広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年12月23日

2017秋_2度目のシンガポール・・『オリエンタル クラブラウンジ』の朝食ビュッフェ

静かな大人の雰囲気のオリエンタル クラブラウンジ
6:30〜10:30の間は、シャンパンと朝食が優雅に楽しめる時間です。

客層も、欧米系の方が中心なので、
大陸の方々の団体で、ビュッフェ会場が占拠されたりはしないのです。

大人の雰囲気漂う朝食ビュッフェ
料理が、中央付近の一か所に、ギュッとコンパクトに並べられていて
食べたいものが一目瞭然です。とても料理を選びやすいです。ひらめき
DSCN2225.JPG

お粥と点心、洋風の料理は熱々の状態でスタンバイ!
メニューは日替わりで、長期滞在の方でも飽きないよう工夫されているそうです。
mandarinoriental_01.jpg


サラダとフルーツのコーナー
DSCN2226.JPG

茶そばが提供されていたのが珍しかったです。薬味もいろいろ。
フルーツも、さすが!南国の雰囲気たっぷりでした。
名前がわからないまま食べたものもちらほら
DSCN2236.JPGDSCN2235.JPG


パンとチーズのコーナー
DSCN2221.JPG

私の大好きなデニッシュ類も豊富に提供されてました。揺れるハート
ハム、チーズ類もさすがの品揃え。
DSCN2243.JPGDSCN2242.JPG

普段はあまり食べないけど、
ホテルの朝食ビュッフェではなぜか食べたくなるシリアルも。
DSCN2234.JPG


自分でパンをカットしてトーストできるコーナーもありました。
クロワッサンも山盛りです。ぴかぴか(新しい)
DSCN2223.JPGDSCN2224.JPG


そして、噂のシャンパンコーナー!
朝からシャンパンが楽しめるという大人のビュッフェ。
DSCN2229.JPGDSCN2232.JPG

冷たいソフトドリンクももちろん種類豊富にありました。
DSCN2227.JPGDSCN2228.JPG


こんな充実したメニューのビュッフェを目の前にして、
これだけで終わらないのが『オリエンタル クラブラウンジ』の素晴らしいところ!

席に案内されると、まず、メニューを渡されます。目

実は、こちらの朝食ビュッフェでは、
メインのお料理は、お好みで一品、オーダーさせてもらえるのです。
メニューは、洋食を中心に9種類の中から選べます。ぴかぴか(新しい)
DSCN2214.JPG


この日、迷いに迷って選んだのはコレ!

シンガポール風ワンタン麺
いちばんシンガポールらしい特色のある一品。
想像通りの薄味の上品な美味しさでした。
DSCN2245.JPG

そして・・・

エッグベネディクト オランデーズソースとともに
ベーコン または スモークサーモンを添えて

普段あまり食べないスモークサーモンにしてみました。
これが大正解!初めて食べた美味しさでした!
DSCN2244.JPG


思いがけないおもてなしの一品で、すでにお腹も気分も大満足・・・
ではありましたが、朝食ビュッフェはこれからが本番!

ズラリと並んだ料理もたくさん頂きました。
特にデニッシュ類がとても美味しくてお腹いっぱいになってしまいました。
シンガポールでは味付けが口に合うのか、がっかりすることがありません。揺れるハート
mandarinoriental_02.jpg

ホテルの朝食ビュッフェでは、がっかりすることが少なくありませんが、
こちらの朝食は、これまで経験した、クラブラウンジでいただく食事のなかでもbP!
レベルの高い朝食ビュッフェでした。明日も楽しみ!揺れるハート


シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!




2017年12月22日

2017秋_2度目のシンガポール・・洗練された大人の空間『オリエンタル クラブラウンジ』

マリーナベイを一望できる最高のロケーションに立地する
マンダリン オリエンタル シンガポール』で迎えた朝。晴れ

抜けるような青空とまでは言いませんが、そこそこ良い天気なのに・・・
かの有名なヘイズ(煙害)の影響でしょうか、煙って見えるマリーナの風景。

朝日をバックにシルエットのように見える景色もキレイ。ぴかぴか(新しい)
昼間の喧騒がウソのように静かなシンガポールの朝です。
DSCN2199.JPGDSCN2201.JPG

眼下には、このホテルのプールが見えています。目
天蓋の付いたカバナやプールサイドチェアーがずらりと並んだ大きなプール。
いかにもリゾートのプールといった雰囲気でとても素敵です。揺れるハート
DSCN2205.JPG


