広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年12月04日

2017秋_2度目のシンガポール・・不思議がつまった川の世界へ『リバーサファリ』体験記D

世界最大の淡水生物専門の動物園リバーサファリ

世界中の8つの大河を再現したこの観光施設は、
淡水生物専門の動物園として世界最大級の規模を誇っています。ひらめき
12ヘクタールの敷地には300種類、500匹の動物や魚類が飼育されているそうです。

世界の大河のうち7つの大河が再現展示されているエリア
リバー・オブ・ザ・ワールド」の最後のエリア「長江」にあるのが・・・

大熊猫竹林(ジャイアントパンダ フォレスト)
DSCN2040.JPG

淡水生物専門の動物園のはずなのに、とても立派なエリア
もちろん一番人気なのでしょう。ぴかぴか(新しい)
DSCN2044.JPG

パンダは、本来、寒冷な高山地帯に住んでいる動物。
ですから、リバーサファリのパンダ舎は、
見学路も含めて、エアコンの効いた超豪華なドーム状の建物の中にあるのです。

見学路とパンダがいる展示場の間に、ガラスなどの遮蔽物がないので、
ビックリするほど近くにパンダがいるように感じられます!
飲食や大声でのおしゃべりはもちろん、カメラのフラッシュ撮影も禁止ですよ。目
DSCN2048.JPGDSCN2046.JPG


レッサーパンダ
パンダ舎に足を踏み入れてまず現れるのは、実は、レッサーパンダです。
DSCN2049.JPG

見学路の上には、アーチ状に木の橋が渡されており、
ここをトコトコとレッサーパンダが渡る様子が見学できます。
レッサーパンダをとても間近にみることができる展示になっています。
DSCN2055.JPG

こちらもジャイアントパンダに劣らない愛らしさ。ぴかぴか(新しい)
木の上にじっとしてときには見逃しそうなので、注意して探してみて下さい。
RiverSafari_13.jpg


さて、お待ちかねの ジャイアントパンダ のエリアです!
DSCN2047.JPG

ここには、2頭のジャイアントパンダがいます。
そのまず1頭目は・・・

カイカイ(凱凱 KAI KAI)
DSCN2070.JPG
DSCN2057.JPG
やんちゃなオスのジャイアントパンダです。
この日は、木の上でのんびりお昼寝モード。
最初はピクリともせずお休みでしたが、しばらく見てるとごそごそ動いてくれました。揺れるハート
RiverSafari_11.jpg


2頭のパンダ舎をつなぐ通路には、パンダの豆知識コーナーが!
パンダに関するいろいろな豆知識がパネル展示されてて、ためになります。
DSCN2061.JPGDSCN2063.JPG


さて、2頭目のジャイアントパンダは・・・

ジァジァ(嘉嘉 JIA JIA)
DSCN2065.JPG
DSCN2066.JPG

ちょっとシャイなメスのジャイアントパンダです。
こちらの方が元気に動き回っていて可愛らしかったです。
見学しているうちにご飯の時間に・・・。
身体もふっくら丸みを帯びていて、美人さんに見えますね。揺れるハート
RiverSafari_12.jpg

パンダ舎の最後には、ギフトショップ。
キャラ商品がずらりと並んでいましたが、実物の方が可愛らしいかな。
DSCN2090.JPGDSCN2045.JPG


最後に、パンダのレストランMAMA PANDA KITCHEN
点心っぽい軽食を楽しめるレストラン。
パンダの顔の「パンダまん」が大人気です!
DSCN2091.JPGDSCN2092.JPG

初めてのパンダに大興奮!
広くて居心地の良さそうなパンダ舎で、悠々と過ごしているパンダ。
手の届きそうなくらいの距離感で、満足いくまで見ることができました。揺れるハート


さて次は、園内の左半分を占める「WILD AMAZONIA」エリアにレッツゴー!


シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!


