写真ギャラリー
最新記事
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ファン

広告

posted by fanblog

2017年03月20日

イギリス観光5日目@(stuffa tours)



いつもマイペースすぎると投稿でごめんなさい笑

スタッファツアー(stuffa tours )に参加したときのお話です。


最大の見所はフィンガルの洞窟。
とっても迫力のある洞窟です。

IMG_3257.JPG



フィンガルの洞窟へは事前にインターネットで予約していたツアーで行きます。

そのためこの日は泊まっていたホテル Inchreehを早朝に出て、
オーバンにあるホテル Royal Hotel に 向かいました。

いや〜....眠かったです笑



今回私たちが参加したツアーは
stuffa tours - Mull, Iona & Staffa です。
オーバンからフェリーに乗って、周遊し、帰ってくるまでの行程を含めたツアーです。
(10時〜19時ほど)
 ※すみません!
 後ほど時間を確認した結果、私たちのときは20時頃オーバン着でした。

サイトはこちら。
http://www.staffatours.com/boat-tours/departs-oban/three-isles-tour-mull-iona-staffa/

1人60£で参加できるツアーです。
船に乗っているときやバスで移動中に見られる景色、
動物などについてお簡単なガイドもついてます。



オーバンにあるRoyal Hotel にチェックインを済ませ、車を置かせてもらい、
私は港へ走って向かい、港にあるパン屋さんで、チーズとパン、ハムを購入。
旦那は場所の確認にツアーデスクへ。

忙しなかったですが、無事10時発のフェリーに無事間に合いました。


IMG_3176.JPG
こちらが乗ったフェリーです。
上の階で早朝の清々しい風を受けながらしばらくゆったりすごせます。


IMG_3185.JPG
ぽつんとある灯台。こういう景色、たまらなく好きですー。

小さな家々が見えたり、時々古いお城の跡が見えたりもして、
船に乗っている間も楽しいです。


1つ目の島に着いてから、MULL島(マル島)を走るバスに乗り変えます。
私たちがバスに乗ろうと思った頃には、満席状態だったので、
知らないおじさまと隣に座ることに。

IMG_3192.JPG
絶景のマル島。

そのおじさまはスコットランド出身の方で、とても親切な方でした。
ガイドの説明に足して自分の知っている情報を教えてくれたのです。

鷲がウサギをつかんでもっていくんだとか、(食用)
トランブ氏(この後大統領になりました)の出身がスコットランドとか、
前髪長いスコティッシュハイランドキャトルという牛のこととか。

しかし、もうどんな話をしてくれたのか、すっかり忘れてしまってます笑


IMG_3211.JPG
にしても、もうほんとうきれいっ!


ちなみにマル島の人口は約2600人だそうです。
動物のほうが多そうですね。



マル島からスタッファ島までボートでの移動になります。
ボートがくるまで小さな岬でひと伸び。

IMG_3235.JPG
海の水のこの透明度が素晴らしい・・・!


IMG_3238.JPG
あれ、旦那がいない!と思って周りを探していたら、
こんなものを片手に登場。蟹の身と蟹味噌合わせ。


船に乗り込み、フィンガルの洞窟へ。
この日は波で結構揺れましたねえ。事前に船酔いの薬を飲んで正解でした。

船酔いしやすい方は、アネロンっていう薬、おすすめしますよ。
昔漁師さんから教えてもらった薬なんですけど、効き目抜群でした。


IMG_3254.JPG
近づくフィンガルの洞窟。


長くなったので、今回はここまで。
次回詳しくご紹介〜。





この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6074573
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリーアーカイブ
検索
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。