さて、朝の身支度を整えたら、クラブラウンジへ向かいましょう。
お待ちかねの朝食の時間です。ひらめき


ホテル全体の造りとしては、
中心の吹き抜けを、廊下とお部屋でぐるりと囲んだ構造になっています。
廊下に天井からの明かりが差し込んで、とても開放感のあるホテルです。
とても静かな館内。
DSCN2207.JPGDSCN2208.JPG

19階にあるラウンジの入り口が、廊下から見えてます!
DSCN2209.JPG

エレベーターでの移動もスムーズ。
ツアー団体客の出発時刻と朝食の時間とが重なって、
いつまで待ってもエレベーターに乗れない!なんてこともありません。
(これは、前回ソウル旅行での某ホテルでのお話・・・)

お部屋のカードキーをかざさなければ動かないシステムなので
セキュリティ対策もバッチリです!


オリエンタル クラブラウンジ
DSCN2213.JPGDSCN2261.JPG

ゴージャスな雰囲気の漂うクラブラウンジです。
DSCN2259.JPGDSCN2260.JPG

タイプの異なるシートがいろいろ用意されていて、
ソファータイプの座席でのんびりと過ごすこともできるんです。
DSCN2233.JPGDSCN2222.JPG

私たちが案内してもらったのは、窓際のテーブル席。
テーブルの飾られたランの花が鮮やかで綺麗です。
" ラン " がシンガポールの国花なんですね。揺れるハート
DSCN2215.JPGDSCN2255.JPG

窓から見える風景には、
昨晩は気付かなかったパンパシフィックホテルのテニスコートが・・・ひらめき
早朝からスマートな紳士がラリーを繰り広げていました。

日本でよく見掛ける、首にタオルを巻いたジャージ姿とは大違い。
とても爽やかな朝の風景です。(≧▽≦)
DSCN2216.JPGDSCN2219.JPG

クラブラウンジとはいっても、朝食ビュッフェといえば
ファミレスのような雰囲気になってしまいがちなホテルが多いのですが、
それとは明らかに一線を画す、洗練された大人の空間です。ぴかぴか(新しい)

こんな雰囲気の中でいただく朝食。
楽しみ、楽しみ〜揺れるハート


シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!


2017年12月19日

2017秋_2度目のシンガポール・・宿泊は『マンダリン オリエンタル シンガポール』

夕食を済ませると、辺りはもう真っ暗。
昨晩の機中泊の疲れもあって、今日はもうギブアップ。あせあせ(飛び散る汗)
ホテルに戻って、ゆっくり過ごしたいと思います。

今回の旅行の宿泊は、マリーナベイを一望できる最高のロケーションに立地する
5ツ星のラグジュアリー ホテル『マンダリン オリエンタル シンガポール』です。

マンダリン オリエンタル シンガポール
マンダリンオリエンタルを象徴する扇の形で有名なホテルなのですが、
正面から見るとオーソドックスで、" シュッ " とした外観です。ぴかぴか(新しい)
20171027_202551.jpg

過度な装飾のない、落ち着いた大人のホテルといった雰囲気で好印象。揺れるハート
遅くなったけど今からチェックインです。
20171027_202431.jpg20171027_202647.jpg

スタッフはどの方もとても親切。揺れるハート
私のカタコトの英語に対しても、丁寧に対応して下さいました。
おもてなしの気持ちが感じられて、とてもうれしくなりました。
韓国のホテルにも、こういうあたり、見習ってほしいものです。

さて、チェックインも滞りなく済んで、
預けていたも荷物も無時受け取ることができました。
お部屋が楽しみ!

今回、予約していたお部屋は・・・
クラブ マリーナベイ ツイン

最上階の21階、なんだか嬉しい!ひらめき

部屋に入ったとたんに、目の前に広がる夜景!目
20171026_201545.jpg

お隣のリッツ・カールトン越しに、世界最大級の観覧車「シンガポール フライヤー
そして、「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」から「マリーナベイサンズ」まで
シンガポールの人気スポットがキラキラ一望できました!