2017年12月01日

2017秋_2度目のシンガポール・・不思議がつまった川の世界へ『リバーサファリ』体験記C

世界最大の淡水生物専門の動物園リバーサファリ

世界中の8つの大河を再現したこの観光施設は、
淡水生物専門の動物園として世界最大級の規模を誇っています。ひらめき
12ヘクタールの敷地には300種類、500匹の動物や魚類が飼育されているそうです。

世界の大河のうち7つの大河が再現展示されているエリア
リバー・オブ・ザ・ワールド
@ミシシッピ川、Aコンゴ川、Bナイル川 に続く後半です。


Cガンジス川
次のコーナーはインドのガンジス川。
ヒマラヤ山麓の氷河を水源として、2500km以上を流れてベンガル湾に注ぐ大河です。
見どころ:大きなインドガビアルのつがい。
DSCN2007.JPG

インドガビアルというのは、ワニの一種で、
オスの鼻先がヒンドゥー語のガラ(壺)のように盛り上がっているらしい。
どこに? 残念ながら見当たらず・・・
RiverSafari_06.jpg

Dマレー川
次のコーナーはマレー川、オーストラリアで一番長い川です。
オーストラリア大陸の7分の1、2300kmを蛇行して、南極海に注いでいます。
見どころ:オーストラリアン・レインボー・フィッシュやオーストラリア肺魚など。
RiverSafari_07.jpg

キラキラした熱帯魚が、川に横たわる倒木を棲家としている様子などが
再現されていて、とてもキレイでした。
RiverSafari_08.jpg

Eメコン川
次に現れるメコン川のコーナー。
メコン川は、中国の雲南省からミャンマーとラオスの国境、タイとラオスの国境、
カンボジアおよびベトナムを流れる大河です。
見どころ:大きな魚たちが悠々と泳ぐ大パノラマ水槽
DSCN2014.JPG

誰もが目を見張るパノラマ水槽が、目の前に広がります!ぴかぴか(新しい)
DSCN2019.JPGDSCN2028.JPG

パノラマ水槽の中を泳いでいるのは、コイ科では最大級のバーカーホーや、
植物や藻だけを食べる魚類の中では最大のメコンオオナマズや大きなエイ。
雄大な景色に時間を忘れて見とれてしまいます。目
RiverSafari_09.jpg
DSCN2032.JPG

また、メコン川のコーナーでは、
水中にひそむエサを狙うカニクイザルの展示もあります。
DSCN2015.JPGDSCN2018.JPG

そして、シロトキコウの展示も。
" 赤ん坊を運んでくるコウノトリ " のことですね。
DSCN2029.JPGDSCN2030.JPG

F長江
長江は、中国を流れる全長 6300kmの大河。
中華人民共和国およびアジアで最長、世界でも第3位の大河です。
見どころ:淡水生物専門の動物園のはずが、一番人気はもちろんパンダ。
DSCN2034.JPG
チュウゴクオオサンショウウオ、チョウザメなど
珍しい魚も展示されてはいますが、どこか控えめ。パンダに全力投球の感じです。(≧▽≦)
RiverSafari_10.jpg

長江コーナーの水槽は、もはや前振り。
いよいよ、リバーサファリ最大の目玉、ジャイアントパンダの登場です!

シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!

2017年11月30日

2017秋_2度目のシンガポール・・不思議がつまった川の世界へ『リバーサファリ』体験記B

世界最大の淡水生物専門の動物園リバーサファリ

世界中の8つの大河を再現したこの観光施設は、
淡水生物専門の動物園として世界最大級の規模を誇っています。ひらめき
12ヘクタールの敷地には300種類、500匹の動物や魚類が飼育されているそうです。

さて、いよいよ入園です!ダッシュ(走り出すさま)
DSCN1985.JPG

園内は大きく二つに分かれていて、
そのひとつは、園内の左半分を占めるRIVER OF THE WORLD
こちらには、世界の大河のうち7つの大河が再現展示されているエリアです。
(ミシシッピ川・コンゴ川・ナイル川・ガンジス川・マレー川・メコン川・長江)

もうひとつは、園内の右半分を占めるWILD AMAZONIA
アマゾン川の再現展示を、ボートに乗って見学することができるエリアです。

園内は、順路に沿って大きく時計回りに見学します。目
DSCN2027.JPG

入園ゲートを入った左手に「リバー・オブ・ザ・ワールド」への入口。
長く続くエントランスを歩いていうちに、期待がどんどん膨らみます。ぴかぴか(新しい)
DSCN1986.JPGDSCN1987.JPG

さあ!この扉の向こうには、未知の世界が待っています!
RIVER OF THE WORLD
DSCN1989.JPG

この施設の素晴らしいところは、
ただキレイな水槽が並んでいるだけではなくて、水上も含めて、
実際に生息している環境を再現した展示になっているところです。
エリアごとに、淡水生物以外の生物もチラホラ登場しますよ。(≧▽≦)
RiverSafari_02.jpg

