書の書き方

実際に使ったものを図に直してみました。
色々なサイトで調べ、また、直接税務署にもサンプルを持って行って辿り着いた書き方です。

【図1】
zu6.JPG

@ 文書名を明記します。
A 念のため、漢数字で書きます(改ざん防止のため)。
  もし、1,500万円なら「金壱阡伍珀萬円也」となります。
B 一括返済ならここに年月日を書きます。
C 分割払いにするなら、いつから・毎月何日に・いくらを・合計何回払うか、を書きます。
  金額計算の元になる年利も書いておきます。
D 借主の名前を書きます(ここでは庶民xの夫です)。
  印鑑以外はパソコンの文字で大丈夫ですが、念のため手書きにしました。
E お金を受け取った日にちです。
  Cの日付よりは前にしましょう。
F ここでは庶民xの夫の名前と住所です。免許証通りに書きましょう。印鑑は実印です。
G ここでは庶民xの夫の母の名前と住所です。免許証通りに書きましょう。印鑑は実印です。
H 収入印紙を貼り、借主と貸主で捺印します。
  ちなみに、500万円なら2,000円です。500万円を超えると1万円に跳ね上がります。

あとがき

借用書は個人で作れます!(家を買うまで知りませんでした・・・)
法律事務所などに依頼すれば数万円かかりますが、自分で作れば無料ですし
念の為、借入れる前にサンプルを税務署に見てもらえば更に安心です!
ただ、注意事項もありますので次回にお話します。
お読みいただき、ありがとうございました。




人気ブログランキング
posted by 庶民x at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 節税

2019年09月17日

贈与税を減らしましょう【3】

こんにちは。庶民xです。
前回は、生前贈与で贈与税を450万円から53万円に減らしたお話をしました。
今回は残りの53万円の減らし方についてです。

あと500万円を非課税にするには

夫の両親から1,000万円を生前贈与で受け取ったとしても、
残り500万円はどうにもならないのか・・・。
この時点での資金繰りです。

【図1】
zu2.JPG

Cの500万円に贈与税がかかった場合の計算は【図2】になります。

【図2】
zu3.JPG

Cの500万円にかかる税金は53万円になります。
最初は450万だったので53万なら払えるかも・・・とも思いましたが、
それでも53万って。
もう少し調べてみよう、と更にあがいてみる事にしました。

贈与ではなく借入れにしましょう

そして、たどり着いた方法が「夫の母からの借入れ」です。
お金をもらうだけだと贈与税がかかってしまいますが、
借入れと言う形にして、夫の母に利息を払えば贈与とはならないのです。
(細かく言うと、夫の母には利息分が雑所得になり、税金が0にはならないのですが)

利息は当時の一般的な利息を参考にして、年率2.5%にしました。
月々の返済額は47,134円、返済額のトータルは5,656,080円となります。

支払額が増えてる?

ここまで読まれた方は「贈与税は確かに0円だけど、利息が65万もある。贈与なら53万だから
贈与の方が安く済むのでは?」と思われたかもしれません。
確かに、金額で言えばそうなります。
贈与の方が12万円安いです。

でも、税金として払うより身内に払った方が良いと思いませんか?
生前贈与と合わせると1,500万円も出してくれるのです。
夫と話し合い、500万円だけでも利息を付けて返そう、となりました。

あとがき

贈与ではなく借入という形にする事で、53万円の節税です。
でも、利息は65万円なので、今回は「節約」ではなく「節税」なのですが。
(節約を期待していた方、すみません)
ちなみに、借入れについては、きちんと書類を作る必要があります。
書き方や注意する点等は、次回で説明します。
お読みいただき、ありがとうございました。





人気ブログランキング
posted by 庶民x at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 贈与税

2019年09月14日

贈与税を減らしましょう【2】

こんにちは。庶民xです。
前回は、贈与税を450万円から0円にしたお話をしました。
どう減らしたか、さっそく本題に入ります。
父母の贈与でも非課税枠があります

贈与税が450万円もかかる事に驚き、何とかしようと調べていた時に出てきた言葉が
「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税」です。

何だか長い・・・。
まとめると「家を買う目的で父母や祖父母からお金をもらうなら税金はかからない」
という事です。
上限金額は、時期や住宅のタイプで変わりますが、庶民x家の場合は1,000万円まででした。
これで1,000万円分が非課税にできます。