前回宿泊した「マリーナベイサンズ」をここから眺めるのも、
なかなか感慨深いものがあります。ぴかぴか(新しい)
20171026_201916.jpg20171026_201948.jpg


柔らかすぎず、しっかりとした寝心地のツインベッド。
なんだか枕がたくさんあるなぁ。清潔なのが嬉しいです。
20171027_203110.jpg

ウェルカムフルーツと南国らしいお花。
20171026_201604.jpg

コーヒーサービスのなかにはもちろん紅茶も。
TWGっていうあたりが、シンガポールらしいですね。
20171026_201616.jpg20171027_065316.jpg

バスルームはこんな感じ。
手前にシャワーブース、一番奥にトイレがあります。

築年数自体はさほど新しくはないようで、所々タイルにひび割れも・・・
でも、掃除が行き届いていて清潔なので気にはなりません。揺れるハート
20171026_201656.jpg
20171026_201722.jpg20171026_201629.jpg

アメニティグッズは、アトリエ・コロンのポメロ・パラディ
シャンプーがとても使い心地良くて、髪がしっとり。ぴかぴか(新しい)
20171027_065159.jpg


疲れてクタクタでしたが、このまま寝るには少々寂しい・・・
せっかく、クラブラウンジの利用できる部屋なので、
クラブラウンジをちょっと覗いてみました。ダッシュ(走り出すさま)
20171027_073307.jpg

時間的には、イブニングカクテルの時間も過ぎてしまっています。
残念ながらドリンクのみのサービスタイムでしたが、
美味しいコーヒーと紅茶をいただきました。
クッキーを添えてくれましたよ。揺れるハート
20171026_203907.jpg

大人っぽい静かでゴージャスな雰囲気。
クラブラウンジからは、パンパシフィックホテル側の夜景が。
ふかふかのソファーに包まれて静かに夜はふけていくのでした・・・
20171027_204305.jpg20171026_210028.jpg


シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!




2017年12月18日

2017秋_2度目のシンガポール・・ペーパー・チキンが名物のヒルマン・レストラン

ムスタファセンターでの買い物の後は・・・
予約している夕食までには少し時間があったので、
割と近くにあるらしい『千燈寺院』を探してみることに。

このお寺、シンガポール最大の巨大仏陀座像を観覧できるとのことで
前回の旅行時に、とても楽しみにしていたのですが・・・
「るるぶシンガポール '15〜'16 」の記事と持ち歩きマップを頼りに
訪れたところ、ついぞ、探し当てることが出来ずに断念した因縁の場所。あせあせ(飛び散る汗)

そして遂に、見つけました!目

千燈寺院
正式名称は「シャカムニブッダガヤ」(Sakya Muni Buddha Gaya Temple)
20171026_173745.jpg

残念ながら、到着の時間が遅くて、
巨大仏陀座像のお姿を拝見することはできませんでしたが、
この写真にかすかに映るお姿を見て下さい。
実物を見たくなるお顔でしょう?
積年のもやもやとした疑問がひとつ解決して、なんだかスッキリ!
それと同時に、次回は必ず実物を拝むという新たな課題もできました。
20171026_173633.jpg20171026_173702.jpg

すぐ向かいにある『龍山寺』を目指した方が分かりやすいかも。
ただし、「るるぶシンガポール '18 」の持ち歩きマップでも
これらの、位置関係は間違って表記されてるのでご注意を!爆弾
20171026_173715.jpg


さて、ひとつスッキリしたところで、今日の晩ごはん。

JCB の Web予約サービスで予約手配をしておいた
ペーパー・チキンが名物のヒルマン・レストラン
20171026_185953.jpg

ムスタファセンターや千燈寺院からも徒歩圏内
思ったほど大きなお店ではなくて、2階に案内されました。
20171026_185942.jpg20171026_185904.jpg

狭い店内にぎっしり並べられたテーブルとイス。
ほどなく、このフロアは、予約と思われる日本人客で埋め尽くされました。
20171026_175524.jpg

JCB の Web予約サービスの内容は、特に優待メニューがある訳でもなく、
単にJCBカードでの支払いの場合に、多少割引がありますよという程度もので、
料理はすべてアラカルトで注文。

料理の見栄え、味、お店の雰囲気、
どれをとっても特筆するようなお店とは思えませんでした。

予約する程のお店ではありません・・・というよりも、
他のホーカーズなどで食事する方がよっぽど満足感がありますね。パンチ
20171026_181303.jpg
20171026_181000.jpg
20171026_181901.jpg
20171026_181446.jpg


実は・・・
このお店の支店が、大阪市内にも2店舗あるのですが、
こちらのお店は、料理も雰囲気も素晴らしいお店で、私のお気に入り。揺れるハート

折角シンガポールを訪れるのなら、
このお店の本店に一度いってみたいと思っていたので、
今回の訪問となったのですが、なんだかガッカリ。あせあせ(飛び散る汗)

もし、美味しいペーパーチキンを食べたいと思ったら、
シンガポールまで行かなくても、大阪に来てみて下さい!
こちらの方が、断然、オススメです!