@ミシシッピ川
順路の最初にあるのがミシシッピ川のコーナー。
ミシシッピ川は世界で4番目に長い川で、アメリカの10の州を蛇行して流れています。
見どころ:ワニガメ、アリゲーターガー、ヘラチョウザメなどの珍しい淡水生物。
DSCN1994.JPG

悠々と泳ぐアリゲーターガーの群れは大迫力!
しばらく粘りましたが、ワニガメはじ〜っとしたまま動かないので、
良い写真は撮れませんでした。ふつーの亀はたくさんいるのに・・・( *´艸`)
RiverSafari_03.jpg

Aコンゴ川
次に現れるのはコンゴ川のコーナー。
中部アフリカを流れて大西洋に至る大河です。
見どころ:他では見られない小さな美しい熱帯魚たち。
DSCN2000.JPG

コンゴ川には、600種類以上の魚が生息していますが、
そのうちの80%はコンゴ川のみに生息していて、他の地域では見られないものだそうです。
RiverSafari_04.jpg

Bナイル川
コンゴ川に次いで現れるのは、同じくアフリカを流れるナイル川のコーナー。
この大河は、世界最長の川で全長6,650km。
さまざまな種類の魚が、異なった水深の部分で棲み分けをしています。
見どころ:体全体に黒いストライプ模様をまとったタイガーフィッシュ。
RiverSafari_05.jpg

タイガーフィッシュは「アフリカの牙」の異名を持つ魚。
水中の物陰に潜み、近くを通りかかった獲物に襲い掛かるという、
鋭い歯を持った典型的なハンター魚なんだって!
DSCN2006.JPG20171026_110741.jpg

もともと淡水魚にはなんの興味もなくて、
パンダのいるところまでは、サーっと流すつもりだったのですが・・・

いざ見てみると、その展示の迫力に、目はくぎ付け!ひらめき
ひとつひとつの水槽の前で、一生懸命写真を撮ってしまいました。揺れるハート

まだまだ展示は続きます。
次のコーナーは、インドのガンジス川です。

シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!

2017年11月29日

2017秋_2度目のシンガポール・・不思議がつまった川の世界へ『リバーサファリ』体験記A

JTB主催のオプショナルツアー
不思議がつまった川の世界へ・リバーサファリ

シンガポールには、現在、大きな動物園が3つもあります。
それが、シンガポール動物園・ナイトサファリ・リバーサファリです。

その中の一つ、
リバーサファリ』というのは、アジア初の「川」がテーマの淡水水族館。
淡水環境の動植物を観察できる動物園で、淡水生物の数では世界最大規模。ぴかぴか(新しい)

実は、淡水生物にはあまり関心はなかったのですが、
何故かここには " パンダ " がいるらしいとのことで、
一度パンダを見てみよう、と楽しみにしていたツアーなのです。(≧▽≦)


さて、リバーサファリの入園ゲートに到着したところで、
そのすぐ隣に大きなスターバックスを発見!目
早朝からバタバタしたのでここでひと息、入園前にコーヒーブレイクです。
DSCN1973.JPG

モダンなデザインですが、周りの自然にも調和した雰囲気。
見慣れたスターバックスも、外国だとグッとカッコよく感じます。
DSCN1982.JPGDSCN1980.JPG

広々とした開放的な店内。
ジャングルの様な園内の緑が目の前に広がっていて、気持ちいいです。揺れるハート
DSCN1981.JPG

ダークモカフラペチーノ(トール)7.60 S$ と カフェモカ(ショート)7.00 S$
味はさすがに日本と一緒。安心の美味しさですね。(≧▽≦)
DSCN1983.JPG

人気沸騰中の『ベアリスタ』もいっぱい!
スタバで不定期に販売されているクマのぬいぐるみです。
期間限定のベアリスタは「ホリデー2017ベアリスタボーイ
DSCN1979.JPG

シンガポール限定のベアリスタもとてもキュートです!揺れるハート
シンガポールの象徴マーライオンのベアリスタと赤い帽子のサムスイベアリスタ

サムスイと言うのは、シンガポールやマレーシアに1920年から移民して来て、
国のインフラを整備した中国人の女性のこと。赤い帽子が可愛いです。
DSCN1977.JPGDSCN1976.JPG

