広告

posted by fanblog

2019年09月17日

贈与税を減らしましょう【3】

こんにちは。庶民xです。
前回は、生前贈与で贈与税を450万円から53万円に減らしたお話をしました。
今回は残りの53万円の減らし方についてです。

あと500万円を非課税にするには

夫の両親から1,000万円を生前贈与で受け取ったとしても、
残り500万円はどうにもならないのか・・・。
この時点での資金繰りです。

【図1】
zu2.JPG

Cの500万円に贈与税がかかった場合の計算は【図2】になります。

【図2】
zu3.JPG

Cの500万円にかかる税金は53万円になります。
最初は450万だったので53万なら払えるかも・・・とも思いましたが、
それでも53万って。
もう少し調べてみよう、と更にあがいてみる事にしました。

贈与ではなく借入れにしましょう

そして、たどり着いた方法が「夫の母からの借入れ」です。
お金をもらうだけだと贈与税がかかってしまいますが、
借入れと言う形にして、夫の母に利息を払えば贈与とはならないのです。
(細かく言うと、夫の母には利息分が雑所得になり、税金が0にはならないのですが)

利息は当時の一般的な利息を参考にして、年率2.5%にしました。
月々の返済額は47,134円、返済額のトータルは5,656,080円となります。

支払額が増えてる?

ここまで読まれた方は「贈与税は確かに0円だけど、利息が65万もある。贈与なら53万だから
贈与の方が安く済むのでは?」と思われたかもしれません。
確かに、金額で言えばそうなります。
贈与の方が12万円安いです。

でも、税金として払うより身内に払った方が良いと思いませんか?
生前贈与と合わせると1,500万円も出してくれるのです。
夫と話し合い、500万円だけでも利息を付けて返そう、となりました。

あとがき

贈与ではなく借入という形にする事で、53万円の節税です。
でも、利息は65万円なので、今回は「節約」ではなく「節税」なのですが。
(節約を期待していた方、すみません)
ちなみに、借入れについては、きちんと書類を作る必要があります。
書き方や注意する点等は、次回で説明します。
お読みいただき、ありがとうございました。





人気ブログランキング
posted by 庶民x at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 贈与税
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/9207634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
庶民xさんの画像
庶民x
父はサラリーマン・母は専業主婦、という普通の家庭で育った 2人の子持ち主婦です。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。