HILLMAN(ヒルマン)梅田店
ちなみにこれが、2,800円(税込)のヒルマンコースの一部です。揺れるハート
hillman_01.jpg
写真はないのですが、ペーパーチキンももちろん付いてます。デザートもありました。
お酒は別料金ですが、白のサングリアはお代わりが欲しくなるくらい美味しいです。
立地もいいし、梅田のヒルマンは超おススメのお店です。

シンガポールでこんなにがっかりしたのは初めて。
でも、こんなハズレもたまにはあるよね・・・
と、自分に言い聞かせながら今日はホテルに戻ります。ダッシュ(走り出すさま)

いつしか日も暮れて、ディーパバリ(Deepavali)の光のアーチがキラキラにぴかぴか(新しい)
20171026_190621.jpg

【ポイント5%+さらに5%】【楽天限定】マリーナベイサンズ2泊連泊で特別料金!



シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆




2017年12月15日

2017秋_2度目のシンガポール・・ディーパバリのリトル・インディアでムスタファセンターでお買い物

さて、ランチも済ませて向かったのは リトル・インディア

一番の目的は、ムスタファセンターでのお買い物。
最寄りの駅はファラーパーク駅なのですが、街の雰囲気も少し味わいたくて、
ひとつ手前のリトル・インディア駅からてくてく散策しながら向かいます。
DSCN2181.JPGDSCN2182.JPG

折しも、シンガポールではディーパバリ(Deepavali)の真っ最中。
ディーパバリというのは、インド最大のお祭りで、毎年10月頃になると
目抜き通りのセラングーン通りに光のアーチが飾られる「光の祭典」なのです。ぴかぴか(新しい)
DSCN2184.JPG

シンガポールって、駅一つ移動すると街の雰囲気がガラリと変わる不思議な国です。目
DSCN2183.JPG20171026_155615.jpg

目抜き通りを歩いていると、ほどなく現れる『スリ・ヴィラマカリアマン寺院
前回訪れた時には、礼拝の人々で溢れていたのに、今日はひっそり。あせあせ(飛び散る汗)
20171026_155422.jpg20171026_155446.jpg

そして、ムスタファセンターに到着。

リトル・インディアのショッピングスポットといえばここ!
インド系のディスカウントスーパーマーケットという感じ。
何でも揃ってて、インド系住民に混じって観光客の姿もよく見かけます。
しかも、24時間営業
20171026_165931.jpg

まずは、お約束のムスタファカフェ揺れるハート
ムスタファセンターの1階にあるカフェなのですが、
表通りに面して、テーブルと椅子がずら〜りと並んでいます。

いかにも地元住民といった感じの人たちに混ざって
ここで休憩していると、とても気分が上がります。(≧▽≦)
20171026_160936.jpg20171026_163006.jpg

シンガポールは今日も蒸し暑くて、冷たい飲み物が恋しい!
ライムスカッシュキウイジュースで人心地。揺れるハート
20171026_161544.jpg


そして、肝心のお買い物です。
地下1階、地上3階の広大な店内なのに、どの売り場も店内は大混雑。あせあせ(飛び散る汗)
人ごみを掻き分けて、購入したのはこんなお土産。

グルーミング用品を中心に日用品をあれこれ。
DSCN3005.JPG
お友達に渡した後なので、あまり残っていないのですが、
何がショックって、
この中にある、「ellips(エリップス)」の洗い流さないトリートメントオイル
これが、なんと、100円ショップで買えるらしいということ。
全く同じなんだろうか・・・これをお土産として渡してしまった私って・・(T_T)

いろいろな味が楽しいチョコレート。
DSCN2908.JPG


<ムスタファ・センター >
 住 所  145 Syed Alwi Road
 営業時間 24時間営業
 定休日  無休
 日本語  不可

【ポイント5%+さらに5%】【楽天限定】マリーナベイサンズ2泊連泊で特別料金!


シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!


旅行先別★クチコミランキングで海外ホテルを選ぶ!

2017年12月14日

2017秋_2度目のシンガポール・・ローカルフード「バクテー」の名店『松發肉骨茶』

お待ちかね! 今日のランチは

松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)

シンガポールの代表的ローカルフード「バクテー(肉骨茶)」の有名店です。

MRT クラーク・キー駅の E出口を出て、目の前の横断歩道を渡ると、すぐ、
大通りに面したところに、間に別のお店を挟んで二つの店舗が並んでいます。

左側の店舗のほうがオープンテラスになっていて開放的な雰囲気。
ローカルのお客さんで賑わっていて、シンガポールに来たことを実感できます。
DSCN2180.JPG


テーブルに着くと店員さんが持ってきてくれるメニューには、
日本語の料理名も記載されているので分かりやすいです。

まずは、Wet Tissue(おしぼり)
スペアリブで手が汚れるので、これは必須。
DSCN2176.JPG

Pork Ribs Soup(バクテー)9.00 S$
豚肉のスペアリブを、ニンニクやスパイスとともに煮込んだ料理。
長い時間をかけて煮込まれたスープは肉の旨味にあふれています。
柔らかい豚肉が骨からホロホロとはずれて、口の中でとろけます!