マニアの間で大人気の「2017 スターバックス × モレスキン ダイアリー」も
シンガポール限定のデザイン!
そして、これまたシンガポール限定デザインのマグカップも一緒に押さえておきたいところです。
DSCN1975.JPGDSCN1978.JPG


そして、これはお店の外にあるお手洗いの内観ですが・・・
お手洗いの中までジャングルみたい! そして清潔でした。ぴかぴか(新しい)
DSCN1984.JPG

あまりにも快適で、随分、こんなところで長居してしまいました。(≧▽≦)
さあ、いよいよリバーサファリ入園です!ダッシュ(走り出すさま)

シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!

2017年11月28日

2017秋_2度目のシンガポール・・不思議がつまった川の世界へ『リバーサファリ』体験記@

今回のシンガポール旅行の宿泊先は、
マンダリン オリエンタル シンガポール
マリーナ ベイを見渡せる場所に建つ、5ツ星のラグジュアリー ホテルです。ぴかぴか(新しい)

この日、空港から朝一番でこのホテルを目指したのは、
まず大きな荷物を預けるという目的とは別に、実は、
予約してあったオプショナルツアーの集合場所だったから。ひらめき
DSCN2291.JPG

空港からの移動に、MRTをチョイスしてしまったために、
通勤ラッシュに巻き込まれてヘトヘトになったうえに、
最寄駅からホテルまでの道順がとても分かりにくくて迷いに迷って、
ホテルにたどり着いたのは、なんとか集合時間ギリギリ。あせあせ(飛び散る汗)

最寄駅から近い近いと思って、油断してました。
このあたりの道順は、知っているのと知らないので大違い!
このあたりの事情については、また後日レポートしますね目


さて、この日朝一番に予定したオプショナルツアー!
深夜便のフライトで疲れているであろう初日は、
ツアーバスに乗せてもらうのが賢明では・・との判断でしたが、
結果的にこれは大正解でした。ひらめき

参加したツアーは、JTB主催
不思議がつまった川の世界へ・リバーサファリ

リバーサファリ』というのは、アジア初となる「川」がテーマの淡水水族館。
淡水環境の動植物を観察できる動物園で、淡水生物の数では世界最大規模だとか。
観光地が集まった中心部からは少し離れた郊外にあるので、
ツアーで連れて行ってもらえるとシンガポール初心者にとっては安心です。

このツアーでは、ホテルまでマイクロバスで迎えに来てくれた後、
ガイドさんがリバーサファリの入口付近まで案内してくれます。そして、
手配してくれたチケット(1日券)を受け取った後は、全くの自由行動。
帰りも自分で自由に帰るという、とても自由度の高いツアーなのです。揺れるハート

ホテルからリバーサファリまで、
他のホテルもいくつか立ち寄りながら、1時間くらいのバスの旅。
景色を楽しみながらのんびりと休憩することができました。
DSCN2172.JPG

帰りは自分で帰らなければならないので、
バスを降りたところで、キョロキョロ帰りのバス乗り場をチェックです!
折角のチャンスなので、最寄りのMRTの駅まで路線バスで帰る計画なのです。ひらめき
DSCN1955.JPG

そして、まずは目の前にあるチケットブースへ。
隣にあるシンガポール動物園とリバーサファリの共通のチケットブースです。
DSCN1962.JPG

今回は、ツアーでの参加なので、チケットはガイドさんが購入してくれました。
アマゾンリバー・クエスト・ボート・ライド」という有料のアトラクションが
あるのですが、それもツアー料金に含まれてます。揺れるハート
20171026_095716.jpg20171026_095926.jpg

チケットブース前の広場は、開園時間前だというのに大勢の人。
引率の先生に連れられた子供たちもたくさんいて、動物園らしい雰囲気です。
DSCN1958.JPG

ここに、食事のできるフードコートのようなエリアもあるので、
腹ごしらえをしてから入園するも良し、歩き疲れて休息するも良しでしょう。
DSCN1963.JPG20171026_094553.jpg

個性的なお店がたくさん並んでいて、どのお店も美味しそう!
シンガポールでは、どんな料理も口に合うので、食欲全開です。(≧▽≦)
RiverSafari_01.jpg

リバーサファリへの誘導路をずんずん進んでいくと・・・
DSCN1967.JPGDSCN1968.JPG

リバーサファリの入園ゲートが見えてきます。目
開園は10時。ちょうど開園時間に入れるように配慮されたツアーです。
DSCN1970.JPGDSCN1971.JPG

もし開園時間までに時間があるようなら、
すぐ隣のスーベニアショップを覗いてみるのも楽しいかも。ひらめき
DSCN1969.JPG

シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!