ちなみに、直系尊属はこのようになります。
【図1】
図1.JPG

本題に戻り、適用前の内訳です。

【図2】
図1.JPG

この場合の贈与税は、Bの夫の父から贈与に対してかかり、450.5万円となります。
※計算については前回のブログを参照して下さい。

しかし、直系尊属から住宅取得・・・(長いので「生前贈与」とします)を使うと【図3】になります。

【図3】
図2.JPG

もし、1,000万円をそのまま贈与で受け取ると、かかる贈与税は231万円ですが、
生前贈与にするだけで、Bにかかる税金がなくなりました。
(適用するには年度末に確定申告が必要です)

ちなみに生前贈与については、小規模宅地等の特例が使えなくなるデメリットもあります。
国税庁:相続した事業の用や居住の用の宅地等の価額の特例(小規模宅地等の特例)

なので、生前贈与が必ずしも良いわけではありません。ケースバイケースです。
小規模宅地等の特例については、いずれお話したいと思います。
あとがき

1,500万円をそのまま受け取ると450万円の税金がかかりますが、
特例を使うだけで、53万円まで下げる事ができます(Cの500万円にかかる贈与税です)。
とはいえ、53万円でも痛い出費です。
次回は、その53万円を0円にした詳細をお話します。
お読みいただき、ありがとうございました。





人気ブログランキング
posted by 庶民x at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 贈与税

2019年09月13日

贈与税を減らしましょう【1】


こんにちは。庶民xです。
前回は挨拶だけで終わってしまったので
今回は本題に入り、今までで一番節約できた事からお話します。
贈与税について

家の購入を考える時に、両親や祖父母から資金を援助してもらう事があると思います。
その時に「贈与税」という大きな壁が出てくるのです。
図3.png
家の支払の内訳

買う家を決めた後、夫とお金を出し合い共有名義にする事にしました。
具体的には、私1,500万円・夫3,000万円です。
更に言うと、夫の3,000万円の内、夫自身の貯金は1,500万円、
夫の父からの贈与は1,500万円、となります。
こんな感じです。

【図1】
図2.JPG

ところが、このまま進めると贈与税は450万と5千円になります。図5.JPG
国税庁:贈与税の計算と税率(暦年課税)

450万円って??・・・!!!
贈与税とは縁のない生活をしてきたので、この金額に驚きました。
1,500万もらったはずが、手元に来るときには1,049万と5,000円になってしまうなんてショックです。
もう、調べに調べました。
贈与税は減らせます!

そうしたら、色々あるんですね。暦年贈与・生前贈与・特例贈与などなど。
頭をフル回転させて、落ち着いた支払方法が【図2】です。
この形で支払えば贈与税は0円です。

【図2】
図1.JPG

あとがき

支払う形を変えるだけで、450万円もかかる贈与税を0円にする事が出来ました。
ここまでお話するだけで長くなってしまったので
カラクリ(?)は次回で説明します。
お読みいただき、ありがとうございました。




人気ブログランキング
posted by 庶民x at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 贈与税

ご挨拶

初めまして。庶民xです。
父はサラリーマン・母は専業主婦、という普通の家庭で育った2人の子持ち主婦です。

私は高卒で就職しました。職場は幾つか変わりましたが、
18年後に手元にあった資産は、現金が1,700万円と株が100万円です。
そして、夫にも貯金があり、ありがたい事に夫の両親から援助があったので、
36歳で夫と共有名義で新築の家を買いました。
ローンを組まず現金一括払いでした。

高卒なので給料は高くありませんが、
それでも、少しコツがあればそんな状況でもお金を貯める事はできます。
そのコツや今までの生活の仕方などを、この場をお借りして少しずつお話していきます。

既にご存知のネタや、パッとしない内容もあるかと思います。
また、身の回りを取り巻く環境や価値観も人それぞれなので、
「こんなに頑張ってこれだけの効果か」、あるいは逆に
「これだけの頑張りでこんなに効果がでるのか」も人それぞれだと思います。
しかし、ご縁あってこのブログを読まれた方の、少しでも力になれたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。
posted by 庶民x at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶
ファン
検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
庶民xさんの画像
庶民x
父はサラリーマン・母は専業主婦、という普通の家庭で育った 2人の子持ち主婦です。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。