スープの中にたっぷり入ったニンニクの香りが食欲を刺激します。
よく効いた胡椒が絶妙な美味しさです。揺れるハート
私の大好きなマルタイラーメン風のどこか懐かしい味わい。
DSCN2177.JPG

Plain Rice(ごはん)0.90 S$
バクテーと白いごはんの相性は最高!
バクテーは、揚げパンと一緒に食べるのも定番だそうですが、
このお店の胡椒が効いたスープは、ご飯との相性が抜群なのです。

旨みのしっかりとした豚肉で、ごはんがすすむはもちろんなのですが、
レンゲでごはんにスープをかけて食べたりすると、もう止まりません。ぴかぴか(新しい)
DSCN2179.JPG

Cai Xin(菜芯の炒め物)4.00 S$
松發肉骨茶はバクテー専門店ですが、副菜もバラエティー豊かです。
バクテーと相性の良さそうな野菜料理の中から一品。
アブラナの一種のサイシンを炒めた「菜芯」はご飯にもぴったり。
炒め物の上に載せられたガーリックフレークが、また食欲をそそります。
DSCN2178.JPG

お値段もとても庶民的でリーズナブル。
ただし、別途、5%のサービス料と7%の消費税がかかります。

このお店の嬉しいところは、
店員さんがテーブルの間を巡回していて、
バクテーのお椀の中のスープが少なくなってきた頃合いに
すかさず、熱々のスープを注ぎ足してくれるところです。ぴかぴか(新しい)

あまりにも美味しくて、スープだけでも飲んでいられます。(≧▽≦)
観光客でも気軽に入れる雰囲気もイイ感じです。
このお店、2016 ビブグルマンのお店なんですよ!

<松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)>
 住 所  11 New Bridge Road #01-01
 営業時間 10:30−21:30
 定休日  月曜日
 日本語  不可


シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!


旅行先別★クチコミランキングで海外ホテルを選ぶ!




2017年12月13日

2017秋_2度目のシンガポール・・不思議がつまった川の世界へ『リバーサファリ』体験記H

郊外の熱帯雨林に作られたシンガポールの3大動物園。
広大な敷地に広がるこの動物園は、いまやシンガポールの人気スポットです。

ただ、その中でもリバーサファリは、
世界的にも珍しい、川をテーマにした動物園なのですが、
3つの動物園の中では、いまひとつ地味な存在かもしれません。あせあせ(飛び散る汗)

でも、実際に見てみると、想像をはるかに超える面白さ!
本物の迫力とスケールの大きさに驚くばかりでした。揺れるハート
DSCN2168.JPG

満足感でいっぱいの帰り道。
ふと気付くと、床には陽の光でいろいろな魚の影が・・・
細かいところまで気が利いていてオシャレです。
DSCN2167.JPG

おっと、こんなところでまた寄り道。
予定していた時間を大幅にオーバーしてしまっているので、
駆け足、駆け足。ダッシュ(走り出すさま)

さあ、帰り道を急ぎましょう!
今回のツアーでは、帰りは各自自由に帰らなければなりません。


リバーサファリは、観光の中心部からは少し離れた場所にあります。
タクシーで30分ほどの距離。複数人数で行動するには、お得で楽チンな方法です。

少人数あるいは一人旅の方に便利なのは、
特急バス「SAEX(Singapore Attractions Express Bus)
中心部の複数のホテルを回って動物園に向かう特急バスで、
片道 5S$ の安さが魅力です。バスの乗車時間は約1時間。
停車するホテルが決まっているので要注意!
シンガポール・ビジター・センター(観光案内所)で
時刻表がもらえるそうですよ!