2017年11月24日

2017秋_2度目のシンガポール・・チャンギ空港のアクセス事情 ー通勤ラッシュのMRTー

チャンギ空港到着の朝。晴れ
心配していた天気もまずまずの様子で一安心。
湿度の高い暑さが、とてもシンガポールらしいです。

さて、この日の最初の予定は、
まず宿泊予定のホテルを訪れて、荷物を預けること。
はやく身軽になって、市内観光に繰り出したいものです。ダッシュ(走り出すさま)

前回は、ツアーバスでの移動だったので
自力で空港から市内に向けて移動するのは、今回が初めて。(≧▽≦)

もともと、市内観光では、地下鉄&徒歩派の我が家。
事前に調べておいたシンガポールの電車バスの乗り放題カード
シンガポールツーリストパス』をフル活用しようと考えていたので、
迷わず、電車乗り場へ向かいました。

シンガポールツーリストパスというのは、
旅行者向けの電車・バスの乗り放題パスで、
 1日用 20S$(デポジット10S$含む)
 2日用 26S$(デポジット10S$含む)
 3日用 30S$(デポジット10S$含む)
小銭をいちいち用意して切符を購入する必要がなくて、
地下鉄をたくさん使うのであれば金額的にもお得なのかも。ひらめき
最初に " 3日用 " を購入して、とことん有効活用する計画です!


電車乗り場は、到着ゲートを出て右手方向。
DSCN1948.JPG

長いエスカレーターを乗り継いで地下まで下りていくと・・・
DSCN1950.JPG

正面に地下鉄(MRT)の改札が見えてきました。目
DSCN1951.JPG

さて、ここで予想外のトラブル発生!

改札で『シンガポールツーリストパス』を購入しようとすると、
チケット担当のお姉さん曰く、
「シンガポールツーリストパスの販売は、チケットオフィス オンリー」
「だけど、チケットオフィスは、12時からのオープンなのよ・・・」
的なことおっしゃってます!

嘘でしょ! 現在時刻は朝8時くらい。
なるほど、エスカレーターを降りて左手前奥に
チケットオフィスが見えていますが、真っ暗ですね。あせあせ(飛び散る汗)

チケットオフィスは、すべての駅にある訳ではなくて、
主要駅13駅にだけあるようです。
しかも、営業時間がまちまちなので注意が必要です。ご参考まで。ひらめき
DSCN2978.JPG

旅行者が24時間降り立つチャンギ空港にある駅なだけに、この駅くらいは、
MRTの営業時間に合わせてチケットオフィスも営業してて欲しかった・・・
なんて思いながら、仕方なく、スタンダードチケットを購入しました。

シンガポールのチケット販売機は、
路線図上で到着駅を選んで、必要な運賃を投入するというシステム。
使い方は簡単ですが、10S$紙幣以上の高額紙幣が使えません。これも要注意!ひらめき
DSCN1952.JPG

ホームが、これまた広くて、
最初、どの電車に乗ったらよいのか迷います。
分かってみれば、とても簡単!

チャンギ空港は始発駅なので、悩まずに、乗りましょう。
2つ目のタナ・メラ駅が終点で、東西線のAシティ・ホール方面行きに乗り換えます。
シティ・ホール駅まで30分程度でしょうか。
DSCN1953.JPG

ただ、この東西線というのは、オフィス街のど真ん中を通る路線。
時間帯も時間帯なだけに、凄まじい通勤ラッシュに巻き込まれました。あせあせ(飛び散る汗)
大きなトランクを持って乗るべき電車ではないなと感じました。
市民の足という役割が大きいのが、MRTなのです。

モタモタしていると扉に挟まれますよ。あせあせ(飛び散る汗)

各種ガイドブックを見ても、チャンギ空港のアクセスで
MRTについて大きく取り上げていないことに、ようやく納得。
バスやタクシーで移動する方が、スマートで賢い方法なんですね。

実際に経験してみて、しみじみと実感しました。

シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!

