2018年04月21日

「炭水化物抜きダイエット」は老けるってホント?

今日の本題の前に、私が1月に2週間分お試しした「大人のカロリミット」が、2袋、つまり1ヶ月分で税込1000円キャンペーンを始めたのでお知らせします。

私の時は2週間分にサプリケース付き980円でした。2週間分2袋の方が良かったです、、、。だって1ヵ月分の定価は2800円ですよ、、、。

大人のカロリミット お試し2週間分!



では今日の本題「炭水化物抜きダイエット」は老けるってホントなのか、についてです。

流行ってましたよね。あまりにも流行っていたので、誰でも1度はやってみたのではないでしょうか?

でも、近頃は「炭水化物抜きダイエットは老ける」とか「糖質制限ダイエットは危険」などと言われています。

実際の所どうなんでしょうか?。

皆さんご存知とは思いますが、この2つのダイエット法は、ほぼ同一です。なぜなら「炭水化物」の中に「糖質」が多く含まれているからです。

ご飯1杯分約150gの中に「糖質」は約55.65g含まれています。「糖質」は大量に摂ると、体の中で余った分が「脂肪」として蓄えられてしまいます。

ですから制限すべきは「糖質」なのですが、なぜだか「炭水化物」、中でも特に「ご飯」を制限されている方が多いような気がするのです。

かく言う私も、、、。私の場合、甘いものが好きで、ガマン出来ないので、その分晩御飯の時はご飯を食べないようにしています。

これは、セーフらしいです。「炭水化物抜きダイエット」成功のポイントは「夜の炭水化物を減らすこと」と、多数の専門家がおっしゃっています。

ただ、朝や昼まで完全に抜くのは危険です。なぜなら「炭水化物」の代表「ご飯」には「糖質」だけではなく、体に必要な様々な栄養素が含まれているからです。

完全に抜いてしまうと以下の様な症状が現れるそうです。

・疲れ易い
・集中力の低下
・肌が乾燥し易くなる
・風邪をひき易くなる

「炭水化物」などのインスリン生成を促進する食品は、体の細胞の中に必要以上の水分を蓄積する性質があります。

ですから「炭水化物」を抜くと体が水分を排出するため、体重減にはつながると同時に、体の中の水分減にもなるのです。

「炭水化物」を極端に抜くと、お肌が乾燥し易くなったり、ドライマウスになったり「口臭」の原因にもつながるそうです。

それに「ご飯」の「糖質」は脳を活性化させてくれる存在でもありますし、ビタミンB1などの栄養素も脳の働きを助けてくれます。

その他にも「ご飯」にはカルシウム、鉄、亜鉛など、体に必要な様々な栄養素が、実にバランス良く含まれているのです。

睡眠中の脳の活動は、日中程活発ではないので、エネルギーの消費量も少なくても大丈夫なので、夜はご飯を抜いても問題ないようです。

でも、朝と昼は通常通りに食べないと、脳に必要な栄養が補給されなくなって、仕事や勉強の効率が落ちてしまうので危険です。

長期間に渡って脳に必要な栄養が補給されないと、認知症になるなどのリスクも出てくるそうですから、種類に関係なく極端なダイエットは本当に危険なのです。



意外なことに「ご飯」には、約150gに3.75gのタンパク質も含まれています。タンパク質は体内でアミノ酸に分解されますが、そのうちの9種類は体内で合成することが出来ない「必須アミノ酸」です。

しかも、日本人が昔から食している朝ごはんの「味噌汁」の材料「大豆」と「米」のアミノ酸バランスは、実に絶妙で、お互いに不足している種類の「必須アミノ酸」を補い合っているんだそうです。

「必須アミノ酸」は体内で合成することが出来ないため、不足すると免疫力が低下して病気になり易くなったり、血管が脆くなったり、お肌が荒れたり、といった様々な不調をもたらすので危険です。

免疫力が低下して、血管が脆くなって、お肌が荒れる、、、確かに極端な「炭水化物抜きダイエット」は老けてしまうようです。

昔から受け継がれている物ごとの中に、科学が発達した現在でも通用するような、奥深い理由が存在することに、本当に驚かされます。


「炭水化物抜きダイエット」まとめ

・「炭水化物抜きダイエット」をする時でも「ご飯抜き」は避けましょう。
・「ご飯抜き」をするとしたら、晩御飯の時だけにしましょう。
・朝御飯はなるべく和食にして「お味噌汁」も飲みましょう。


極端な「炭水化物抜きダイエット」は確かに危険で、やり過ぎてしまうと「老化」の原因にもなりそうですが、やはり糖質を摂り過ぎることも良くありません。

そもそもなぜ「炭水化物抜きダイエット」が流行ったかと言えば、糖質の摂り過ぎは体の「糖化」を招き「老化」を加速させてしまうからです。

体内の「糖化」が進むと「AGE」と呼ばれる有害な物質が生まれます。「AGE」はたんぱく質を破壊し、コラーゲンやエラスチンといったタンパク質の線維にダメージを与えるため、肌のハリや弾力が損なわれてしまいます。

「AGE」は脆くなったコラーゲンを増やすので、身体の抗酸化酵素の活力を失わせてしまいますし、「糖化」によって、タンパク質の線維が乾き易くなることも、肌にシワやたるみの原因になります。

「糖化」だって、やはり肌のダメージや老化を進めてしまうのです。結局、極端な「炭水化物抜きダイエット」も、極端な「糖質の摂り過ぎ」も問題があるのです。

何でも程々に、ということです。過ぎたるは及ばざるがごとし、、、程々に、良い具合に、良い加減に、、、どんなことにも当てはまりますね。

以上「炭水化物抜きダイエット」は老けるってホントなのか、についてまとめました。ご参考にして頂ければ幸いです。


最後まで読んでくれてありがとうございます!また読んで下さいね
ポチっと押して頂けると励みになります。よろしくお願いします

人気ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/7560438
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Rankingに参加してます。応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
カテゴリーアーカイブ
Rankingに参加してます。応援よろしくお願いします にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ
にほんブログ村
検索
プロフィール
まゆみんさんの画像
まゆみん
星の数ほどの中からこのブログを読んでくれてありがとうございます。 40代の時に目覚めたスキンケア・インナーケアのお蔭で、今50代ですがかえって若返ってます。そうした自分の体験や日々思う事をエイジングケア製品のレビューと共に綴っています。 どうぞよろしくお願いします。
プロフィール
最新コメント
読者になって頂けたら嬉しいです!
最新記事