ただ、SAEX のを利用する場合は、
便数に限りがあるので、自由にスケジュールを立てるのが難しいです。


安くて、しかもフットワークよく動き回るには、
やはり、MRTと路線バスを利用するのが良さそうです。

最寄りのMRTの駅「アン・モ・キオ駅」まで路線バスで帰ります。
乗らなければいけないのは、路線バスの138番
行き当たりばったり、バスの乗降場所へ行ってみると、
ちょうど、138番のバスが到着。迷うことなく乗れました。ラッキー!
DSCN2169.JPG

アン・モ・キオ駅までの料金は 2.10S$、安い!
シンガポールの路線バスは先払い。小銭を準備しておきましょう。ひらめき

楽しかった リバーサファリ もこれで最後。
動物が苦手な私でも、また来たいと思った動物園でした。
すぐ隣の敷地に、もうひとつ新しい動物園を建設中なのだそうです。
2020年開業予定。
DSCN2171.JPG

バスは快調に走っていきます。
女性の運転手でしたが、ものすごいスピードでした。あせあせ(飛び散る汗)
シンガポールの路線バスでは、次の停留所のアナウンスがないので、
自分の降りたい停留所が近づくと、自ら積極的にブザーを押さなければいけません!
知らない場所で、これは、かなりハードルが高いです!
DSCN2170.JPG

でも、大丈夫!
アン・モ・キオ駅 は終点なので、のんびり乗ってれば OK。
約40分で無事到着。ちょっと小ぎれいな郊外の住宅街といった雰囲気の街です。
ここで、MRTに乗り換えて中心部まで帰ります。
DSCN2174.JPG

駅のホームから見えるすぐ隣の大きな公園。
住宅街といっても、日本のそれとは随分スケールが違います。目
DSCN2173.JPG


時間を忘れて遊んでしまったので、お腹がぺこぺこ。
ランチは何を食べようかな〜。


シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!


2017年12月12日

2017秋_2度目のシンガポール・・不思議がつまった川の世界へ『リバーサファリ』体験記G

世界最大の淡水生物専門の動物園リバーサファリ

世界中の8つの大河を再現したこの観光施設は、
淡水生物専門の動物園として世界最大級の規模を誇っています。ひらめき
12ヘクタールの敷地には300種類、500匹の動物や魚類が飼育されているそうです。

園内の左半分は、まるまる " アマゾンの世界 "

「アマゾン・リバー・クエスト」を下船して、順路を進むと左手に『リスザルの森
ここは、たくさんのリスザルが放し飼いになっているコーナー・・・らしい。
DSCN2140.JPG

見ると、入り口は厳重に閉じられています。まあ当然か。あせあせ(飛び散る汗)
ごく間近で見られるのが魅力なのでしょうが、
肩に飛び乗ったりされたらパニックになりそうなので、ここはスルーです。(≧▽≦)
お猿さん好きの方には、たまらないコーナーですよね。


さて、リスザルを見るのはあきらめたのですが、
順路には、いかにもアマゾンらしい珍しい生物がいろいろ展示されています。
DSCN2141.JPGDSCN2139.JPG


そして、たどり着いたのは最後のコーナーアマゾン浸水林
DSCN2142.JPG

全世界の川の流量の20%を占めるアマゾン川は、世界最大規模の河川として有名で、
雨季と乾季で水位が大きく変わることでも知られています。
このコーナーでは、雨季に10メートル以上も冠水した熱帯雨林を再現展示しています。
DSCN2143.JPG

そこに住む生物たちはとても個性的で、未知の世界。
他の7つの大河の展示と比べても迫力がひと味違います。ぴかぴか(新しい)

思ってた以上に大きくてびっくりの 電気うなぎ
DSCN2145.JPGDSCN2144.JPG

岩のような、枯れ葉のような、不思議な外見の マタマタ という亀
DSCN2147.JPGDSCN2146.JPG

出ました! アマゾン川といえば ピラニア です!
実際に見たのは初めてかも。イメージと違ってのんびり泳いでました。
DSCN2151.JPGDSCN2149.JPG


そして、圧巻の巨大水槽の中で泳いでいるのは、巨大な マナティー
DSCN2155.JPGDSCN2160.JPG

水の中に生えた樹木の間を、マナティーたちが優雅に泳いでいる様子は幻想的。
人魚のモデルだとも言われている動物ですよね。哺乳類ですね。
DSCN2162.JPGDSCN2159.JPG

そして、最後の最後に オオカワウソ のコーナー
結構な広さのスペースをとった展示なのに・・どこにも居ない・・・
と思ったら、隅っこの遠くの小屋でお休み中でした。(≧▽≦)
DSCN2165.JPG

世界的にも珍しい、川をテーマにした動物園のリバーサファリ。
なにより、そのスケールの大きさに圧倒されました。さすがシンガポール!

さらっとパンダだけでも見れたらいいかな・・
くらいの気軽な気持ちで訪れたリバーサファリだったのに、
展示のひとつひとつに見入ってしまいました。目

想像をはるかに超えるエンターテインメント。
結局、ここで2時間以上も楽しんでしまいました。(≧▽≦)
おすすめのスポットです!


シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!


2017年12月11日

2017秋_2度目のシンガポール・・不思議がつまった川の世界へ『リバーサファリ』体験記F

世界最大の淡水生物専門の動物園リバーサファリ

世界中の8つの大河を再現したこの観光施設は、
淡水生物専門の動物園として世界最大級の規模を誇っています。ひらめき
12ヘクタールの敷地には300種類、500匹の動物や魚類が飼育されているそうです。

のんびりとした気分で「リバー・サファリ・クルーズ」を楽しんだ後は、
もうひとつのクルーズアマゾン・リバー・クエストに乗りましょう!
スリリングなアマゾン川下りを体験できる目玉アトラクションです。

こちらのアトラクションは、別料金(5S$)。
チケットは、園内のチケットカウンターで購入します。
DSCN2109.JPG

係員さんにチケットをチェックしてもらったら
誘導路を進んでボートの発着所まで少し歩きます。ダッシュ(走り出すさま)
DSCN2111.JPG

アマゾン・リバー・クエスト』は、自動運転のボートで人工の川をくだって、
マゾン川流域に住む動物たちの生態を見るアトラクション。ぴかぴか(新しい)

流域で飼育されている動物は、ジャガー、アカホエザル、ブラジルバク、
タテガミオオカミ、カピバラ、カリビアン・フラミンゴなどおよそ30種類。
その日にどんな動物が見られるかは運次第だそうです。(≧▽≦)
DSCN2110.JPGDSCN2112.JPG

" 手足を船の外側に出さないでください " っていう注意書きにちょっとドキドキ!
しっかりと手すりを握りましょう。
DSCN2113.JPGDSCN2137.JPG

ボート・ライドの発着所。順番にボートに乗り込みます。
ボートの座席は、係員さんがお客さんの連れの人数を確認したうえで
テキパキと指示してくれます。
DSCN2114.JPG

いざ、出発!
目の前に、いきなり急な登り坂が待ち構えていますよ!ひらめき
DSCN2117.JPG20171026_123626.jpg

ざっぶーんと急降下してクエストはスタート!
目の前にアマゾンのジャングルの世界が広がります。目
DSCN2118.JPG

アマゾンの雰囲気は満点。揺れるハート
すぐ目の前に動物たちが生活しているように感じられます。
とは言え、動物を見つけるのはなかなか至難の業ですね。(≧▽≦)

右をキョロキョロ、左をキョロキョロ。目

おサルさんは、何種類が見つけることができました。ひらめき
20171026_123721.jpg20171026_123723.jpg

20171026_123753.jpg20171026_123817.jpg

ジャガーは、ひっそりとお昼寝タイム。夜行性なんですね。
20171026_124059.jpgDSCN2127.JPG

ショウジョウトキは、コウノトリ目トキ科の鳥。
今回のベストショット!?
20171026_124328.jpg20171026_124331.jpg

カピバラ はたっぷり見ることができました。
カピバラを見るのも初めてだったので大感激!
とぼけた表情がカワイイ!
RiverSafari_14.jpg

そして フラミンゴ もじっくり見ることができました。
本当に片足で立つんだなぁと感心してしまいました。ぴかぴか(新しい)
RiverSafari_15.jpg

コースの途中で、ボートはトンネルをくぐったり急流を下ったり、
なかなかエキサイティングな動きをします。
ボートの乗車時間は、約20分です。
DSCN2138.JPG


入園料とは別料金のアトラクションですが、コレは本当にお勧め!
アマゾン・リバー・クエスト」ぜひ!乗ってください。


さて次は、『WILD AMAZONIA』の残りの展示へ。
11頭のマナティーが泳ぐ巨大水槽「アマゾン浸水森」です。


シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!


2017年12月05日

2017秋_2度目のシンガポール・・不思議がつまった川の世界へ『リバーサファリ』体験記E

世界最大の淡水生物専門の動物園リバーサファリ

世界中の8つの大河を再現したこの観光施設は、
淡水生物専門の動物園として世界最大級の規模を誇っています。ひらめき
12ヘクタールの敷地には300種類、500匹の動物や魚類が飼育されているそうです。