2017年11月23日

2017秋_2度目のシンガポール・・異国情緒満載!おもてなし感が心地よいチャンギ空港

降り立った瞬間から異国情緒満載のチャンギ空港。
シンガポールらしく緑があふれていて気持ちがいいです。揺れるハート
DSCN1937.JPGDSCN1944.JPG

私の知っている空港は、どこの空港も
飛行機を降りたらイミグレ目指してまっしぐら!
無機質な通路を足早に駆け抜けるというイメージですが、
チャンギ空港はひと味違います。ひらめき

チャンギ空港は、入国審査に向かうまでの途中にも
くつろげるスペースやいろいろなショップが並んでいて、
ゆったりとした気分で入国の手続きに向かえます。ぴかぴか(新しい)

例えば、こんな楽しいクレヨンコーナー!
DSCN1938.JPG

大きなテーブルの上には、模造紙と色とりどりのクレヨンが用意されていて、
木版画のような版がずらりと並んでいます。すべて異なるデザインで楽しい!
DSCN1939.JPGDSCN1942.JPG

版の上に紙をのせて、クレヨンでこするだけなので子供でも簡単。
どれをとってもシンガポールらしい図案で、あれもこれも欲しくなってしまいます。
DSCN1941.JPGDSCN1943.JPG

まだ入国審査も終わってないのに、時間を忘れて夢中に・・・
自分だけの思い出の作品ができてしまう素敵な企画です。揺れるハート
DSCN1940.JPG

思いがけず、随分のんびりと過ごしてしまった後、
無時入国審査を済ませて、預けた荷物を受け取りました。

ここにもベンチのある広いスペースがあるので、
ゆっくりと荷物の整理をし直したり、お手洗い休憩をとったりできました。
そして、前回の経験から、両替もここで済ませてしまいましたよ。ひらめき
DSCN1945.JPGDSCN1946.JPG

準備万端、いよいよシンガポールの市内に向けて出発です。ダッシュ(走り出すさま)

前回は、ツアーバスでの移動だったので
ぼーっと座っているだけで、いつの間にかマリーナ地区に到着したのですが、
自力で空港から市内に向けて移動するのは、今回が初めて。(≧▽≦)

もともと、市内観光では、地下鉄&徒歩派の我が家。
事前に調べておいたシンガポールの電車バスの乗り放題カード
シンガポールツーリストパス』をフル活用しようと考えていたので、
迷わず、電車乗り場へ向かいました。

到着ゲートを出て右手方向ですね。目
DSCN1948.JPG

この判断が、とんでもないことになろうとは・・・あせあせ(飛び散る汗)
チャンギ空港のアクセス事情については、また後ほどご報告します。
実際に経験しないと分からないことって、やっぱりありますよね!

そんなことになろうとはつゆ知らず。
いそいそと電車乗り場へ向かう途中で、こんな素敵なカフェを発見!
韓国ではおなじみのチェーン店「PARIS BAGUETTE(パリバケット)」ですね。
DSCN1949.JPG

市内に向かう前にちょっと腹ごしらえという方には最適かも!
機内食の朝食でお腹いっぱいだったのが残念でした(≧▽≦)

シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!

2017年11月22日

2017秋_2度目のシンガポール・・ラウンジの次はもちろん!機内食!!

いよいよ搭乗時刻になりました。
23時25分出発の深夜便にも関わらず、ロビーは大勢の人たちでいっぱい。
DSCN1904.JPG

席ごとにクッションとブランケットが準備されているエコノミークラス。
さすがに広いとは言い難いシートですが、座り心地はまずまず。
席に着くなり眠りだす人もいるのは深夜便ならでは。満席状態での出発です。
DSCN1906.JPGDSCN1909.JPG

前の座席に付いてる収納スペースは、なかなか機能的。ぴかぴか(新しい)
たくさんモノが収納できて、長時間のフライトには助かります。
ちょっと興奮して眠れそうにないので映画でも観てすごします。(≧▽≦)
DSCN1910.JPGDSCN1905.JPG

搭乗と同時に配ってくれたエチケットセット。
歯磨きセットにはデンタルフロスまで付いてて気が利いてます。
あと、着替え用のソックスも入ってました。目
DSCN1947.JPG

パイレーツ・カリビアンを1本見たところで、たまらずウトウト。あせあせ(飛び散る汗)
熟睡とはいかないまでも、まあまあ眠れたように思います。
シンガポールには何事もなく着々と近づいているようです。
DSCN1926.JPG

さて、早朝の 4時30分くらいでしょうか。
どことなくざわざわとした雰囲気に目を覚ますと・・・
朝の機内食の時間のようです。ぴかぴか(新しい)

こんな時間でも、やっぱり機内食はうれしい!
あらかじめ配られていたメニューも可愛らしくてテンションUP!
シンガポール航空 70周年を記念した期間限定の特別機内食とのことで
楽しみにしていたのです〜。揺れるハート
DSCN2971.JPGDSCN2970.JPG

お品書きは、
  季節のフルーツ
  鮭の幽庵焼き、たこ煮と炊き込みご飯
  パンとバター
  コーヒーと紅茶、ジュース
  煎茶
20171026_044051.jpg20171026_044142.jpg

メインは、もちろん、熱々に温められてサーブされます。
味付けが絶妙の幽庵焼きと炊き込みご飯。まさに日本人好みの味。揺れるハート
しっかりした味付けのたこが、噛めば噛むほど旨みがあふれて美味しかったです。
20171026_044216.jpg

カトラリーセットに入ってた調味料。
イラストのデザインがカワイイ!
20171026_045908.jpg

さて、そんなこんなでやっと到着したチャンギ空港。早朝 5時 5分の到着。
身体中が少々痛いのもなんのその、シンガポール到着の喜びで足取りも軽やかです。
到着ロビーの床がずっと分厚い絨毯生地で、高級感のある空港です。
DSCN1934.JPG

入国審査に向かうまでに、すでにこんな異国情緒あふれるお出迎え。
今回の旅行では、どんな楽しい出来事があるのかワクワク、ドキドキ!
気分がいやおうなしに盛り上がってきます。
20171026_065504.jpg

緑あふれるシンガポール、大好きです。揺れるハート


お得なシンガポール旅行はこちらから!





2017年11月21日

2017秋_2度目のシンガポール・・旅の始まりはやっぱりここから・・

2度目のシンガポール旅行。
やりたいことがいっぱい!待ちに待った旅行です。

今回の空港までのアクセスは、関空特急『はるか

大阪市内から、関西空港に公共交通機関でアクセスする方法は、
@はるか A関空快速 Bリムジンバス の3通りなのですが、
それぞれ一長一短。

今回のフライトは深夜便なので、
仕事終わりに、急いで空港へ向かう必要がありました。
少しでも移動時間を節約したかったので、
移動時間が最も短い『はるか』を選択して大正解!
楽なのはリムジンバスなんだけど、便数が少ないし渋滞も心配ですよね。あせあせ(飛び散る汗)

運賃は少々かかりますが、あっという間に空港に到着。
大きなトランクを持っていても意外と楽でした。ひらめき
DSCN1882.JPGDSCN1883.JPG

国際線の出発ロビーへ向かう渡り廊下。
最高に気分があがる瞬間です!
DSCN1884.JPG

シンガポール航空のチェックインカウンターは、
第1ターミナルの4階、国際線出発ロビーの南側の端っこH
お馴染みのアシアナのカウンターとは反対側なのでちょっとウロウロ。
DSCN1886.JPGDSCN1887.JPG


出国手続きを諸々済ませて、搭乗ゲートへ・・・
出発までの時間は、決まって空港ラウンジで過ごします。
旅の始まりはやっぱりここから!

スターアライアンス派の私がいつも利用するのは「ANAラウンジ」だけど
シンガポールへ行くときに利用できるラウンジは、JALのサクララウンジ
いつもの旅行とちょっと違う特別感があります。ぴかぴか(新しい)
DSCN1903.JPGDSCN1902.JPG

ハロウィンが近かったので、可愛らしいキャンディーのプレゼント。
なかなか粋なサービスですね。揺れるハート
DSCN1888.JPG


提供されてる食事も、「ANAラウンジ」よりもちょっと豪華。(≧▽≦)
この日は、思ったほど混雑してなくてゆっくりできました。
DSCN1899.JPG

和食メニューが充実していて、しっかりご飯が食べられます。
仕事終わりで飛んできたのでお腹がペコペコ。いっただっきま〜す!
DSCN1892.JPG

出汁のしっかり効いた煮物がうれしい!
外国人の旅行者の方々の利用も多いラウンジなので評判が気になるところです。
DSCN1890.JPG

サラダも、ポテトも、モリモリ。
お腹が空いているので、なんでも食べちゃう!
DSCN1891.JPGDSCN1889.JPG

ビーフカレーを自分流に勝手にアレンジ。ぴかぴか(新しい)
唐揚げと、ゆで野菜をトッピングしてみました。(≧▽≦)
JALのカレーってなかなか美味しいです。いつも楽しみ!
DSCN1894.JPG