大熊猫竹林(ジャイアントパンダ フォレスト)」を最後に、
リバー・オブ・ザ・ワールド」を後にして、次に向かうのは、

園内の左半分を占めるWILD AMAZONIA

ここで、案内板を見ながら現在地を再確認。目
20171026_115954.jpg

水路(アッパーセレター貯水池)に架かる屋根付きの橋を渡って、
リバーサファリの右半分を占めるアマゾン川のエリアに向かいます。

遠くに、『リバー・サファリ・クルーズ』の乗船場が見えてますね。
DSCN2093.JPGDSCN2094.JPG

アマゾン川の展示だけで園内の半分を占めるという見所満載のエリアです。ぴかぴか(新しい)
DSCN2095.JPG

まず訪れたのはリバー・サファリ・クルーズ
DSCN2097.JPG

大きめのクルーズ船に乗り込んで、
熱帯雨林帯の水辺の風景が楽しめるというクルーズ。
所要時間約15分、無料で誰でも乗れます。

一度に大勢乗れるので、ほとんど待つこともなく乗船開始。
趣きのあるウッドデッキの艀(はしけ)です。
DSCN2098.JPGDSCN2099.JPG

船内は、こんな感じ・・・(≧▽≦)
この日もかなり暑かったけど、屋根付きなので意外と涼しい。
DSCN2100.JPGDSCN2101.JPG

園内のアッパーセレター貯水池をぐるりと一周するクルーズ。
貯水池といってもかなり巨大で、湖といっても良いくらいの大きさです。

あっ!キリンが見えた!ひらめき
なんていう瞬間もあるにはありましたが・・・
DSCN2104.JPG

ほとんどの時間は、このような景色を遠くに眺めながら
悠遊と進む船上で、なまぬるい風を感じるという牧歌的なクルーズです。あせあせ(飛び散る汗)
DSCN2102.JPGDSCN2106.JPG

ぐる〜りと一周して帰港。
歩き疲れた脚の休息と、パンダで興奮した気持ちのクールダウンには最適です。
水面を飛び跳ねる魚も見れたし、私はそれなりに満足感ありました。(≧▽≦)
DSCN2108.JPGDSCN2107.JPG

展示見学の後半戦に備えて、少し休息するのも良し、
時間がなくて先を急ぎたいなら、パスしてもよいかもしれません。


さて次に目指すのは、
もうひとつのクルーズ「アマゾン・リバー・クエスト
こちらは、スリリングなアマゾン川下りだとかで、ちょっとワクワク!


シンガポールの泊まってみたいホテルはこちら→☆


お得なシンガポール旅行はこちらから!


検索
写真ギャラリー
記事ランキング
今、私のお薦めの記事はコレ 揺れるハート           よかったら覗いてみて下さいね!
  1. 1. 2019秋_3度目のシンガポール・・シンガポールから帰ってきました。
  2. 2. 2019年末ソウル旅・・アシアナ航空の機内食がおいしかった
  3. 3. 初めての金沢旅・・新鮮でワクワク!金沢は歴史を感じられる素敵な街でした。
  4. 4. 小倉山荘 新大阪店の『無撰別の日』は、毎週1回のお楽しみ! まとめ情報あり
カテゴリアーカイブ
プロフィール
ふわふわさんの画像
ふわふわ
プロフィール
ブログランキングに参加しました!
応援していただけると嬉しいです!晴れ
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ


ひらめき 楽天ランキング
美容・コスメ と レディースファッション
最新記事
(03/01)使ってみました。ダイソーの『ハンドル野菜カッター』
(02/22)カルディのコーヒーホイップクリームがとても美味しかった
(02/17)対馬の煮穴子が自宅で食べられる
(02/16)最近のお気に入り「TOKYO TULIP ROSE」は可愛くて美味しい100点満点のスイーツ
(02/14)使ってみました。3COINSのオートソープディスペンサー
(02/13)緊急事態宣言下の久々の外食で思ったこと
(02/11)ラフラバームオレンジを使ってみました。
(02/08)使ってみました。ダイソーの大根おろしニャン
(02/06)今年の節分、スイーツで熱い和洋対決!
(02/03)『小倉山荘 本町店』さんの感謝祭は3月8日〜の3日間限定!
(02/02)お米を美味しく保存
(01/31)粉末洗剤に計量スプーンがついてなかった件
(01/09)使ってみました。ダイソーのキッチンツールキーパー
(01/08)最近見た韓国ドラマの感想・・『自白』
(01/07)『れ・しゃんどおる』で美味しいランチ
(01/06)使ってみました。ダイソーのコーナーパンチ
(01/05)DIME 2・3冬の合併号を買ってみました。
(01/04)非接触型体温計を買ってみました。
(01/03)『小倉山荘 本町店』さんのお年始の営業は1月4日(月)10時〜
(01/03)なんばマルイ カスカードの美味しい食パン
最新コメント
ファン



<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
今日も楽しく♡
http://fanblogs.jp/miracleparade/
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。