食後のコーヒーに、なぜかデニッシュが・・・
もうお腹いっぱい! これ以上食べれません!
DSCN1895.JPG

と思ってたところで・・・
隅っこの目立たない場所に、とても気になるメニューを発見!目

フルーツサンド
これは完全に別腹! 生クリームが美味しい!
今回、これが一番の大ヒットでした!揺れるハート
DSCN1896.JPG

カツサンドトルティーヤなんていうものもありましたよ。(≧▽≦)
う〜ん。サクララウンジの充実ぶり、侮れません!
DSCN1897.JPGDSCN1898.JPG

サクララウンジのサービスって、本当に素晴らしい!
シンガポールまでの長いフライトに備えて、エネルギー満タンです。揺れるハート


お得なシンガポール旅行はこちらから!

2017年11月19日

2017秋_2度目のシンガポール・・本当に行って良かった!

10月下旬、シンガポール旅行に行ってきました!

行って良かった〜揺れるハート

街中の緑に癒され、美味しい食事に笑顔になり、素敵なホテルでくつろいで
とても楽しい旅でした。

20171027_184626.jpg


2年前と比較すると、ガイドブックもこんなにたくさん!
20171119_100319.jpg

今回はフリーの旅でしたが、結構うまく回れました。
最終日も前回と比べたらまだ余力があったかな。

ただ、やはり予定通りには進まず、できなかったこともあるので
満足するまで、この旅は続きそう・・続けたい!

古い情報にならないように、できるだけ早く、書き留めます。
これからシンガポール旅行を計画している方に、役立てることがあるといいな。

シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!

検索
写真ギャラリー
記事ランキング
今、私のお薦めの記事はコレ 揺れるハート           よかったら覗いてみて下さいね!
  1. 1. 2019秋_3度目のシンガポール・・シンガポールから帰ってきました。
  2. 2. 2019年末ソウル旅・・アシアナ航空の機内食がおいしかった
  3. 3. 初めての金沢旅・・新鮮でワクワク!金沢は歴史を感じられる素敵な街でした。
  4. 4. 小倉山荘 新大阪店の『無撰別の日』は、毎週1回のお楽しみ! まとめ情報あり
カテゴリアーカイブ
プロフィール
ふわふわさんの画像
ふわふわ
プロフィール
ブログランキングに参加しました!
応援していただけると嬉しいです!晴れ
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ


ひらめき 楽天ランキング
美容・コスメ と レディースファッション
最新記事
(03/01)使ってみました。ダイソーの『ハンドル野菜カッター』
(02/22)カルディのコーヒーホイップクリームがとても美味しかった
(02/17)対馬の煮穴子が自宅で食べられる
(02/16)最近のお気に入り「TOKYO TULIP ROSE」は可愛くて美味しい100点満点のスイーツ
(02/14)使ってみました。3COINSのオートソープディスペンサー
(02/13)緊急事態宣言下の久々の外食で思ったこと
(02/11)ラフラバームオレンジを使ってみました。
(02/08)使ってみました。ダイソーの大根おろしニャン
(02/06)今年の節分、スイーツで熱い和洋対決!
(02/03)『小倉山荘 本町店』さんの感謝祭は3月8日〜の3日間限定!
(02/02)お米を美味しく保存
(01/31)粉末洗剤に計量スプーンがついてなかった件
(01/09)使ってみました。ダイソーのキッチンツールキーパー
(01/08)最近見た韓国ドラマの感想・・『自白』
(01/07)『れ・しゃんどおる』で美味しいランチ
(01/06)使ってみました。ダイソーのコーナーパンチ
(01/05)DIME 2・3冬の合併号を買ってみました。
(01/04)非接触型体温計を買ってみました。
(01/03)『小倉山荘 本町店』さんのお年始の営業は1月4日(月)10時〜
(01/03)なんばマルイ カスカードの美味しい食パン
最新コメント
ファン



<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
今日も楽しく♡
http://fanblogs.jp/miracleparade/
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。